【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

mp3フォーマットのヘッダ情報内に格納されているエラー保護(1ビット)とは、どのような用途で使用するのでしょうか?
ネットで調べたのですが、エラー保護と記載されているだけで、これ以上の情報が見つかりませんでした。
もし、mp3のフォーマットに関して、詳しく掲載されているホームページなどございましたら、ご教授をお願いできませんでしょうか。
(日本文、英文のどちらでも構いません)

=====【mp3のヘッダ情報】=====
・同期ビット 12bit ⇒ すべてのビットが1 (0xfff), MPEG2.5では最後が0
・バージョン 1bit ⇒ 0:MPEG-2 or MPEG2.5 1:MPEG-1
・レイヤ 2bit ⇒ 11:レイヤI 10:レイヤII 01:レイヤIII
・エラー保護 1bit ⇒ 0:有効 1:無効
・ビットレート 4bit ⇒ 対応表より調査
=====================
※この中の、エラー保護の使用方法がわかりません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

さすがに業務上でMP3の解析をしたことはありません。


したがってここではあくまで一般的な回答しかできませんので悪しからず。

チェックサムは(2)のCRCのところに入ると思われます。
それ専用のエリアが確保されているのだから、そこへ入るのが自然でしょう。
付加データは俗にいうTAGの情報(アーティスト名など)が入ります。

CRCの値は基本的に信用するしかないと思います。
ただし、音声データのmp3に対して、CRCの利用価値はほとんどないと考えます。
人間の耳にはそれらしく聞こえればいいので、わずか1bitのノイズでは影響がありません。
逆に人間の耳にはっきり識別できるノイズであれば、CRC云々ではなく伝送品質など
もっと根本的な原因を改善しないといけなくなります。

>エラー保護は、MP3データを受け取った人がどうするか
当然そうなります。
コーデック側というよりもアプリ側の問題といえるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりやすい説明ありがとうございます。
納得できました。
また何かありましたら、お願いいたします^^

お礼日時:2008/03/14 15:54

MP3の構造体の要素名ではCRCDisableとなっています。


間接的に技術資料をみておりますので手違いがあればご容赦願います。

ここが有効だとCRCチェックのためのチェックサムが各フレームに追加されるとあります。
CRCはエラー検出符号なので復元はできません。
Webデータなどでは再送要求に使われます。

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございます。
申し訳ございませんが、以下内容1)~3)を確認させて
頂けますでしょうか。

MP3のフレームフォーマットは、以下と認識しております。
-------------------------------------------------------------
(1)ヘッダ│ (2)CRC│ (3)サイド情報│(4)メインデータ│(5)付加データ
-------------------------------------------------------------
もし、エラー保護フラグを立てると、、、
1)エラー時、チェックサムは、上記(5)付加データに格納される。
  エラー保護フラグを立てないと、ここには何も付加されない。
  そもそも(2)CRCにも値が入ってても信頼できないし、入って
  なくても良い。
2)要は、エラー保護は、MP3データを受け取った人がどうするか?
  (コーデックがどうするか?)という認識でよろしいでしょうか。

3)もしご存知でしたら、
  (2)CRC│ (3)サイド情報│(4)メインデータ│(5)付加データ
  これらのデータ容量をご教授頂けませんでしょうか。

補足日時:2008/03/11 18:59
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング