なぜ、ジーコは、1991年に日本の日本リーグ2部の住友金属に入団したの?

ブラジルの10番をつけてワールドカップに出場したジーコが、1991年当時、世界的には、南米、欧州とか・・サッカー先進国ではなく、サッカー後進国の日本になぜ、来たのか?・・それも日本リーグ2部の住友金属に???

教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 これについては、ジーコ本人がTVで話していたので間違いないとおもうのですが


当時ジーコの元にはいくつかのオファーが来ていたそうです。 しかし、どれも選手としてのオファーばかりでチームづくりから参加して欲しいと言うオファーは、住友金属だけだったそうです。 銭金ではなく情熱の問題のような発言をしていたように記憶しています。
 
    • good
    • 0

プロ化を目指していた当時の住友金属はチーム改革ができる人材を捜していました。

ジーコの価値に似合うだけの年俸を払えるだけの資金は無かったようですが、ジーコもその頃はもうすでに一度現役を引退した後だったので、彼自身も納得し、それなりの条件で契約したようです。もうひとつはジーコは「プロリーグのための日本サッカーの発展と改革」なるテーマの要請を受け、当時プロチームのなかった日本の選手にプロの精神を教える意識改革の役目も果たしていたと思います。よってプレーイングマネージャーとして選手と指導者の二足のわらじを履いて活躍しました。住金は鹿島の前身ですが、弱体チームが日本の頂点を極めるまでに躍進したのは、ジーコの改革があったからだと言われています。今回代表の監督に選出されたのも、このような実績を日本のサッカー界に明確に残したことが評価されたためだと思います。
余談ですが、
Jリーグができてからは、各チームが海外の名の売れた選手達をこぞって入団させましたが、それでも30歳を越えるような選手達が多く、海外メディアからは、彼らは皆、選手としてのプライドを捨て、お金のために日本へ行くという、Jリーグは年寄り外国人選手のための「年金リーグ」などと、その当時は最大級にバカにされていたものでしたよ。
    • good
    • 0

すでに引退してしまった選手にビッグマネーを提供したのが住友金属だったんじゃないでしょうか。



そんで、ジーコもJリーグなんかを経験しているうちに、彼の日本における使命みたいなものを感じたんじゃないでしょうか。
    • good
    • 0

当時ジーコは現役を引退してブラジルのスポーツ大臣に就任していました。


しかし、サッカー後進国の日本をレベルアップして欲しいと言う願いをかなえる為に、大臣のポストを辞めて日本に来ました。
個人的に思うのは、引退はしたものの多少の未練があり日本ならばまだトップレベルでのプレーができると言う考えも少しはあったのではないかと邪推しています。

住金を選んだ理由は覚えていませんが、少なくとも正式にオファーを出したのが住金だったのでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q欧州と南米のサッカーリーグについて

欧州と南米のクラブの旗や選手一覧が記載されたホームページを教えてください。

Aベストアンサー

世界のサッカーチームが載っているホームページです。
クラブの旗は記載されていませんが、選手一覧やユニフォームの
イラストが記載されていますよ!

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Athlete-Athene/3978/

Q日本サッカーに対するジーコの功績

「ジーコは日本サッカーに多大な貢献をしてくれた」
「ジーコは日本サッカーの地位向上に努めてくれた」
そういう意見を聞くことがたびたびあります。だけど具体的にどのようにジーコが日本サッカーに貢献してくれたのかわかりません。
そこでどなたか具体的に教えてください。
「ジーコは日本サッカーにどのように貢献してくれたのか?」

例えば、「アントラーズの基礎を気づいたのは宮本征勝氏なのかジーコなのか?」

「選手として、ストイコビッチ、リトバルスキー、ディアスなどと比較して、どの点でジーコの貢献が光っているのか?」

「クラブの指導的役割として、アルディレスやオシム、ベンゲル、ニカノール、岡田、バクスター、ブッフバルトなどと比較してどの点が優れているのか?」

また「アントラーズを強くしてきたのは歴代監督なのかジーコなのか?」
どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本代表監督としての手腕はまだ意見が分かれるところですが、選手時代に日本サッカーに貢献したことは間違いありません。
Jリーグ最初のハットトリック達成者で、最年長ゴールの記録も保持しています。

まず、JSL2部だった住友金属サッカー部が初年度からのJリーグ加盟を許されたのには、ジーコの存在が大きく働きました。
初代監督だった宮本征勝氏は、その前に本田技研の監督を勤めていたため、長谷川祥之、黒崎比差支、本田泰人など本田技研にいた選手を多く連れてきました。
一方でジーコはアルシンドを連れてきたり、ブラジル人脈を活かした外国籍選手の招聘に力を発揮しました。
また日本人選手でも「あのジーコがいるクラブだから」と入団を決めた選手がいるようです。
アントラーズの基礎を築いたのはどちらか一方だけでなく、宮本氏とジーコの相乗効果といえると思います。

選手としての大きな貢献は、日本に来た時期の早さ、それに来日前からの知名度の高さにあると思います。
ジーコが来日したのは91年、まだJSLの頃。
しかもJSLの2部で、実際に試合にも出ています。
これが「あのジーコがいるリーグなら」と、他のクラブによる外国籍選手招聘にもプラスに働いたことは間違いありません。
そしてリネカーなどと違い、Jリーグが始まってからも試合で中心的活躍をすることで、アントラーズだけでなくリーグ全体を盛り上げていきました。
恥ずかしながら、私はJリーグが始まってからサッカーファンになったので、リトバルスキーやディアス、ストイコビッチなどの名前は来日するまで知りませんでした。
そういうサッカー無知な人間にも名前が知られていて、アピール効果があった、そんな選手はジーコ以外にいないと思います。

ジーコが現役引退してからも、アントラーズへの影響力はずっと残っています。
日本代表監督になるまでずっとテクニカルアドバイザーを勤め、昨季までのトニーニョ・セレーゾ監督や実兄のエドゥーをはじめブラジル人の選手・スタッフ招聘にも大きな役割を果たしています。
ジーコの作ったブラジルのクラブチーム「CFZ・ド・リオ」には鈴木隆行や野沢拓也、池内友彦(現コンサドーレ)などの選手が所属したことがあり、若手育成にも寄与しました。
アントラーズの強化にジーコの力が大きく作用したのは疑いようもありませんが、しかし一個人の力だけでチーム全体が強くなることはありません。
歴代の監督やコーチ、経営スタッフの努力も大きいでしょう。

最後にクラブの指導的役割ですが・・・ジーコにはクラブチームの監督の経験はありません。
無尽蔵に有力選手を連れて来れる代表監督と、限られた所属選手で1年を戦うクラブの監督では、起用や戦術、指導法など一様に比較はできないでしょう。

以上には私の憶測も含まれていますので、参考URLの情報もぜひご覧ください。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%82%B3

日本代表監督としての手腕はまだ意見が分かれるところですが、選手時代に日本サッカーに貢献したことは間違いありません。
Jリーグ最初のハットトリック達成者で、最年長ゴールの記録も保持しています。

まず、JSL2部だった住友金属サッカー部が初年度からのJリーグ加盟を許されたのには、ジーコの存在が大きく働きました。
初代監督だった宮本征勝氏は、その前に本田技研の監督を勤めていたため、長谷川祥之、黒崎比差支、本田泰人など本田技研にいた選手を多く連れてきました。
一方でジーコはアルシンド...続きを読む

Qプロサッカーリーグのある国

プロサッカーリーグのある国を教えてください。

Aベストアンサー

この本でいいでしょうか?
全世界サッカー完全読本―世界114カ国のフットボール事情をナビゲート

ネットでなら Wikipedia で
サッカーリーグ一覧

あとはこういうのもあります
国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)

Qアメリカサッカーリーグ在籍のサッカー選手

アメリカのサッカーリーグ、MLS(メジャーリーグサッカー?)にピルロが移籍しましたね!
アメリカのリーグに所属する有名なサッカー選手は誰がいますか??

Aベストアンサー

知名度の高いところでいえば元コートジボアール代表のドログバや、イングランド代表ジェラード、ランパードが在籍しています!
ベッカム、アンリなどもいましたね。

このブログにうまくまとまっています。
http://genki628628.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

Qサッカーのチャンピオンズリーグについて質問!チャンピオンズリーグと言う

サッカーのチャンピオンズリーグについて質問!チャンピオンズリーグと言うくらいだから各国の王者同士がやったらいいと単純に思ったんですが、何故複数チーム数出すのでしょう?詳しい回答又はこうなればいいとか意見あれば教えて下さい。

Aベストアンサー

主要リーグには莫大な収入をUEFAにもたらすチームが多くあります。現在のチャンピオンズリーグの形態はG-14と言われるビッグクラブの圧力によって作られました。昔のチャンピオンズカップの頃のようにリーグ王者のトーナメントでは強豪同士の試合数も少ないですし収入も当然少なくなります。一発勝負のトーナメントなので1回戦で敗退したら収入なんて無いに等しくなります。現在主要リーグの上位は優先的にリーグ戦からの登場になるので、少なくともホームで3試合開催できます。また対戦相手は必然的にレベルが高いので盛り上がるというわけです。賛否両論あるでしょうけど、自分は強豪チームの対戦が多く見られるので良いかと思いますね。

参考までにG-14の情報を載せときます。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/G-14


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報