【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

私は今年で50歳になります
企業勤めていてかんじるのは、50歳以上で企業経営に貢献して
いるのは工場現場で働いている人だけです
例えば、営業マンでも50歳以上で多くの契約をとってくる
人はいます、でもその内容を見てみると過去の顧客との絆のなかで
商売を貰っているに過ぎません
技術・経理・人事その他デスクワークを行なっているような
50歳以上の人は、ふんぞり返って、苦労しなくても仕事が
こなせ、若い人の成長を邪魔しているような人ばかりです
先程の営業マンでも今までの取引のあった顧客との取引を
若いひとに全て渡して、ゼロからスタートしようとしている人は
いません、技術等の仕事をしている人も同じです
はっきり言って、50歳以上の人はほとんどの人が企業の成長の
邪魔をしているだけです、指導内容も古臭い自己満足のために
行なっているのが実態です

一方、私もそうですが50代になって初めて家庭でお金が必要に
なることがわかりました、子供が高校生までは公立に行かして
いる限りお金などほとんど要りません
しかし大学となると一人あたり一年分の手取り額以上の納付金
がかかります

企業で邪魔をしながら、かといってやめるわけにはいけない50代
どのように仕事をしていけばよいのか悩んでいます
過去の経験を生かすといった仕事の仕方ほど会社にとって阻害要因
になるものはありません

どなたかご意見を拝聴したいと願っています

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 おっしゃることはよく分かりました。

私は52歳で30年間勤めた大手企業を脱サラし、自分で株式会社(経営コンサルティング会社です)を興して8年になる60歳のオジサンです。あなたより10年ほど先輩になりますので、事情は十分に察知できます。

 企業の第一線でバリバリ仕事ができ、企業に貢献していることが誰にもよく分かるのは、30代からせいぜい40代前半くらいまでではないでしょうか。そこから先になると、若い人にはかないません(少なくとも第一線で働くことに関しては)。自分が培った技術・経験・ノウハウを若い人にバトンタッチし継承するのが、企業にとって、そして若い人にとっても、いちばんよいのかも知れません。しかしそれを渡してしまうと、何も残らず、自分の存在価値さえもなくなると危惧する人が多くいます。50代の人がそのあたりになるのでしょうね。だからバトンタッチするのを尻込みします。

 ここでまったく見方を変えると、あなたが若い頃にバリバリ働き企業に多大の貢献をしていても給料は少なかったはずで、大した仕事をしない大先輩がふんぞりかえって高給をもらっていました。
 企業では(社員の引止めのために)若い頃の稼ぎを年配になってから還元するような面がまだ残っています。あなたも若い頃の稼ぎをこれから返してもらうつもりになる(そのくらいに居直る)ことが必要だと思いますよ。少なくとも若い人が活躍するのを邪魔しない範囲で。

 これからの仕事のスタイルで望ましいのは、今までに培った経験をもとにして(むかし堅気の古臭い経験は見直すとして)部下を育成したり、マネジメント(経営管理)により近い仕事をすることです。
 私の場合は、40代に入る頃から品質保証の責任者になって、(品質面で安心してもらえる)仕事の仕組みづくり・ルール・基準づくりを始め、それを大成させて周知徹底させ、規律よく効率よく仕事が出来るようにしました。大変革です。「変化なきところに進歩なし」です。その延長線でついには会社を飛び出し、自分でこの仕事を始めたのです。
 若い人ではまだ出来ない、若い人にはまだ任せられない、あなたしかできない(あなたの経験や実績があってこそできる)仕事をあなたが率先してやるべきです。若い人にバトンタッチできるものはどんどん渡して、逆に頼られる存在になることでしょうね。社内の空気の刷新も若い人ではできません。上層部の意向をもらって、小さいところからでも変革を起こすのが、これからのひとつの道です。それができなければ、定年まで大人しく身を潜めておくことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難う御座います
会社のためにはここで身を引くのが当然なのですが、
自分勝手の話ですが、家庭のことを考えるとそれもできません
とにかく、周りに迷惑をかけながら仕事をしているという
自覚だけは忘れずに、少しでも貢献できるようにしていきたいと
思います
感謝申し上げます

お礼日時:2008/03/10 19:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング