【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

はじめまして、質問させてください。

会社で自律神経失調症の人がいます(自分で言っています)。
会社で笑えませんと言っています。
自律神経失調症だとそのようになるのでしょうか?

この例とは逆に、自律神経失調症の方で、
会社で笑える人いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 長らくうつ病(最近は気分障害というらしい)持ちの者です。



 自律神経失調症は、全身の機能に支障をきたして、さまざまな症状が出る病気です。ですから「これこそが唯一の症状」というのはありません。また自律神経失調症は(短期的・長期的などさまざまな)ストレスから発症することが多いため、単純に自立神経失調症「だけ」の状態というのも考えにくく、うつや統合失調などと併発している方も多いと思います。

 うつ状態で笑えないというのは自分の経験上ありました。おそらく、お1人お1人によって違うと思いますので、最終的には医師の診断の通りだと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます^^
そうなんですね^^;大変参考になりました。

お礼日時:2008/03/10 08:58

自律神経失調症というのは医学用語ではなく民間用語です。

西洋医学的には正式な病名と認められておらず、なんだかよくわからないがストレス性疾患らしく、神経の興奮状態が確認され、うつ病と言い切ってしまうには証拠が足りない時などに使われる言葉です。

私にも一応、自律神経失調症の診断書が出ていますが、最初に精神科に回されたきっかけが、痺れ、手の震え、心拍の上昇、興奮時の肌の紅潮といった身体症状であり、気分障害がほとんど見られなかったことから、この病名が出てきたという状態になっています。主治医の意図としては、なんだかよくわからんが、とにかく休息を必要とするのは確かなので診断書を出さざるを得ず、「自律神経失調症:業務量の軽減を要する」と書いたわけです。

闘病2年目ごろから主治医は私の状況を理解できるようになってきて、非公式ですが「躁うつ病の超低空飛行タイプだと思う」という見解が出てくるようになりました。西洋医学の場合、自律神経失調症とは「まだ、本当の理由は分からん」という意味なのです。

私の場合、そこらじゅうで笑っています。ただ、闘病が長引くにつれ気分障害を併発し、躁うつ病の超低空飛行という状態になったわけです。現在でも、そこらじゅうで笑っています。気分障害と言っても、外出が億劫というのが主な症状で、気分が激しく落ち込むことはまれです。ただし、感動すると涙もろくなるという現象があり、主治医によれば、これは脳内物質のバランスの崩れで説明できるもので、精神科を受診することに間違いはないとのことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。

お礼日時:2008/03/10 08:59

自力神経失調症です(回復してきましたが)。


もちろん楽しい時には笑いますし、悲しい時には泣きます。

自律神経系は内臓諸臓器の機能を調節する遠心性機序と内臓からの情報を中枢神経系に伝える求心性の機序という二つの系からなります。
自律神経が乱れた結果、抑うつ状態になり笑う機会も少なくなる、ということであれば、可能性として否定はできません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます^^
そうなんですね^^;大変参考になりました。

お礼日時:2008/03/10 08:58

自律神経失調症ですが、毎日会社で楽しく笑っています。



自律神経失調症で笑えないというのは聞いたことがありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます^^
そうなんですね^^;大変参考になりました。

お礼日時:2008/03/10 08:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自律神経失調症は何科ですか?

自律神経失調症かどうかを診てもらうには何科を受診すればいいですか?
自律神経失調症と統合失調症は関連性のある病気ですか?
自律神経失調症から統合失調症になるようなことはありますか?

Aベストアンサー

うちの父はめまいや吐き気やる気のなさで一ヶ月ほど寝込んでいたんですが、脳の病気かもと思って脳外科に行ったら自律神経失調症と診断されました。
統合失調症も脳外科へとあるので、どっちにしても脳外科を受診したらどうですか?
症状を伝えれば先生が判断してくれますよ。
二つの病気は関連してないと思います。
統合失調症は脳に異常があるときと書かれてましたので別ものじゃないでしょうか。
自律神経は精神的なものからくるものですしね。
ただ自律神経失調症が悪化すれば鬱になるとは言われたようです。
父は鬱一歩手前くらいと言われてましたけど・・・
今は安定剤の軽いのを毎日飲んでいます。
薬のおかげではありますがとても元気にすごしています。

Q自律神経失調症ってどうやって直すんですか?。

 自律神経失調症からの影響と思われる、
 鬱症
 パニック障害
 不安症
 などいろいろあるんですが、自律神経失調症を治せば直るんでしょうか?

Aベストアンサー

まず大元を探す事です。
それは「不安症」の原因をです。不安症が極限に達すると交感神経や副交感神経に乱れが起こり、まず胃痛・下痢・頭痛などの症状が表に現れます。
その次が、鬱症状ですね。汗、睡眠、呼吸、血圧といった類のものが(つまり自分の意思でコントロール出来ないもの)に変調が起こり、脈拍などが早くなり、パニック障害の前段となる不安神経症を起こすようです。
鬱症状は、いつの段階で発症してもおかしくはなく、合併症として、不安神経症と一緒に併発する場合が多いです。

さて、そうなったら、まずストレスの原因をじっくり時間を掛けて、特定して見ましょう。大元は何が原因だったのかが分かれば、それから離れたり、忘れたりする事で症状は軽快します。あとは医師に十分説明し、薬を処方してもらいましょう。
自律神経失調症で厄介なのは、体温を調節しているという事と、食欲(胃酸)を制御している点です。そのため、それらに気づかず、鬱症状と併発している事にも気づかない場合があります。食欲が無くなったりするのは、合併症だと思って下さい。嘔吐などもそうです。
交感神経と副交感神経はちょうど頸の後ろの窪んだ所の視床下部という所で一つになりますので、この部分を賦活化させる事でだいぶ神経が沈静化する事が知られています。その為、頸の後ろと肩の付け根の所を冷やしたり、暖めたりをゆっくり時間を掛けて繰り返すと、かなりリラックスするようになります。
但し、それ以上の精神的逼迫がある場合はあまり効果はなく、病院で鎮静剤の筋注となりますが、差し迫った状態でなければ、頸部を冷やす事は、意外と効果があります。

自律神経失調症には、ガンマーオリザノールという薬が有用で、私も精神科で処方してもらっていますが、気休め程度で、やはり大元のストレスの原因を追求し、不安を取り除かない限り、自律神経失調症だけを治療しても意味がないようです。鬱やパニック障害と同時に治療を進めるべきでしょう。

まず大元を探す事です。
それは「不安症」の原因をです。不安症が極限に達すると交感神経や副交感神経に乱れが起こり、まず胃痛・下痢・頭痛などの症状が表に現れます。
その次が、鬱症状ですね。汗、睡眠、呼吸、血圧といった類のものが(つまり自分の意思でコントロール出来ないもの)に変調が起こり、脈拍などが早くなり、パニック障害の前段となる不安神経症を起こすようです。
鬱症状は、いつの段階で発症してもおかしくはなく、合併症として、不安神経症と一緒に併発する場合が多いです。

さて、そうな...続きを読む

Q自律神経失調症との付き合い。

自律神経失調症と付き合っていく上でのことについてですが、突発的、又は一時的に自律神経失調症による症状が出た場合 どのようなことをすれば症状を緩和することができるんですか。

最近、顔が熱くなることがあるんですが、これも
自律神経失調症の症状として一時的に出ているものでしょうか。

Aベストアンサー

顔のほてりは確かに症状の一つとしてありますが、内科的なものが原因でないとは言えません。
また、もしかしたら皮膚が反応しているかもしれません。

軽い自律神経失調症なら、内科でも対応できますし、重度だと診断されれば改めて心療内科等紹介してくれると思いますので、まずは内科に行かれてはいかがでしょうか?

重くも軽くも考えないことと、決め付けないこと、無理をしないこと、プロの診断を受けてきちんと対処すること、が大事だと思いますよ。

Q風邪の症状と自律神経失調症

風邪の症状と自律神経失調症

私は以前、「風邪かな?」と思うような症状が、半年の間に数回ありました。

○吐き気
○両腕の異常な寒気
○頭痛

があり、風邪薬を飲んでいました。熱は出ませんでした。
それから短期間のうちに自律神経失調症になりました。風邪のような症状は、自律神経失調症と関係があるのでしょうか?

Aベストアンサー

 自律神経失調症とは、自律神経が正常に働いていない事を表す言葉で、どちらかと言えば、特定の病気の名称ではなく、「症状」の名称だと思います。
 医者が診断や治療を行う際に、カルテに病名を書かないと、健康保険の手続き等が出来ません。
 しかし、人間の身体は複雑ですから、検査しても原因がはっきりしない場合もあります。
 その様な場合において、医者がカルテに書く病名が、自律神経失調症だと言われております。
 このため、自律神経失調症は、診断のゴミ箱とまで言われている様です。
 極端に言うと、熱のある患者に対して、
「あなたの病名は発熱です」
と言う様なものです。
 ですから、自律神経失調症と診断されたという事は、医者から原因不明と言われている様なものだと思います。

>風邪のような症状は、自律神経失調症と関係があるのでしょうか?

 風邪は勿論、体調が不良になる病気に罹れば、当然自律神経の調子は乱れますし、精神的ストレスによっても乱れる事もあると思います。
 それらの中で、何らかの原因で自律神経の乱れがある場合であって、且つ、炎症等の目で見る事が出来る肉体的な変化が見つからず、精神的疾患でも無いという状態を、自律神経失調症と言います。
 風邪の様な症状も自律神経失調症も、どちらも症状なのですから、自律神経失調症が風邪の様な症状の原因という訳ではなく、何か他の原因があって、風邪の様な症状と自律神経失調症を引き起こしているのではないかと思います。

 自律神経失調症とは、自律神経が正常に働いていない事を表す言葉で、どちらかと言えば、特定の病気の名称ではなく、「症状」の名称だと思います。
 医者が診断や治療を行う際に、カルテに病名を書かないと、健康保険の手続き等が出来ません。
 しかし、人間の身体は複雑ですから、検査しても原因がはっきりしない場合もあります。
 その様な場合において、医者がカルテに書く病名が、自律神経失調症だと言われております。
 このため、自律神経失調症は、診断のゴミ箱とまで言われている様です。
 極...続きを読む

Q自律神経の乱れとは?

自律神経の乱れとよく聞きますが・・・

自律神経の乱れとはどういうことなのでしょうか?

また、自律神経が乱れるとどうなるのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

自律神経とは主に心臓や胃腸、内分泌系器官を支配する神経で、自分の意志ではコントロールできません。
これには、交感神経と副交感神経の2種類あります。

交感神経は身体を活動の状態(心臓を動かす、血管を収縮させる等)にし、副交感神経は休息の状態
(血管を拡張させる、心臓の動きを抑える、食物を消化吸収する等)にします。
普通はこれらの神経がバランス良く働いて体調を一定の状態に保っているのですが、強いストレス等により
バランスが崩れると体調をうまく保つことが難しくなります。これが自律神経の乱れた状態です。
不眠、食欲低下、動悸、めまい、肩こり、便秘など、いろいろな症状がありますし、個人差もあります。
自律神経の乱れが原因の場合、症状が出て病院で検査しても結果が「異常なし」と出ることがほとんどです。

Q病気で退職後の失業保険について

身体を壊してしまい、しばらく休職していたんですが、会社に迷惑をかけるので、退職しました。
この場合失業保険は待機期間なしでもらえるんでしょうか?
それとも医師にもうしばらくは働けないという診断書を書いてもらったほうがいいのでしょうか?診断書があれば直ぐに失業保険がもらえると聞いた事があるので…

病気の方はほぼ治りかけなので、医師に働けるか働けないか自分で伝える感じだと思います。
先週はそんな感じで聞かれたので。

全くわからないので、どうか皆様の知識をかしてください。
よろしお願いします。

Aベストアンサー

失業保険受給には資格が必要です。
離職日以前の2年間の中で、12カ月間の被保険者期間が必要になります。
※賃金支払基礎日数が、各月に11日以上必要
賃金支払基礎日数とは、賃金を支払う対象日のことです。1か月のうちに働いた日数はお金をもらえるわけですからその日をカウントします。有給休暇の日もカウントに入ります。

被保険者期間とは、簡単に言うと、雇用保険料を支払った月の数のことを指しています。サラリーマンの方であれば、加入しているはずなので、12か月働いていれば受給期間を満たしていることになります。

保険は、就職の意欲がある方に対して支給されますので、次の方には、資格があっても、受給できません。
(1)病気や怪我の為に、すぐには就職できない時。(労災保険の休業補償、健康保険の傷病手当金などの支給を受けている場合も含みます)
(2)妊娠・出産・育児のため、すぐには就職できない時
(3)定年などで退職して、しばらく休養しようと思っている時
(4)結婚などにより家事に専念し、すぐに就職することができない時
(5)自営をはじめた時。(準備を開始した段階を含む。収入の有無を問いません)
(6)新しい仕事に就いた時(アルバイト、パート、派遣、見習い・試用期間、研修期間を含み、収入の有無を問いません)
(7)会社・団体の役員に就任した時。また、現在役員に就任している場合(事業活動及び収入がない場合(名前貸とか)にはハローワーク窓口で相談)
(8)学業に専念する時
(9)就職することがほとんど困難な職業や労働条件(賃金・勤務時間など)にこだわり続ける時
(10)雇用保険の被保険者とならないような短時間就労のみを希望する時
(11)親族の看病などですぐには就職できない時
このように、再就職に向けて前向きな活動ができない場合には支給してもらえないようになっています。

うつ病などが理由で会社を退職した場合にはどうなるのかというと、やはり支給はありません。
ただし、受給期間の延長を申請することができるので、うつ病が克服できて働けるという状況になった場合には問題なく支給してもらえます。

貴方の場合は、働く意欲があると、判断されれば受給できますが、自己都合退職ですから、手続き終了後、約4か月後に受給開始となります。ハローワーク紹介の事業所に就職されたなら、条件を満たせば、就職祝い金が支給されます。

失業保険受給には資格が必要です。
離職日以前の2年間の中で、12カ月間の被保険者期間が必要になります。
※賃金支払基礎日数が、各月に11日以上必要
賃金支払基礎日数とは、賃金を支払う対象日のことです。1か月のうちに働いた日数はお金をもらえるわけですからその日をカウントします。有給休暇の日もカウントに入ります。

被保険者期間とは、簡単に言うと、雇用保険料を支払った月の数のことを指しています。サラリーマンの方であれば、加入しているはずなので、12か月働いていれば受給期間を満たしている...続きを読む

Q自律神経失調症の方に質問です。

自律神経失調症の方に質問です。
胸の痛み(肺の辺り)が毎日あり、その場所が左であったり、右であったりします。
レントゲン検査は異常なしでした。

自律神経失調症を患っておりますが、同様の症状は発生するのでしょうか?

自律神経失調症の方や、詳しい方のご回答をお待ちしております。

お願いします。

Aベストアンサー

自律神経失調症に、特に決まった症状ってないんですよ。
身体のどこかが、実際悪いわけではないので。
確かに、よくある症状というのはありますが。

胸の痛みにしても、特に原因は見当たらない。
ずっと痛みが持続しているわけではないなど、身体の疾患が原因とは考えられない場合、おそらく自律神経失調症が原因だろう、ということになるんです。


人気Q&Aランキング