これからの季節に親子でハイキング! >>

人の顔を見ていると、色々あって面白いと思います。
元々親から受け継いだものなのでしょうが、「40歳(でしたっけ?)を過ぎたら自分の顔に責任を持て」ということわざもあり、後天的な生活環境によっても顔が形作られることがあるような気がします。

例えば、
しょうゆ顔とソース顔なんて言うのもありますし、
一見次のように見える場合もあります。私が勝手に名前をつけたものや少し差別的な表現もあります。(悪しからず)

怒り顔、しかめっ面、ふてくされ顔、戦闘態勢顔、マジ顔、見下し顔、びっくり顔、オドオド顔、泣き顔、笑い顔、アホ面、無表情・・・

一体、このような顔ないし表情は、やはり生活環境や性格が反映されるものでしょうか?

特にこの中で、マジ顔・びっくり顔・笑い顔に興味があります。
マジ顔の人は、真面目にしなけりゃという気持ちが強いのでしょうか?
びっくり顔はどんな性格の人が多いのでしょうか?
笑い顔の人には温和な人が多いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

」に関するQ&A: 「神」の顔を描いた絵

A 回答 (3件)

ぜんぜん詳しくないのですが。

。。
わたしにとってとても興味深い内容の問いかけだったので、
参加させてください。

と、いうのもわたしには姉がいて、
骨格やつくりは似ていると思うのですが、
表情が真逆で、まるで別の顔になっているのです。

わたしはいつも微笑んでいるような顔で、
見知らぬ人にも笑いかけられるし、親切にされます。
姉はいつも怒りに堪えているような顔で、
初対面の人には「関わりたくない」と思われるでしょう。

思うに、生きていくうえで自分を守る(生きやすくする)ために、
もっとも適した表情が、
わたしは微笑みであり、姉は怒りだったのだと思います。
どちらも傷つけられる可能性が低いですよね。

このように、生活環境によってもっとも適した表情をしている
うちにそれが顔になっていくのではないでしょうか。
(姉妹でも家庭内での役割は違い、資質も違うため、
わたしたち姉妹は違った表情を選択したのかなと思います)

でも、これでは「びっくり顔」の説明がつきませんね^^;
(他の顔はなんとか説明がつきそうですが。。。)

>笑い顔の人には温和な人が多いのでしょうか?

これは笑い顔の質によっても違うかもしれません。
明らかに胸にいちもつありそうな笑顔の方もいますよね^^
わたし自身のことを言えば、温和だと思います。
「怒る」ということがほとんどありませんから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変お礼が遅くなり失礼しました。
兄弟でも、生活環境によって、生きていくうえで自分を守る(生きやすくする)ためにもっとも適した表情というものがあるのですね。

笑い顔の人でも胸に一物というのはあるかもしれませんね。
でも、あなたのように、自然と微笑みが顔に表れている人は、心の中も温和だと思います。私の父もそうでした。父は家庭ではいつもニコニコして、冗談ばっかり言っておりましたが、母の方がそれを不真面目のように取ることが多く、私も子供の頃はそう思っていました。しかし、そのような母の姿勢は、父にとっては心外だったと思います。
その頃、私は、外の世界で見る大人の男性が、誰も彼もみんな不機嫌そうな顔をしてたりイヤに無表情のように感じられ、どうしてそうなんだろうとよく思ったものです。

そして昔も今もよく感じるのは、世の中無表情な人間、そしてそれと似ているような感じがするのですが、びっくり顔の人が多いこと・・・彼らは外から何かを与えられるのを待っているかのように、主体性のない人間のように感じられてならないのです。一体、彼らは何を考えているのでしょう? それとも何も考えていないのでしょうか?
非常に興味があります。(3/20)

お礼日時:2008/03/20 22:42

顔の歴史を研究したことがあります。


そこそこ欧米では確立した分野なので、研究書も見つかります。

人種が同じですと、容貌の個人差は、表情の個人差にくらべ、ずっと少ないです。
普段わたしたちが、テレビなどをとおして、容貌だと思って見ているものの多くは、表情です。

個人の表情は、まわりの環境によって学習されていくのですが、
表情を抑えることも学習のうちに入ります。
表情はつくられるもので、赤ちゃんの笑顔も本来笑みではない筋肉運動ですが、
大人とコンタクトをとる手段になるので、笑みの表情を覚えるのです。
性格は後天的なものも付け加わりますが、かなり持って生まれた部分があると考えられています。
性格にしたがって、まわりとのコミュニケーションの仕方が異なるので、
表情を学習するうえで、性格は大きな役割を果たすといえます。
似た環境でも、性格との組み合わせによって、個人個人は別の表情を身につける可能性があります。
他者にどう見られるか、が、表情の学習の根本要因ですから、
単なるまっすぐな気持ちのあらわれとして片付けるわけにはいかないですね。
こう見られたい、あるいはこう見られなくては、という枠を、
意識的にせよ、無意識にせよ、自分にはめてきた結果、ご指摘のような顔になるといえます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

顔のことをよく研究されているようで参考になります。

表情と性格の関係がわかりやすく書かれていて参考になりました。

有難うございました。

お礼日時:2008/03/12 20:50

メンタルカテに関係あるのかちょっと疑問ですが、面白いなぁと思い入ってきました。



骨格などは性格と関係ないかも知れませんが、筋肉的なものは影響するかも知れませんね。
笑うのに必要な筋肉の場所と、怒るのに必要な場所はやはり違うと思うし、筋肉は鍛えれば盛り上がると思うので、表情にも影響してきそうです…。
年をとるとシワが出来易くなりますが、いつもしかめっ面してたらそりゃ眉間にシワ寄るでしょうね。
人柄に関係なく、生活環境として常にそういう顔を保つ必要性がある職業や立場などでも影響はあると思います。

笑い顔のセールスマンが温和だとは限らないですね。
平気で嘘つけるマジ顔な人もいます。
表情は年月かけても作ろうと思えば作れるのではないでしょうか。
ただ、それが生きる術である人以外は一般的にその必要性がないので、いつも自然にしている表情が焼きつきやすいって事の様に思えます。
なので、私も大体は反映されているのではと思います。
最後の質問はどうでしょうね?私自身あまり気にしていないので良く分かりません(すみません)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません。メンタルカテとは違ったかもしれません。

よく笑う人とよく怒る人の筋肉は違うところにつく・・・とは面白いものですね。
職業や立場によっても顔や表情は変わってくるかもしれませんね。

笑い顔のセールスマンや平気で嘘つけるマジ顔な人のように、本当の心をカモフラージュしている場合もあるでしょうね。

有難うございました。

お礼日時:2008/03/12 20:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鳩豆顔(びっくり顔)の人って一体?

時々出会う、いつもびっくりしたような顔をしている人々・・・一体どんな人たちで、どんなことを考えているのか知りたくなりました。
「びっくり顔」と言っても、Yahooの「びっくり顔の画像」に出てくるような明らかにびっくりしているようにアピールしている顔のことではなく、俗にいう「鳩が豆鉄砲を食らっている」ような感じの顔をイメージしています。略して「鳩豆顔」と名付けて私の専売特許と思いましたが、念のため検索したら、既に「鳩豆顔」(又は「ハト豆顔」)で多くヒットしました。

前問に続いて又しても、特定の人間層を差別するような質問ですが、親しい友人には該当者がいないので、教えて下さい。

Aベストアンサー

No.1です、お礼、有難うございました。

 お礼の中で紹介いただいた前のご質問を拝見して、そこに書かれたお礼のお言葉にはとても考えさせられました。その部分に沿って改めて私論ながら回答させていただきます。

 十人十色、百人百色、世の中にはいろいろな顔がありますよね。もちろんそれらは、基本的には遺伝も作用した骨相や肉付きなどから出来上がった、ほぼ先天的なものなのでしょう。
 
 でも、それだけじゃない、なんの不満もなく豊かに過ごしてきた人は、間違いなくどこかおっとりとした「表情」を見せたり、そうした「顔つき」をしているもの、人はそれを瞬間的に読み取って「お育ちがいい」などと評すことになります。

 ですが逆に、生活環境や仕事の上でのストレス、何か悩みごとや悪い交友関係、こうした直面する圧力が重なると、自然、人の顔は厳しく変わってくる、それもまた確かなことです。

 悩みや荒んだ気持ちを抱いている人は概して険しい顔つきになってしまうように思います。しかし、たとえば貧しく生活が苦しい人が、だからといって、かならずしも険しい顔をしているわけじゃない。その理由はなんでしょうか…。

●荒んだ険しい顔つき… 

 分からないなりに自分で考え付いた理由、たぶん…ですが、心の平衡といったものにその理由があるのではないでしょうか。劣悪な生活環境、勤め先での不満、人に言えない深い悩み、悪い趣味や交友関係、こうしたことは人の心に、常に不満を与え続けるでしょう。

 何とか不満に満ちた環境を改善をしたくても現実にはままならない、面白くないけれど満足できるようには到底できない、やめたいけれどやめられない、今置かれた環境から逃げ出したいが、それができない…、これがストレス、そして休む暇もなくストレスが加わった状態にあれば、人は自分の心の平衡を失います。当然のことながら「表情」だって明るく朗らかで穏やか…といった感じにはならないでしょうし、そしてそんな「表情」は時の経過とともに、いつしか、そのまま荒んだ険しい「顔つき」として定着してしまうのではないでしょうか。

 では、なぜ、貧しく生活が苦しい人が、かならずしも険しい顔をしているわけでもない…のでしょうか。貧しいながらも、それをそのまま受け入れて、つつましく暮らしながら、いささかも社会や環境や他人を恨まない、そうした人であれば、辛い暮らしながらも、心には平衡が取れているから…だと思うのです。同じような例では、敬虔な信仰を持った人にもそうした「表情」や「顔立ち」が見られるものです。

●不機嫌そうな無表情…
 
 一歩外に出ると、大人の人たちが一様に不機嫌そうな顔をして歩いている…、たしかにそうですよね。たとえば東京駅から丸の内のオフィス街に向けて横断歩道を一斉に渡る大勢のサラリーマンやOLさんたち、たしかに不機嫌そうで無表情です。これもまた、彼らが遺伝によって個々に違う顔立ちを与えられながら、それだけでなく、彼らが置かれた都会生活という孤独でドライな環境の中では、ほとんど「表情」といったものを顔に表す必要が無いからではないでしょうか。

 どうせ親しい人と突然出会うわけでもない、ひとりひとりが孤独な群衆、だから、ただひたすら勤め先へ急ぐ彼ら、脚は急ぎながらも、頭の中では、仕事のこと、勤め先でのこと、昨夜のこと、今夕の退社後、あれやこれやと考えごと…、これでは不機嫌そう…という前に、無表情、つまり「表情」が不要になってしまっているのでしょうし、そうなってしまうのも当然のこと。いかにも楽しげに歩いていたとしたら、それこそ変…かも。

●びっくり顔の人が多いこと… 

 そしてやっと本論…、こうして考えていますと、びっくり顔の人って、外から何かを与えられるのを待っているかのような、主体性のない人間のように…と、なるほど受け止められないわけじゃないけれど、むしろ、その前に自分が置かれた環境の中で、何か得体のしれないものに怯えているのではないでしょうか。

 何か得体のしれない不安…、ひょっとしたら…という恐怖、失敗しやしないか、叱られやしないか、馬鹿にされやしないか、後れを取りはしないか、恥をかくんじゃないか、挫折するのじゃないか、エトセトラ…、こんなのは全部、現代人が誰でも持っている不安、ことに、こうした不安を強迫的に感じやすい人は「鳩豆顔」になりやすいのじゃないでしょうか。余計なことを付け足せば、映画の中で見る、戦場の兵士の顔、一様に「鳩豆顔」に見えます。死ぬかしれない恐怖、そして無意識意識に求める救い…。

 その証拠に、…もちろん骨相学的に遺伝子によって最初から「鳩豆顔」になってしまったという人も中には居るでしょうが…、自信に満ちた人というものは、oozora2000さまのお父様のように、概して穏やかな目元をしているものですし、微笑みも多いもの。つまり、目は口ほどにものを言い…ではないけれど、日頃の自信とか、心の持ちようで、瞬間的に表れる「表情」が、そしてやがては恒久的な「顔立ち」が変わってくるのだと思います。ただ、これはわたしの勝手な考えに過ぎないのですけれど…。

No.1です、お礼、有難うございました。

 お礼の中で紹介いただいた前のご質問を拝見して、そこに書かれたお礼のお言葉にはとても考えさせられました。その部分に沿って改めて私論ながら回答させていただきます。

 十人十色、百人百色、世の中にはいろいろな顔がありますよね。もちろんそれらは、基本的には遺伝も作用した骨相や肉付きなどから出来上がった、ほぼ先天的なものなのでしょう。
 
 でも、それだけじゃない、なんの不満もなく豊かに過ごしてきた人は、間違いなくどこかおっとりとした「表情...続きを読む

Q顔と性格に関係はない、とある人に言われたのですが、本当にないのですか? 相貌心理学とか顔相〜だとか調

顔と性格に関係はない、とある人に言われたのですが、本当にないのですか?
相貌心理学とか顔相〜だとか調べればたくさん出てきますが、「関連性はない」と書かれているものはみたことがありません。

Aベストアンサー

> 「関連性はない」と書かれているものはみたことがありません。
★ 海とエベレストとに関連性はないと書かれているものを探すのは大変です。目つきと手先の器用さについて関連性はないと書かれているものを探すのも大変です。

> 相貌心理学とか顔相〜だとか調べればたくさん出てきますが、
★ 外見、体つき、顔貌、表情、目つきなどは、多くの人がまず注目する対象です。優しそう、誠実そう、内気そう、明るく朗らか、陰険・陰湿、きつそう、哀しそう、厳格で厳しそう、意欲的、無気力、理知的と顔貌をみて表現することも多いです。 相貌、顔つきを部位別にみたり、バランスでみたり、緊張度や硬軟、色合いでみたり、関心が寄せられるのも多いです。

> 性格に関係は
★ 性格ってなんのこっちゃ、、、 「性格」ってものに関心が高いのはわかるけれど、何が性格で、何が性格でないか、性格をどう区分できるか、一人の人間には一つの性格が帰属するのか、4つ5つと数種類の性格が帰属するのか。 体重や記憶は日々に変わるし、喜怒哀楽や活動性や気分、外向内向、イライラや優しさのような状態も、数ヶ月同じ状態が続くことはめずらしい。 性格を変える、性格が変わったという表現も多く使われる。 性格について、きちんと表現することは難しい。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%80%A7%E6%A0%BC そんな曖昧なままでは、「性格と関係が(ある/ない)」を述べること自体に無理があるでしょう。

> 顔と性格に関係はない、とある人に言われたのですが、本当にないのですか?
★ 「顔と性格に関係がある」ということを言うのは簡単ですが、《どのように顔を区分し、どのように性格を区分し、ある期間の中で"同じ状態に"顔と性格がなっている》と確認し記述するのは、かなり無理があるし、その記述を読んだ十人が似た理解をしうち5人以上が納得するのは、かなり困難でしょう。 「顔と性格には関係がない」と言うのは簡単ですが、実感や日常で、顔をみて相手について何らかの推定をするというのを止めるのはかなり無理かあります。 
  ~~~  ~~~  ~~~
別に研究したり主張したりする人の行動を貶すつもりはないけれど、、、、
顔つきと実体(実態、態度、対人傾向、行動傾向、思考傾向)とを調査するのは難しいし、ある個人が他人の顔をどう読んでいるのかを確認するのはもっと難しいです。 そうなると、《顔をみて相手の性格が読めるのか》を調べるのは、ほぼ無謀としか言えないでしょう。
http://www.psych.or.jp/meeting/proceedings/72/poster/pdf/3pm172.pdf
https://www.jstage.jst.go.jp/article/fss/25/0/25_0_22/_pdf

> 「関連性はない」と書かれているものはみたことがありません。
★ 海とエベレストとに関連性はないと書かれているものを探すのは大変です。目つきと手先の器用さについて関連性はないと書かれているものを探すのも大変です。

> 相貌心理学とか顔相〜だとか調べればたくさん出てきますが、
★ 外見、体つき、顔貌、表情、目つきなどは、多くの人がまず注目する対象です。優しそう、誠実そう、内気そう、明るく朗らか、陰険・陰湿、きつそう、哀しそう、厳格で厳しそう、意欲的、無気力、理知的と顔貌をみて表...続きを読む


人気Q&Aランキング