ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

3Lしかオイルが入らないクルマを所有しています。
しかし、世の中、安価で打っているのは4L缶。

そこで、1Lずつあまったオイルをブレンドしちゃって良いものでしょうか?
モチュール+ガルフ+モービル、みたいな。

やっぱり駄目ですかね??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

モービル1」に関するQ&A: モービル1

A 回答 (7件)

メーカーサイトなどで詳しい諸元を調べることができれば、調べてみてはいかがでしょうか。



オイルの「交換量」と「入っているオイルの量」は全然違います。
フィルター交換しない場合など、頑張って抜いても1L以上エンジン内で残ってますよ。要するに、「交換のタイミングでブランドを変えてみる」=「混ぜてる」です。

エンジニアの世界で厳密に考えれば問題ありなのだと思いますが、私も含めて買う度に特売品で別のブランドや粘度のものを入れている消費者はたくさんいます。そもそも純正オイルでも時々規格が変更になりますし、純正オイル自体数種類あってディーラーによって使用オイルが違ったり。
全て結果的にはオイル交換のたびに「混合している」ことになります。自動車メーカーとしてはそれくらいの事情はご存じでしょうし、それで異常が生じるようなマージンのない設計はできようがないでしょう。

現実問題として「なんてことはない」が正解だと思いますが、いかがでしょうか。
    • good
    • 0

同じオイルを買えばいいじゃん。

ちなみにメーカー違っても作ってる工場がいっしょだったりするんだけどね。
    • good
    • 2

 クルマの研究で食ってる者ですが、実際に潤滑油を作っているワケでは無いので、経験者とさせて頂きました。



※オイルには機能を補強する為の様々な添加剤が既に入っていますが、この添加剤の成分がオイルメーカによってマチマチで、混ぜることによって機能が低下するモノもあるので、混ぜない方が無難です。(あるオイルメーカのエンジニアは、『大雑把に言うと、混ぜると規格が2段以上落ちる。例えばSG規格同士を混ぜるとSE以下の低級オイルになる、と考えてもらっていい』と教えてくれました。)

※オイル同士の混合はダメでも、市販のオイル添加剤を混ぜるのはいいのか?という疑問に対して。
 例えその添加剤が、ディーラや有名なレース屋で売られているとしても、自動車メーカでは一切承認していませんし、実際に潤滑性能が向上するという『信頼に足る』学術データもありません(雑誌やショップでのフィーリング評価など全くアテにはしていません。)
 添加剤は入れないで下さい、というのが国内自動車メーカ共通の見解です。(実際、海外の自動車メーカでは、『市販されている如何なる添加剤も入れるな』と公式にコメントを出しているところもあります。北米ビッグスリーに至っては、『添加剤混入が認められた場合、如何なる保障も適用外とする』という厳しい罰則を設けていた頃もありました。)

※それより、余ったオイルは溜めておいてフラッシングに使うのはどうでしょう?
 フラッシング用であれば問題ありませんし、市販の怪しげなフラッシングオイルを使うより、よほどエンジンにはよいです。
 オイル交換3回毎にフラッシング、とするとちょうどよい様にも思えます。
    • good
    • 2

最低限のオイルとしては機能します。



エンジンオイルは、ベースオイルに各種添加剤をブレンドして作られます。
そのブレンド状態がバラバラになります。
まぁ、天ぷら油と変わらない性能になるのか、最高のオイルになるのかは分かりません。

例えば、テフロン系とモリブデン系は相性が悪いです。
それらを交互に使ったりすると、もうむちゃくちゃです。

どのオイルを使えばいいのか分からないか、安い物を使っているのか知りませんけれど、出来ることなら揃えた方が良いよ。
3缶買えば4回使えるじゃん。全くの心配なく。
    • good
    • 0

>1Lずつあまったオイルをブレンドしちゃって良いものでしょうか?



粘度とグレード及び成分が合っていれば、基本的に問題ありません。
例えば、各残オイルが10W30/SF鉱物油で一緒ならば問題ないです。
混ぜるオイルが各々異なる粘度・グレード・成分だと駄目ですよ。

ENIOSとJOMOガソリンを混ぜて使っていいでしようか?
という質問と同じで、気にする事はありません。

そもそも、エンジンオイルの添加剤なる商品が販売していますよね。
この添加剤は「オイルを新規にブレンド」する事を意味します。
「オイルの継ぎ足しに使用する事も可能」と注意書きのある添加剤もあります。
オイルを混ぜる事が駄目ならば、こんな注意書きは存在しません。
某大手鉱油会社に勤務している悪友からも、聞いた事があります。

最近は、大手カー用品店で3L缶も多く販売しています。
なるべく、残らない様にして下さい。
    • good
    • 1

メーカや成分によって混ぜても大丈夫なモノと


混ぜない方が良い物とがあります。

その辺りが明確ではない場合はやめておいた方が無難だと思います。
    • good
    • 0

同じメーカーでもグレードにより成分が違う物があります。


例えば○ービルの5W-30と10W-40(100%科学合成同士)とでは、成分が違うので混ぜないで下さい。と販売店に言われました。
気持ちは分かりますが、車が大切ならやめた方が良いかと思いますよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q粘度違いのエンジンオイル混合について

こんにちは

ペール缶で購入したオイルが約1L残っています。
次回は、同じメーカーの同ブランドの粘度の違う
オイルを購入したいと考えています。
残ってるオイルは5W-40です。
購入予定は5W-30です。
もし問題がない場合は
5W-40>1L
5W-30>3L
の混合で使用したいと思います。
過激な走行はしません。
市街地走行7割、高速走行3割程度です。
残ってる1Lが勿体なくて質問させていただきました。
混合についてのお考えをお聞かせ下さい!
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

同一ブランド(グレード)の粘度違いなら問題ないですよ
メーカーでも粘度調整推奨しているところありますし
http://www.sunoco.co.jp/product/racing/brill.html
(ラインナップの上に小さく「ブレンドできます」と書いてあります)

今でこそ5種類の粘度のあるMOTULの300Vですが昔2種類しか粘度がなかった頃は混ぜて粘度調整する事は公然の秘密でしたし
ただし計算通りの粘度が出るとは限りませんが…
今でも私の場合1600ccの車で交換量3L程度ですが
夏:15w-50を2L、残りを10w-40
冬:5w-30を2L、残りを10w-40
2Lボトルなので余った10w-40は次回の交換時に優先的に使って不足分の10w-40を追加購入のパターンです
サーキットも走りますがエンジンは10万kmを超えても全然問題ないです。ましてや質問者様はおとなしく運転しているようですのでいっそう大丈夫でしょう。(粘度については殆ど違いがわかりません、強いて言えばスキー場での始動が軽くなるくらいで夏場のメリットはプラシーボみたいなものですが)

同一ブランド(グレード)の粘度違いなら問題ないですよ
メーカーでも粘度調整推奨しているところありますし
http://www.sunoco.co.jp/product/racing/brill.html
(ラインナップの上に小さく「ブレンドできます」と書いてあります)

今でこそ5種類の粘度のあるMOTULの300Vですが昔2種類しか粘度がなかった頃は混ぜて粘度調整する事は公然の秘密でしたし
ただし計算通りの粘度が出るとは限りませんが…
今でも私の場合1600ccの車で交換量3L程度ですが
夏:15w-50を2L、残りを10w-40
冬:5w-30を2L、残り...続きを読む

Qエンジンオイルの混合は駄目ですか?

軽自動車です。

1年くらい前にディーラーでエンジンオイルの交換をしてもらいました。
先日、ガソリンスタンドでサービスでエンジンオイルやタイヤ圧をチェックしてもらったところ
オイルが規定量最低ギリギリだったそうです。

自分でホームセンターとかで売ってる4サイクルエンジンオイルを継ぎ足そうかと考えてますが
今入っているオイルとそれが違う銘柄だった場合、問題ありでしょうか。

特に問題なければそうしようと思っていますが
避けたほうがいい場合は、ディーラーにオイル銘柄を聞いて同じものを入れようかとも思います。
ただ、ディーラーで入れた時は格安料金サービス日だったので
もしかするとかなりの廉価版オイルで、銘柄を教えてくれないかも知れないです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ぶっちゃけ 混合しても エンジン壊れません 回ります。
厳密に言えば 混ぜない方が良いです。 混合すると一番低性能オイルの性能程度にとどまると言われてます。

1年使用のOILですから エンジン用オイルで 同じ程度のグレードと 同じ粘度であれば 問題は起きないでしょう

店によって オイル交換の際 最低レベルに合わせる場合もあり これだとしたら安心の為 少し補充(100~200cc)
Hiレベルまで入れていて Lowギリギリに減ったとしたら オイル漏れや オイル上がり下がりのトラブルか有るかも知れません 減った要因を調べう必要が有ります。

いずれにせよ 1年を超すと 走行距離に関係なく オイルが酸化劣化してきますので 全量交換した方が良いですよ そういった意味で 近いうちに交換必要なので 混ぜても全然OK

※ オイル交換時 エレメントを外しても オイルは全容量なんて 抜け落ちてきません
数百ccレベルで エンジンに部に残ると思うので この残量と 新たなオイルが混合されます。
意図的に混合するのは お勧めしませんが 止むを得ない混合は 気にしない事です。

スタンドは 売りたいが為に 大げさに 問題定義してきます。
エンジンルームを開けさせない事です。 整備やメンテ相談は、正しい判断を伝えてくれる 民間整備工場か ディーラーで カー用品店も ×ですよ!

ぶっちゃけ 混合しても エンジン壊れません 回ります。
厳密に言えば 混ぜない方が良いです。 混合すると一番低性能オイルの性能程度にとどまると言われてます。

1年使用のOILですから エンジン用オイルで 同じ程度のグレードと 同じ粘度であれば 問題は起きないでしょう

店によって オイル交換の際 最低レベルに合わせる場合もあり これだとしたら安心の為 少し補充(100~200cc)
Hiレベルまで入れていて Lowギリギリに減ったとしたら オイル漏れや オイル上がり下がりのト...続きを読む

Q古い車に5W-40のオイルは大丈夫?

平成5年式の軽四輪(箱型ワゴン)に乗っています。(9万km走行)
ディーラーでオイル交換を頼むと、最近では5W-40の純正オイル(部分合成油)を入れられます。
今までは10W-30だったのが、5W-40にして問題がないのかと担当者に聞くと、
何ら問題ありませんよ。かえって燃費は良くなります。と言われました。
実際、5W-40に2回交換して、6000kmは走りましたが、
燃費の差はそんなに感じませんが、音がうるさくなったり(もともとうるさいから)、オイル漏れが生じたりということはありません。(まあまあ快適と思います。というか、あまり違いがわからない?)

しかし、知人からは、14年前の車に5W-粘度のオイルを入れると、良くない。と言われました。
その理由を聞くと知人の方が説得力があるので、気になって仕方がありません。
理由:(1)エンジンの設計自体が、5W粘度を想定していない。
(2)9万kmも走っている軽四に、低粘度オイルの使用はエンジン摩耗を促進する。
(3)旧車に粘度の柔らかいオイルを入れるとエンジン音がうるさくなる。
(4)夏場で焼き付きを起こす可能性が高い。
(5)オイル漏れを起こしやすい=エンジンを痛める。

確かに、当時のエンジンオイル(指定オイル)は10W-30で、5Wと言う粘度自体が存在しませんでした。
しかし、○-○バックスで交換しようとのぞいても、軽四輪用(3L)のオイルは5W-40がほとんどで、
格安品(安すぎて不安!)に10W-30が見られる程度です。
平成5年当時の車両に入れるオイルを、
5W-40のオイルと、10W-30のオイルとで比較した場合、、
実際、どちらを入れるのが、車にとって正しい選択なのでしょうか?
今の車は気に入っていますので、快適に末永く乗ろうと思っていますので・・・
次のオイル交換の時期も近づいてきており、どちらにしようか決めかねている次第です。

平成5年式の軽四輪(箱型ワゴン)に乗っています。(9万km走行)
ディーラーでオイル交換を頼むと、最近では5W-40の純正オイル(部分合成油)を入れられます。
今までは10W-30だったのが、5W-40にして問題がないのかと担当者に聞くと、
何ら問題ありませんよ。かえって燃費は良くなります。と言われました。
実際、5W-40に2回交換して、6000kmは走りましたが、
燃費の差はそんなに感じませんが、音がうるさくなったり(もともとうるさいから)、オイル漏れが生じたりということ...続きを読む

Aベストアンサー

オイルの粘度表示 5W-40 という意味ですが5Wというのは低温時の粘度表示で40というのが高温時の粘度表示です。
10Wより5Wの方が低温時に軟らかいので始動直後などの抵抗が減りエンジンが冷えている間の燃費が若干良くなります。
高温時というのはエンジンが温まった状態ということですから普通走行しているときに40番のほうが粘度が高いということになります。
その為抵抗によって燃費は落ちます。
ただ長年使用したエンジンでは各部が磨り減って新車時よりすき間が大きくなっているところがあります。
こういった部分を高粘度でカバーしてピストンの密封性を良くしたりすることでパワー燃費が若干回復することがあります。

逆に粘度が極端に低いオイルは使えません。
最近の省燃費車のように0W-20のような高温時20番のオイルは燃費もよくなりパワーも出ますがエンジンが20番に対応していないとオイルシールなどからオイル漏れしてしまうそうです。

Q粘度の違うオイルを混ぜても大丈夫?

冬に買った5W-40が1リットルあまっているのですが、夏場になるので10W-50にしようと思ってます。
10W-50を2リットルと5W-40を1リットル入れても問題ないでしょうか?
同じ銘柄にする予定ですが、
違う銘柄でも大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

質問者がどこまで気にするかで変わると思います、エンジンを実際に分解した経験が有れば解りますがその構造上分解しない限り古いオイルが残りますからきちんと交換時にエンジンを分解して居ない限り古いオイルと混ざった状態で使用しています。
ただし古いオイルが残るのはそのエンジンに寄って量は変わりますが・・・

なお、私は常に科学合成以外のオイルを使用しますがオイルメーカーは変わることも有りますが有る程度の量なら平気で混ぜていますよ、もっとも10w-30と10W-40位しか使用は今はしませんが有る程度とは2.5リッターと0.5リッターで合計3リッターするくらいのやり方です(やはり他のメーカー物だと少し怖いので)

最初に書いた理由でフラッシングなどは一切しません(フラッシングオイルが少量でも残るため、又頻繁なフラッシングオイルの使用でブローした物も見ています)この時は有る国内メーカーの車でしたがクレームも通りませんでした(調査後に答えが出ました)だから私がフラッシングするなら安い普通のオイルで100キロ程度で交換します。

なお、そのような考えでオイルはほぼすべて自分で交換していますがヨーロッパ製のバイクでは5万キロでも未だエンジンは快調ですし異音なども一切出ていません、交換頻度もディーラーから勧められた3000キロで交換をしていますがたまには前後した距離で交換もしています。

従ってよほど特殊なオイルを使用してない限りトラブルなどは無いと思いますが他の方に勧めることはしません(なお過去に乗っていた逆車や国内の大型車などもほぼ同じやり方をしていましたがトラブルを出したことはないです)もちろん新車保証の有る内はメーカー指定のオイルを使用していた時期もあります、従って保証までは出来ないですが私は自己責任でしています(その時に注意するのは銘柄よりもオイルメーカーですけどね)どうせ高価なオイルは油例の逆車程度しか経験はないので・・・・

私は現在は水冷の物に乗っていますから夏も冬も10W-40を買ってきて使用していますが稀に無いことが有り10W-30を使用することがあります、又メーカーもその時に売り場に有る物にしますから(本当はあまり変えたくない)仕方なく混ぜていると言うのが本音です、後は質問者がどこまでこだわるかあまり心配ならオイルの専門家を探して聞けば解ると思います、私は過去に聞いたことがありその時に特殊な(非常に高価なもの)物以外はまず大丈夫と聞いています(本来の性能は発揮できない可能性が有るがトラブルにまで成ることは無いと言われています)だからあまりにも激しい混ぜ方はしない方が良いと思っている。

後は使用した残りの保管方法も良く考えておかないと保管中にも劣化しますからあまり長期間保管した物は使用しない方が良いかもしれません。

質問者がどこまで気にするかで変わると思います、エンジンを実際に分解した経験が有れば解りますがその構造上分解しない限り古いオイルが残りますからきちんと交換時にエンジンを分解して居ない限り古いオイルと混ざった状態で使用しています。
ただし古いオイルが残るのはそのエンジンに寄って量は変わりますが・・・

なお、私は常に科学合成以外のオイルを使用しますがオイルメーカーは変わることも有りますが有る程度の量なら平気で混ぜていますよ、もっとも10w-30と10W-40位しか使用は今はしませ...続きを読む

Q0Wオイルと5Wオイル エンジン保護に良いのは?

お世話になります

0Wオイルと5Wオイルまたは10Wオイルに関して質問です

0wオイルを使用すると 燃費が目に見えて向上しますが

 以前 「0Wはエンジン保護には弱い  10Wのほうが油膜が強くエンジンには良い」 との意見を聞いたことがあります

認識として  燃費は 0W>5W>10W ですが エンジンの保護・油膜の強さは 10W>5w>0w

との認識ですが これはあっているでしょうか?


モノタロウなどで 安い0Wがあるので使ってみたいのですが 油膜に問題があるなら
5Wを使用しようかと検討中です

0Wも5Wも10Wもエンジンの保護には差はないのでしょうか? 単に燃費の違いがあるだけでしょうか?

お教えください

Aベストアンサー

概ね、質問者さんの認識で、合ってると思いますよ。

私が他人に「良いオイルは?」と聞かれたら、
 「前の数字は、純正指定、後ろの数字は、純正以上、それなりに高価なもの」
と答えています、0W-20より、0W-30、の方が良いと思います。

価格重視の安価なものは、販売されてる方には、大変失礼ですが、
その場しのぎ用のオイルとしか見ていません。

誰にでも、解かりやすく明確に理由を説明できないのが、もどかしいですが、
20年もエンジン修理しると、そうなります。

安物入れ続けた車両と、新車から、良いもの使ってる車両じゃ、
同じ車種でも、圧縮計ったら、ビックリするくらい変わってるよ。

もっとも、10年未満で、車両を替えるのが普通な時代なんで、
一般のドライバーさんには、どうでも良いことかもしれませんが(笑)

Qエンジンオイル【0W-20】と【5W-30】はどちらがお勧めですか?

現在、平成14年式ステップワゴンに乗ってますが、取り扱い説明書には推奨オイルの欄に※【0W-20】【5W-30】【5W-40】【10W-30】
「※:【0W-20】は、最も省燃費性に優れたオイルです。」
と書いてあり
【0W-20】と【5W-30】で悩んでいます。
【0W-20】と【5W-30】で乗ってみて違いが分かりますか?
カーショップでは、千円ぐらい違いますが、やっぱり【0W-20】の方がお勧めなのでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

0W-20のオイルで 夏場でも油膜切れはおこりませんよ。
素人判断ですね(笑)

イメージだけで考える人は、そう思うのかも知れませんね。
確かに0W-20は 専用エンジンのみの指定になっています。
(5W-20も専用エンジン指定です)

整備手帳に記載が あるなら そのオイルを入れてもいいと
いう事です。

0W-20のオイルは、カーレースでも使用され メーカーの
厳しいテストを受け世に出ていますので なんら問題ありません。

だいたい油膜切れまで AT車が、激しい走行を公道で可能でしょうか?

素人のイメージ専攻型の人は 皆さん そう言いますね。
大きな間違いです。

ちなみに 私は1年中 5W-20を入れてます。

Q燃料添加剤のワコーズF1は、オイルを汚しますか?

F1は、使用するとカーボンやスラッジが分解されて、オイルに溶け込み、オイルが汚れる。使用後はオイル交換もした方が良い。
と言うのは本当ですか?

ガソリン添加剤は、オイルとはあまり関係なく、いつでも投入可能と考えていました。上記の内容を考えて投入する場合は、オイル交換の少し前に入れる事になります。
F1の投入は、オイル交換前が良いか、いつでも良いか教えて下さい。

今1台の車に入れないで、入れる時期を待っています。

Aベストアンサー

スロロットルバルブ、インジェクターに付着した汚れを溶かし落とし 燃焼させるので オイルが汚れる訳です。
酷く汚れるかと言えば 汚れ具合次第 10万km何も洗浄剤を入れてないなどならかなり汚れの付着が酷く F1一回投入程度では、汚れが取りきれないものです。

F1投入で 少なからず汚れるので オイル交換前に入れるのが望ましく
投入して 3千km5千km走行しても問題は起きないでしょう オイルエレメントが汚れは、ろ過します しかし 気分的に 気にする人神経質な人には、早めのオイル交換が安心できるといった所かな
投入し3千kmはまず大丈夫 しかし個人的には、5千kmを超える走行は、避けたい気分です。

Q車のエンジンオイルについて、粘度の調整

先日の質問で耳にしたんですが、
たとえば、10W-40のオイルと、0W-20のオイルを混合したら、
5W-30とかになるんですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>10W-40のオイルと、0W-20のオイルを混合したら、5W-30とかになるんですか?

質問者さまも半信半疑と思っている通り、なりません。
オイル粘度(SEA粘度規格による使用可能温度)だけで考えると・・・。
10W-40は、「ー20度から+40度」範囲を対象。
0W-20は、「-40度から+20度」範囲を対象。
結局は、不安定な「-20度から+20度」のオイル粘度(10W-20もどき)になりますね。
ただ、エンジンオイル交換時には「100%(全量)オイル交換」をしている訳ではありませんよね。
多くの場合、80%程度のオイル量の交換です。
※残り20%は、エンジン内部に残留。
冬・夏で粘度の異なるオイルで交換してる方は、実質的に異なった粘度のオイルが混じった状態になっています。^^;

Q販売されているシルバーメッキ塗料の中で一番、鏡面に仕上がる塗料を教えてください

剣など鏡面の塗装に使用したいのですが、
一番オススメなシルバー系メッキ塗料を教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

いままで使った中で、ALCLAD II が一番輝いていましたよ。

参考URL:http://www.powers-international.com/international/alclad/alc5114.htm

Qエンジンオイル規定量の1.7倍入っていた車

先日、知り合いのオイル交換をしたところ、(アリスト エンジン形式2JZGTE)
メンテナンスデーターによると、エンジンオイル交換時、5,3リットルが規定量のところ
9リットル以上入っていました。

間違えて他のオイルを抜いたのかと思いましたが、間違いなくエンジンオイルでした。

前回はいつもの工場ではない所で交換しています。

1,7倍も入っていた理由として、アリストはエンジンオイルを交換し、エンジンを回すと、オイルパンにオイルが落ちてくるまで、かなり時間がかかったので、もしかしたら、前回オイル交換した人が、エンジンを回し、漏れチェックなどをしたのちに、
オイル量が少ないと勘違いし(オイルパンまでオイルが落ちてきていなかった)
規定量以上、補充したものと推察しますが、知り合いはは半年乗っていても、不具合を感じなかった様子です。


疑問に思ったのですが、
○1,7倍のオイルを入れても、走行に「目立った変化」はないのでしょうか?

自分で交換するときは、ゲージの上限より5ミリでも入れすぎると、気になって、わざわざオーバーしていた分を抜いていました。

オイル量を規定より入れすぎるのは当然車に良くはないとは思いますが、
例えば、ゲージの上限より1センチくらい上でも(大体500CCくらい?) 走行に「支障」は出ないのでしょうか? (たぶん今回 アリストのゲージは 上限より1,5センチくらい上だったと思います、それ以上だったかもしれません)   

ここでの支障とは、長期的にエンジンにダメージが出るという物ではなく、短期的な支障、
車がノッキングする とか オイルが噴く とか そうした 走行に支障が出る症状や、
車に対する知識が「普通の人」が「オイル交換してから 何か調子がおかしい」 と感じるほどの 違いが出てくるものでしょうか?

知人(男性)は 車に対する知識が無いので、1,7倍も多くのオイルが入っていても、車の変化に気づかなかったのでしょうか? もし 車好きな人ならば、変化に気づいていたのでしょうか?
それとも、目立った変化は車には現れないものなのでしょうか?

○エンジンオイルを入れすぎた場合(500CC位大目に入れている場合)長期的に見てエンジンにどんな不具合が出てくるものなのでしょうか?

ご存じの方お教えください

先日、知り合いのオイル交換をしたところ、(アリスト エンジン形式2JZGTE)
メンテナンスデーターによると、エンジンオイル交換時、5,3リットルが規定量のところ
9リットル以上入っていました。

間違えて他のオイルを抜いたのかと思いましたが、間違いなくエンジンオイルでした。

前回はいつもの工場ではない所で交換しています。

1,7倍も入っていた理由として、アリストはエンジンオイルを交換し、エンジンを回すと、オイルパンにオイルが落ちてくるまで、かなり時間がかかったので、もしかしたら、前回...続きを読む

Aベストアンサー

中古車屋の整備士です。

エンジンオイルは2倍以下ぐらいまでなら何とか問題ありません。
それを超えると白煙が出るとか、エアクリーナーにオイルが入るとか・・・・

しかし、上限以上入れると
クランクシャフト等の回転部分がオイルに浸かるためパワーロスになります。
また、オイルを撹拌するためにオイルがあわ立ちます。
あわ立ったオイルで潤滑不良や冷却不良を起こすことが有ります。

問題のないエンジンなら上限を超えて入れないほうが得策です。
また下限以下でもすぐに支障が出ることはありません。(余裕があるため)
ですので、入れすぎよりも下限のラインに合わせるぐらいがちょうど良いと言えます。
オイル消費がひどい物は多少多めに入れることもあります。


それから・・・
エンジンオイルだと思ってATオイルを抜いていませんか?
一度ATオイルの確認をしてください。


人気Q&Aランキング