ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

ブライダル衣装店希望の自己PRです


私は幼い頃からブライダルの仕事にあこがれを抱いておりまして、現在、専門学校で和装から洋装など様々なブライダル衣装の知識、技術を日々学んでおります。しかし私にとってブライダル衣装とは、心からの祝福を衣装という形に変えてお届けするもの。心がなにより大事、という気がしてならないのです。そこで私はお客様への上質なサービスやマナーを身につけるべく、ホテルでのインターシップに参加しました。私はお客様を第一に考えております。御社へ入社してからも、お客様に満足していただける「技術と心」をさらに高め、ワンランク上のスタイリストを目指します。

文字数の関係で文章がたりないところもあるかと思うんですが、どこをけずって書いたらよいか悩んでいます;;

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

この自己PRですと「他の会社ではなく、御社を選んだのは~」というアピールに欠けていると思います。



応募する会社の「企業理念」や「特徴」、「競合に対する強み」などをもう少し研究して、
そことご自分の考え方(「技術と心」など)とがフィットしたアピール文を書いた方がよいと思いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます!
もう少し頑張って絞ってみます。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2008/03/10 22:24

初めまして。

元人事部のスコンチョといいます。(^_^) 活字で手短に書きますので、
厳しい感じがするのはご容赦くださいね。

質問タイトルの「採点」ということで言えば、僕なら50点というところです。減点の理由は
全体が抽象的なことと、言い回しが不自然なことでしょうか。(ちなみに、私は他の担当者
より点数が辛い方です)


【削れる部分】
まず、削れる可能性があるのは、同じキーワードが繰り返されている部分です。

「私」:主語は全て私なのですから、最初に「私は」と書かれていれば、後は省いても
通じます

「お客さま」:3行目「第一に考えるべきお客さまへの上質なサービスや・・・」と
書けば、直後の一文「私はお客様を第一に考えております。」は不要になります。

「御社へ入社してからも」:就活中であるなら、やや言い過ぎかなと思います。省いても
OKでは。

【全体の流れ】
ブライダルにあこがれ→専門学校で知識・技術習得→しかし心が大事→ホテルでイン
ターンシップ→「技術と心」を高めたい

流れで若干違和感を感じるのは、『現在学んでいるのは「知識と技術」なのに、心が大事
と思ってホテルへインターンシップで行き、満足してもらえる「技術と心」を高めたい』
結局、技術は大事なの大事じゃないのというところでしょうか。私なら「お客さまの満足が
一番大事」であり、その為に「心と技術を高めたい」という流れの方が良いかなと思います。

【表現が?】
心からの祝福:これは質問者さんが祝福しているということだと思いますが、プロとして
お金を頂戴しながらやるのですから「精一杯の祝福」くらいではないかと・・・

を衣装という形に変えて:この場合だと「代えて」の方が適切かもしれません

ワンランク上のスタイリスト:現在勉強中なのですから、まずは一人前を目指す方が
一般的かと思います。あるいは「従来のスタイリストの枠を越えた」とか「今までには
ないスタイリスト」等を目指すという表現になるかと思います。

頑張ってください(^_^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

採点ありがとうございます!
確かに全体の流れを見てみるとおかしいですね;
是非参考にさせていただきます!
お返事ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/10 01:35

 制限された文字数の範囲で、おおむね良さそうな内容に書かれていると思いますよ。

ただ表現にはANo.1さんの意見のように小さな修正・見直しが必要でしょうね。
 私なら、あなたの表現を最大限に生かせば、「…あこがれを抱いてきました。」とします。

 「そこにホテルでのインターシップの内容を書こうと思ってるんですがそれは大丈夫でしょうか」には、くどくならない範囲で努力して得たことは書いたほうが、より説得力があります。

 あえて言えば「私はお客様を第一に考えております」は、どの会社でも一応はそうですからね。当たり前のことを言っている、とも受け止めることができます。工夫の余地があるとすれば、ここですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よきアドバイスありがとうございます!
くどくならない程度に考えてみます。
お返事ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/09 22:43

再び登場です(笑)最初に読んだ時に、「ホテルでの経験ってどんなことしたのかなあ・・」と感じましたので「頑張ったこと」にいれてもいいと思いますよ。



結婚に関する仕事は、良い接客も悪い接客も一生の思い出になるので「心を込める」のは本当に大事なことだと思います。結婚10年近く経ちますが、関係者の接客のことはありありと覚えてます。

頑張ってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事またまたありがとうございます!
頑張ります^^

お礼日時:2008/03/09 22:41

参考まで。



私は幼い頃からの夢であるブライダルの仕事につくために、日々専門的な知識・技術を学んでおります。私にとってブライダル衣装とは、祝福の気持ちを衣装という形に変えお客様にお届けするもの。知識も大事ですが、そこに心を込めるということの重要性を強く感じています。そこで私は、お客様への上質なサービスやマナーを身につけるべく、ホテルでのインターンシップに参加いたしました。お客様に満足していただけるよう、技術面・精神面でのさらなる向上を図り、ワンランク上のスタイリストを目指します。

>>心からの祝福を衣装という形に変えてお届けするもの。
このあたりの表現が分かりにく感じます。すっきり表現できればいいのですが。

全体的に丁寧に表現しようとしすぎて逆に表現がおかしくなっている印象ですね。「仕事にあこがれを抱いておりまして」「気がしてならないのです」の部分です。

内容はいいと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます!
是非参考にさせてもらいます。
「在学中でもっとも力をいれたこと」も書かなければならないのですが、そこにホテルでのインターシップの内容を書こうと思ってるんですがそれは大丈夫でしょうか?::

お礼日時:2008/03/09 21:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング