ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

30代後半の弟が、長年の高血圧を放置したため、重症の心不全で1ヶ月前より入院中です。入院時は、肺にも水が溜まり全身水膨れ、腎臓の機能は半分、心臓には血栓がある状態で、点滴で利尿剤を投与し、その後投薬に変わって治療中です。元々体力があったので回復がみられ、一命を取りとめました。現在は、運よく血栓が無くなり、肺の水も大分無くなり、腎臓の機能にも回復が見られます。血圧や酸素量も安定しています。見た目には、元気にさえ見えます。(呼吸器も点滴も外れました)
ただ、入院時に担当医から心臓の機能は20%と告知され、今後、この割合は一生ほとんど増えないと言われています。1ヶ月後の退院を目標としていますが、不整脈が出たら、危ない状況であるとも言われています。緊急時の延命治療についての確認もされました。
弟は、肉体労働者でしたので、退院できても一生職に就くことはできません。安静にしてのデスクワークならできるそうですが、本人にその能力がありません。荒唐無稽な生活をしていたため、貯蓄も全く無く、住まいは仕事関係の寮でしたので、退院後に住むところもありません。そのような状況で、先日私が代わって生活保護の申請をしました。受理されるかわからないのですが、もし受理された場合は、弟は退院後に一先ず共同施設に入り、その後生活保護を受けながら、一人20%の心臓で生きていくことになります。受理されなかった場合は、現実、死ぬしかありません。
私は夫と二人暮らしですが、近くに住む年金暮らしで体の不自由な母の介護もしており、とても援助はできません。弟は関東、私たちは関西に住んでいて、身体的介助も難しいのです。
担当の先生は、心臓に合わせて無理せず安静に暮らしていけば、普通に部屋で過ごしたり近所に出かけたりはできるでしょうと、おっしゃるのですが、このような弟が果たして一人で生活できるのかどうか、全くわかりません。担当医の先生には、現在の状況以外に、退院後にどうなっていくかまでははっきり言ってもらえません。
そこで自分で色々調べ、このような重症の心不全になった人が3年以上生きる確立が低いというのを見て、もし現実にそうならば、私たちの生活を最大限犠牲にしてでも、残り少ない人生を、私たちの元で過ごさせてやりたいという思いで悩んでいます。ただ、現実、このまま働けない弟の医療費も含め全て養っていくのには、もし、幸か不幸か永く生きれたら、経済的に破綻します。一般的にこのような患者の予後はどうなのか情報が無く、決断に苦しんでいます。、ケースバイケースで何とも言えないのは承知の上、少しでも、心不全患者の予後についての情報やアドバイスが頂けたらと思います。どうぞ宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ご自分の家庭がありながら、お母様やご兄弟のお体のことを気遣ってあげなければならない状況をお察しいたします。



まず、ご兄弟は拡張型心筋症でしょうか?30代後半で長年高血圧を放置するということがあまり無いような気がいたします。(あくまで想像です。)
心不全の患者様の予後ですが、心不全というのはあくまで心臓の機能が落ちている「状態」をさす単語だと思います。ですから心不全に至ってしまった原因になる「疾患」があると思うのです。それが拡張型心筋症であったり、心筋梗塞であったり、心臓弁膜症であったりすると思います。それらのどれにあたるかにより、治療方法や予後が変わってくると思います。

やはり、主治医の先生しか分からないのではないでしょうか?退院後にどうなっていくかはっきり言ってもらえないということですが、まずははっきり聞くことが必要でないでしょうか?

インターネットでは自分の顔がでないため聞きやすいと思いますが、答えるほうも同じです。私も無責任になれるから答えています。誤った情報も多いです。そこには責任が無いから。
ですから、本当にご家族のことを思われるのでしたら、主治医の先生に聞いてください。もし答えが得られないなら、ほかの病院を探すことも必要だと思います。ただ、診断から治療までのながれを、少ない情報ながらあなたの文章から想像しますと、しっかりした病院なのではないかと想像します。
ご家族の体のこと、心臓のことを一番良く分かっているのは間違いなく主治医です。あなた方ご家族はこのような状況はもちろん初めての経験だと思います。でも主治医は同じような経験もされていると思います。
ぜひ主治医に話をしてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

的確なアドバイス、ありがとうございます。気持ちが追い詰められて、冷静さを欠いていたようです。助言いただき、気持ちを整理してしっかりしなくてはと、思いました。弟の病名は急性心不全となっており、先生からは疾患は特に聞いておらず、高血圧を長年そのまま治療しなかったからということでした。幸いとても信頼のおける人柄の先生ですので、もう一度、訊きたいことを整理して、退院時にはしっかり質問してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/10 22:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q心不全は治るのですか?

75歳の義父なのですがこの間心不全(弁膜症)で緊急入院しました。症状は夜息苦しく眠れない。咳が止まらない。動悸がはげしい等です。その後10日位で退院したのですが、本人は軽度で、もう症状は良くなって、治ったから大丈夫だから、塩分の取りすぎと水分の取りすぎに注意していれば、もらった薬ももうじき飲まなくてよい。普通の生活に慣れれば今まで通りに動いてもよい(畑仕事等)などと言っているのですが、インターネットで心不全の事を調べると、この症状は、重症で心不全は治らない病気とかいてあったのですが、主治医は、質問しても、ご自分で考えて、行動してくださいしか答えてくれません。治る病気なのでしょうか?ちなみに前立腺がんもわずらっています。
できれば専門家の人に回答おねがいします。

Aベストアンサー

弁膜症が原因であれば根本治療は手術となります
一時的に薬剤治療で症状を押さえることができるのが多いですが、薬を切れば再び悪化しますし、元々の弁の状態も自然に回復することはなく悪化することもあるものです。

参考URL:http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamph/pamph_07/panfu07_01.html

Q単身先で主人が急性心不全で突然死を悔やんでいます

単身赴任中の56歳の主人が8月4日に連続嘔吐と全身の筋肉痛 胃の膨満感で救急病院を自力で受診。夜間であった為、23時過ぎ、点滴のみでその日は帰宅。
深夜の帰宅後も嘔吐が続づき、翌日、検査予約していた為、再受診。問診で腸炎と診断され、朝から血液検査等、行なわれ、15時半に異常なしとのことで検査終了後、自力で帰宅しましたが、1時間後の推定死亡時間 8月5日 17時ごろ急性心不全で死亡しているのを発見されました。
病院からは、既往歴のないことから本人の訴えがなければ、心臓は調べないと言われました。
あまりに、突然亡くなった為、悔んでも悔みきれません。

救急車で搬送されたなら、夜間の場合、入院で様子観察になっていたのでしょうか?
連続嘔吐や検査等で、身体の疲弊が原因で引き起こされたのか?
心筋梗塞が原因なのか?分かりませんが、救える命だったのではと悔んでいます。
7年前に胃がんで3/4摘出 2年前にリウマチを発症していますが、服薬で普通に日常生活を送っていました。
フルマラソンで完走したり心臓の既往歴はありませんが、リウマチが原因のようで、血圧が高めになり内服薬で調整しておりました。
本人をこれ以上、傷つけたくないとのことで、死亡解剖は出来ませんでしたが、あまりに急な突然死の為、納得出来る説明が頂ければと思い投函させて頂きました。宜しくお願いします。

単身赴任中の56歳の主人が8月4日に連続嘔吐と全身の筋肉痛 胃の膨満感で救急病院を自力で受診。夜間であった為、23時過ぎ、点滴のみでその日は帰宅。
深夜の帰宅後も嘔吐が続づき、翌日、検査予約していた為、再受診。問診で腸炎と診断され、朝から血液検査等、行なわれ、15時半に異常なしとのことで検査終了後、自力で帰宅しましたが、1時間後の推定死亡時間 8月5日 17時ごろ急性心不全で死亡しているのを発見されました。
病院からは、既往歴のないことから本人の訴えがなければ、心臓は調べない...続きを読む

Aベストアンサー

私は病院で臨床検査技師をしている55歳の男です。ご主人の突然の不幸、お悔やみ申し上げます。
単身赴任中に起きたとのこと、さぞかし悔しかったと心中お察しいたします。
病院職員として色々な患者様を今まで沢山見て来ました。こんなこと言うのは不謹慎かもしれませんが、急性心不全は最も苦痛を感じない「死」で有ります。がんの末期、脳卒中や脳梗塞の後の重い後遺症。色々な苦しみが存在して家族の方も疲れ切っている。そんな風景を何度も見てきました。
もしかしてご主人はあなたをそんな苦労から守ってくださったのかもしれません。

他人の私がこんなこと言って失礼に感じたら申し訳ありません。

今はじっくりと泣く時期だとおもわれます。悲しみをきちんと噛み締めないと次のステップに進めないからです。
どうか焦らずご主人の思い出に浸ってください。

失礼なこと書いてすみませんでした。

Q急性心筋梗塞・心不全・腎不全で重症と診断されました

私の父親(68歳)が4日前の朝方、激しい胸痛と呼吸困難を訴え、救急車で運ばれました。急性心筋梗塞と診断され、緊急カテーテル手術を行い、成功し、現在は落ち着いてきた状況です。診断は「二枝同時閉塞の急性心筋梗塞・急性心不全・急性腎不全・肺水腫」で「重症」と診断されました。
いろいろな情報を見ると、様態が急変し亡くなるということもあるとのことで、とても心配です。できるだけ私のわかる範囲で情報を書きますので、ご専門の方、もしくは同じような経験をされた方がおられましたら、ご回答いただければ幸いです。素人なので、専門家の方からは言葉の表現がおかしいところがあると思いますが、どうぞご容赦ください。

まずは、既往歴を書きます。父親は、糖尿病を患っていました。今年に入り、三大合併症を医師に指摘されました。高血圧・不整脈もあります。
また、今年に入り大腸に初期のガンが見つかり、今年2月に開腹手術をしました。糖尿病で傷がなかなか治らず、また退院直後に腸閉塞を起こし、結果70日間の入院をしました。予後は、良好でした。
そして、今年の8月に網膜症からくる眼底出血を起こし、入院し手術を行いました。こちらも無事に成功し、予後も良好で、視力も元に戻りました。今は通院でもともとあった白内障のレーザー治療が終わろうとしているところでした。

そんな矢先に、今回の心筋梗塞がおきました。発作を起こす1週間前から、「風邪気味、胸の辺りがゼエゼエする、肩が凝る」と言っており、発作の3日前くらいから朝方に寝転んでいると息苦しいといい、椅子に座っていたそうです。ドクターの話では、明らかな前兆であり、早く来ればここまでならなかった、といわれました。今後の見通しとして、24時間・48時間・72時間・1週間というところを抜ければ救命率は高まると言われ、1週間以内にはICUを出て一般病棟にうつり、心臓リハビリテーションをしていくが、このときに発作を起こしてしまうこともある、と言われました。
入院した日の状態は、全身が浮腫み、肩や足が痛いと言っていましたが、意識ははっきりしていました。肺に水が溜まっていて、レントゲンでは真っ白だと言われました。血液をさらさらにする薬を入れていることで腎臓に負担をかけてしまっているため、翌日から4日目まで一時的に人工透析を行ないました。また、3日目には、アルブミン(たんぱく質といわれました)を投与しました。4日目には人工呼吸器(とても圧の高いもの)から、普通(?)の酸素吸入器になりました。
現在の父親の様子は、浮腫みもほぼなくなり、身体のあちこちに痛みやだるさはあるものの(腕や足を揉んでくれといいます)、本人も良くなってきている感じがするとのことで、家のことや農作物、友人との約束などいろいろと気にしているくらいの余裕が出てきたようです。私から見ても、顔色も良くなり、表情もいい感じです。

以上が現在の様子ですが、今の父親の状態はどのような状態なのでしょうか。一時は覚悟もしましたが、良くなっている父親を見ていると、また元気な姿が見られるという期待が膨らんでいます。
このような状況でも、やはり覚悟はしておいたほうがいいのでしょうか。
また、今後無事に回復をし退院したら、どのようなことに気をつけていかなければならないでしょうか。
「予後は悪い」と、知り合いの内科のドクターに言われましたが、どういう意味なのでしょうか。
まとまりのない、文章で、また私の舌足らずな情報ではなんとも言えないということも多かろうと思いますが、情報をいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

私の父親(68歳)が4日前の朝方、激しい胸痛と呼吸困難を訴え、救急車で運ばれました。急性心筋梗塞と診断され、緊急カテーテル手術を行い、成功し、現在は落ち着いてきた状況です。診断は「二枝同時閉塞の急性心筋梗塞・急性心不全・急性腎不全・肺水腫」で「重症」と診断されました。
いろいろな情報を見ると、様態が急変し亡くなるということもあるとのことで、とても心配です。できるだけ私のわかる範囲で情報を書きますので、ご専門の方、もしくは同じような経験をされた方がおられましたら、ご回答いただけ...続きを読む

Aベストアンサー

20年ほど前にICUの経験があります。

今回の基礎疾患である糖尿病は取り敢えず置いておいて、原因疾患の心筋梗塞から始めたいと思います。

内容からすると、お父様はこれまでちょこちょこ狭心症の症状があったようですね。
その段階で受診していれば・・・という事なのでしょう。
でも心筋梗塞まで起こしてしまった。
狭心症と心筋梗塞の違いは、同じ心臓の血管が詰まる病気なのですが、狭心症との違いは心筋梗塞の場合は心臓のある部分が壊死を起こしてしまい、動かなくなっている状態なのです。
その為心臓の動きが制限されることで、心不全・肺水腫・腎不全が急激に起こります。

でも文面からすると、お父様は多分軽い心筋梗塞を起こされていたのかな?とも想像出来ます。
そこに今回心不全まで起こす程度の病変が起きた、と考えますが如何でしょうか?

抜管(挿管チューブが抜けたこと)はとてもいい事だと思います。
要するに内服薬が飲めると言う事。また食事が摂れるという事です。
良くなれば、少しずつ点滴やその他の注射類の数が減っていきます。

あとはリハビリの過程でどれくらい動けるようになるのか?と言う事でしょうか。
勿論、いろいろなケースはありますが、突然不整脈が起きて突然死される方もいらっしゃいますし、心不全を繰り返したりする場合もありますので、予後の事はこれからだと思います。

退院出来るようになったら、基礎疾患の糖尿病のコントロールですね。
腎不全は心不全によるものだと思われるのですが、糖尿病性腎症というのもあって、いずれは透析に移行する事にもなり兼ねません。
糖尿病はどんな名医でも治せるものではなくて、結局は自分自身の血糖コントロールの問題だと思います。
今回の事を機会に、家族の皆さんと協力して、お父様が過ごしやすい環境(あんまり甘やかすと自己管理が出来なくなるので程々に・・・)を整えてあげることでしょうね。

今、言えることは、一つ一つお父様の身体に入っている管が抜ける事が回復への兆しでしょうか。
数が反対に増えるようでしたら、それは主治医の方に聞かれて下さい。
曖昧な回答ですみません。

20年ほど前にICUの経験があります。

今回の基礎疾患である糖尿病は取り敢えず置いておいて、原因疾患の心筋梗塞から始めたいと思います。

内容からすると、お父様はこれまでちょこちょこ狭心症の症状があったようですね。
その段階で受診していれば・・・という事なのでしょう。
でも心筋梗塞まで起こしてしまった。
狭心症と心筋梗塞の違いは、同じ心臓の血管が詰まる病気なのですが、狭心症との違いは心筋梗塞の場合は心臓のある部分が壊死を起こしてしまい、動かなくなっている状態なのです。
その為心臓の動...続きを読む


人気Q&Aランキング