はじめまして、確定申告の直前の質問ですいません。
確定申告の<その他の雑所得に係る「必要経費」について>の質問です。よろしくおねがいします。

去年の前半の3ヶ月間は、契約社員として。
年の後半は、派遣社員としてはたらいて、「給与所得の源泉徴収票」を2通いただきました。

また、それに加えて数日間は単発バイトで収入を得て、
それは「報酬、支払調書」として平成19年分は=合計3社分の票をもっています。

みなさんにお聞きしたいのは、
諸経費が必要以上にかかって収入が赤字となった場合の質問です。

たとえば雑収入で得た「報酬・支払調書」の収入よりも、経費がおおくでて収入がマイナスになった場合、【収支内訳票】の諸経費の欄にはマイナス(-××××円)と記載してよろしいのでしょうか?

もし記載した場合は、確定申告用の書類「第一表」の所得金額には「雑」とかかれた項目がありますが(今年はマル7(7)番)、ここにマイナス××××円と記入して、給与所得から、マイナスになった雑所得を足して(というか、引く)、【合計金額】を書いてもよいのでしょうか?

どうぞよろしくおねがいします。

A 回答 (1件)

>諸経費の欄にはマイナス(-××××円)と記載してよろしいの…



経費がマイナスということは、かえってお金が増えたということですけど。

>今年はマル7(7)番)、ここにマイナス××××円と記入して…

マイナスの数字は、ゼロと記すだけです。

>給与所得から、マイナスになった雑所得を足して(というか、引く…

雑所得は損益通算の対象になりません。
損益通算したければ、「事業所得」として申告します。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2250.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!!事業所得ですか、、考えて見ます。

昔自営だったためか、現在派遣なんですけど申告書はうちにはBできたんですが、そのままBの用紙で提出してよろしいんでしょうか?

お礼日時:2008/03/11 02:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q雑所得の税率について

ご質問させていただきます。

株や先物の売買で一年間に利益が2,400万円あったとします。
この場合、申告分離課税なので所得税・住民税を合わせて税率は20%なので、税金は480万円になりますよね?

さらに雑所得が1,200万円あった場合、雑所得の税率と税金はいくらになるのでしょうか?
この場合、株と先物取引からの税率は20%から変更されませんよね?
なお、収入は株と先物取引からの2,400万と雑所得の1,200万の2つしかない場合で教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>株や先物の売買で一年間に利益が2,400万円…この場合、申告分離課税なので所得税・住民税を合わせて税率は20%なので、税金は480万円になりますよね?

はい、「株式の売買による所得」と「先物取引の売買による所得」は、ともに税率が同じですから、(ざっくりと)480万円になります。

(参考)

『株式等を譲渡したときの課税(申告分離課税) |国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1463.htm
『先物取引に係る雑所得等の課税の特例|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1522.htm
『個人の方に係る復興特別所得税のあらまし|国税庁』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/shotoku/fukko_tokubetsu/

>さらに雑所得が1,200万円あった場合、雑所得の税率と税金はいくらになるのでしょうか?

【分離課税の対象ではない】「雑所得」は「総合課税」の対象ですから、「所得税 5%~40%」「住民税の所得割 10%」です。

(参考)

『総合課税制度|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2220.htm
『住民税とは?住民税の基本を知ろう|All About』(更新日:2014年06月06日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/14737/

---
「所得税率」は、「課税される所得金額(課税所得の金額)」によって段階的に変わりますので、以下のリンクをご参照ください。

『所得税の税率|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

【仮に】、「申告できる所得控除が基礎控除のみ」と【仮定】すると、最も高い税率は、

・1,200万円-38万円=1,162万円
  ↓
・「900万円を超え1,162万円まで」の所得税率 33%

となります。

「速算表」で試算すると、

・1,162万円×33%-1,536,000円=約230万円

---
「住民税の所得割」は、

・(1,200万円-33万円)×10%=約117万円

---
よって、(基礎控除のみの場合の)「所得税」と「住民税の所得割」の合計額は、【約347万円】ということになります。

>この場合、株と先物取引からの税率は20%から変更されませんよね?

はい、「申告分離課税制度」は、「他の所得金額と合計せず、分離して税額を計算する制度」です。

(参考)

『申告分離課税制度|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2240.htm

>株や先物の売買で一年間に利益が2,400万円…この場合、申告分離課税なので所得税・住民税を合わせて税率は20%なので、税金は480万円になりますよね?

はい、「株式の売買による所得」と「先物取引の売買による所得」は、ともに税率が同じですから、(ざっくりと)480万円になります。

(参考)

『株式等を譲渡したときの課税(申告分離課税) |国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1463.htm
『先物取引に係る雑所得等の課税の特例|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1522.h...続きを読む

Q雑所得の必要経費等って?(確定申告)

昨年1回限りの仕事で謝礼を頂きました。
支払調書には「謝礼」「支払金額6000円」「源泉徴収税額600円」とあります。
その他は103万未満の収入なのでこれは確定申告すれば600円戻ってくるんですよね?
夫の医療費控除を一緒にするのでついでにやってしまおうかと思って今作成中です。

申告書Aの第二表、所得の内訳の欄に雑所得として記入。
その下の雑所得(公的年金等以外)・配当所得・一時所得に関する事項
にも謝礼として記入するのでしょうか?
そこの「必要経費等」というのは何でしょうか?
交通費やその時必要だった入場料も謝礼と一緒に(領収書と引き換えに)受け取っています。
となると必要経費等は0円でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>経費として挙げるということは添付書類(領収書とか?)も
青色申告だと必要になりますが、
白色で、しかもそんな小額ですし、特に求められませんよ。
まぁ、還付されるまでとっておいて損はないですけど。

私は103万越える申告をしてますけど、
経費の明細を求められたことは一度もないです。
逆に言うと経費になるものも経費にしてなくて損しました(==;)
今年度は青色申告考えてますが、
それでも交通費なんかは領収書が出ないので(まぁ言えばくれるんですが)
メモで大丈夫だったとどこかで読んでおります。

Q雑所得の税率を教えて下さい。

仮にパチンコで1年で60万の所得があった場合、税金いかほど取られるのでしょうか?

確定申告で書く所得金額によって
住民税や国民健康保険の金額も決まるんですよね?

住民税は地域によって違うと思いますが大体何%くらいなんでしょう?
同じく国民健康保険も教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

競輪、競馬などのギャンブルで得た所得は、税法上「一時所得」という扱いになります。
パチンコも同じと考えられます。
60万円の所得(儲け)なら
(60万円-50万円(特別控除))×0.5=5万円(税法上の所得)
となります。

これ以外の所得(給与所得や事業所得など。給与所得の場合、「収入」から「給与所得控除(年収によってきまります)」を引いた額を「所得」といいます。)があれば、この5万円をそれに加得た額が、合計所得になります。
そこから、社会保険料控除、扶養控除、基礎控除(38万円)などを引き、「課税所得」が出ます。
それに、税率をかけたものが所得税額です。
なので、60万円以外に所得がなければ、税金かかりません。
他の、所得があれば5万円に税率(一般的な収入なら5%か10%でしょう。)をかけた額が、パチンコ分の所得税になります。

>確定申告で書く所得金額によって住民税や国民健康保険の金額も決まるんですよね?
そのとおりです。

>住民税は地域によって違うと思いますが大体何%くらいなんでしょう?
法律により定められており、原則、どこでも10%です。

>同じく国民健康保険も教えて頂きたいです。
国保は市町村によって計算方法が違うので、何とも言えません。

競輪、競馬などのギャンブルで得た所得は、税法上「一時所得」という扱いになります。
パチンコも同じと考えられます。
60万円の所得(儲け)なら
(60万円-50万円(特別控除))×0.5=5万円(税法上の所得)
となります。

これ以外の所得(給与所得や事業所得など。給与所得の場合、「収入」から「給与所得控除(年収によってきまります)」を引いた額を「所得」といいます。)があれば、この5万円をそれに加得た額が、合計所得になります。
そこから、社会保険料控除、扶養控除、基礎控除(38万円...続きを読む

Q雑所得20万以上で確定申告。給与所得も記入するのか。

質問タイトルの理由で確定申告します。
私は一般的な給与所得者で会社より源泉徴収票をもらっています。
(1)申告書を書くときには、給与所得などの欄も源泉徴収票から転記しなければいけないのか。(としたら理由は?納税済みなのに)
(2)国税局のHPから申告書作成コーナーを使って作成してみたが、(1)の場合、自動的に基礎控除38万円が入力される。源泉徴収票の所得金額はすでに控除された金額なのに申告書で基礎控除を書くと二重にならないか。
 質問を検索してみましたが、件数が膨大なので改めて質問させていただきます。

Aベストアンサー

>給与所得などの欄も源泉徴収票から転記しなければいけないのか…

「雑所得」も「給与所得」も、『総合課税』の対象です。給与の源泉徴収票に書かれている数字も転記してください。

>としたら理由は?納税済みなのに…
>源泉徴収票の所得金額はすでに控除された金額なのに申告書で基礎控除を書くと二重…

申告書は、各種控除を引く前の金額「収入」と、引いた後の金額「所得」の両方を書くようになっていますから、基礎控除が重複するようなことにはなりません。
納税額の計算も、源泉支払い済みの分は引き算されますから、二重払いにはなりません。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/1300.htm

Q配偶者の雑所得

扶養者の雑所得に関して質問があります。
配偶者が年間80万の雑所得の収入があった場合(その他の収入はなし)
1.配偶者の雑所得は扶養者の確定申告で通算つまり扶養者の雑所得として確定申告をし税金を払うのでしょうか?
2.もし扶養者の年収が1000万だったとすると税率は30%なので配偶者の雑所得80万も30%相当の税金を支払わなければならなくなるのでしょうか?
3.扶養者の雑所得としてではなく、配偶者が確定申告をし、80万の10%の税金を支払うことはできるのでしょうか?

以上宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

1 配偶者の所得税はその人本人の収入で確定申告してください。今回は奥さんの雑所得だけで奥さんが確定申告するのです。ただし、奥さんの所得が38万円を超えるときは、あなたの年末調整あるいは確定申告では配偶者控除は受けることができません。
 なお、80万円が実際に貰った額だとすると必要経費を差し引くことができ、差し引いたあとの額が奥さんの所得額です。
問題は何を必要経費とすることができるかですね。これは今回の設問だけではわかりません。

参考:http://www.taxanswer.nta.go.jp/1500.htm
   http://www.asahi-net.or.jp/~yt8m-sgmt/ado/tax_zatu.htm
   http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1233469

Q雑所得38万円未満一時所得50万円未満ですが確定申告してもいいですか?

雑所得38万円未満一時所得50万円未満ですが確定申告してもいいですか?

雑所得と一時所得を合計しても38万円以下なんですが
去年株式の繰越損失をして 今年少し利益が出ました。
特定口座の源泉ありなので確定申告して少しですが税金を還付して貰おうと思っています。
ついでに雑所得と一時所得の分も申告した方がいいでしょうか?
雑所得と一時所得ともに控除額未満なんで余計な事をせずに
株式の確定申告だけすればよろしいでしょうか?
税金に詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

確定申告自体はもちろんできますし、申告する以上は、すべての所得に関して申告する必要があります。

 確定申告自体はそれでいいのですが、特定口座の場合確定申告をすると国民健康保険に影響がでますので、その点注意が必要です。
確定申告をしなければ、国民健康保険の算定基準の所得と認識されませんが申告をすると所得と認識されます。

 国民健康保険でなければ関係ありませんが念のため。

Q確定申告時の雑所得について質問させてください

確定申告時の雑所得について質問させてください。

現在、会社員として運送会社に勤務しています。
これだけでしたら確定申告の必要はないのですが、それとは別にWeb関係の仕事をたまに企業から請け負って仕事をしています。

この運送会社ではないほうの所得を雑所得として申告しようと思うのですが、これで申告しても問題はないのでしょうか?
以前、何かの起業本で読んだ時にそのように書いてあった気がするのですが・・・。

また、雑所得に関しての税率は大抵どのくらいなのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>この運送会社ではないほうの所得を雑所得として申告しようと思うのですが、これで申告しても問題はないのでしょうか?
請負なら「事業所得」でしょう。

>また、雑所得に関しての税率は大抵どのくらいなのでしょうか?
雑所得であれ、事業所得であれ、給与所得であれ、すべて合算して、そこから、社会保険料控除、扶養控除、生命保険料控除などの所得控除を引き、残った額に税率をかけ税額が出ます。
ですので、税率はどの所得でも同じです。

また、給与を1か所から受けていて、それ以外の所得(収入から経費を引いた額)が20万円を超える場合は確定申告しなければいけません。
源泉徴収されていれば申告しなくていい、なんてことはありません。
20万円以下なら申告の必要ありません。

Q「確定申告書B」の雑所得と「青色申告決算書」の売上(収入)金額(雑収入含)の違いについて

個人事業主で青色申告をしているものです。
業種はライターなのですが、19年度に下記の雑所得がありました。

1.生命保険金の支いに伴う払繰入利息
2.還付加算金
  (18年度国税還付金に還付加算金があったようです。通知書に雑収入になると記載がありました)

いずれも「青色申告決算書」の売上(収入)金額の方の雑収入には含めず、
「確定申告書B」の雑で記載するということで間違いないでしょうか?

青色申告決算書の雑収入は事業に関わる雑所得のみを入れ、それ以外ものは確定申告書Bで・・との理解で間違いありませんでしょうか?
ご教授いただきたく、お願い申し上げます。

Aベストアンサー

雑所得とは事業に伴って生ずる収入です。つまり事業所得です。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2006/nta/kakutei/tebiki/h17/pdf/23.pdf

雑所得とは、年金や恩給などの公的年金等、非営業用貸金の利子、著述家や作家以外の人が受ける原稿料や印税、講演料や放送謝金などのように、他の9種類の所得のいずれにも当たらない所得をいいます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1500.htm

Q事業所得と雑所得の違いは?

確定申告時に、事業所得とするか、雑所得とするかで、悩んでいます。

昨年6月末に会社を辞め、その後求職活動をしながら、フリーでWEBデザインのお仕事を受けていました。
6月末までの給料が約200万、フリーで受けていたデザイン料が250万と、給料以上の収入があります。
この場合、フリーで受けていた仕事は事業所得とすべきでしょうか?

自分としては、事業をしているつもりはないのですが、今後、このまま就職が決まらないようであれば、事業として届け出をすることも考えようかなとは、悩んでいるのですが、今は、まだ就職をあきらめられません。

ちなみに、事業所得を雑所得と申告すると、何か問題はありますか?
税率なども同じみたいですし、経費を差し引いてもマイナスにはならないため、雑所得で申告したいのですが。。。
どなたか詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には、そのWEBデザインの仕事を継続的に行なっている場合は「事業所得」となり断続的な場合は「雑所得」となります。

又、税務上の大きな違いは、事業所得であれば「青色申告」をすることで「青色申告特別むや欠損が出たときに、その赤字を3年間繰り越したり、その年の給与所得から控除出来ますが、雑所得ではそれが出来ません。

ご質問の場合は「雑所得」で申告しても問題は無いでしょう。

Q給料所得者が雑所得につき確定申告する場合ですが・・

給与所得者で、給与収入における税金類は会社より年末調整されています。
雑所得につき、申告しなければならないので、国税庁のHPより、郵送による申告書を作成していると、
「給料収入があるor否」にチェックを求められる項目があり、「ある」にすると給料の収入額などその他(素人には)ややこしい金額を入力する画面が出ます。
これは会社からすでに申告されているので、「給料収入=否」として進んでいいのでしょうか?
さらに進むと、「各控除の申告のする・しない」が複数カ所あるのですが、
こちらも控除対象の項目を「する」にすると、色々な金額を入力することになり、その数値が記載している書類は会社に提出しているので手元にはありません。これも会社からすでに控除申請されているので、「しない」として進んでいいのでしょうか?
とりあえず、雑所得単独で申告書を作成して、税務署に郵送しておけば、税務署の方で、会社からなされた給料所得の申告と合算して、新たな所得税が算出され、源泉で引かれる以外の税について、私宛に請求してくるのでしょうか?

Aベストアンサー

>これは会社からすでに申告されているので、「給料収入=否」として進んでいいのでしょうか?
いいえ。
確定申告はすべての所得を申告しないといけません。

>こちらも控除対象の項目を「する」にすると、色々な金額を入力することになり、その数値が記載している書類は会社に提出しているので手元にはありません。これも会社からすでに控除申請されているので、「しない」として進んでいいのでしょうか?
いいえ。
貴方が損するだけですよ。
源泉徴収票(今月もらえます)を見れば、そこにすべて書かれています。
なので、源泉徴収票をもらってから、作成すればいいです。
というか、源泉徴収票がなければ申告書作成できません。

>雑所得単独で申告書を作成して、税務署に郵送しておけば、税務署の方で、会社からなされた給料所得の申告と合算して、新たな所得税が算出され、源泉で引かれる以外の税について、私宛に請求してくるのでしょうか?
いいえ。
税務署から呼び出し通知が来ます。

なお、どうしても申告書の書き方がわかならなければ、源泉徴収票、雑所得の額がわかるもの(経費がかかっていればその経費の額がわかるもの)、印鑑をもって税務署に行けば書き方は教えてもらえます。

>これは会社からすでに申告されているので、「給料収入=否」として進んでいいのでしょうか?
いいえ。
確定申告はすべての所得を申告しないといけません。

>こちらも控除対象の項目を「する」にすると、色々な金額を入力することになり、その数値が記載している書類は会社に提出しているので手元にはありません。これも会社からすでに控除申請されているので、「しない」として進んでいいのでしょうか?
いいえ。
貴方が損するだけですよ。
源泉徴収票(今月もらえます)を見れば、そこにすべて書かれています...続きを読む


人気Q&Aランキング