先月の降雪で隣家の2階より雪が当方のカーポートに落ち、カーポートが潰れ、車も損傷する被害にあってしまいました。
こうゆう場合、隣家に被害請求が出来るのでしょうか?
隣家の屋根は、当方の土地すれすれに迫っています。
カーポートの場所以外にも他の屋根から当方の庭に雪が
落ちます。
当方の考えとしては、先方が全額はだせないが少しなら
と言っていましたので、多少は請求する事と今後のことを考えて2階部と当方に雪の落ちる屋根に雪止めをつける依頼をしようと思っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 数十年に一度の天災ならば、損害は負いませんが、数年に一度ぐらいの損害ならば、あらかじめ、自分の建物とか工作物の設置または保存に損害を防止するよう努める義務があります。

したがって、この場合は、損害賠償の責めを負います《民法717条》。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
雪止めの設置と費用を折半で話します。
費用は少しなら先方も出しますと言っています。
天災とはいえ明らかに当方の土地
に迫って屋根が張り出して増築を行っていますし、迷惑のかかった事は仕方がない
が、200千円以上の費用は折半とします。

お礼日時:2001/02/11 19:23

 雪止めについては所有権に基づく請求権(妨害予防請求権―所有物への所有権行使を妨げることが予想される場合にその予防措置をとるよう請求する権利)がありますから、問題ないでしょう。


 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
雪止めの設置と費用を折半で話します。
費用は少しなら先方も出しますと言っています。
天災とはいえ明らかに当方の土地
に迫って屋根が張り出して増築を行っていますし、迷惑のかかった事は仕方がない
が、200千円以上の費用は折半とします。

お礼日時:2001/02/11 19:20

 非常に微妙な事案ですね。

被害の原因が100%天災によるものであれば、残念ながら請求は出来ないでしょうが、相手方の家屋の構造に欠陥があれば請求の余地があります。因みに、請求の根拠は過失による不法行為のようですね。
    • good
    • 0

専門家でないのでわかりませんが、建坪率とか屋根をかけるときの注意とか、


家を建てるときに気を付ける事って有りますよね。
我が家で新築するときも、お隣の家とのいざこざが起こらないように、
かなり気を付けて設計したつもりです。

どちらの家が先の建っていたのかわかりませんので、何ともいえませんが
その辺も関わりが出てくるのではないでしょうか?

これから先も、近所づきあいをして行くのですから、
わだかまりを残さないような解決方法を取ることをおすすめします。

近所づきあいって難しいし微妙ですよね。
よりよい解決方法が見つかりますようお祈りしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
雪止めの設置と費用を折半で話します。
費用は少しなら先方も出しますと言っています。
天災とはいえ明らかに当方の土地
に迫って屋根が張り出して増築を行っていますし、迷惑のかかった事は仕方がない
が、200千円以上の費用は折半とします。

お礼日時:2001/02/11 19:27

 そうですね。


 基本的に天災ですから、法的にはともかく、隣家の方にすべての責任を押し付けるのは酷でしょう。
 もちろん、雪で隣家を損傷することが分かっていながら放置したというのなら、注意過失であるとして請求できるかとは思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
雪止めの設置と費用を折半で話します。
費用は少しなら先方も出しますと言っています。
天災とはいえ明らかに当方の土地
に迫って屋根が張り出して増築を行っていますし、迷惑のかかった事は仕方がない
が、200千円以上の費用は折半とします。

お礼日時:2001/02/11 19:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q外壁に関わる隣家とのトラブルについて

現在、新築を予定していますが、実は1年以上前に造成をしたときに起きた隣家とのトラブルになった外壁についてよきアドバイスをお願いします。
経緯
H16.8月に新築を建てる土地を購入

H17.9月に造成工事をお願いし、県より宅地造成に関する工事の許可を得て、工事を開始した。
しかし、隣家から日照権の問題は発生していないが、「予定されている外壁を建てられると、東側からの日光が入らない」と言われるとともに、業者から「今回の工事をするのには隣家の敷地に入らないと出来ない」といわれ、やむを得なく隣家の要求どおり窓に対する広さ(間口6.3m奥行1.2m高さ上から約2m かかった費用に対する金額は76万円相当の広さ)の外壁を削った。
壁の高さは高台に建築をするため、隣家の1F窓上ぐらいになる。
後日、設計士から追加設計料25万円を請求された。(この時に初めて追加費用が発生することが判明)
H18.1月に造成工事完了

現在、新築工事に向けて準備中。

以上のような経緯であります。
(1)追加請求された金額は相手の意向により発生したものですが、こちら側が支払わなければいけないのか?(当時、請求されるままに支払ってしまいました。)
(2)隣家にとって家を建てることにより、削除した部分の3分の2は日陰になり、フェンスを張ることにより、ほとんど日光は期待できなくなる。ちなみに隣家は境界線とほとんど離れていないところに建っている。(建築家に言わせると、現在では建築違反になるのでは?と言われました)
しかし、当初のように、外壁を削ったことによる雨水の流出に対するトラブルが出てくる可能性があります。そのトラブルの原因を招く形になったのは隣家の申し出によるもので、そのトラブルに対してこちら側としては何の対処も出来ないと一筆もらいたいのですが、どのようにしたら良いのでしょうか?
(3)できれば、今回の建築工事にともない従来予定をしていた高さの壁にしたいのですが(隣家への雨水等へのトラブルをなくすために)、何か良い策はありますでしょうか?

不慣れなため、文章がわかりにくいところもあり、また長文になってしまいましたので読みにくいとは思いますが、本当に困っています。よきアドバイスをお願いします。

現在、新築を予定していますが、実は1年以上前に造成をしたときに起きた隣家とのトラブルになった外壁についてよきアドバイスをお願いします。
経緯
H16.8月に新築を建てる土地を購入

H17.9月に造成工事をお願いし、県より宅地造成に関する工事の許可を得て、工事を開始した。
しかし、隣家から日照権の問題は発生していないが、「予定されている外壁を建てられると、東側からの日光が入らない」と言われるとともに、業者から「今回の工事をするのには隣家の敷地に入らないと出来ない」といわれ...続きを読む

Aベストアンサー

外壁と書かれていますけどヨウ壁の間違いですよね。以下その前提です。

>(1)こちら側が支払わなければいけないのか?
法律上の観点から言うと、相手は要望を出して、それに対してこちらがそれに応じただけであり、その時点で費用負担の話をしていないのであれば後日請求というのは出来ないことになります。

>(2)そのトラブルに対してこちら側としては何の対処も出来ないと一筆もらいたいのですが、どのようにしたら良いのでしょうか?

この部分の話がよくわかりません。土砂が崩れるという話であれば、それはご質問者の地盤面まではヨウ壁をすればよいことであり、それが日照の問題になるわけではないでしょうから。

単に雨水がということであれば、何も目くじらを立てる必要があるわけではなく、雨水防止のためにブロック一段分程度の高さがあれば十分なはずですから、はじめからそういう念書を取るというのではなく、どうしますか程度に話をすればよいだけのはずです。

ちなみに民法上は敷地から"自然に"流れる雨水については流れ込む側の敷地所有者はそれを許容しなければならないことになっています。

>(3)できれば、今回の建築工事にともない従来予定をしていた高さの壁にしたい
それは単に雨水の話ではないですよね。
一度済んだ話を蒸し返すのか、そもそも隣人とけんかするつもりなのかという話です。

法律上の観点から言えば、建てることは出来るようにも思われます。(詳細不明なので断言できませんが)

ただ何のために前回隣人と合意したのか、、、前回の合意が無駄になります。
法律上の観点だけで考えるわけには行かないことはわかりますよね。これから先の生活のことも考えねばなりませんから。

外壁と書かれていますけどヨウ壁の間違いですよね。以下その前提です。

>(1)こちら側が支払わなければいけないのか?
法律上の観点から言うと、相手は要望を出して、それに対してこちらがそれに応じただけであり、その時点で費用負担の話をしていないのであれば後日請求というのは出来ないことになります。

>(2)そのトラブルに対してこちら側としては何の対処も出来ないと一筆もらいたいのですが、どのようにしたら良いのでしょうか?

この部分の話がよくわかりません。土砂が崩れるという話であれば、...続きを読む

Q木の枝の雪が落ちて隣家の屋根の一部が壊れたら

自分の土地に生えている木の枝に積もった雪が落ちて隣家の屋根の一部が壊れたとの苦情が近所の別の家を通じて聞こえてきました。今年はそれほどの大雪は降っていません。修理代を支払うべきでしょうか。

Aベストアンサー

法律上、修理代を支払う義務があるかないかは極めて難しい問題です。訴訟になったとしても、裁判官もなかなか判断に悩むことになるかもしれません。

民法709条に不法行為による損害賠償請求というのが定められていて、故意又は過失で他人の権利などを侵害した場合には責任を負うとされています。貴方に故意はないものと仮定すれば、過失の有無が問題になります。何をもって過失とするのかは、難しいですが、一応「予見可能」であったかが問われることが多いようです。(予見できたのであれば、その損害の発生を回避すべき義務を怠ったと考えられるから)

例えば以前から何度も、その木の枝から雪が落ちて危険であるとの苦情を受けていたりだとか、近くの家にも同じような木があって、そこから雪が落ちて人が怪我などしていたりすれば、予見可能であったと考えられる可能性が高まりますし、今まで全くそのようなことがなく、近年まれに見る大雪がふったことが原因というのであれば、予見可能でなかったと考えられる可能性があります。

Q隣家・隣人とのトラブル体験を教えてください。

隣人つきあいのトラブルに起因する殺人がつづいておりますが、隣家・隣人とのトラブル体験を教えてください。
継続しているのであれば、どんなことから始ったかを含めて経緯をお教えください。

Aベストアンサー

自作農育成特別措置法(名称疑問.ようは農地解放)が原因です。
私を追い出せば.農地がただ同然で入手できるということで.結構.いじめにきます。
配給品を回さなかったり(報復として刑事告訴した。弁護士費用の支払いで山を売った)
田んぼの水を盗んだ(自分で用水を確保した)
休耕田にヒエを投げ込んだ(そのまま肥料をやって育てて.秋の大雨で隣近所に種を流した)
田植えを後回しにした(自分で機械を買った)
なんてあります。その他米などの農作物を盗みにきたり.機械を壊していったり(動かなかったので.別の機械で仕事していたら.アレ動いていると発言し.犯人であることを自白してくれました)

Q屋根から落ちた雪の被害について

今、新築住宅を建設中ですが、わからないことがあるので、アドバイスをお願いいたします。
当方は兵庫県北部です。今年は例年になく雪が多くふり、トラブルも聞かれました。
新築中の住宅については、隣家の駐車場が私の敷地に隣接してあります。
私の家は、軒70cm+樋20cm=90cm + 雪が落ちた場合を想定して20cm~30cm程度控えて、
境界から1m10cm~1m20cm程度離して住宅を建設しようかと考えています。また、屋根の瓦は多雪地域対応で雪止めがあります。
このような対策は考えているため、住宅メーカーも例年の積雪なら大丈夫と言っていますが、今年のような大雪になると、雪が落下して隣家の車に直撃という事態もあるかもしれません。
そこで質問ですが、
(1)法律上、私には雪対策の義務や被害の賠償責任はどの程度あるのでしょうか。
  上記の対策では不十分でしょうか。
(2)住宅を控えてたてる必要はあるのでしょうか。(控えて建てるほど家の裏側の用地面積が拡大し、無駄なスペースが増えます)
(3)今回は私も隣家も同時に土地購入及び新築のため、そもそも隣家も私の家の屋根の下に駐車場をもってくることも問題があるのではと思うのですが。(隣家の土地面積の関係で、私の敷地の境界ぎりぎりに隣家の駐車場がきます。
(4)私は総合型の火災保険(農協の建更)に加入しますが、それで賠償は可能でしょうか。
(5)雪のことも想定して家を控えてたてることを隣家に説明しておいた方がよいでしょうか。
以上、よろしくお願いします。

今、新築住宅を建設中ですが、わからないことがあるので、アドバイスをお願いいたします。
当方は兵庫県北部です。今年は例年になく雪が多くふり、トラブルも聞かれました。
新築中の住宅については、隣家の駐車場が私の敷地に隣接してあります。
私の家は、軒70cm+樋20cm=90cm + 雪が落ちた場合を想定して20cm~30cm程度控えて、
境界から1m10cm~1m20cm程度離して住宅を建設しようかと考えています。また、屋根の瓦は多雪地域対応で雪止めがあります。
このような対策は考えているため、...続きを読む

Aベストアンサー

住宅の建設方法は自分だけで考えるのではなく、建設会社と話し合うべきです
ちなみに雪対策の義務はよくわからないのですが責任は質問者側になってしまいます。
どんなに対策を立てて、それに苦心努力をはかっても「無過失責任」ってものにあたります。

まぁそのあたりはあきらめるしかないので損害を起こしてしまったら泣く泣く賠償をするしかないですね。
相手が不法行為をし、それを要因とした損害とかならまた話は別なのですが立証とかは難しいです。
個人の方ではあまりいないとは思いますが、あまり気になるようなら個人賠償責任保険に加入されると良いでしょう。農協の建物更生共済単体ではダメです。一応賠責セット型の契約もありますがなんかショボイのでお店に行って共栄火災の賠責保険と併せて説明受けるのが良いかと。

何はともあれ、隣家とは仲良くやっていくのが紛争対策の一番でしょう。

Q隣家との壁面に関わるトラブル

新築木造二階建て(南に道路、敷地50坪、延床35坪)を建築しているものです。現在、上棟式を終えサッシを取り付けようとしているところですが、西側隣家より、当家の西側壁面(1階と2階の)が大きいので、圧迫感があり、かつ隣家は東側に台所・居間、当家は西側に台所・居間と重なったため、(台所・居間を東側にせず)なぜこのような設計にしたのかと工務店に苦情が来ました。

東側隣家は玄関が南西で、そちらに台所・居間と二階をなぜ持ってこなかったのかと。私が当該不動産購入する前は、古家があり、南西に駐車場がある小ぶりの家でしたので、西側隣家は見晴らしが良かったようです。大きな壁ができ隠れやすくなるため防犯上も望ましくないと主張しています。

また、境界には西側隣家所有(隣家主張)のブロック塀があり、間取り設計上、60cmしかとっていなかった事も圧迫感を強めたことになり、隣家には不満のようです。さらに、居間の窓が概ね重なっていることが強い不満らしく、冬はまだいいとして夏は(話し声が)気になって窓を開けられたものではないと主張しています。それは私も気になっていたため、当該窓は曇りガラスにしていました。

そもそも今回間取りを設計するにあたり、駐車場(2台分)が南東の位置が都合がよかったため、結果的に西側に大きな壁になってしまったことが今回のトラブルを招くことになりました。北東には和室の平屋であるため、東側隣家に全く圧迫感がないことも西側隣家にはカチンときたようです。

明日、午前中に隣家と話し合いをすることになっているのですが、間取り設計案は私が決めたため(塀からの離隔60cmも)、設計士は自分は注意を喚起していたといって逃げ腰の状態です。今から工事を中断できませんので、相対する窓をやめて壁にしようかと思っています。

何かよきアドバイスがありましたらご教示下さい。よろしくお願い致します。

新築木造二階建て(南に道路、敷地50坪、延床35坪)を建築しているものです。現在、上棟式を終えサッシを取り付けようとしているところですが、西側隣家より、当家の西側壁面(1階と2階の)が大きいので、圧迫感があり、かつ隣家は東側に台所・居間、当家は西側に台所・居間と重なったため、(台所・居間を東側にせず)なぜこのような設計にしたのかと工務店に苦情が来ました。

東側隣家は玄関が南西で、そちらに台所・居間と二階をなぜ持ってこなかったのかと。私が当該不動産購入する前は、古家があり、南西...続きを読む

Aベストアンサー

■寄せられた回答も拝見しましたが、西隣のお宅の話は感情論・抽象論ですね。
 合理的な説明をしても理解しない感じですね。
 あるいは理屈はわかっていて、でも納得がいかないと言う状態だと思われます。

 理屈では完全に有利ですが、説得しよう、理解させよう、と思ってもまず無理だと思います。
 クレーマー(と言って良いでしょう)対応の基本は、話を聞くことです。
 あれこれ提案するのではなく、お話を聞く、と言うことで望まれたほうがよいでしょう。

■先方の文句や要求をいろいろ聞いて、どうして欲しいのか言わせましょう。
 おそらく無理難題、実現不可能な要求が出てくるでしょう。
 その中でここまでなら譲ってあげても良い、と思っている部分があったら、
 「ここまででご納得いただけるなら何とかします。でもそれ以上はできません」
 ということで、あとは押し通すしかないのだろうと思います。
 (「お金もかかってしまうので今からは無理です」というゼロ回答もありだと思います。)

■ゼロ回答でも法的には問題ないですが、なるべく穏便に行きたいというお考えのようなので、
 こちらの許容範囲内で落着しそうな場合の譲りしろについては、
 どこまでやるつもりがあるか、予め整理しておきましょう。
  ・窓の境界からの離隔距離の問題がありますが、曇りガラスなら目隠しと同等の扱いにできるのか、
  設計士に事前に確認した方が良いと思います。
   http://www.akinet.ne.jp/kaneko/tou20.htm
  ・ お金はかかりますが、西側のサッシを引き違いから、
    下部3分の2をハメ殺し(fix)、上部3分の1を引き違いにする。
    または、出窓にして上部FIX、横側を滑り出しタイプにする。
  ・ 窓はやめて全て壁にする。
  ・ 通用なので逆に厄介です。
  ・ 迷惑料をいくらかつつむ。

■相手ともめたくはないですが、要求を100%のむことはできないでしょうから、
 相手の出方次第では喧嘩別れもやむをえないと思います。(但し丁重、冷静に)
  ※多少のことでは納得しそうにないなら、ヘタに譲歩するのは逆効果です。
     相手の様子を見て、判断された方が良いと思います。

■寄せられた回答も拝見しましたが、西隣のお宅の話は感情論・抽象論ですね。
 合理的な説明をしても理解しない感じですね。
 あるいは理屈はわかっていて、でも納得がいかないと言う状態だと思われます。

 理屈では完全に有利ですが、説得しよう、理解させよう、と思ってもまず無理だと思います。
 クレーマー(と言って良いでしょう)対応の基本は、話を聞くことです。
 あれこれ提案するのではなく、お話を聞く、と言うことで望まれたほうがよいでしょう。

■先方の文句や要求をいろいろ聞いて、ど...続きを読む

Q屋根の雪が隣の敷地に落ちる

うちの家の屋根の雪が隣の敷地内に落ちて、お隣がカンカンになって怒ってこられました。「訴える」とも言っておられます。この場合法律上はどうでしょうか?わざと落としているわけではないのですが・・・。

Aベストアンサー

大体相隣関係で問題になるのは、

・窓の位置(民法1m規定)
・換気扇やエアコン室外機
・雨水、落雪
・隣地との距離(民法50cm規定)
・土地境界線問題(越境、塀等)

ですね。日照については建築基準法を遵守していれば回避できるというか相手の文句は言いがかりになりますけど、、、、

不動産業者に問い合わせたと書かれているところを見ると、建売ですよね。そういう場合はほとんど隣家のことなど気にしないで設計するし工事もすることが多いのでね。。。。ままそういうトラブルに出くわすことはあります。
とりあえずは上記5点に気を配っていればほかのことについては少なくとも法的に自分が従わなければならないことはないと思いますよ。

Q隣家とのトラブル?

初めまして、よろしくお願いします。
隣家とのトラブルについてご意見をいただきたいです。

まず隣家について。
打たれた境界線にギリギリに建てられた隣家。
80才近いご夫婦と新婚の40代の息子さん夫婦の4人家族です。

我が家は隣家と約1mの敷地をおいて家屋が建っています。その敷地には入口に鍵付きの門が有り、自転車を置いてます。キッチンのドアから敷地に出入りできます。

まず1点は、その敷地に無断で出入りされることです。門の鍵は腕が届けば簡単にひねって開けられますが、仮にも鍵付きの門がある他人宅。
出入りの理由は、隣家にある出窓下の除草や外壁の修繕です。
もう1点は、隣人が我が家に用事があるときに玄関前の門を開けインターフォンを押し(門前にインターフォンがないので可)、ドアを勝手に開けて『すいませーん』とされ、どちら様ですか?と問う私は開いたドアに飛び上がるほど驚きました。
鍵をかけてるとガチャガチャとノブに手をかけます。

敷地の出入りはひと声かけてくださいねと柔らかく伝えましたが、そもそも門の解錠やドアを開けようとすることが理解できません。

付き合いは挨拶やゴミ出し時の立ち話程度。
特に問題は無いのですが…

お互い道路に面し、少し奥に長い建物。
隣家のご婦人は、道路の外壁際に鉢植えを並べてるので水撒きのたびに我が家前にまで土や葉、水が流れて。
もちろん放置なので私が毎日掃除をします。

そんな老ご夫婦です。
長文ですみません。

どういうタイミングと言葉でどの様に伝えたら理解してもらい角が立たないか…ご意見をお願い致します。

初めまして、よろしくお願いします。
隣家とのトラブルについてご意見をいただきたいです。

まず隣家について。
打たれた境界線にギリギリに建てられた隣家。
80才近いご夫婦と新婚の40代の息子さん夫婦の4人家族です。

我が家は隣家と約1mの敷地をおいて家屋が建っています。その敷地には入口に鍵付きの門が有り、自転車を置いてます。キッチンのドアから敷地に出入りできます。

まず1点は、その敷地に無断で出入りされることです。門の鍵は腕が届けば簡単にひねって開けられますが、仮にも鍵付き...続きを読む

Aベストアンサー

隣家の苦情は どちらも聞いてみないと判断が着きませんね。
私も60歳の後半主婦ですが、些細なことから 隣家と
いがみ合いになって・・・
一年ほど前に 隣家の奥様が「私の顔を見ると家の中に入られたでしょう!・ゴミ当番の連絡に声掛けがなかった!etc.・・」と眼を据えて怒鳴ってこられて・・
苦情の内容は、私が隣家の奥様に持っていた怒りの感情と同じ内容でした。
 これを機会と 我が家の感じている隣家の苦情を言い合いました。
 暫くは知らんぷりの状態が続きました。が
 
先日 年度末前に隣組班長の引継ぎでどうしても コンタクトを取らないと引継ぎが出来ない。
私は思いっきり笑顔をつくり折れて 交流を持ちました。するとどうでしょう、隣家の奥様も同じ思いでいらっしゃたみたいで こぼれんばかりの笑顔で接してくださった。。。
誤解が解けましたよ。

 隣家とは貴女だけではありません。
些細なところから いがみ合いが生じます。お互い様、言わないとわからないのですよ。。 
 隣家に感じている苦情を 機会を作って話合い伝える努力をすることです。
経験を踏まえて書かせていただきました。

隣家の苦情は どちらも聞いてみないと判断が着きませんね。
私も60歳の後半主婦ですが、些細なことから 隣家と
いがみ合いになって・・・
一年ほど前に 隣家の奥様が「私の顔を見ると家の中に入られたでしょう!・ゴミ当番の連絡に声掛けがなかった!etc.・・」と眼を据えて怒鳴ってこられて・・
苦情の内容は、私が隣家の奥様に持っていた怒りの感情と同じ内容でした。
 これを機会と 我が家の感じている隣家の苦情を言い合いました。
 暫くは知らんぷりの状態が続きました。が
 
先日 年度末前に隣組班...続きを読む

Q隣家の雪が落ちてきて うちの車庫が壊れました(3)

隣の家の屋根から雪が落ちてきて、うちの車庫が壊れました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1862240
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1863124

壊れたのを見つけてすぐに隣家へ報告したら、隣人が見に来て、隣家の大工さんが来ることになりました。
大工さんが来たらうちを呼びに来るだろうと自宅で待機していると、隣人だけがやってきて「勝手に見ちゃったけど、雪が融けないと直せないって言うから春になったらね」と話して帰っていきました。

去年も同じようなことがあったそうです。
同じ車庫の窓ガラスが、隣家の落雪で割れてしまい、うちで留守にしている間に直されていたそうです。予め連絡があったわけではありません。

【1】車庫と言えども勝手に中に入ってみるのは不法侵入(?)なのではないのでしょうか。
【2】勝手に入り勝手に直す(壊すよりはマシかもしれませんが)のは、これも違法なのではないでしょうか。
【3】去年、今年と同じようなことが続きました。去年のことを踏まえて隣家では屋根に雪止めを設置したそうですが、効果がなかったようです。
そもそも家の建て方が変なんです。ここは雪国で、どの家も自分の敷地内に雪が落ちるように工夫していますが、隣家はうちの敷地に雪が落ちるように建てられています。
HMの人は「自分のことなら裁判を起こしたい」と言ったそうですが、似たような事例があったら教えて下さい。

よろしくお願いします。

隣の家の屋根から雪が落ちてきて、うちの車庫が壊れました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1862240
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1863124

壊れたのを見つけてすぐに隣家へ報告したら、隣人が見に来て、隣家の大工さんが来ることになりました。
大工さんが来たらうちを呼びに来るだろうと自宅で待機していると、隣人だけがやってきて「勝手に見ちゃったけど、雪が融けないと直せないって言うから春になったらね」と話して帰っていきました。

去年も同じようなことがあったそう...続きを読む

Aベストアンサー

アンサリストPigeonです。
もはや必然という感じですね。
他の記述も見ましたが、確かに天災の部類は免責となるのですが、屋根の雪で免責になると言う話の方が少ないかと思います。
十分管理責任を問えるケースかと思います。
似たような事例としては、車庫と言うより車のそのものが落ちてきた雪で損傷した、というものがあります。(無論家主が賠償)
今後もまだまだありそうだ、と言う事であれば費用的な面での予防策をしておいた方が良いですね。ご自身では破汚損まで補償対象の火災保険を車庫まで含め掛けておく、という事と被害事故請求費用という補償を火災保険や傷害保険に付けておく事です。
被害事故請求費用があれば弁護士代がここから出ますので、専門家の力を借りのに金銭面の心配がいらなくなります。

Q隣家との塀のトラブル

お世話になります。木造二階建ての家を新築中です。

以前、西側隣家とのトラブルについて相談しましたが、ここでのご助言を基に何とか妥協により解決いたしました。
http://oshiete.homes.jp/qa2838579.html

ところが、先日、西側隣家より、隣家所有の塀が倒れるかもしれないので、拙宅側に控え壁をつけるべきではないかと(工務店経由で)クレームをつけてきました。

というのが、拙宅は北側斜線の関係上、敷地の高さが、南側に接する道路面と同じ高さなのですが、西側隣家は、3~40cm道路面から敷地のGLは上がっています。それで、拙宅側からは、隣家所有の塀の裾をすきとったために、拙宅から見て1.8m程度(ブロックが9段)の塀がそびえたつようになってしまいました(西側隣家の敷地からは、1.4m程度の高さの塀になります)。それで、そびえたつブロックの外観を見て、控え壁を、拙宅側に作るべきでは言われた次第です。(塀からサイディングの面まで50cmしかありません!)

拙宅建築の工務店は、塀は西側隣家所有のため、当方は扱えませんといっており、平行線状態です。

そもそも現在の建築基準では、1.2mしかブロックは積めないものと了解していますが、隣家のブロックの場合は、20年以上前にできたもので、高い塀になっています。

このような場合、塀の裾の土をすきとった(原因を作った?)当方側が、控え壁をつくる責務を負わなければならないでのしょうか?
何卒、ご教示の程、お願い申し上げます。

お世話になります。木造二階建ての家を新築中です。

以前、西側隣家とのトラブルについて相談しましたが、ここでのご助言を基に何とか妥協により解決いたしました。
http://oshiete.homes.jp/qa2838579.html

ところが、先日、西側隣家より、隣家所有の塀が倒れるかもしれないので、拙宅側に控え壁をつけるべきではないかと(工務店経由で)クレームをつけてきました。

というのが、拙宅は北側斜線の関係上、敷地の高さが、南側に接する道路面と同じ高さなのですが、西側隣家は、3~40cm道路面から敷地の...続きを読む

Aベストアンサー

すきとったあとどういう処理をしたのでしょうか。ご質問では多分0.4m掘り下げたわけですよね。
まさか土を掘り下げて何もせず、土のままですか?(それだと崩れますよね?)

少なくても掘り下げた部分は土砂が崩れないように元の地盤面の高さまでコンクリートなり、コンクリートブロックずみなりすべきですけど。

それをしているのであれば、すきとったことが原因での倒壊はありませんので、控えをこちらで作る必要などありませんけど。

Q屋根からの落雪による被害

自宅屋根からの落雪による対物および対人被害を与えた場合の法的責任と賠償についてお聞きします。まだ被害を与えたわけではありませんが、自宅の北側の私道路に2階から直接落雪が1シーズン3回ほど(積雪量は5~10Cm)あり万一通行中の人、車等に当たり被害を与えないかと心配しており質問します 尚今回屋根の雪止め金具によるたいさくはしようと現在見積もり中です。が完全に落雪が無くなら無いとも思いますので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

落雪で他人に被害を与えた場合は、建物の持ち主に賠償責任が発生します。

参考URL:http://www.bengo4.com/topics/1008/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報