クスッと笑える小説を探しています。奥田英朗さんの作品全般や新堂冬樹さんの三億を護れ などが好みです。人物ではラーメンズやバナナマンのコント、三谷幸喜作品とかも好みです。お勧めの作品あったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

剣客」に関するQ&A: 剣客について

A 回答 (3件)

町田康「パンク侍、斬られて候」がオススメです。


超人的剣客である浪人・掛十之進と黒和藩の人々、「腹ふり党」なる宗教団体が出てくる時代小説なのですが、時代小説にも関わらず登場人物の言葉遣いが若者言葉だったり、剣客の秘剣が「蜜蜂ハッチの目って狂気的だよね」とかいうメルヘンなネーミングだったり、「腹ふり党」の活動がただ腹を振るだけ、という馬鹿馬鹿しいものであったり…
自分はかなりツボでした!よかったら読んでみてください(^^)
    • good
    • 0

村上春樹さんの


「カンガルー日和」、「回転木馬のデットヒート」は
短編ですが、とてもウィッティーでくすっとしますよ☆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

村上春樹さんの本はよく読むのですが、その2冊は読んだことなかったです。読んでます。ありがとうございます!

お礼日時:2008/03/13 01:03

 こんにちは。

私も奥田英朗さんの小説好きです。良かったら参考にして下さい。
●霞流一さん「おさかな棺」
 ミステリーなんですが、サブカルチャーっぽいニオイもうっすらします(表紙が表紙ですし)。正統っぽくしようとしてもどこか変な感じ、真面目な中のおかしさみたいな感じもあります。他にもお魚シリーズとして「デッド・ロブスター」や「呪い亀」もあります。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31184159
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31029642
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31082957
●ジェローム・K・ジェローム「ボートの三人男」
 随分前に読んだのでうろ覚えなんですが、爆笑という訳ではなく微笑程度のユーモアあふれる話です(関係ないですが漫画家の東海林さだおさんもこの本が好きらしいです)。ボートで三人の男が犬一匹と一緒に下る話です。吊り上げたマスの自慢話とか、どこか律儀というか英国紳士、でもおかしいという感じでした。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/01808087
●原田宗典さん「スメル男」
 突然腋の下からとんでもない異臭が漂いはじめた主人公の男の人が、原因を突き詰めそれを解決していくまでの物語です。腋の下から臭い始めた時の困惑具合とバタバタ感は面白いですし、中盤からラストはスピード感があって一気に読めます。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/18690580
●宮部みゆきさん「ステップファザー・ステップ」
 中学生の双子(またこの双子はマナカナちゃんみたいに揃ってます)の所に舞い込んでしまったプロの泥棒、3人で共同生活するユーモアタップリのミステリーです。面白いだけじゃなくて宮部さんの小説なんで内容はしっかりしています。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/19774352
●東野圭吾さん「毒笑小説」「快笑小説」「黒笑小説」
 東野さんのブラックユーモアにあふれた短編小説集です。「黒笑小説」の中で、なかなか直木賞を取れなかった自分と思われる小説があって、編集者や小説家などの思惑がとても面白かったです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30497045
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30429692
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31525589

 ご参考までにm(__)m。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんのお薦め ありがとうございます!!
霞流一さんと原田宗典さんは読んだことなかったし、MAY1814さんの一言だけでもすごい興味がわいたので早速読んでみようと思います。
ありがとうございます!!

お礼日時:2008/03/13 01:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三谷幸喜版ドラマ『オリエント急行殺人事件』の要所。原作小説では?

三谷幸喜が手掛けた映画やドラマ。そのうちのひとつ、今年1月にテレビ放送されたパロディ版『オリエント急行殺人事件』の終盤にて、勝呂探偵(ポアロ)の推理により“乗客全員が犯人”という真相が暴かれますが、原作通りに探偵と刑事の温情により犯人たちは見逃されます。

ドラマ版は犯人たちのアタフタや探偵の茶目っ気など三谷作品らしい喜劇っぷり(人一人殺めてますが)ですが、原作小説はどういう雰囲気で幕を閉じるのでしょうか?

あと、ドラマ版では見逃されて安堵から脱力する乗客たちに、そのうちの一人である青年が「これからは世の中の悪い奴ら全員俺たちが裁いてやりましょう!」と嬉々として提案するシーンがあるのですが、これは原作小説にもある台詞なのでしょうか?

Aベストアンサー

ラストは、ポアロが全員がどうしてこういう犯罪にいたったかの背景(やむをえなかった感情、事情)を謎解きしていき、最後に自分の友人に「君がこの会社の代表だけど、どうするかね?」と尋ね、友達と乗り合わせた医者が、警察には全員が犯人ということは伏せ、ポアロが提案した違う解決策を話すこととしようと結論を出します。

それを聞いて、小説はポアロのこういうセリフで The End となります。
"Then "said Poirot, "having placed my solution before you, I have the honour to retire from the case..."
「ではと、」ポアロが言った。「皆様に私の解決策をご提示しましたので、この事件からは喜んで手を引かせていただきます」

つまり原作にはその後の乗客の心情や1人1人が客車から出て行く時の様子などはまったく書かれていませんので、そこは完全に三谷版オリジナルです。

Q推理小説 トリック名=作品名となるような有名作品

推理小説で、トリックの代名詞として通用する作品がありますよね?
通常、トリックを明かすのはご法度の推理小説ですが、暗黙の了解で『事実上ネタバレになってもいいだろう、まがりなりにも推理小説を読もうって人間なら誰でもこの作品のオチは知ってるよ』という感じで扱われている作品が。

たとえば推理小説内で、「今回の事件は『赤毛連盟』のパターンです」と、『誰でも知っている』前提で話を進めたり。
「まさか『モルグ街の殺人』じゃないだろうな?」「使い古された、『ソア橋』のトリックの応用ですね」「『オリエント急行の殺人』のような事が現実にあるとは思いませんでした…」のような感じで語られたり。

これら以外に、作品名がトリックの代名詞となっているような例を教えてください。

「『そして誰もいなくなった』や『悪魔の手毬唄』のような、童謡殺人…」のような、トリックよりもモチーフ面が強い代名詞は希望とは少し違います。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

典型的パターン例として挙げられることの多い「ABC殺人事件」「アクロイド殺し」「オリエント急行殺人事件」は既に出ていますね。いずれも同じトリックを使って、違う味付けをした作品が後に多く書かれています。「黄色い部屋の謎」は心理的密室トリックを使った作品として有名ですが、ディクスン・カーの「ユダの窓」も密室トリックの代表例として、名前が挙がることの多い作品です。

余談ですが、この質問のタイトルを見た時、作品のタイトル自体が実はトリックの内容そのままであったという作品をたずねているものと誤解しました。
そういう作品を知っていて、お気に入りの作品なのですが、質問の内容を読むとそういう内容ではありませんでした。ネタバレになるので、具体的なタイトル名は書きませんが、海外の作品で、作者の頭文字はH、人類史上最もスケールの大きなトリックが使われている作品です。

Q誰の作品が思い出せません ほんの少ししか覚えていいないのですが、綺麗な少女が美術館で作品を鑑賞してい

誰の作品が思い出せません

ほんの少ししか覚えていいないのですが、綺麗な少女が美術館で作品を鑑賞している時ガムを噛んでいた、美術館に勤める主人公がその少女を注意した(していないかも…)ってシュチュエーションがある作品です
これしか思い出せません

作者か作品名をおわかりでしたら教えてください
よろしくお願いします

Aベストアンサー

原田マハの「楽園のカンヴァス」だと思います。

http://www.shinchosha.co.jp/book/125961/

Q自分好みの作風の作家

自分好みの作風の作家をどうやって探していますか?

Aベストアンサー

私の場合は

好みの作家を評価している評論家
→その評論家が評価している他の作家

というように探す場合や

好みの作家自身が好きな作家・影響を受けた作家

というように探したりします
参考になったでしょうか

Q「でこちゃん」という人物が出る小説

部屋の掃除をしていたら、多分なにかの小説を書写しただろうメモが出てきました。でもそのタイトルや作者は書いていなかったのでわかりません。少しだけ文章の冒頭を載せます。

『あさ、眼をさますとときの気持ちは、面白い。かくれんぼのとき、押入れの真っ暗い中に、じっと、しゃがんで隠れていて、突然、でこちゃんに、がらっと襖をあけられ、火の光がどっと来て、でこちゃんに「見つけた!」と大声で言われて、まぶしさ、それから、へんな間の悪さ、それから、胸がどきどきして、着物のまえを合わせたりして、ちょっと、てれくさく、押入れから出てきて・・・・』

って感じです。多分文字を書く練習として書写しただけなので、話の内容など全くわかりません。しかも途中で断念しています。読まれてお分かりのように、句点が多いのがこの作者の特徴かな、と思います。

もしこの作品のタイトルと作者名がわかる方がいましたらよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

#1の方の回答で正解です。
「女生徒」の冒頭の部分ですね。下記の青空文庫でテキストファイルとして読むことができますので、よろしかったらご覧になってください。

http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/card275.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報