【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

初歩的な質問で恐縮ですが、ご教示いただきたくお願い致します。

06年度期首の税務上の繰越損益金が+60百万円の青色申告法人があったとします。
・06年度は、+10百万円の所得
・07年度は、臨時退職金の支払があり、△50百万円の所得
・08年度は、+10百万円の所得

の場合、
(1)07年度は所得がマイナスなので、均等割を除き税金支払い無し。
(2)08年度は、前年度にマイナスの所得となったものの、繰越欠損とはなっていないので
 08年度の10百万円の所得に対し課税される。
との理解でよろしいでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

青色申告法人であれば、赤字の金額を7年間繰り越しできます。


したがって、ご質問の件も08年度は、繰越欠損金の範囲内ですから均等割のみの納税となります。

>・07年度は、臨時退職金の支払があり、△50百万円の所得
この繰越欠損金を7年間を限度に繰り越すことができます。

税法上の繰越欠損金は、過去の利益積立金とは関係ありません。
(参考)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5762.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答有難うございました。当方、税務上の繰越欠損金の考え方を誤って解釈しておりました。URLも大変参考になりました。
税務申告書の別表7で07年度は50百万円を当期分欠損金額に記載する。
08年度は10百万円を別表7の当期控除額に記載する。ということになるのかと存じます。疑問点が解決しました。重ねて御礼申し上げます。

お礼日時:2008/03/10 16:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング