ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

私の父は、10年ほど前に実兄(つまり私の叔父)の借金の保証人となったのですが、
その直後に叔父は亡くなってしまいました。

父は自己破産したのですが、借金のカタにと、当時所有していた車を
見ず知らずの人に受け渡してしまったそうです。

かなりの金額だったため債務整理の量が多く、自己破産の申立てから
免責決定までとても時間がかかってしまった父は、車の名義変更等の
詳細なんてあやふやだったらしいのです。

そして最近になって、その車の名義は10年間ずっと父のままだった事を知らされました。
10年分の自動車税の請求が一気に届き、判明したのです。

税務局(?)では名義変更を行わなかった父の責任と指摘されたらしく、現在月賦で支払っているのですが…
この場合、払わなくても良くなるような法的手段は何かないのでしょうか?

財産をすべて失った父に更に不幸が訪れようで不憫でなりません。
どなたか詳しい方、是非回答をお願い致します!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

残念ながらその程度の金額では手段はないでしょう



というか、納税通知は毎年届いていたはずですが何故10年も放置していたのでしょうか?
10年分の請求が急に一気に来たわけではなく、実は10年放置していたために強制執行を掛けられて慌てた、というのが実情ではありませんか
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング