複数の物をまとめて表記するときに、「A他5枚」というような書き方と「A外5枚」というような書き方をする場合があると思いますが、この「他」と「外」に違いはあるのでしょうか?私は「他」の場合はAも含んで全部で5枚、「外」の場合はA以外に5枚、Aも含むと全部で6枚という意味だと思っていたのですが、違いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「ほか」という言葉自体は一つなのですが、それに当てる漢字が「他」と「外」の2種類あるとお考え下さい。

ただし国が決めた常用漢字の制約上、現在のところ「ほか」と言う場合、公的には「他」と書いてはいけないことになっています ( ^^;
ですが、両者の意味は一緒ですので、「他」と書いても「外」と書いても数量に与える影響はありません。

さて、コース料理のメニューに「麻婆豆腐他(ほか)5品」と書いてあれば、基本的には6品と解釈すべきです。
が・・・
問題は世の中のすべての人がまったく同じ意味に受止めてくれるかどうかという点です。もし誰もが当たり前にそう解釈するのであれば、多分0621pさんはこの質問を投稿なさらなかっただろうと思います。

ですから、アバウトでよい場合は上記の表示でも構わないのですが、表示の解釈がトラブルにつながることが懸念されるなどの理由で厳密を期する必要がある場合には、
「麻婆豆腐他(ほか)全部で5品」
などと書くことが望ましいと思います ( ^^
    • good
    • 3
この回答へのお礼

他は使えないのですか、参考になりました。たしかに全員が当たり前に解釈するか?疑問はありますね。ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/11 16:53

チョッと割り込みさせてください。

すみません。
国が決めた「常用漢字表」では、次のようになっています。
【外】読み方:ガイ、ゲ、そと、ほか、はずす(外す)、はずれる(外れる)
【他】読み方:タ・・・(この読み方しかありません)

ですから、国の基準では「ほか」の漢字は【外】しかないわけです。
「その他」と書いてあったら、「そのた」と読まなければなりません。

昔の国語辞書もそうです。「ほか」の漢字は【外】しかありません。

でも、最近の辞書では「ほか」を引くと【外】と【▽他】と書いています。▽がついているのは、常用漢字であるが常用漢字の音訓表にはない読み方ということです。

最近、【他】を「ほか」と読む人が増えてきて、「ほかに」を漢字混じりで書くとしたら、「外に」よりもむしろ「他に」の方が一般化しているように思います。

そういうことで、辞書は【他】を「ほか」と読んでもいいことになっていますが、国(文部科学省)は、まだ認めていないということになります。

大昔、日本に漢字が入ってくる前から「ほか」という言葉はありました。そして、中国から漢字が入ってきたとき「ほか」という言葉に「外」という漢字を当てました。長年それでやってきました。
近年、1.2.3.その他・・・のような書き方が増えてきて、「他」という漢字の使われ方が増加し、「他」も「ほか」と読む人が増えてきました。・・・ということだろうと思います。

で、私達は国の決めた常用漢字表の読み方を守らないと、いけないのでしょうか。別に守らなくても叱られることはありません。
常用漢字表の前書きに「一般の社会生活において、現代の国語を書き表す場合の『漢字使用の目安』を示すものである。」となっています。
国の公文書は別途「公用文における漢字使用等について」(事務次官申し合わせ事項)などによって、常用漢字表は守られているようです。
しかし、本省以外の役所や地方自治体の出す文書はアテになりません。

ということで結論は、「外」も「他」も一緒。「他」も「外」も全部で6枚です。
    • good
    • 7

こんばんは。



違いはありません。
A1枚、ほかに5枚、あわせて6枚です。

下記の(2)をご参照。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%DB …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/11 16:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「他」と「外」の使い分けはあるのか?

うちの職場では「誰誰外何名」「1-1外2筆」など、どんな文書内容どんな前後状況にもかかわらず、ほとんど「ほか」をあらわすときは全て「外」になっています。私は「ほか」は本来「他」と思うのですが・・・。
正確な、あるいはより良い使い分けというのがあるのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

常用漢字表によれば、「外」と漢字で書けますが、法令用語では常用漢字表にあっても、「ほか」と仮名で書きます。公用文と法令文の表記については、できるだけ統一的に用いるという立場から、公用文においても「ほか」と仮名書きしています。「そのほか」を書き表すのに「その他」と書くことがあるようですが、常用漢字表では、「他」は「た」としか読みません。したがって、「そのほか」のときは「そのほか」と、「そのた」のときは「その他」と書き表すのが正しいとされています。

Q「AでBをする」を「BをAでする」に置き換えられますか

「どこで何をする」と「何を何処でする」は置き換え可能ですか(家で本を見る→本を家で見る)。もし出来れば、両者の異なるところは何でしょうか。
どうか教えてください。

Aベストアンサー

いわゆる強調構文というやつです。何を強調するかの違いです。内容は同じでも、印象・インパクトは変わります。
日本語の場合、述語(動詞)に近い方が強調されます。
なお、強調構文は他の言語でもあるようです。

ドイツ語の強調構文
http://www.dokkyomed.ac.jp/dep-m/german/md10.html

スペイン語の強調構文
http://www.nanzan-u.ac.jp/~ktaka/hakusui/k/kyouchou.htm

Q「AはBである」と「BはAである」の違い

次の(1)と(2)の文章は何が違うでしょうか?

(1) 山田さんは○○社の社長である。
(2) ○○社の社長は山田さんである。

要するに主語が入れ替えることで、何が変わるのか伺いたいのですが、
単純に考えて主語が入れ替わるということは、話の主体が変わるということになると思います。

(1)に関しては、「山田さんは一体何者なのか?」
(2)に関しては、「○○社の社長は誰なのか?」

といったニュアンスを含んでいるかのように思えますが、こういった前提を抜きにして、
単に「山田さんと○○社の社長は全く同じ人である」という状態を述べたいだけの場合、
(1)と(2)の文章は何も変わらず、どちらで述べても良いと考えて宜しいでしょうか?

宜しくお願い致します。

------------------------------------
因みに誤解のないように書いておきますが、
「○○社の社長は山田さんだけど、山田さんは○○社の社長とは限らない」
という答えは抜きでお願いします。
ここでは、「山田さんは○○社の社長であるし、○○社の社長は山田さんである」とします。

次の(1)と(2)の文章は何が違うでしょうか?

(1) 山田さんは○○社の社長である。
(2) ○○社の社長は山田さんである。

要するに主語が入れ替えることで、何が変わるのか伺いたいのですが、
単純に考えて主語が入れ替わるということは、話の主体が変わるということになると思います。

(1)に関しては、「山田さんは一体何者なのか?」
(2)に関しては、「○○社の社長は誰なのか?」

といったニュアンスを含んでいるかのように思えますが、こういった前提を抜きにして、
単に「山田さんと○○社の社長は全く同じ人であ...続きを読む

Aベストアンサー

>こういった前提を抜きにして、
単に「山田さんと○○社の社長は全く同じ人である」という状態を述べたいだけの場合、
(1)と(2)の文章は何も変わらず、どちらで述べても良いと考えて宜しいでしょうか?

はい。
もう少し正確に言うと、「山田さんと○○社の社長は全く同じ人である」ということを言いたければ、どちらの表現でも可能だ、ということになります。

  

Q「わから無い」「やって欲しい」「食べて居る」というような書き方

を特にネット上でよく見るのですか、国語に関心をお持ちの方々はそのような表記をどう思いますか。

Aベストアンサー

ちゃんと書くととんでもないことになります。リンクを張るので、必要に応じて適宜ご覧ください。
 まず結論。
「わから無い」……これを漢字にするのはほとんど誤用と言ってもいいかも
「やって欲しい」……微妙な問題
「食べて居る」……「居る」は仮名書きが一般的

 辞書を確認してもわからないと思います。どう書いても「間違い」ではないはずです。「わから無い」は「間違い」かもしれません。表記の話に関して辞書は役に立たないことが多いようです。
 一般的な出版物では、後ろの動詞は(「補助動詞」などといいます)平仮名で書くようです。
 公文書ではそういうルールになっています。
『公用文における漢字使用等について』(平成22年11月30日/内閣訓令第1号)の「別表」
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/pdf/kunreibesshi_h221130.pdf
 よく問題になるのは「ください」で、
「これを下さい」
「やってください」
 と使い分けるのが一般的です。
 詳しくは下記をご参照ください。
【表記の話12──「ください」と「下さい」をめぐるホニャララ合戦】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2704.html

「いる」の場合は、「関係者が居る」「食べている」ですらなく、公用文などではすべて「いる」です。↑参照。
「ない」の場合も同様に「関係が無い」「わからない」ですらなく、公用文などではすべて「ない」です。↑参照。とくに「わから無い」には強い異和感があります。 

 ただし例外もあります。
「やって欲しい」「やり続ける」「やり終える」などは、漢字と平仮名の両方を見ます。
 このなかでは、「やって欲しい」は平仮名のほうが多いかもしれません。
 詳しくは【表記の話12】の後半にある【表記の話13──補助動詞&ほぼ補助動詞(後項動詞)の表記】をご参照ください。

ちゃんと書くととんでもないことになります。リンクを張るので、必要に応じて適宜ご覧ください。
 まず結論。
「わから無い」……これを漢字にするのはほとんど誤用と言ってもいいかも
「やって欲しい」……微妙な問題
「食べて居る」……「居る」は仮名書きが一般的

 辞書を確認してもわからないと思います。どう書いても「間違い」ではないはずです。「わから無い」は「間違い」かもしれません。表記の話に関して辞書は役に立たないことが多いようです。
 一般的な出版物では、後ろの動詞は(「補助動詞」...続きを読む

Q「しないようにする」とは、「したい」と言う意味も含

「しないようにする」とは、「したい」と言う意味も含まれますか?

好きな人から「もう連絡しないようにする」とメールが来たのですが
これは「したい」と言う意思もあると読み取れるのでしょうか?

Aベストアンサー

積極的に「したい」という意図は含まれていません。
「もう連絡しません」というと喧嘩腰のような言い方になるので少し柔らかく
遠慮がちに言っただけです。どうしても連絡しなければならない。
という必然性ができた場合はするかもしれない。ぐらいの言い方です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報