今、アニメのtrue tearsにはまって毎週見てます。
true tearsは3月で終わるんですか?

他にもキミキスがそろそろ終わりそうなので残念です・・・
キミキスの続編の予定とかはないですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>true tearsは3月で終わるんですか?


全13話なので終わります

>キミキスの続編の予定とかはないですか?
ありません。
もしやるとしても何らかのカタチで恋の決着はつくでしょうから、その状態から続編を作ると原作ゲームの趣旨とは違う者になると思われます。
もしやるならすべてリセットした状態で新しいシナリオでとなると思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。
後何かお勧めの恋愛アニメがあったら教えててください!笑

お礼日時:2008/03/10 21:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアニメtrue tearsに出てくる祭りについて

アニメtrue tearsに出てくる祭りの名前を教えてください。主人公が練習している祭りはなんという名前の祭りなんですか?。

Aベストアンサー

補足回答。
作品中では、主人公は「麦端」を「むぎは」と言ってます。

Q深夜アニメのtrue tears知っている人に質問。

ture tearsを観てとても感動しました。このアニメの雰囲気がとても良かったです。このアニメに似たような雰囲気のアニメはほかにもあるのか知りたいです。あったら、紹介してください。

Aベストアンサー

『true tears』自体は、観ている人も多く、評価も高い作品です。
ただ、「似たような雰囲気」と言われると、「ズバリ、これ」と言える作品は思いつきません。

「期待はずれされる確率は高い」と断った上で、自分の中で「消去法的に、近い雰囲気?」のものを挙げるなら。

『センチメンタルジャーニー』
「日本国中を転校していった少年」の思い出を持ちながら青春をすごしていく、日本各地のヒロインをオムニバス的に描いています。当の「少年キャラ」は名前も無く、顔はっきり描かれません。ある意味ただの「女の子の青春オムニバス」です。1人で1話。全12話。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%BC_(%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1)

『北へ。~Diamond Dust Drops~』
北海道を舞台に、(狂言回し? はいますが) 実質的にはやはり「少女が主人公の青春オムニバス」です。1人につき2話構成。6人分。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E3%81%B8%E3%80%82%E3%80%9CDiamond_Dust_Drops%E3%80%9C
※これら2作品にしても、「萌えじゃん」と言われればそれまでなんですけど(^^;)。

そもそも、「超自然現象」「女の一生」「冒険」「大きな秘密」「天賦の才」といった特殊要素を含まない青春恋愛もの自体が、アニメにはとても少ないのです。
さらにその大半が、女の子のキャラクター自体を売りにする傾向にありますので。
ストーリーや描写力自体を「売り」にして、さらにコメディ要素まで抑制している『true tears』のようなものは、完全な少数ですね。
ぶっちゃけ、「実写でやったら?」と言われそうな題材ではあります。とはいえ、あそこまでピュアなドラマを、実際の人間が演じるほうが嘘くさくなる可能性を考えたら、逆にアニメ向きなのかもしれませんね。

『true tears』自体は、観ている人も多く、評価も高い作品です。
ただ、「似たような雰囲気」と言われると、「ズバリ、これ」と言える作品は思いつきません。

「期待はずれされる確率は高い」と断った上で、自分の中で「消去法的に、近い雰囲気?」のものを挙げるなら。

『センチメンタルジャーニー』
「日本国中を転校していった少年」の思い出を持ちながら青春をすごしていく、日本各地のヒロインをオムニバス的に描いています。当の「少年キャラ」は名前も無く、顔はっきり描かれません。ある意味ただ...続きを読む

QTrue Tearsが意味不明すぎるんですが…

True Tearsを見たんですがわからないことが多すぎてよく理解できなかったのでわかる方いましたらお願いします。

・序盤の比呂美の冷たさ(パソコンを見ながら「おかえり…」みたいなシーンなど)

・3話ぐらい?で「この道、昔祭りで歩いたよね」みたいなセリフで比呂美が「知らない」といった理由

・比呂美は最初バスケ部の4番が好きだったようですが何話あたりから眞一郎に変えたんですか?
9話のバイクの事故以降、眞一郎と乃絵の距離が離れていくような感じがしましたが比呂美もこのあたりでしょうか?

・4話の歯磨きのシーン 「私のこと避けてるの?」という感じでしたが洗顔とは磨き粉を間違えたシーンではなぜか笑っていましたし写メまで撮って何だかよくわからなかったです

・6話の比呂美の嘘「兄妹」「私のほうが誕生日遅いから」は比呂美も騙されていたということですか?

・8話の最後 比呂美がバイクに乗せてと言った理由 雪で危ないとわかっているのにわざと言ったんでしょうか?(9話で事故になりましたが)

・9話 比呂美が総スカンを食らっていたような感じでしたがバイクの事故の件でしょうか?(周りは何か勘違いしているようですが)

・眞一郎の母は最初比呂美のことを嫌っていたようですがバイクの事故以降急に優しくなったのはなぜですか?(比呂美というか、比呂美の母親と仲が悪いような気もしましたが)
「人には相性があるから」とは言っていましたが…

・比呂美が急に家を出たのは眞一郎が好きだから?

・10話の最後、眞一郎の「全部ちゃんとするから」ってどういう意味ですか?(←ここからカップルになったんですか?)
12話の祭りで愛子に「彼女は私です」と言っていますが
でも13話で告白していますよね…

・13話 比呂美の「カップ1つ割っちゃった」

・13話 眞一郎の涙は乃絵に対してですか?

・乃絵は本当に眞一郎のことが好きだったんでしょうか?(鶏の代わりではなくて)

・眞一郎は本当に乃絵のことが好きだったんでしょうか?

・乃絵が序盤で言った「選ばれし者の涙」

・乃絵の口癖「アブラムシ」

・愛子と三代吉がよくわからないんですが、眞一郎にフラれた→三代吉と別れる→愛子「眞一郎を卒業する」→愛子「元気のいい女友達欲しくない?」という流れなんですか?
三代吉と別れる必要あったんでしょうか?

・最後の告白のシーンで比呂美が「いや」「いや」と言った理由

・オチは1話で「あなたに不幸が訪れますように」と言った乃絵が不幸になったというブーメランですか?

・タイトル「真実の涙」は誰の涙ですか?

True Tearsを見たんですがわからないことが多すぎてよく理解できなかったのでわかる方いましたらお願いします。

・序盤の比呂美の冷たさ(パソコンを見ながら「おかえり…」みたいなシーンなど)

・3話ぐらい?で「この道、昔祭りで歩いたよね」みたいなセリフで比呂美が「知らない」といった理由

・比呂美は最初バスケ部の4番が好きだったようですが何話あたりから眞一郎に変えたんですか?
9話のバイクの事故以降、眞一郎と乃絵の距離が離れていくような感じがしましたが比呂美もこのあたりでしょうか?

・4話の...続きを読む

Aベストアンサー

私はtrue tearsは結構好きで2,3回通しで見ました。
あくまで私的な解釈ですが…

・序盤の比呂美の冷たさ(パソコンを見ながら「おかえり…」みたいなシーンなど)

・3話ぐらい?で「この道、昔祭りで歩いたよね」みたいなセリフで比呂美が「知らない」といった理由

・比呂美は最初バスケ部の4番が好きだったようですが何話あたりから眞一郎に変えたんですか?
9話のバイクの事故以降、眞一郎と乃絵の距離が離れていくような感じがしましたが比呂美もこのあたりでしょうか?


この辺は、比呂美は、眞一郎のことが好きという自分の気持ちに背を向けている時期ですね。
というのも、眞一郎の母に、比呂美と眞一郎は異母兄弟かもしれないと嫌悪感をこめて唆されていた過去のシーンがありました。眞一郎の家に居候させてもらい、眞一郎の母には良く思われておらず、好きな人(眞一郎)が血縁の兄弟かもしれないという比呂美の立場から、
自分が眞一郎を好きだと自分で認められる状況ではなかったのでしょう。

一言で言えば、ツンデレのツンの時期です。バスケ部の4番はブラフというか、眞一郎へのあてつけです。比呂美の気持ちとしてはまったく4番を好きではなかったはずです。

======

・4話の歯磨きのシーン 「私のこと避けてるの?」という感じでしたが洗顔とは磨き粉を間違えたシーンではなぜか笑っていましたし写メまで撮って何だかよくわからなかったです

 ↑これは、窮屈な思い、立場での生活の中でふと素の自分が出た描写かと。

・6話の比呂美の嘘「兄妹」「私のほうが誕生日遅いから」は比呂美も騙されていたということですか?

 ↑比呂美は眞一郎の母の「バカね、そんなことある訳ないじゃない。」と言われるまで、眞一郎と異母兄弟かもという疑惑を深刻に捉えていたと思います。

・8話の最後 比呂美がバイクに乗せてと言った理由 雪で危ないとわかっているのにわざと言ったんでしょうか?(9話で事故になりましたが)

 ↑雪で危険<ここに居たくない 感情が理性を押しのけた行動かと。思春期の気持ちが先走るみたいな。

・9話 比呂美が総スカンを食らっていたような感じでしたがバイクの事故の件でしょうか?(周りは何か勘違いしているようですが)

 ↑だと思います。人気のバスケ部4番と駆け落ち未遂なわけですから。高校生にとってはスキャンダルです。

・眞一郎の母は最初比呂美のことを嫌っていたようですがバイクの事故以降急に優しくなったのはなぜですか?(比呂美というか、比呂美の母親と仲が悪いような気もしましたが)
「人には相性があるから」とは言っていましたが…

 ↑眞一郎の母にとって、比呂美に「眞一郎とあなたは異母兄弟かも」と言ったのは、軽い意地悪のつもりで、比呂美が深刻に捉えているとは思ってもみなかった訳で、眞一郎の母の「バカね、そんなことある訳ないじゃない。」の件りにつながります。

「人には相性があるから」とは眞一郎の母と比呂美の母との関係でしょう。
仲が悪いというよりも、眞一郎の母の一方的な劣等感、あるいは、異母兄弟は嘘だとしても、眞一郎の父と比呂美の母の浮気への疑惑は晴れてなかったのかもしれません。

比呂美に対して眞一郎の母が「母親と同じ顔で…」みたいなセリフがあったと思います。

眞一郎の母は比呂美と比呂美の母を重ねて見ている節があり、比呂美の母に対する感情と比呂美に対する感情をちゃんと切り離せてなかったように思います。

急に優しくなったのは、比呂美を一人の高校生の女の子として、(比呂美の母と切り離して)感じられるようになったからだと思います。

あるいは、眞一郎の母自身が悪戯のつもりだった異母兄弟の話を、比呂美が深刻に捉えて、今回の駆け落ち騒動になったと思うと、眞一郎の母は「あんな冗談信じるなんて可愛い、まだ子供なのね」といった具合に、比呂美の女として見ていたことから、女の子として見るように見方が変わったとも思えます。



・比呂美が急に家を出たのは眞一郎が好きだから?

 ↑それを踏まえて、今度はいろんな事を自分でちゃんとするみたいな。気持ちの切り替えと独立と(つまりは比呂美が精神的にひとまわり成長したという描写かと)

・10話の最後、眞一郎の「全部ちゃんとするから」ってどういう意味ですか?(←ここからカップルになったんですか?)
12話の祭りで愛子に「彼女は私です」と言っていますが
でも13話で告白していますよね…

 ↑眞一郎が「自分は比呂美が好きだ」とちゃんと乃絵に別れを告げるという意味です。
  この辺は、付き合う云々、はっきりしなくても、眞一郎と比呂美が相思相愛だと、お互い自覚できたわけですから、まぁカップルになったと言って良いでしょう。

・13話 比呂美の「カップ1つ割っちゃった」
  
 ↑比呂美のデレ時間です。

・13話 眞一郎の涙は乃絵に対してですか?

 ↑YES 眞一郎が精神的に大人になれたのは乃絵の存在が大きかったです。その感謝と、乃絵に別れを告げなければならない申し訳なさとが入り混じった涙かと。

・乃絵は本当に眞一郎のことが好きだったんでしょうか?(鶏の代わりではなくて)

 ↑徐々に好きになっていって、最後、絵本が完成したころは好きになっていたと思います。

・眞一郎は本当に乃絵のことが好きだったんでしょうか?

 ↑あくまで人として、自分とは違うタイプの人間として魅かれる面はあったでしょうが。

・乃絵が序盤で言った「選ばれし者の涙」

 ↑本当の涙を流せるのは、真剣に向き合った人だけということかな?

・乃絵の口癖「アブラムシ」

 ↑ここはわからなかったです。

・愛子と三代吉がよくわからないんですが、眞一郎にフラれた→三代吉と別れる→愛子「眞一郎を卒業する」→愛子「元気のいい女友達欲しくない?」という流れなんですか?
三代吉と別れる必要あったんでしょうか?

 ↑気持ち半分じゃ三代吉に失礼だからという愛子の思い。

・最後の告白のシーンで比呂美が「いや」「いや」と言った理由

 ↑受け入れて、幸せになるのが逆に怖いとかですかね。すみませんこの辺単純に感動して深く考えてませんでした。

・オチは1話で「あなたに不幸が訪れますように」と言った乃絵が不幸になったというブーメランですか?
 
 ↑違います。
  オチはキャラクターそれぞれが、それぞれ抱えている子供な部分を乗り越えて、精神的に1つ大人になった、そのために真剣に向き合い、流した涙はきっと本物だ。ということかと思います。


・タイトル「真実の涙」は誰の涙ですか?

登場人物それぞれの涙です。

 結構、自信あったのですが、改めて書き起こすと自分の理解は歪曲しているかもと不安になりました。

ですので、多数ある意見の1つくらいに思ってください。

駄文失礼しました。

私はtrue tearsは結構好きで2,3回通しで見ました。
あくまで私的な解釈ですが…

・序盤の比呂美の冷たさ(パソコンを見ながら「おかえり…」みたいなシーンなど)

・3話ぐらい?で「この道、昔祭りで歩いたよね」みたいなセリフで比呂美が「知らない」といった理由

・比呂美は最初バスケ部の4番が好きだったようですが何話あたりから眞一郎に変えたんですか?
9話のバイクの事故以降、眞一郎と乃絵の距離が離れていくような感じがしましたが比呂美もこのあたりでしょうか?


この辺は、比呂美は、眞一郎のことが...続きを読む

Q『true tears』の最終回を含む本編について

『true tears』の最終回を見た方に質問です。

●眞一郎の母が比呂美が一人暮らしをする家に来たシーンで何かしらの意味を含んでいたように思えたのですが、どういった風に感じられましたか?
眞一郎の母の、作るの大変なのよ発言に対しての比呂美の「ありがとうございます。」が若干、暗かったので気になっています。
単に預かっている娘として出来る限りの手助けはしたいと思っているが眞一郎の彼女としては認められないという暗示なのでしょうか??

●また乃絵エンディングではなく比呂美エンディングだったということについて皆さんはどう捉えられていますか?
眞一郎の態度や比呂美の心配の仕方を見ていて私は結構、最後の方までどっちを選ぶのかドギマギさせられました。
最後まで見てみて「あ、これは誰と誰が結ばれるのか、ということよりは片想いの物語やったんかな。」と思いました。

●あと松葉杖で病院へと戻る乃絵を見つめ歌いながら泣き崩れた眞一郎でしたが、彼は一体どういう理由で泣いていたのでしょうか?
乃絵に対するすまなさからといった訳でもなさそうだったので・・・。

●また、この作品はアニメオリジナルだったと思うのですが、ゲームの方では"涙"をどのようなテーマとして扱っているのでしょうか?
涙を失った理由や、その取り戻し方など乃絵の場合と同じですか??

●それから少し話はそれますが、例の眞一郎の母の比呂美に対する意地悪な態度の原因になった比呂美の母に対する嫉妬(?)のようなものについて写真の顔まで切り抜いておきながら「勘違いだった。」とあまりにも簡単に済まされてしまい、この件についてはそのまま放ったらかしですが、この辺りは本当に眞一郎の父と比呂美の母は何でもなかったのでしょうか。
もし本当にただの勘違いだったとしたら、それが勘違いだったと分かるきっかけになったのは一体何だったのでしょうか?

たくさん質問してしまいましたが、どれか1つでもいいので答えて頂けると嬉しいです。

『true tears』の最終回を見た方に質問です。

●眞一郎の母が比呂美が一人暮らしをする家に来たシーンで何かしらの意味を含んでいたように思えたのですが、どういった風に感じられましたか?
眞一郎の母の、作るの大変なのよ発言に対しての比呂美の「ありがとうございます。」が若干、暗かったので気になっています。
単に預かっている娘として出来る限りの手助けはしたいと思っているが眞一郎の彼女としては認められないという暗示なのでしょうか??

●また乃絵エンディングではなく比呂美エンディングだ...続きを読む

Aベストアンサー

一つの目の質問
>作るの大変なのよ発言
ではなくてヒロミの「ありがとうございます」のセリフの前は、「待つのって体力いるのよね」です。
アレ?と思って母がヒロミの家に差し入れにきたところを見直してみましたが「作るの大変なのよ」ってのはありませんでした。
アレはヒロミが眞一郎に後で行くから家で待っていて、と言われていたことを知っていたための差し入れだったのではないかと。
なんか急に和解していい人になりすぎてるという気もしますが。


五つの目の質問
結局本編では語られていなかったですね。勘違いだというのも父親の一言で終わってしまいましたし。

Qキミキスpure rougeはヒロイン1人ずつ・・

キミキスpure rougeはヒロイン1人ずつの攻略アニメですか?

Aベストアンサー

一人ずつでなく平行して各ヒロインの話が進みます。
おもなエピソード進展話数
○栗生恵←→柊明良・・・・特別編
○星乃結美←→真田光一・・1,4,5,7,12,13,15,16,17,20,23,24
○二見瑛理子←→相原一輝・2,5,6,11,16,17,18,19,20,21,22,24
○水澤摩央←→甲斐栄二・・3,5,7,8,10,17,18,20,24
×咲野明日夏→→相原一輝・4,12,13,14,16,17,18,19,21,22,23
×星乃結美→→真田光一・・10,12,15,16,17,18,19,21,22


人気Q&Aランキング

おすすめ情報