木星は超巨大惑星で、地球の隣の隣にあります。
にも関わらず、地球からは、夜に点に見える程度です。
太陽ははっきりと巨大に見えるのに、木星は点にしか
過ぎないのが不思議なんですが、何でですか?そりゃ、
大きさ、距離、恒星と惑星の違いということはありますが、
それでも、桁外れに大きい木星が点にしか見えないのが不思議です。

A 回答 (1件)

太陽と地球の距離はおよそ1億5000万km。


太陽と木星の距離は7億8000万km。
地球と木星は近くても6億km以上離れていることになります。

太陽の直径はおよそ140万km、木星は14万km。
距離と直径をぐっと縮めて考えてみると、
 ・太陽は1.5m先にある直径14mmのボール(パチンコ玉よりちょっと大きめ)
 ・木星は6m先にある直径1.4mmの粒

…木星はかなり見えにくそうですねー。
こういうイメージでいかがでしょうか。
(計算を間違っていたらすみません)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q太陽活動と地球の気温の関係

太陽活動が弱まると地球の気温が下がり寒冷期に入るという話を聞きました。

太陽から地球に到達する熱エネルギーは一定のはずなのに太陽の活動の影響で周期的に寒冷期が訪れるというのはどういうメカニズムなのでしょうか?

Aベストアンサー

NHKのコズミックフロントでやってましたが、下記サイトに詳しく出ています。
http://www.hi-ho.ne.jp/tomiyo-de/new/solar_accident.htm

要約すると、
(1)太陽活動が低下
(2)太陽の磁場弱がまる
(3)太陽の磁場に守られていた地球に降り注ぐ宇宙線量が増える
(4)宇宙線によって大気中の分子が帯電し、ひき寄せあって雲が増える
(5)日光が遮られ寒冷化
ということらしいです。

Q【天文学・地球】地球は太陽を中心に回っていますが、木星は毎秒15mの上下運動をしながら太陽の周りを回

【天文学・地球】地球は太陽を中心に回っていますが、木星は毎秒15mの上下運動をしながら太陽の周りを回っているそうです。

地球は太陽を中心に回りながら木星と同じように上下運動をしながら回っているのでしょうか?

地球は毎秒何mの上下運動をしているのか教えてください。

Aベストアンサー

地球が上下運動してたら

我々は飛んだり跳ねたりしませんか?

Q2013年、太陽の活動がピークになると

今日のNHKの特番で、オーロラについての話を聞きました。

「太陽の活動が高まる来年にかけて、巨大なオーロラが出現し、大規模な停電が起こるなど我々の生活に何らかの影響を与える…」という話で、太陽から降り注ぐ電子がオーロラを作ってる…とか言ってました。

しかし、来年、太陽の活動がピークを迎えたあと活動は徐々に弱まり、地球が冷える…らしく…。

1645年から70年ほど、太陽の活動が弱まったため、オーロラは出なくなりヨーロッパの温暖な国でも雪やひょうが降ったとか…。


来年ピークを迎える…という話も怖かったんですが、来年以降寒くなる…って話もかなり怖かったです…。

この番組を見た人の感想を聞かせてください。

Aベストアンサー

1645年から1715年頃のマウンダー極小期と
同じ現象が起きそうだという話ですよね。

まだはっきりと観測できているわけではないはずですが
もし起これば何十年か若干寒くなると思われます。

地球が氷に覆われるというような話ではないですけどね。

Qなぜ地球型惑星と木星型惑星に違いができたのか?

太陽系の惑星は地球型惑星と木星型惑星に大別される。そしてこれらはその大きさや構成物質等に違いが見られるが、なぜこのような違いができたのだろうか? ということを教えて下さい。。

Aベストアンサー

簡単にいうと太陽からの距離による違いです。
水星、金星、地球、火星は太陽からの距離が近く、従って温度が相対的に高くなります。温度が高くなると気体の運動量も大きくなり、惑星の重力では水素、ヘリウムなどの軽い気体をつなぎ止めておけず、これらの惑星にはほとんど残らない状態となり、結果として比較的重い原子で構成される事になります。こうして地球型惑星が形成されます。
一方、木星、土星、天王星、海王星は太陽からの距離が遠く、温度も当然低くなります。従って気体の運動量も小さく、惑星の重力で軽い元素を充分に引き止めておけるようになります。そして引き止めておくだけでなく、その重力によって周りの空間にある物質も引きつけ、取り込んでいくことにより大きく成長していくことになります。ということで比較的軽い物質からなる巨大な惑星ができあがることになります。これが木星型惑星です。
惑星にはもう一つ、冥王星がありますが、これはあまりに遠く且つ探査機もまだ到達していないので詳しいことはわかっていませんが、どちらの型にもあてはまらないものと考えられています。木星や土星の衛星のような氷状物質でできているというのが一般的な説です。したがって、元来は惑星ではなく海王星の衛星であったのではないかという説や、超巨大な彗星だという説があります。

簡単にいうと太陽からの距離による違いです。
水星、金星、地球、火星は太陽からの距離が近く、従って温度が相対的に高くなります。温度が高くなると気体の運動量も大きくなり、惑星の重力では水素、ヘリウムなどの軽い気体をつなぎ止めておけず、これらの惑星にはほとんど残らない状態となり、結果として比較的重い原子で構成される事になります。こうして地球型惑星が形成されます。
一方、木星、土星、天王星、海王星は太陽からの距離が遠く、温度も当然低くなります。従って気体の運動量も小さく、惑星の重...続きを読む

Qオーロラと太陽の活動

 今年念願のオーロラを見に行くかどうかで迷っています。
オーロラは太陽の活動が活発なときによく出現すると聞きました。
太陽の活動は20年周期で変わるということも聞きましたが、今年は活発な活動をしているのでしょうか?
あまり活発でないようなら旅行を見送るつもりでいます
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般には、太陽活動は「20年周期」ではなく「11年周期」と言われています。

下記URLによると、「もっとも最近の活動極大期は2000年末だった」「次の太陽活動極小期は(従来の予想より早く)2006年末ということになる」とのことですので、今はあまり良いタイミングではないかも知れません…。
http://www.astroarts.co.jp/news/2004/11/02solar_cycle/index-j.shtml

ただ、下記URLによると「オーロラの出現率は、太陽黒点活動ピーク時よりも数年後の方が確率が高いとされています」ということなので、行くなら今年の方がいいかも知れません。(今後数年は、今年以上に「不作」ってことになりそうです。)
http://www.bekkoame.ne.jp/i/lummox/gazing/gazing03.htm

Q【月の謎】なぜ月は地球から見える面と地球から見えないの地表の厚さが違うのですか?なぜ地球から見え

【月の謎】なぜ月は地球から見える面と地球から見えないの地表の厚さが違うのですか?

なぜ地球から見える面の地表は厚くて、裏面は地表が薄いのか教えてください。

Aベストアンサー

たぶんですが、「潮汐力」の影響ではないでしょうか。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BD%AE%E6%B1%90%E5%8A%9B

Q太陽が活動を停止した後に生物は生き残れますか

太陽の寿命はあと50億年ときいています。太陽の死期が近づいてくると太陽が膨張してきて、今の水星、金星あたりは飲み込まれるみたいですが、地球はかろうじて飲み込まれないときいたことがあります。

そこで、太陽が限りなく近づくと生物はその熱で死滅すると思います。また太陽が活動を停止したら極寒の世界が地球には訪れます。そんな時でも微生物など、生き残る可能性はありますか?もしくは、死んではいないけど、仮死状態になっているだけで、栄養と温度をあげてあげると又活動しだすみたいな状態で生き残る可能性はあるでしょうか?

あくまで想像でしかありえませんが、どうなんでしょう?

Aベストアンサー

太陽は末期に巨星化します。地球が飲み込まれないのはかろうじてですが、複写と猛烈な太陽風で、表面には生物が住める環境にはならないでしょう。地下深くに潜り込んだ生物は多少長持ちするでしょうが。千万年単位のこの状態には、耐えられないかと思います。
その後、太陽は白色矮星化して。熱的死を待つのみとなり、(太陽の質量では爆発はしません)。地球も冷却化となるでしょうが。低温で生きられるかどうか以前に、熱消毒された状態ですので…。

ただ。猶予はたっぷりあります。人類なり、人類の次の知性体なり、何かしら地球発祥の生物が、太陽系から外に広がっていることを期待しましょう。
ACクラーク「太陽系最後の日」あたりをお奨め。…爆発しないけど、1945年の作品だから…。でも、感動的。

Q地球以外の太陽系の惑星が消えたら地球にどういう影響がある?

水星、金星、火星、土星といろいろ惑星がありますが、
この星達が何らかの原因で消滅したとします。地球の核爆弾が
直撃したり、すごい隕石が直撃して一瞬のうちに消えたとします。
この場合、破片とかは考えないことにします。
引力の関係でなんらかの影響が地球にあるとは思いますが、
どのような事が起こると想像できますか?

Aベストアンサー

以前、「N○Kスペシャル」でやってましたョ。

短い期間で見ると、他の天体の衝突の確率が上がり、今のように安全に生命活動ができなくなり、やがてその環境に適応した生命だけが、細々と活動する。
長い期間では、太陽系の引力のバランスが崩れ、地球は太陽へ落ちるか、または弾き飛ばされてしまい、生命そのものが絶えてしまう。

今の地球が安定して生命の活動ができるのも、様々な「偶然」が重なって奇跡に近い状態の環境があるからで、他の惑星の大きさや距離、個数など、大変重要な要因となっています。
特に「外惑星」の影響が大きいとのこだったので、木星や土星がなくなると、割合早い時期に影響は出始めるとと思います。

引力のバランスが崩れて影響が出るのは、数百年、数千年、又は数万年という時間だそうです。
地球の歴史から見れば、ほんの一瞬です。

天体衝突の脅威はただちに問題になるでしょう。

Q太陽のコロナは何故、黒点の活動に左右されるの?

何故、太陽のコロナは黒点の活動に左右されるのでしょうか?黒点活動のマックスとミニマムでは、コロナの形が雲泥の差です!

Aベストアンサー

太陽の中には、曲がりくねった磁束チューブがあり、その磁束の中をプラズマが加速されています。このチューブが時たま表面から飛び出るのが、フレアの元です。磁束の外部への開放によって、その部分はエネルギーを失うため、その部分が黒点となります。
黒点とフレアは木と根の関係ですから。活動に関連性があるのは当然。

Q新定義では地球や木星は惑星ではなくなるという意見がありますが……

asahi.comのニュースによると、アメリカの天文学者が冥王星が惑星ではなくなったことに反対しているそうです。その理由の一つに、「この定義では地球や木星も惑星でなくなる」とのことですが、どう解釈するとそうなるのでしょうか?
http://www.asahi.com/science/news/TKY200608310227.html

Aベストアンサー

BBCの記事を読んでみました。
それによると、地球、火星、木星、海王星の公転軌道上に
小惑星が多数あることを指摘しているようです。
例として1万個の地球近傍小惑星と、
木星軌道上の10万個のトロヤ群を挙げています。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/5283956.stm

個人的に反論すると、地球近傍小惑星もトロヤ群も、
それぞれ地球や木星に比べれば「十分に小さい」と思うのですが……。
やっぱりニューホライズンズのせいですかね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報