人気雑誌が読み放題♪

新聞(社会部)記者を主人公にした推理小説を読みたいと思っています。

島田一男さんの「社会部記者シリーズ」以外に、お薦めの作品があったら教えてください(できれば最近の作品がいいのですが……)。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私がたまたま読んだ本なのですが、、、、



斎藤 栄の「佐賀空港マラソン殺人事件」
が、確か、記者が主人公でした!

ご希望に添えるか分かりませんが、、機会があれば読んでください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
マラソンと殺人。おもしろそうな取り合わせですね。
書店で探して読んでみます。

お礼日時:2002/10/20 05:58

古処誠二の「少年たちの密室」をお勧めします。


高校教諭と学校の体制を厳しく、しかしクールな視線で批判する記者が出てきます。
これ、本格って感じでまじで面白いです。正統派って言うか。
なかなか感動するんですが、決して泣ける!というかんじではない。
むだな情緒がなくて私は好きなミステリでした。
ミステリで感動したのはこの本が初めてでした。
強くお勧めします。

参考URL:http://www.esbooks.co.jp/bks.svl?start&CID=BKS50 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

URLを見たところ、かなり面白そう!
是非とも読みたくなりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/10/23 11:13

「主人公」でもないし、「できれば最近」でもないのですが、とても良い作品なので、佐野洋(さの よう)さんの『一本の鉛』をお薦めします。



何故この作品をお薦めするかと言うと、事件の背景と、『記者』という仕事の重みが密接に結びついているからです。

作者の佐野さんは元・新聞記者でして、「社の用」をもじって「佐野洋」というペンネームにした方です。ミステリー評で有名な『推理日記』の作者でもあるので、文体もプロットもキッチリしています。
「最近の」とご指定されても、ぜひ一読していただきたい作品なのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

佐野洋さんの作品は私も大好きです。特に「推理日記」は昔、愛読していました(今も続いているんですか?)。
「一本の鉛」――タイトルの意味するところが、新聞記者に大いに関係していたはずですよね。
読んだことがあるのですが、なにせ10年以上も前ですから、ほとんど内容を忘れています。
ぜひ再読してみたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2002/10/20 06:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新聞記者を描いた映画・ドラマ・小説

大学の友人が新聞記者になりました。
自分はまだ学生です。
私はその人のことが実は好きで、今でもたまーに会って食事するのですが、
だんだん共通の話題がなくなってきているように感じます。
相手は仕事のことで頭がいっぱいの様です。
自分は新聞記者の仕事についてあまり知らないし、
話を聞いてもうまい返事ができないし、いい質問をすることもできません。
このままでは、私と会っても時間の無駄・・と思われ、だんだん疎遠になってしまうのではないか、
と不安です。

そこで、新聞記者を描いた映画、ドラマ等があったら見て勉強したいと思います。
フィクションではなくできるだけ実情に近いものがいいです。
何かあったら教えてください。

Aベストアンサー

 逆に、、、聞いて、、、黙って参考にしてるほうが、、相手は喜ぶと思う。
 つまり聞き役
 それには、、質問することでいいかと。

 仕事人からすれば、、、仕事に関係ないことでほっこりするほうが、癒されます。
 仕事なんて、結局、使い走り。それを楽しくするための興味や意識付けでしかないと思う。
 やりたい仕事をいつもやらしてもらうなんてありえないし。

 仕事のことを忘れるほど大笑いしたいというのが、本音じゃないかな。

 詳しく知りたいなら、当人に聞くことのほうがお勧め。と思います。

 それしかないと思いますね。

 聞くことで近づけるでしょうし。


人気Q&Aランキング