【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

どなたか教えていただきたいのですが、大家が
ある日貸家(私が入居中です)の壁が30年もたっていて
汚いので壁面を塗装することを我が家に言ってきました。
入居中でしたのであまり気も進まないけれども
とりあえず、承諾しました。しかし壁面塗装において
業者がうちの家の外に設置されている水道を使って
無断で壁面掃除(汚れをひとまず落とす作業)をしていたようで
さらに電気もうちの家の電気コードを家からひいてきてほしい
と頼まれました。壁面掃除の水道代・電気代などは
大家がもってくれるのでしょうか。
どなたか詳しい方がいたら教えていただきたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

そもそも大家は、建物を良好に管理する義務があります。

たとえば外壁塗装は、汚れだけではなく、防水などにも関与するものです。手を入れないと、建物事態の損害がおきえます。そうなると困るのはあなたでしょう。そもそも、そういう保全に関する事項については、あなたも協力する義務があるのです。

で、管理義務は大家だから、こまかく言うとそういう金銭もすべて請求してもいいのですが、はっきり言って、そこまで言うのはどうかと思う程度の金額だと思うのですが。まあ、他人との協調より自己愛を優先させたいのであれば、裁判も含めてご自由にということになります。普通の人は、使用する前にひと言ぐらいと苦言を言うだけで、おしまいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
大変参考になりました。

お礼日時:2008/03/10 23:06

良い大家さんで良かったですね。



築古の借家だとどうでも良いと建物の維持管理に費用を掛けたがらないものですが。

質問者さんの入居中に外壁塗装は生活をする上で迷惑でしょうけど、
建物を維持管理する上では必須です。
これは借家でも持ち家でも一緒ですのでご協力してあげて下さい。

ご質問の電気代や水道代は本来建物の維持管理する為のものなので、本来は大家負担と思われます。
しかし、電気代も水道代も金額的には良く使っても数百円程度だと思います。それに引き換え大家さんは建物の維持管理の為だとは言え、数十万円の費用が掛かります。
外壁塗装をする事により建物も綺麗になり気持ち良く住めると思いますのでその程度は負担してあげればどうでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ひでさん。お返事ありがとうございました。
大変参考になりました。入居中ということもあり
ナイーブに考えすぎていたようです。
たしかに大家さんのお気持ちを考えると
建物を修繕してくださる行為は大変ありがたいものだと
ひでさんの文章を読んで考えさせられました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/03/10 23:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q貸家の修繕費用はだれが負担するの?

お世話になります。
貸家の修繕費用はだれが負担するの正しいのでしょうか。
貸家を持っていますが、これまで屋根の塗装や部分修理、ボイラーの交換、外部排水の詰まりの修繕等を行ってきました。
このたび再度ボイラーが壊れたということで交換を頼まれましたが、折半等というわけにはいかないのでしょうか。
たしかに、基本設備がそろっていないと貸家としては成り立たないのかもしれませんが、借り手の負担は求めてはいけないものでしょうか。
どなたかご教授ください。

Aベストアンサー

 大家しています。

 今の『借地借家法』は、不本意ながら、『借主絶対優位』です。

 要は「固定資産税も設備の交換修理もすべて大家が行います。家賃なんてご同意がなければ上げません。お気の済むまで、朽ち果てるまで、お住みください。」って契約なんです。借主の故意・過失による故障や廃棄とでも証明されない限り、『折半』を納得してくれる借主なんていないでしょう。

Q賃貸店舗の改修工事代の費用負担について

現在、賃貸契約中の店子から水道メーターの移動工事代と
非常防火扉の設置工事代を求める電話があり驚いてます。

これらの費用は大家が負担するのですか?

賃貸契約書には特別な記載が無く判断に困っていますので
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

消防法の専門家です。こういう事例は実はよくあります。

問題なのは、テナントさんの用途によって、付加設置になる設備があることです。たとえば、700㎡ぐらいの事務所ビルに医院が入居すると、今まで必要無かった自動火災報知設備や屋内消火栓など建物全体に付ける必要が出てきてしまいます。費用的な負担も大きく、また医院が退去した後撤去するのも容易ではありません。
したがって、このような場合の費用負担は大家さんとテナントさんで分担割合を相談するのが一般的です。

たとえば、自動火災報知設備を付加設置した場合、医院が出て行ってもほかのテナントを入れることができるようになります。ですのでそのような付加設置は「建物全体の付加価値を向上させ、オーナーの資産価値を向上させる」ということになります。

ですので「オーナーの資産価値を向上させる分」については、オーナー様が負担するのが妥当であるともいえます。

逆にテナントさんが行う付加設置はあくまでも「店舗として利益を得るための初期投資コスト」になります。水道メーターはいくら場所を動かしてもオーナー側の資産価値が向上することはないでしょうから、通常店舗側が負担して移動させます。オーナーとしては「店舗の利益のための改造は、許可はしますが当然店舗で負担してください」といえばOKでしょう。

防火扉の付加設置については、条件が分からないと何とも言えませんが、建物の全部に付加設置するなら、先ほど書いたように建物の資産価値が向上する部分もあるかもしれませんので、その部分は大家さんが負担してもいいと思います。

逆にその防火扉は、あくまでもテナントがある階または区画のみで建物全体に波及しないなら、店舗負担とすべきでしょう。その場合、覚書を交わして「退去時にどこまで復旧させるか」を明確にしておくほうがいいと思います。

消防法の専門家です。こういう事例は実はよくあります。

問題なのは、テナントさんの用途によって、付加設置になる設備があることです。たとえば、700㎡ぐらいの事務所ビルに医院が入居すると、今まで必要無かった自動火災報知設備や屋内消火栓など建物全体に付ける必要が出てきてしまいます。費用的な負担も大きく、また医院が退去した後撤去するのも容易ではありません。
したがって、このような場合の費用負担は大家さんとテナントさんで分担割合を相談するのが一般的です。

たとえば、自動火災報知設備を...続きを読む

Q外壁塗装は必ず必要ですか?

築15年の軽量鉄骨住宅に住んでいます。外壁、瓦の塗装のセールスが多いのですが、迷っています。10年ごとにと良く言われますが、必ず必要でしょうか?同時期に同じメーカーが建てた家が10棟ありますが、半分以上は1回は塗り替えを行っているようです。定期的な塗り替えが良いことは分かりますが費用の問題があります。
たとえば、40年で解体するとして、その間に4回塗り替えをするのか、1回で済ますのか。1回100万円としても大きな差ですよね。雨漏りなどのトラブルが発生しなければ、なるべく少ない方がいいと思うのですが。近所には、私が小さい頃から1度も塗り替えなどしていないだろうと思われる木造住宅も結構あると思うのですが・・・・
我が家は現在、ひび割れなどはありません。目地部分はだいぶシワシワな感じになっています(ここから雨水が浸入してと言われたことがあります)。雨漏りなどは全くありません。出来れば先延ばしにしてトータルの回数も減らしたいのですが・・・
アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

親が大工しています。
実感としては#5さんに近いと思います。
但し建てられた家の状態がわからないのでなんともいえません。
ローコストで建てた場合は比較的早い頻度でしたほうが良い傾向にはあると思います。
リフォームやさんは外壁塗装は変化がわかりやすく費用もかさみ
かつうまみも大きいのでねらい目なのかなと思います。
リフォーム屋さんのお勧めの1.5倍の周期まではまあ大丈夫でしょう。

それより雨漏りやそれ以外の快適性に直接かかわらない部分、眼に見えにくい部分のチェックを大工さんに見てもらったらどうでしょうか ?
お近くに知り合いの大工さん(うでの良い)はありますか ?

ちなみに我が家の外壁は50年間塗装はしていませんまたまだいけそうです。塗ってもいいのですが古くなってきた感じが消えてしまうのが惜しい。

Q賃貸アパートのフローリング全面張替

先日約10年住んでいた賃貸アパートを退去しました。
その後大家さんから連絡があり、フローリングが変色しているため
全面張替が必要で、費用が4、50万円くらいかかるとのことでした。
(フローリングは消音効果の高い特別な?ものだそうで、普通より高いとか)

入居してる間、フローリングを傷つけないために
タイルカーペットをずっとひいていて、それがフローリングを
密閉したためのカビによる変色だろうと業者に言われたそうです。

部屋は9.5畳でそれをひいていたのはだいたい6畳分ぐらいです。
また、その下すべてが変色しているわけではなく、何か所かです。

原状回復というのは知っていますが、
フローリングにカーペットをしいて生活するというのは
通常使用には値しないのでしょうか??

まして10年住んでいたので、通常でも傷や汚れはあるかと思います。。。

費用は全額を借主で負担しなければいけないのでしょうか??
金額が大きいだけに、すんなりと納得できない状況にいます。

詳しくご存知の方、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

実は、現在自分でフローリングの張替えをするために、いろいろ調べております。
たまたまお見かけしたところ、気になったのですが、
マンションのフローリングはどのような質のものでしょうか?
ものによっては、そもそも10年以上持たないと思います。

一般的に、フローリングの床材には、2種あって、複合板と一枚板からなる無垢材です。
もちろん、無垢材は高価できちんとメンテナンスすれば、30年以上長持ちします。
しかし、マンションでしかも賃貸。当然貸主にメンテナンス(ワックスがけなど)が義務付けられているわけではないでしょうから、ワックス不要のコーティングされたものであるはずです。
また、アパート(マンション)である以上遮音機能のついた床材であるでしょう。
これは、基本複合版しかありません。
無垢材を使うには遮音マットを下に敷けばいいのですが、床を張り替える時は、遮音マットは使えるはずですので、上の板のみを張り替えればいいはずです。
文章では、消音効果の高い特別な?ものということですので、遮音機能がもともとついた板であるはずです。(L-40かL-45という基準のある板です。)

以上のことから、あなたの住んでいるところの床板は、遮音のついた複合材を使用しているはずです。
さて、この複合材ですが、無垢板よりも長く持ちません。
たいていは合板の上に3mm~5mm程度の薄い化粧板を貼り付けているものだからです。
すぐに、傷がついたり、剥げたりします。
それを防ぐためには、月一程度マメにワックスをかけるなどのメンテをするか、前述のとおりワックス不要のコーティングが必要です。
性質が賃貸なので、おそらくコーティングされたものを使っているはずです。
そして、問題はそのコーティングですが、
コーティングにも種類があります。
今では30年ぐらい持つコーティングもありますが、10年前でマンションであれば、高級マンション限定で20年ぐらい持つガラスコーティングされているかもしれません。(これは、別途コーティング業者に依頼するものです。)しかし、このコーティングで10年でカビはつきません。)
そして、あとは、UVアクリルコーティングというものです。
これは10年もちます。床材にあらかじめコーティングされたものも売っており、マンションとしては使いやすいものです。それか、一般的なセラミック仕上げというものです。
これは10年ももたないでしょう。

状況的に推測できると思いますが、10年使われていたなら、おそらく使用されているコーティングは効力を失っていてもおかしくありません。
つまり、カビが生えてもおかしくないことと、「フローリングである部屋」を借りているのですから、フローリングのメンテはあなたの過失がない限り貸主にあるでしょう。
今回、状況的にあなたに過失はないはずです。フローリングは永遠に同じ状態を保てるものではありませんから。

床材の品質を突き詰めれば、貸主も納得せざるを得ない結果が出てくるはずだと思いますよ。
フローリング材の床材の種類と、仕上げ、コーティングの有無とコーティングの種類を)一度、確認してみてください。

実は、現在自分でフローリングの張替えをするために、いろいろ調べております。
たまたまお見かけしたところ、気になったのですが、
マンションのフローリングはどのような質のものでしょうか?
ものによっては、そもそも10年以上持たないと思います。

一般的に、フローリングの床材には、2種あって、複合板と一枚板からなる無垢材です。
もちろん、無垢材は高価できちんとメンテナンスすれば、30年以上長持ちします。
しかし、マンションでしかも賃貸。当然貸主にメンテナンス(ワックスがけなど)が義務付...続きを読む

Q賃貸物件の改修工事の資産計上について

皆さんへ

いつも助けていただき、感謝しています。
さて、非常に基本的なことと思いますが、ひとつ教えていただきたいことがあり
質問させていただきました。

私が勤務している団体では賃貸物件で教育事業を行っています。
(建物まるまる私どもで借りています。)
その建物の屋上が雨漏りするようになり、その工事と、それ以外にもいくつか改修工事を
あわせて行いました。で、その経費の一部をオーナーが引き受けてくださり、
直接施工業者に支払っていただきました。

さて、ここで質問です。
資本的支出と収益的支出に区分し、資本的支出部分で1件あたり100,000円以上は
資産として計上するのですが、そもそも資産計上する必要があるのかと、
ふと疑問に思いました。

賃貸物件です。建物に係る工事はそもそも私どもの資産ではないのではないかということです。
当該物件の賃貸借契約は確認しますが、もし、ある工事内容が貸し主の責に帰すものである
という場合は私どもの資産にはならないので、資産計上しなくてよいという理解で
よろしいでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 不動産賃貸業を営んでおります。

 「それ以外にもいくつか改修工事」ですか。

 質問者さんが具体的に何をなさったのか、規模はどれくらいかなど書いてないのではっきりはわかりませんが、税務署・県など課税機関はおそらく「資産計上すべき」ものと判断することでしょう。


 実例ですが、うちのテナントが内装を換えました。そしたら、「不動産取得税」の課税通知がうちに来ました。

 うちは1円も出していないのに、また、うちは何も取得していない(テナントが退去の時原状に復して退去する)のに、取得税を払うわけにいきません。

 うちが取得税を払うと、なにを「もらったか」ということになって、贈与税(会社なので正しくは法人税になりますが)がかかります。で、取得税を払うわけにいかないのでした。

 県(最初からテナントに出してもらってもOKと言っていた)やテナントと話し合った末、テナントに出してもらいましたが、テナントはテナントで、税理士から償却資産に計上させられているらしいのです。

 (が、内装分うちの固定資産税も上がってるみたいなんですねぇ。どうも、二重に課税されている気がするのですが、内装がよくなると固定資産税も上がるんだそうです。固定資産税とはそういうものなのだそうです)

 閑話休題

 とまれ、テナントは、自分でやった内装(不動産ではない!)について「不動産取得税」を払わせられ、且つ、償却資産に計上させられています。

 したがって、工事内容や規模がわかりませんので断言はできませんが、質問者さんも、償却資産に計上すべきであり、県が把握すれば「不動産取得税」が課される危険もありますね、というのが回答です。

 ちなみに、資産計上すべき支出には、10万円基準、30万円基準(特例)ほか、何種類か基準があります。

 関心があったら、その基準適用については大家にどうしているか、お尋ねになることをお勧めします。工事実体を知っている大家に聞いた方が的確な説明をしてくれるでしょうから。
 

 不動産賃貸業を営んでおります。

 「それ以外にもいくつか改修工事」ですか。

 質問者さんが具体的に何をなさったのか、規模はどれくらいかなど書いてないのではっきりはわかりませんが、税務署・県など課税機関はおそらく「資産計上すべき」ものと判断することでしょう。


 実例ですが、うちのテナントが内装を換えました。そしたら、「不動産取得税」の課税通知がうちに来ました。

 うちは1円も出していないのに、また、うちは何も取得していない(テナントが退去の時原状に復して退去する)のに、取...続きを読む

Q借家の庭木の剪定義務はどちら?

一戸建ての借家に住んでいます。
庭木が延び放題になっていて格好も悪く、また電線にも接近してきているのでそろそろ剪定の必要性を感じています。

ここで質問なのですが、庭木を剪定する義務は大家と住人のどちらにあるのでしょうか?

借家ということもあり、庭木の所有権は大家にありますので大家のような気もしますが、今ひとつすっきりしません。

法的にどういう考え方ができるのか、また、実際に借家の庭木を剪定された方はどうされていたのか、お聞かせいただければ幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大家をしていました。
庭木は毎年冬に業者に頼んで剪定してもらっていましたよ。
料金もこちら持ちです。
庭木は消費財ではありませんから、大家が持つものだと思います。

Q大家の修繕義務はどこまで発生しますか?

築20数年のアパートに住んでいます。
何もかも古いのに、あまりリフォームされていないので困っています。
まず入居時に照明のソケット部分が古いため新しいものが使えず
大家持ちで直してもらいました。

入居してからは、キッチンでは蛇口を閉めても水が垂れるとか
シャワーを使うと蛇口のハンドルから水が出まくるとか、
テレビのアンテナが古いせいでテレビが映らないなどということが
改めて発覚しました。

不動産屋(管理会社)の担当者に偶然会ったのでそのことを言うと、
「それは勝手に直してもらってかまわない」と言われました。
ということは・・私が業者を呼んで、かかった費用は不動産屋に請求しても
いいということなのでしょうか?
このようなことって、全て大家に払ってもらえることなんですよね??

早めに電話して言おうと思うのですが、私が無知なため
これまでも何回か担当者に丸め込まれたこともあったので
今回は「そちらが負担です」なんて言われても抵抗できるように
大家の修繕義務を知っておきたいのです。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

1です。 お返事ありがとうございます。

念書が必要な理由を申します。
彼らは入居者はお客さんですが=金づるとしてしか見ていないのです。一番大事なお客さんは入居者もそうですが、大家なのです。
だから、大家の風向きによってコロコロ変わりますのでその時点で言った事は「特に金銭が絡むことは」必ず念書で行った方が良いでしょう。
良心的な管理会社でしたらその方法を取る場合、勝手に豪華な品物をつけられても困るでしょうから、上限金額を設定したりなど覚書みたいな者を締結したり、打ち合わせしたりなど行うのが通例ですけどね。

私自身今引越しを考えて、その内装工事に関して70m2近くのボロ賃貸マンションですが、指摘項目を50近く挙げて、その打ち合わせだけで3週間近くかけて何とか大家負担にさせようと努力しています。

元管理会社の者でも、これ位腐心している者ですよw

金銭が絡むものに関しては、文書化し支出の明細区分をハッキリしておく。これは鉄則ですし、しておかないと後々のトラブル原因に繋がりますので必須ですね。

頑張ってください。

Q自己破産後、ローンが組めるようになるまで。

私の婚約者は、自己破産をして丸5年経ちました。免責もおりているので(実際に書類も見せてもらっています)5年から7年でカードが作れるようになったりすると聞きましたが、実際に自己破産されてカードを作れるようになったり、ローンを組めるようになった方はいらっしゃいますか?また、彼と結婚して、私に収入源が無い場合、私もカードが作れなかったりするのでしょうか?実際にカードが作れなくても、現金払いで生活していく程度の収入は有りますし、彼氏も企業の正社員として働いています。カテゴリはここでよかったのか、わからないのですが、お分かりの方いらっしゃいましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

以前、『個人信用情報機関』の1つであるCIC(正確には『クレジット産業協会』)に『個人情報取扱主任者』の認証を受けていました。

> 免責もおりているので(実際に書類も見せてもらっています)5年から7年でカードが作れるようになったりすると聞きました
それは、「『個人信用情報機関』に『情報』が残っている期間が過ぎれば、再びクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることができるようになることもある。」という話だと思います。
(カードと言われてもさまざまありますので…。キャッシュカードならばすぐにでも作れるでしょうし、キャッシュカードがあってその口座に残高があれば『J-Debit』というシステムに加入しているお店などでは、現金がなくても買い物等はできますから。)

5年から7年…というのは、『延滞等の金融事故があった場合=事故情報』の話です。
自己破産の場合は、『官報』に記載される情報なので、最長10年です。
『事故情報』と『官報記載情報』は扱いが違いますから、それを混同しないようにしてください。

全国銀行個人信用情報センターは「破産・民事再生手続開始決定等の場合は、当該決定日から10年を超えない期間」。
CICは「破産・失踪・再生手続開始の決定日より7年以内」。
CCBは「破産関連は宣告日より7年間」。
全国信用情報センター連合会は「破産に関する情報は、手続開始日(宣告日)から10年間」。
テラネットは「本契約不履行に係る情報は発生日から5年を超えない期間」。
となっています。

銀行系の「全国銀行個人信用情報センター」と消費者金融系の「全国信用情報センター連合会」が10年であり、この2機関は、クレジット・信販系の「CIC」と(CRINというシステムにより)情報交流をさせていますので、ローンであれクレジットカードであれ「10年は無理」と思っていていただいた方がいいです。

> また、彼と結婚して、私に収入源が無い場合、私もカードが作れなかったりするのでしょうか?
私には収入がないのにクレジットカードを作ったり、ローンを借りたりして、『どこから返済』をするのですか?
『夫』の給与が『返済財源』となるのではありませんか?
『返済財源』の主に『自己破産』の履歴があれば、当然にクレジットカードも作れないと考えるのが普通だと思いますけれど。

ただし、法律で「個人信用情報機関に破産の情報や金融事故の情報が載っている人にはお金を貸したり、それに準ずること(クレジットカードの発行など)をしてはいけない」と定められている訳ではないので、それぞれの金融機関やクレジット・信販会社の判断基準によっては、ローンが組めたり、クレジットカードが発行されたりといったことがないではありません。

ただ、ご質問者さま個人が誰かにお金を貸したとして、その借金を踏み倒されたとします。
その借金を踏み倒した相手に、ご質問者さまは再び、三度、お金を貸してあげよう…という気になりますか?
『(自己破産に至った理由の如何を問わず)自己破産による免責を受け、結果として借金を完済しなかった』ということは「借金を踏み倒した」のと同じことです。
免責を受けても借金そのものがなくなった訳ではないので、債務者に余裕ができ、返済の意志があれば返済をすることはできるんです。
ご質問者さまの婚約者さまも「今からでもかつての借金の返済はできます」よ。
でも、『今さら』返済をしたところで、「何の得にもなりません」からされないでしょうね。
それゆえに『自己破産による免責を受けた』=「借金を踏み倒した」と言われてしまうんです。

あと、既回答者さまも仰られている通り、かつての自己破産によって免責を受けた先のご利用は、一生涯無理だと思っていただいていいです。
世間一般で言われているような『ブラックリスト』は存在しませんが、内部資料としての『ブラックリスト』は存在し、『永年保管』としている企業は多いですから。

以前、『個人信用情報機関』の1つであるCIC(正確には『クレジット産業協会』)に『個人情報取扱主任者』の認証を受けていました。

> 免責もおりているので(実際に書類も見せてもらっています)5年から7年でカードが作れるようになったりすると聞きました
それは、「『個人信用情報機関』に『情報』が残っている期間が過ぎれば、再びクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることができるようになることもある。」という話だと思います。
(カードと言われてもさまざまありますので…。キャッ...続きを読む

Q外壁塗装120万 修繕費で良いですか?

色々調べてみたんですが、どうもよく解らないので
どなたか教えて下さい。

昨年、貸家の外壁塗装工事に120万円かかりました。
この貸家は築20年、四世帯の物件です。

外壁塗装はひび割れなどが始ったため施工しました。
原状回復の為の費用です。
ちなみに今まで一度も塗装した事はなく、初めての塗装です。

120万円全額修繕費で経費で落として大丈夫ですか?

Aベストアンサー

No1の方の回答のうち、「前期末簿価」とあるのは間違いで、「前期末での取得価額」です。
したがって、建物のもともとの取得価額が12百万円以上であれば、修繕費です。
ただ通常の維持管理のための支出、毀損したものの原状回復費用は幾ら高額でも修繕費ですので、ご質問の内容であれば、修繕費としても何の問題もないでしょう。

Q貸家の雑草処理費用はどちらが負担?

貸家の持ち主です。最近入居した人から「庭に雑草が増えてきたので抜いてほしい。木も枝が伸びてきたので剪定してほしい」との要望が仲介業者に入ったそうです。

この件についての取り決めはしていません。

入居時には「すてきな庭」というのも決め手になったようです。

貸主としては雑草の処理くらいは入居者がすべきと思います。剪定費用は負担したいと思いますが。

庭の草木の処理に関する費用負担について教えてください。

Aベストアンサー

 大家しています。

 まさか『契約書』に庭の面積まで『賃貸借物件』として記載されているわけではないでしょう? そんな記載をしたら、物置を置いたり、駐車場にされたり、耕して畑にするバカまでこのサイトにはいました。畑になんかされたら『小作権』まで主張しかねない。
 “庭”はあくまで大家の所有地で誰にも『占有権』なんてありません。でも借主の中には『専用庭』なんて言い出す人もいる。そこはハッキリさせておくべきでしょう。そこを畑にするのも、駐車場にするのも、花を植えるのも、大家の自由です。

 ただ、信頼関係のある借主さんなら、「花を植えても良いですよ。」くらいなことは言うでしょうが、それも「勝手にお使い下さい。」ではなく、“花”に限った使用許可です。ここを間違える借主は多いようですからご注意下さい。

 雑草を繁茂させるのも大家の自由ですが、当然借主からは苦情が来る。これは休耕地に雑草が生えて隣接する畑の耕作者から「種が飛んできて困る。」と苦情を受ける(私が苦情を受けましたW)のと同じ。管理責任は大家にあります。でも、片っ端から引っこ抜くくらいならそう時間はかからないでしょう。それとも、かなりの広さがある?

 『雑草の処理くらいは入居者がすべき』は大家としては当然の思いでしょうが、借主によってはなぁ~んにもしない人もいる。それは借主次第。質問者様は借主の選別を誤ったらしい。それだけのことです。「“庭”の権利が誰にあるのか」をハッキリ示すには良い機会でしょう。相手が言ってきたのなら、絶好の機会ですね。面倒だったらこの機会に除草剤でも撒いたら如何ですか?

 大家しています。

 まさか『契約書』に庭の面積まで『賃貸借物件』として記載されているわけではないでしょう? そんな記載をしたら、物置を置いたり、駐車場にされたり、耕して畑にするバカまでこのサイトにはいました。畑になんかされたら『小作権』まで主張しかねない。
 “庭”はあくまで大家の所有地で誰にも『占有権』なんてありません。でも借主の中には『専用庭』なんて言い出す人もいる。そこはハッキリさせておくべきでしょう。そこを畑にするのも、駐車場にするのも、花を植えるのも、大家の自由で...続きを読む


人気Q&Aランキング