教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

虫歯だらけの子供って親の躾が悪いせいなのでしょうか?

昔から乳歯が虫歯だらけで黒い子が少なからづいました。今日も電車の中で前から見える歯が虫歯だらけの子供がいました。
あれは親の躾が悪いからなのでしょうか?

gooドクター

A 回答 (15件中1~10件)

ミュータンス菌が一番の悪者でもないようですよ。


過去の回答でこのような意見もありました。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2670116.html
親の唾液が子供の虫歯に及ぼす影響
 歯科医の実情を知るものとして気になったので・・・
まず、歯科医師の言うことをあまり鵜呑みにしない方がいいですよ。
確かに虫歯は菌が原因です。しかし恐ろしいのは虫歯菌よりも歯周病菌。これは勢力が強いと抑えることができません。
もともと歯周病菌は虫歯菌と勢力争いをしながらお互いのバランスを保っています。ところが、虫歯菌がいないとその勢いを抑えるものがいないので増え放題。歯茎はどんどん衰退し、虫歯のない健康な歯がどんどん抜けていくことになります。これを食い止める方法は現在のところありません。しかも歯周病菌の活動が盛んになるのは大人になってから。
つまり、虫歯菌がいなければ良いというものではなく、極端なことをして不自然に偏ることが一番危険なのです。

同じ箸を使った程度で大量の菌が入ることはまず考えられません。
キスにしても同じ。乳歯が一本くらい虫歯になったからといって、その後の永久歯が次々と虫歯になるものでもありません。
むしろ少々虫歯菌がいても、虫歯にするかしないかはメンテナンスの問題です。(引用終わり)

私は、子供時代ひどい虫歯でした。当時の「どうせ乳歯だから虫歯になっても大丈夫」という、ちょうど#1さんの世代です。
その後生えた永久歯は歯並びも悪く、歯並びが悪いために上手に磨けずといった悪循環。本当に歯には悩みました。
だから娘には絶対そんな思いをさせたくない!と厳格にスプーンを分けたりキスを控えたりしてました。
でもこのQ&Aを読んで気が抜けました。なんだ、そうかと。
大人になってからの歯周病のほうがよっぽど怖いぞと。
さすがに私の口にいったん入ったものを与えたりはしませんが、スプーンとか箸とかは普通に自分のもので食べさせたりしています。

現在、娘に虫歯はありません。
もうそれは厳しく歯を磨かせていますし(仕上げ磨きも)、ダラダラ食べは絶対させません。
甘いものも極力避けていますし、チョコレートの味をいまだ娘は知りませんがそれでいいと思っています。
自分で自分の歯が管理できるようになったら好きなだけ食べればよいと思います。
私の両親は私に対し「厳しすぎる」と言いますが、歯で苦労したからこその厳しさです。

ただ、これがもし同居だったりすると厳しいですね。
いくら親がしっかりやっても、そばからジジババがそれを崩してくれますから。

子供の虫歯は親の責任も大きいと思いますが、また親だけの責任でもないのでしょうね。
でも、茶髪で「いかにも」という服装の方が連れてる子供が虫歯だったら「さもありなん」と納得してしまいますけど。
    • good
    • 4

父はもう亡くなりましたが、すごく歯が丈夫でした。


どのくらい丈夫かとういうと、歯でビールの蓋が開けれたほど。。
もちろん、虫歯なんてありませんでした。
晩年は歯槽膿漏に悩んでましたが。。
反対に母は甘いものが好きで虫歯はそれなりにあり。
そして私は小さい頃から虫歯が多く、歯医者通いは必須、
兄は結構ずぼらで歯磨きなんてさぼることも多々あるのですが、
40代になった今でも虫歯は一本もありません。

主人のところも同じで、主人は歯が丈夫でいまだに虫歯に無縁ですが、
主人の3つ上の姉は同じように育っても、小さい頃から虫歯ができやすかったようです。

また、知り合いのお嬢さんは在胎25週の超未熟児で生まれ、
目だった障害も残らず、それこそ奇跡的に助かりましたが、
2歳くらいになって歯がはえそろったら全部薄黒く、
虫歯になったように半分のサイズしかありませんでした。
(前歯など見えるところしかみてませんけど。。)
お腹の中にいた期間が短かったので、乳歯がきちんと形成されなかったそうです。

というわけで親のしつけによる生活習慣も虫歯の有無に大きく左右するでしょうが、
それがすべてではない、ということで参考になれば。
    • good
    • 5

11番です。


虫歯菌【ミュータンス菌】の話を先程書きました。

3番さんの回答を読んで、ミュータンス菌の話が証明されたようなことだと思いました。

親や兄弟や親戚に虫歯が無いのは、その一族がミュータンス菌を持ってないからだと思います。
持ってないから、同じスプーンを例え使ったとしても菌が無いから感染しない。

スゴイ羨ましいと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。
 昔テレビで口の中に虫歯菌が居ない人は歯を磨かなくても虫歯にならないと言っていました。実験に参加していた人もまったく歯を磨いていませんでしたが虫歯無しでした。
 でも歯を磨かないって口臭の原因になりそうなんですけどどうなんでしょうね。虫歯菌が居なかったら歯垢も出来ないのかな。

 

お礼日時:2008/03/11 20:02

 11さんに同意。

そういう意味では「親の躾が悪い」といえますね。「親の、子供に対する躾」ではなくて「親自身に躾がされていない」という意味で。
    • good
    • 4

正しい歯磨きの仕方の方法を指導してない事や、歯の定期健診もあります。



皆さん承知していると思ってしましたが、知らないのでしょうか?
医学的にも証明されています。

生まれたての赤ん坊には、虫歯菌【ミュータンス菌】は存在しません。

生後19ヶ月から27ヶ月の間に主として母親から感染します。

母親が虫歯があって、母親の使ったスプーンとなどで赤ん坊に食事をさせているとき唾液から感染します。

参考URL:http://www.jfscp.gr.jp/news/news_050621.html
    • good
    • 2

私も他の方たちと同じく躾より管理だと思います。


私自身子供の頃すごい虫歯でした。
学校で歯科検診があると真っ赤にC2とかC3とか書かれてました。
親に歯を磨きなさいと言われたことがなかったのです。学校に入るまで。
とりあえず、きれいに永久歯がはえて歯並びも何もせずでも
きれいに並んでくれましたからよかったです。
自分の経験から自分の子供は乳歯が生えそろった頃からずっと
定期的に歯医者に行っています。

虫歯になるのは体質もあるらしいので仕方のない部分はあるかも
知れませんが、びっくりするような前歯が真っ黒な虫歯な子は
体質を理由には出来ないと思います。
    • good
    • 1

躾というか、親の責任だと思います。


現在、歯医者に通っていますが歯科医もそう仰っていましたよ。
「小学校までは親がきちんとハミガキを指導したり仕上げ磨きをすべき。虫歯があった場合これは親の責任でからね~」
なんだとか。
体質もありますけど、やはり教育や躾の一貫としてハミガキも考えてしまいます。

小さいうちから甘いものを食べる事が悪いのではなく食べた後ハミガキをしない、促さない親がいけないのでしょう。
私は2.3歳で虫歯の子を見たら、親の指導方法や躾を疑いますね(^^;
    • good
    • 2

一般に歯の関心が高い家庭の方が,上流な感じがしませんか?


(個人的な偏見です)
口元はやはり気になるところですから、出来るだけきれいに保てる様に気をつけてはいます。
きちんと歯磨き、歯科検診をしていたら『虫歯だらけ』まではならないと思うので親の無関心もあるんでしょうね。
ただ、虫歯は体質もあるようで、わたし自身,いくら手入れしても虫歯になりやすく困っています。

昔はいましたよね~。前歯もぼろぼろの子ども・・・
今は,滅多にいませんが損なイメージではありますよね。
    • good
    • 0

しつけ…とは一概に言えないかもしれません。



私のイトコ姉妹はとにかく二人とも歯磨きが大好きで
常に歯ブラシを銜えています。歯間ブラシも使用してます。
モンダ○ンもかかしません。
かかりつけの歯科医にも定期的に通い、それはもう
デンタルおたくといってもいいくらいです。

が、下のイトコは今までに虫歯になったことは
子供のころに一度くらいだったそうですが、
上のイトコは数か月に一度の割合で虫歯になります。
イトコのかかりつけの歯科医の話では、
そういう体質の人もいるんだそうです。

そんなに躾のせいだと考えなくてもいいんじゃないでしょうか。
    • good
    • 0

#5です。


補足です。
これも歯医者さんから聞きました。
歯というのはその人の人生の食事生活をあらわすのだそうです。
柔らかいものばかり食べていると歯並びが悪くなる、好き嫌いが激しいと虫歯になりやすい。(エナメルが作れなくなるから)
ようは食生活を正せば虫歯は防げるのかもしれませんね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング