ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

私の家は昔農家でした。しかし今は農家を辞め、畑が雑草が生えてます。しかも1m以上になります。家の周りなので、毎年除草剤を捲いてます。そこで繁殖力が強く、他の草を駆逐できるような、背丈が低い雑草を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

一番向いているものといえば、クローバーではないでしょうか。


繁殖力が強く、根がみっしりと張り、草も隙間なく生えるので、他の雑草が育ちにくいです。雑草ではこれが最適だと思います。
そのように土をおおい、ほかの草が生えにくい環境を作る植物をグランドカバープランツと言います。ミントや芝桜なども、グランドカバーになります。いろいろな種類の植物がありますので、検索してみてくださいね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「雑草対策」で、なにか植物、草花等植える方法はあるでしょうか?

家の敷地内の畑(100坪程度)での、雑草対策に頭を悩ませています。

本来、作物など作り、その過程で雑草対策をすればいいのですが、

仕事もあり、日々の暮らしもありとてもやれません。

一部、除草剤、草刈機などを使用してやってはいるのですが、
とても、追いつきません。

そこで、考えたのですが、例として、芝生等を張ったり、もしくは他の植物、草花等で、地面をはうようなものはあるでしょうか?

結論として、畑で作物の収穫などは考えていません。

ただ、なるべく除草剤は使わず、
そして、一番理想的なのは、
他の「植物」で、雑草を「駆逐」できないか?と考えた次第です。

そのような植物などはありませんでしょうか?

どうか、アドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

草取りは日々時間のある方が家にいるから管理できるのであって仕事の合間にするのは大変苦痛を伴いますよね。
 これから10月までウンザリするでしょう。

>他の「植物」で、雑草を「駆逐」できないか?と考えた次第です。
  残念ですが雑草にまさる他の植物はありません。 わたしもいろんなグランドカバーを植えていますがやはりそれらを植える前には完全に
雑草を一旦消し去る必要があります。
 特にスギナやドクダミなど地下茎の雑草は液状除草剤で駆除しないと
だめです。
 
 つまり今現在100坪に生えている草がそれ以外の多年草や1年草なら一度草取りをしてから繁殖力の強いグランドカバーを植えれば
雑草は気にならなくなります。

>そのような植物などはありませんでしょうか?
  グランドカバーになります。
 わたしが植えているのは
ヒメイワダレソウ:繁殖力がすごすぎて今は半分以上取り去りました。

ヒメイワダレソウツルヒメソバ:スポット的に植えたほうがいいですね。
http://kagiken.co.jp/new/kojimachi/hana-tsuruhimesoba_large.html
リシマキアオーレア:黄金葉が綺麗です。
http://www.rakuten.co.jp/gardensk/430279/438185/610623/610625/
ワイルドフラワー:多年草の混合です。 毎年咲きます。
 手がかからず隙間から生える雑草も気になりません。
 これがよろしいとおもいますよ。
https://www0.takii.co.jp/CGI/netshop/catalog/products/item/FZZ956/00000049

 余計なお世話ですが出来れば頑張って菜園付の和洋折衷の庭でも
 お作りになるとよろしいんですがね。 造園やさんに相談して
「楽しめる参加型のお庭」を作ってはいかがでしょう。

 つまり和風庭園のような鑑賞を目的とした庭ではなくパーゴラとか
歩きながら随所に色々な施設や置物を置いて楽しみ、場所によっては
家庭菜園としてのスペースを確保してキッチンガーデンにする・・・
とかですね。
 100坪全部無意味は雑草対策では芸がないとおもいますがいかがで
しょうか?。
 

草取りは日々時間のある方が家にいるから管理できるのであって仕事の合間にするのは大変苦痛を伴いますよね。
 これから10月までウンザリするでしょう。

>他の「植物」で、雑草を「駆逐」できないか?と考えた次第です。
  残念ですが雑草にまさる他の植物はありません。 わたしもいろんなグランドカバーを植えていますがやはりそれらを植える前には完全に
雑草を一旦消し去る必要があります。
 特にスギナやドクダミなど地下茎の雑草は液状除草剤で駆除しないと
だめです。
 
 つまり今現在...続きを読む

Qクローバーを芝生代わりに植える事について

来月、生まれてはじめて自分の庭を持つので
今からガーデニング出来るのを楽しみにしている者です。

いつもこちらには大変お世話になっているのですが、
「芝は手入れが大変」「クローバーの庭もステキ」
などという、過去のいくつかの回答を拝見して、
南の芝生を植える予定だった所に、
クローバーの種をまいてみようかな、と思い始めました。

その方が早く「緑の庭」になりそうだし、
お金も掛からず、手入れが楽かなぁ…という理由からです。

そこで、実際にクローバーを植えられた方に質問なのですが、
(1)クローバーを庭に敷き詰めてよかった事はなんですか?
(2)反対に困った事はありますか?
(3)クローバーにはアブラムシがつくと思いますが、
 他の植物に悪い影響などはありませんか?(他の花も植える予定です)

6歳と3歳の子どもがいて、庭では子ども達を遊ばせる予定です。
(草の汁で服を汚すのはかまわないので…)
アドバイス等ございましたら宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

誰の浅知恵かわかりませんが、クローバーは庭には向きません。失敗します。庭は一時のものではなく1年を通じて考えなくてはなりません。

クローバーは早春から生育しますが、根の張りが非常に浅く、乾燥に弱いのです。ですから、年中水をやらなくてはなりませんし、一旦夏の暑さで枯れると、土の地膚が露出し、砂埃も立ちます。また、葉や土中に虫が付きやすく、殺虫剤が欠かせません。

そもそもクローバー(レンゲの類)は田畑の休耕期にはやして、そのまま耕し肥料にする目的ですので、一年中育てるにはかなり無理が必要です。

思い出してみてください。公園でクローバー(シロツメクサ)が密生していることがありますが、それは「部分的」だったのではないですか?芝生の公園の片隅にあるいは芝生に混ざってシロツメクサが生えることはあっても、シロツメクサだけがグランドカバーとして育っているところはまず無いはずです。

根が浅いために、他の雑草が生育しやすく、タンポポやナズナ、その他いわゆる雑草がどんどん増え、結局は何も手入れをしない空き地と同じ荒れた状態になります。冬には根も枯れる部分が必ず出てきますから、翌年は「部分的なハゲハゲ状態」から出発し、再び除草と殺虫の繰り返しです。

一方芝生は、葉よりも根です。早春や初夏には他の雑草が生えてきますので2週間に1度の芝刈りは必要です。けれども、害虫は皆無と言ってよいほどですから殺虫剤は不要です。

年間の管理は芝刈りと若干の施肥だけですので、トータルとしての管理は非常に少ないのです。一度生育してしまえば、メンテナンス費用は非常に少ないのです。

総じて、芝生で「手間とお金がかかる」とお思いの方なら、他のどの植物でもダメです。芝生が最も安価で手間がかからないからです。

■ガーデニングはトライアンドエラーです。私も現在の芝生にするまでに品種や植え方など4年をかけています。クローバーを試すこともなさってもよいですが、徒労に終わることと、お子さんが緑の絨毯で遊ぶチャンスを逸しないことを願います。

■悪いことは申しません。基本は芝生で、日当たりのよい一部分にクローバーの種をまいておき、春にシロツメクサの花が咲いて花輪を作れる程度にしておくことをお勧めします。

誰の浅知恵かわかりませんが、クローバーは庭には向きません。失敗します。庭は一時のものではなく1年を通じて考えなくてはなりません。

クローバーは早春から生育しますが、根の張りが非常に浅く、乾燥に弱いのです。ですから、年中水をやらなくてはなりませんし、一旦夏の暑さで枯れると、土の地膚が露出し、砂埃も立ちます。また、葉や土中に虫が付きやすく、殺虫剤が欠かせません。

そもそもクローバー(レンゲの類)は田畑の休耕期にはやして、そのまま耕し肥料にする目的ですので、一年中育てるには...続きを読む

Q庭に根が張り巡らされています。

数年間誰も手をつけなかった庭をきれいにしようとしています。
が、雑草を抜いてみたところ、雑草の根が庭全体に張り巡らされており、地上から下10センチ程は草を抜くとゴソッと土ごと持ち上げてしまう感じです。

こういう場合って、土を入れ替えなくてはいけないのでしょうか?
こういう庭の手入れの仕方や、ヒント、アドバイスなどありましたらお知らせください。

Aベストアンサー

>数年間誰も手をつけなかった庭・・・

 自宅の庭ですよね。? どの程度の面積で日照の具合とか雑草の種類が判らないので適切な回答から程遠くなることをお許しくださいね。

 基本的に数年間何もしていない一般家庭の雑草は日当たりの程度にもよりますがかなり木本化した深い根の雑草が蔓延るのは当然です。 

 掘り起こした根から土を落としてもほとんど根という場合は土を除いた根は一箇所にまとめて置いて乾燥しきってから生ゴミとして処分するしかないでしょう。
 この状態の地盤に腐葉土と土壌改良剤+若干の石灰を混ぜることによって好い庭土になると思います。

 雑草にも種類がありその生育環境は色々ですが、一般的には粘性土を好みますので、種類によっては除草後に、海砂・陸砂・川砂などを混ぜて水はけをよくすることによって繁殖力を抑えることができます。
 要は庭というものは植物を育てるところとその他の空地とのバランスで構成されます(日本庭園)ので、その辺をメリハリを付けて土壌管理すればおのずとよい庭になりますし、必要以上の除草という作業も少なくなるはずです。

 つまり手をかけてやればやるほど自然と雑草は生えなくなりますし、気づいたときにちょこちょこ除草するというのが一番楽でながつづきする対策です。

(参照)
http://www22.ocn.ne.jp/~tamukai/
 わたしは個人的に「雑草」という言葉は使いません。 人によっては「道端草」といっていますが、わたしは『日常草』と言っています。
 特に好きなのがツユクサ・ムラサキカタバミ・ネジバナですね。 スギナ:ドクダミにはご注意を。

 

>数年間誰も手をつけなかった庭・・・

 自宅の庭ですよね。? どの程度の面積で日照の具合とか雑草の種類が判らないので適切な回答から程遠くなることをお許しくださいね。

 基本的に数年間何もしていない一般家庭の雑草は日当たりの程度にもよりますがかなり木本化した深い根の雑草が蔓延るのは当然です。 

 掘り起こした根から土を落としてもほとんど根という場合は土を除いた根は一箇所にまとめて置いて乾燥しきってから生ゴミとして処分するしかないでしょう。
 この状態の地盤に腐葉土と土壌...続きを読む

Qこの巨大な雑草の名前と、対策を教えて下さい。

この巨大な雑草の名前と、対策を教えて下さい。

庭に、謎の巨大な雑草がそびえ立っていて、困っています。
背の高さは2メートル以上。
葉っぱの形はサトイモの葉に似ていて、直径30cm位あります。
幹の表面は木みたいにゴツゴツしてます。
幹は直径3cmくらいあり、ノコギリで切ってみたら、中心は空洞になっています。
葉を落としても、2週間も立てば元通り、わさわさと成長しています。
隣家の敷地にまで葉が出てしまうので、なんとか根っこから取り除きたいのです。

対策を教えて下さい。
なお、除草剤は使ったことがなく、他の庭木に悪影響があるのではと心配ですが、
簡単な方法であれば除草剤も検討したいと思います。

Aベストアンサー

とにかく取り除ければ問題ないのですよね。
掘って取り除けられるような代物ではありませんから、根ごと枯らせて
しまう方法で作業をしましょう。

まずノコギリと粘土とスポイト、スミチオン乳剤の一番小さい物を購入
して下さい。全てホームセンターで揃います。
まず地表から出ている茎を、地表から10cmの位置で切って下さい。
切り口に穴が開いているようですから、その穴にスミチオン乳剤の原液
をスポイトで注入し、穴を粘土で塞いで下さい。
1週間して元気のようなら、粘土を外してスミチオン乳剤の原液を再び
注入し、再び粘土で塞ぎます。
原液は通常は希釈しますが、今回は希釈しないで使用します。
本来は希釈しないで使用すると、薬剤が強過ぎて薬剤枯れを起こしてし
まいますが、今回は枯らす事が目的ですから、原液のまま使用します。
そのままで1ヶ月も放置すれば、薬害により地中の根も枯れます。
後は手で簡単に引き抜けます。

除草剤よりスミチオン乳剤の方が効果的です。樹木の内部に注入します
から、周辺の草花や樹木には何の影響もありません。ただし原液を使用
するので、無防備で作業をすると人体に影響しますから、必ずゴム手袋
と防護メガネ、防護マスクを着用して下さい。
除草剤を散布すると3ヶ月程度は草花が育たなくなります。お隣に除草
剤が飛散すると同じように草花が枯れるので、除草剤は使用しない方が
いいと思います。

とにかく取り除ければ問題ないのですよね。
掘って取り除けられるような代物ではありませんから、根ごと枯らせて
しまう方法で作業をしましょう。

まずノコギリと粘土とスポイト、スミチオン乳剤の一番小さい物を購入
して下さい。全てホームセンターで揃います。
まず地表から出ている茎を、地表から10cmの位置で切って下さい。
切り口に穴が開いているようですから、その穴にスミチオン乳剤の原液
をスポイトで注入し、穴を粘土で塞いで下さい。
1週間して元気のようなら、粘土を外してスミチオン乳剤の原液...続きを読む

Q一年中咲く花はあるのでしょうか?

家の前に花を植えたいのですが常に咲いてくれる花がいいです。
でもそんな花あるのでしょうか?

木を植えるつもりはありませんが、桜なんて長くて1週間しか持たないですよね。

花の命は短いと言うので難しいと思いますが常に咲いてくれる花を教えてください。
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>花の命は短いと言うので難しいと思いますが常に咲いてくれる花を教えてください。

可愛らしい、面白い質問ですね。

答え・・・絶対に無いです。

もしあったにせよ 手入れは並大抵ではないです。
花は咲き終わったら 必ず花殻が葉っぱなどにくっ付いてしまいます。
次々に咲くにしても その花殻を毎日小まめに取り除いてやらなくては、次に咲いた花は少しも目立ちません。

また、植えっぱなしでは土地も痩せてきますので 段々小さな花しか付かなくなります。
そして THE END


そこで皆さんの言われる 混植なのです。

あるいは四季それぞれの花の苗を他で育てて、花が終わる前に次の咲き始めた苗を植えて・・・
一年に5-6回植え変えれば 花の絶えない庭になるでしょうね。

数年に一回しか咲かないサボテンを生涯大切に育てている方もいます。
人それぞれですが、一年中咲く花は無いことを念頭に置いて 花壇作りを楽しんでください。

花が咲くのは 子孫を残すための賢明な花の努力の結果です。
花を咲かせて、昆虫たちに受粉をしてもらうためにより目立った花も出来ます。
そして種を作り、一年のうちの短い日を終えるのです。


余談です。

他の植物もその必要が無いから一年中花を咲かせませんし 

動物に至っては出産に適した季節に合わせてセックスをします。

動物のうちでも、時期を選ばずにセックスを一年中するのは人間だけです(笑)

>花の命は短いと言うので難しいと思いますが常に咲いてくれる花を教えてください。

可愛らしい、面白い質問ですね。

答え・・・絶対に無いです。

もしあったにせよ 手入れは並大抵ではないです。
花は咲き終わったら 必ず花殻が葉っぱなどにくっ付いてしまいます。
次々に咲くにしても その花殻を毎日小まめに取り除いてやらなくては、次に咲いた花は少しも目立ちません。

また、植えっぱなしでは土地も痩せてきますので 段々小さな花しか付かなくなります。
そして THE END


そこで皆さんの言われる...続きを読む

Q雑草お断りの土

雑草のはえない土にするにはどのような工夫が必要でしょうか
除草剤などはまいても2ヶ月程度ですぐにはえてきますよね
雑草がはえてはいけない土はないのでしょうか
マルチや日光をさえぎるシートとかではなく土そのものの
改良です。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

方法としては二つだけあります。それは土壌の酸度値(pH値)を
強アルカリ性にする事です。ただし強アルカリ性にしてしまうと、
雑草は生えにくくなりますが、他の草花を育たなくなります。
まず地面を耕して生えている雑草を根から抜き去ります。その後で
石灰を多めに入れて再び耕して整地をすれば暫くは生えません。
ただ土壌は日に日に酸性に傾きますから、雑草が生え出したら再び
耕して石灰を混ぜるしかありません。

もう一つは固まる土です。これは先程に石灰を混ぜる事と同じで、
成分が強アルカリ性ですから雑草は生えにくくなります。
完全に根を抜き去ってから適当に整地をし、その上に固まる土を入
れて地均しをし、十分に散水して完全に乾けば歩いても車が乗っか
っても地割れしません。
石灰を混ぜるより期間は相当に長くなりますが、大体厚さが20cm
は必要ですから、値段的にはかなり高額出費は覚悟が必要です。

除草剤は種類によって効能期間が違います。短い物で1ヶ月、長い
物で6ヶ月持続する種類もあります。
葉だけを枯らさす種類と根から枯らさす種類に分類されます。
効能が切れるまで何も育たない難点があります。

予算的に無理であれば、石灰を適期的に混ぜるしかありません。

方法としては二つだけあります。それは土壌の酸度値(pH値)を
強アルカリ性にする事です。ただし強アルカリ性にしてしまうと、
雑草は生えにくくなりますが、他の草花を育たなくなります。
まず地面を耕して生えている雑草を根から抜き去ります。その後で
石灰を多めに入れて再び耕して整地をすれば暫くは生えません。
ただ土壌は日に日に酸性に傾きますから、雑草が生え出したら再び
耕して石灰を混ぜるしかありません。

もう一つは固まる土です。これは先程に石灰を混ぜる事と同じで、
成分が強アルカリ性で...続きを読む

Q土が すごい粘土質なのですが

自宅を購入したのでうが、すごく土が粘土質で
植物が育つか心配です。
なるべく費用をかけず、(労力はあるのですが)
ハーブをいろいろ栽培したいのですが
どなたかよい知恵がありましたら
教えてほしいのですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガラは近年農家の嫌われ者でまず無料でもらえます。モミガラを生で投入すると腐植の時に回りの窒素を浪費するので生の投入に警告する先生もおられますが、私はずっと生で投入していて何ら弊害はありません。良く耕せば良いだけの話です。モミガラは土を柔らかく綿のようなフワフワの土にするのに大変効果があります。次にタダの材料は枯葉です。これは山に行けば全国どの地方でもあるでしょう。枯葉は出来るだけ繊維質の多いものを選びます。丸い葉より針葉樹の松葉なんかは最適です。松葉はヤニがあるので畑に入れてはいけないと昔からいわれてきました。しかし、私は十数年松葉を投入し続けてきましたが良い事ばかりです。最後はやはり「砂」でしょう。粘土質の特徴を少しでも弱めるには砂が一番です。これは少し出費になりますが、これだけは必要です。
 それと一番大切なことは、これらの土壌改良剤を投入してよく耕す事です。何回も耕す事でモミガラや松葉の不安点も解消されます。そして徐々に粘土質の土壌と土壌改良剤とが融和して一つの新しい土に生まれ変わっていくでしょう。

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガ...続きを読む

Qタイルやレンガを土に直に貼ると?

こんにちは。
我が家の幅2m奥行5mほどの現在は土になっているスペースをなんとかしたいなぁと思っています。
よくホームセンターでレンガや平板(これもレンガ?)、枕木など売っていますが、これらは下地なしにいきなり土の上にしいてはいけませんか?女1人でも簡単に施工する方法はないでしょうか。
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

下地なしでも大丈夫です。
フルイを使い表面から3~5cm程度大きな石を取り除きます。
出来るだけ平らにして足で軽く踏み均します。
(山砂などを更に2cm程度敷ければやり易いでしょう)
平らにする事は寛容です(出来るだけ妥協しない様に・・)
平板やレンガを敷設しましょう。

しばらくして降雨などで不具合が出てきたらその部分をやり直します。
それを何回か繰り返すと落ち着くでしょう。
コンクリート・モルタルは使用しなくてもそれなりの仕上がりには出来ます。

Q土に埋める木材を腐食させない方法

知り合いの息子たちが
卒業記念に記念樹を植え、その横に
卒業生の名前を書いた木材の柱を埋めるそうです。
子どもたちが成人するまで(後8年くらい)は腐食させないで
しっかり立たせておきたいということです。
そこで質問です。
土に埋めた木材を、腐食しないでもたせる方法を教えてください。
「焼く」とかという方法もあるようですが・・
「防腐剤を塗る」という方法もあるようですが・・
それぞれの注意点、手順、その他の方法など、教えていただけたらうれしいです。
安価で簡単な方法がベターです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

一番簡単なのは焼き杭にする事です。
ペール缶などに木っ端材などを入れ炎を上げ杭を炙る感じにすればOK。
最後に水をかけておかないと燃え尽きる場合がありますので、ご注意を。

Q植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています

植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています


職場の空いたところに花壇を設置することになりまして
そこに何を植えるか検討中です

植木等の世話にマメではないので、植えた後も元気で生育してくれて
出来れば翌年(あるいは毎年)も花を咲かせてくれるようなものを探しています
見た目は二の次です

こういう都合のいい花はあるでしょうか

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ローズマリー
 すっごく丈夫でまさしく植えっぱなしOK。日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。花も咲きますが大きな花ではありません。でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。
http://www.yasashi.info/ro_00002.htm
●ドウダンツツジ
 低木です。冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。こちらも丈夫です。
http://www.yasashi.info/to_00008.htm
●ランタナ
 小さい密生した花を沢山咲かせます。暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。
http://www.yasashi.info/ra_00001g.htm
●セージ
 ハーブのセージです。様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。チェリーセージは比較的コンパクトです。丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。
http://yasashi.info/se_00005.htm
●マツバギク
 一転して丈の低い植物です。グランドカバーといって芝生のような役割をします。マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。
http://www.yasashi.info/ma_00015.htm
●宿根ガザニア
 花は非常に綺麗で密生して咲くととても綺麗です。真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●オキザリス
 写真以外にも非常に沢山の種類があり、お好みのものが見つかると思います(我が家はピンク色のオキザリスがあります)。丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。

【日当たりが悪い】
●クリスマスローズ オリエンタリス種
 本来は落葉樹の下に植えるのがベストなんですが、日当たりが悪くても耐えます。株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。
http://www.yasashi.info/ku_00006.htm
●ツルニチニチソウ
 日当たりが強烈でも日陰でもどっちでもOK(我が家は西日が当たる所で生息中)。名前の通りつる性です。
http://www.yasashi.info/tu_00002.htm

 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。どれも育てやすいです。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ロー...続きを読む


人気Q&Aランキング