【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

ある漫画で、人体は5分余り息を止めることが出来るように作られているが、
酸素濃度の低い空気を一息吸うと即座に意識を失ってしまう、と書いてあるのを見つけました。
酸素濃度が低いとはいえ酸素があるには変わりないので息を止めていても大丈夫なら、
酸素濃度の低い空気を吸っててもしばらくは大丈夫なような気がしますが何故現実には一呼吸しただけで意識を失ってしまうのですか?

A 回答 (2件)

人は1日に約1800Lもの酸素が必要とされますが1回の呼吸で取り込む酸素のうち25%もの酸素が脳で消費されます。

わずか3分、脳への酸素供給が止するだけで脳細胞が破壊され生命活動が維持できなくなります。
脳への酸素供給が不足すると記憶力、集中力、想像力等に影響します。
その他にも赤血球の運搬能、細胞のエネルギー源、疲労回復等、酸素は健康維持に欠かせないものです。
  http://naturalseeds.blog.ocn.ne.jp/natural_seeds …
    • good
    • 0

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E7%B4%A0% …
wikiに詳しいですが、低酸素の空気を吸うと肺中に蓄積されている酸素が奪われます
その状態で低酸素になった血液が脳に運ばれると短時間で脳が酸欠を起こして失神します
酸欠に加えて一酸化炭素や硫化水素等、血中ヘモグロビンの酸素を奪って結合するような有毒ガスを吸い込んだ場合はより顕著になります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど・・・酸素は濃度の高い所から低い所へ移動するので
酸素濃度が低いと体から出て行ってしまうのですね。
息を止めている状態が±0なら、酸素濃度が低い空気を吸うという事はどんどん酸素を奪われていくマイナスの状態であるという事ですか。
勉強になりました。ありがとうございます!

お礼日時:2008/03/09 23:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q酸素濃度の低い空気を吸気すると死ぬ?

ある漫画(バ○)に書いてあったことで科学のカテゴリーで質問するべきではないような気が
しないでもないのですが
質問タイトルに書いた事は本当なのでしょうか?

私が疑問に思ったのはもっともらしく書く(描く)くらいだから
そういう事実はあるのだろうとは思うのですが
真空に近い空気を手のひらに作ってそれをすわせたとしても
それは薄い空気で酸素濃度が下がっていない気がしたのですが
どうなんでしょうか?

馬鹿らしい質問なのは重々承知なのですが
教えてください。

Aベストアンサー

 #7です。
> 酸素濃度の低い時はヘモグロビンから酸素が分離してしまう。
> 息のしていない時は 体内の酸素が減っていくだけということ
> なんでしょうか?
 そういうことです。 従って、酸欠空気環境下でも
 毒ガス雰囲気中でない限り、息さえしなかったら,
 動脈血中酸素濃度がある程度(40Torr程度)存在している
 状態までなら助かると言う事です。
  しかし、これは前もって酸欠状態と認識していれば・・・
 という条件に限ります。 これ以外では、大抵呼吸してしまい
 簡単に気絶します。そして直ぐ助け出さなければ、死に至ります。 

 同様に重要な条件として、呼吸時は反応性ガスを吸わない。
 ということです。 一酸化炭素は、体内のヘモグロビンと
 結合している酸素を一気に奪いとるため、NGです。
  また、潜水した場合,窒素は血液に溶け込むと窒素酔いや
 減圧症(溶在していた窒素が、減圧によって気泡として溶出する
 ことによって起こる障害)といった障害を引き起こしますので、
 反応性が無いヘリウム(ガス)が使われます。
  このヘリウム(ガス)はチョット吸った程度では、反応性が
 無い分、声が変わるだけで済みます。
  これが#8さんが発言されている”芸”の一つとして
 使われることがあります。
       
 

 #7です。
> 酸素濃度の低い時はヘモグロビンから酸素が分離してしまう。
> 息のしていない時は 体内の酸素が減っていくだけということ
> なんでしょうか?
 そういうことです。 従って、酸欠空気環境下でも
 毒ガス雰囲気中でない限り、息さえしなかったら,
 動脈血中酸素濃度がある程度(40Torr程度)存在している
 状態までなら助かると言う事です。
  しかし、これは前もって酸欠状態と認識していれば・・・
 という条件に限ります。 これ以外では、大抵呼吸してしまい
 簡単に気絶し...続きを読む

Q血中酸素濃度が低いとどうなりますか

ここ20年くらい運動らしい運動もしていません。ここ10年は、太っています。昼間の軽い眠気、気力低下で長年悩んでおり、その内容で質問したところ「血中酸素濃度が低いのではないか?」という回答をいただきました。たまにゴルフなどやった後に、周囲の景色の見え方が変わって感じられる時があるます。良く表現できませんが、新鮮というか、五感が活性化されているというか、20年前くらい前までの物事に対する感じ方になる時があります。今は視野にある心にフィルタがかぶっているというか、景色に感情が反応しないというか、説明が難しいのですが、眼の病気などではなく、ある意味、感情が乾燥しているというか、これについて長年悩んでおり、いつかは元に戻したいと思っています。軽いうつ状態という可能性も否定できませんが、うつがどのようなものかも知りませんし、どなたかアドバイスください。運動して痩せて、体力をつければ、血中酸素濃度も上がり、頭脳も今よりしゃきっとしてくるものでしょうか。

Aベストアンサー

お考えになる前に酸素濃度が足りているかをお知りになることをお勧めします。
ほとんどの医療機関に酸素飽和度を簡単に計ることができる機器があると思います。精神科や心療内科でも可能なことが多いと思いますので診察のときに相談してみてください。いっそのこと睡眠時無呼吸の検査を行うと確実でしょう


人気Q&Aランキング