に入っていた女の方(33才)が出て行きました。出て行った日に「しばらく旅行に行きます・・」の様なメールが急に大家に入り その人の物が突然、みごとに無くなっていたのです。

多分盗んでいったのはこの人だと思います。
シェアメイトの一人の男性(29歳・大家) とその人は半年位住んでいたのですが 女性の人が出て行ったのが
多分ショックだったのか、、 部屋には荷物も無く 家賃も振り込まれてないのに 鍵をそのまま 渡したままだったのです・・・。
私は 鍵を住んでいる人以外に渡している事が不安で 大家の男性に言うと「いつ頃旅行から帰ってきますか?とメールをいれると12日・13日です」とメールがあったので 多分その頃に戻ってくるのでは と とぼけた事を言っていました。
他の日にも 「まだ 出て行った人から連絡はないですよね?」と聞くと
掃除して行ってるから そんないい加減な気持ちで出て行ったのではないと思うから また絶対顔を出すと思うと 言っていました・・。

がっ、、、 結局 留守中に部屋に入られ、、 初めに出て行った時か 入られた時かは分かりませんが
私の物品30万程 なくなりました・・・。

大家がちゃんと 鍵を回収していたら こんな事にならなかったのではと思いますが、、
この損害は大家は保障する義務があると思われますか??
大家に保障とかはないのでしょうか・・。と聞きましたが 「自分の保険に問い合わせして、やはり他人だったので保障はでないといわれました。すみません」とのこと・・・・

私は何回も 大家に忠告していたにかかわらず 大家の男性が、出て行った人をかばい、、出て行ってるのに 帰ってくるのを待ち(部屋代も入っていないのに鍵を渡したまま)
、私の安全を守ってなかったことにより 私が損害を受けた事が 本当に腹立たしいのです・・・・。

大家には責める事は言ってませんが、、、やはりこの損害、納得できません・・・・。

よいアドバイスを どうか 宜しくお願いいたします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

勝手にあなたのものを持ち出したなら窃盗ですよね。


警察に連絡した方がいいと思います。

この回答への補足

警察には連絡していますが 相手にしてもらえません!!
大家はカーテンと布団と鍵を返してもらっていないからと訴えていますが、大家には警察から連絡が入るのです・・・。

警察に電話すると その住んでいた女性のことを大家さんが一番知っているので 大家さんにお任せしていますとか・・・。

補足日時:2008/03/13 22:17
    • good
    • 1

一般的に賃貸物件の鍵の交換は賃借人の負担です。


居なくなった人を不安に思ったのならば自分で鍵を交換することを大家さんの了承をとったうえで実行すべきでした。

今更しょうがありませんが、どうしても納得いかないのであれば警察に盗難届けを出して、犯人が捕まったら民事で賠償金を取りましょう。
    • good
    • 1

この場合はどう考えても目の前にいる人間の大家に対して


あたりたくなります。

でもまずは警察に事件化させ、その女が犯人と断定させてから
大家と少額裁判でもして取り返すほうが順当だと思いますよ。

事件化にさせたくないと言えば大家にその分を負担させればいいこと

この回答への補足

警察に言っても相手にされません!!
どこを見渡しても 見方になって意見を言ってくださる方が乏しくて、、不安だらけです・・・。

今日大家の会社所属の弁護士のところへ行くといっていたのでついていったのはいいのですが・・
洋服の価値というのは保障ではそれほど 出ないということ1/10 位になるという事を聞いて、 相談が終わった瞬間に 「でもよかったですね。●さんの思っていることと 違うってことを説明してくれて。」と笑顔で言っていたのです・・・。
この人 、私の盗られた苦痛を全く理解してないな・・。と思いました。普通だと そんな小額になってしまって 申し訳ないという気持ちがあるものだと思うのですが・・・。
自分の身を守ることで精一杯というか、、 私の保証とかよりも、、  
「鍵を持っていかれたことにより ●のせいで、新たな鍵をつけないといけなくなった
損害を会って話したい」とか言っていましたので・・・・・。

また鍵は複製できないものをつけているくせに
自分が回収しなかった 責任を責められるのを恐れてか、
「鍵を回収しても どうせ複製されるとは思っていたのですが」
とか
新しく、補助を付けてもらってた時に (これも私が言ってようやく・・・ 本当にありえません・・・。)
「今、鍵やに聞いたのですが  今の鍵はとてもいい鍵で複製できないらしいです。とか言っていました」

もう、、 盗難の盗人よりも 大家を訴えたいです!!

補足日時:2008/03/13 22:22
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大家さんが火災保険に入っていないときの損害

賃貸契約で借りて店を経営しています。契約(2008/1月)時に「火災保険料」として3年分25000円を大家さんに支払っています。先日の大雨で店が浸水し、機材に損害(約15万円)が出たので、保険請求しようと大家さんに相談したところ、保険会社と大家さんが契約していなかったことが判明しました。(たぶん大家さんが保険料をネコババ) 
そこで、損害を大家さんに請求しているのですが、当初の保険料を返すとは言うものの、賠償はしてくれません。そのうち大家さんが感情的になって、「そんな生意気なことをいうのなら出て行ってくれ」といわれています。
そこで質問です。 
(1)このような場合、大家さんに損害賠償義務はあるのでしょうか? 
(2)出て行けといわれたら、出て行かなくてはいけないのでしょうか?
(3)出て行く場合、金銭補償などは要求できるのでしょうか? 
当方の希望は、損害賠償をしてもらい、このまま良好な関係を続けたいと思っています。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

大家さんに賠償責任があるかどうかは書き込みだけでは判断できません。
その大家さんのいう「火災保険」というのがどのようなものかです。
建物だけを対象とした保険であれば、そもそも店の什器が保険対象ではないので、もともと保険金は支払われないわけです。

保険の内容確認や、証券等ははどうされたのですか?
契約した以上、保険証券は送られるはずですし、契約確認をしていない杜撰さもご質問者の過失になります。

出て行くかどうかは、契約書通りの手続きを踏めば、大家としては問題ないことになります。(保険料はもちろん返還請求できる)
出て行くときの金銭保証も契約書の内容次第です。

こういうときの契約書はたいてい大家さん有利に作られています。
保険の件もしかり、契約内容の確認を十分にしないと、今後もこのようなトラブルに巻き込まれますよ。

Q通常損害・特別損害と積極損害・消極損害

債務不履行による損害賠償が通常損害・特別損害に分類しているの比して、不法行為による損害賠償が積極損害・消極損害に分類しているのは、債務不履行の場合には契約関係が前提にあり、自分の不履行について相手方の事情による損害の程度を予見出来るのために予見を判断の基準にしているのに対して、不法行為の場合には予見性で判断することが適当でないからと考えてよいのでしょうか?

Aベストアンサー

全然違います。

通常損害、特別損害という分類は民法416条に基づく“損害の範囲”の問題ですが、これは不法行為にも類推適用されるというのが判例通説なのですからこの分類は不法行為にも当てはまります。
一方、積極損害、消極損害というのは、賠償額の算定に当たって算入すべき損害の“種類”の問題です。ですから当然、債務不履行でも不法行為でも問題になり得ます。

内田先生の民法IIの債務不履行とIIIの不法行為の効果のところを読んでみれば解ります。どちらにも、通常損害、特別損害の話と積極損害、消極損害の話両方が書いてあります。つまり、損害の範囲と種類はそれぞれ別個の概念であり、債務不履行であろうと不法行為であろうと、いずれも理論的に同じように問題になります。

ちなみに履行利益、信頼利益はまた別の問題。これはどちらかと言えば、賠償の範囲の問題。これも書いてあります。

Qアパートの大家がつけたドア&鍵の支払い

アパートには共同風呂があって、その共同風呂を大家不在時に勝手に使用しないために風呂場へいくための通路に一つ鍵付きのドアがつきました。
入居当時は風呂を使用していましたが、色々と揉め事があった為に風呂の契約を口頭で解除しましたが、大家が不在時に勝手に入るかもしれない、信用できないということで、私が風呂に入れないように鍵をつけたらどうか、という提案をし、風呂の入り口自体が両開きのアコーディオンドアで鍵をつけられなかったので、大家が通路に鍵付きのドアをつけました。
大家から、提案した私がそのドア代と鍵代を請求されていますが、提案者の私が全額支払わなければならないのでしょうか?

Aベストアンサー

1番の方と同じですね。
鍵を付けることは、大家の利益ですし、大家の都合です。ですから鍵代金を全く払う必要はありません。

ちなみに、昨年11月に僕のマンションの鍵穴に誰かがボンドを詰めて使用不能にしたのですが、その場合も大家さんが自費で交換してくれましたよ。

Q労働基準法の災害保障と損害賠償請求について

現在、労災保険(死亡)および損害賠償請求の2点で会社と争っておりまして、損害賠償請求額を逸失利益、慰謝料、葬儀関係費用等から算出いたしました。この損害賠償請求に含まれる慰謝料と労基法の災害保障(第79条など)との関係についてお教えいただきたいと存じます。
84条などにある他の法律との関係はどうなるのでしょうか。損害賠償請求が認められた場合は、請求できないのでしょうか。また、損害賠償請求が却下された場合などはどうなるのでしょうか。
なにとぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

労働者災害補償保険法と損害賠償請求との関係の質問と思います。
二重利得は許されませんので調整されます。
遺族(補償)年金は損害賠償金の逸失利益に相当します。
遺族特別支給金(一時金)、遺族特別年金は労働福祉事業からの給付金となりますので調整はされません。

先に損害賠償請求をし損害賠償金が支払いされた場合は労災の方で調整、先に労災から遺族(補償)給付が支払われた場合は損害賠償金で調整します。
なお、損害賠償金で調整する場合は判決時・示談時時点までに支払が確定した金額を調整し、未だ支払いが確定していない給付金は調整不要です。
判決時・示談時の翌年4月までは支給金額が決定していますのでその部分迄を調整すれば良い事になります。
損害賠償請求が却下された場合は労災から全額給付されます。

Q大家立会いで鍵を付け替えたのに・・・

1年程前に空き巣(ピッキング)に合い、鍵を付け替えました。
付け替える前に、「費用はこっち(私)もち」という事で大家の許可を取り、付け替えの時も大家を呼び立ち会ってもらいました(後々トラブルになると嫌だったので)。
更に念をいれて、「鍵の付け替えに許可しました」と一筆書いてもらい、コピーをしてそれぞれに署名、判子をもらい私と大家で保管することにしていました。古い鍵は、全て大家に渡しました。

そして最近引っ越しました。
引越してすぐ大家から電話があり、「鍵を勝手に付け替えているので、全戸(12戸)付け替えなければならない。その費用を払ってもらう」と言われました。
「はぁ?」って感じで、「付け替えの際、ちゃんと許可を取り立ち会ってもらいました。その時大家さんに一筆書いて判子をもらい、ちゃんと保管してあります。大家さんにも1部渡しました」と言ったのですが、「私はもらっていない。そんな事許可した覚えはない」と繰り返すだけです。
私ではどうにもならないと思い、「弁護士に相談して連絡します」と言って、電話を切りました。

実際に相談する前に、こちらで聞いてからにしようと思い、質問している次第です。

契約書(コピーして保管していました)には、鍵に関しては「転出の際、鍵は全部返還し」「退居時鍵紛失の場合、借主実費負担の事」としか書いていません。
全戸の付け替え費用は、私が負担しなくてはならないのでしょうか?

教えて下さい。
よろしくお願いします。

1年程前に空き巣(ピッキング)に合い、鍵を付け替えました。
付け替える前に、「費用はこっち(私)もち」という事で大家の許可を取り、付け替えの時も大家を呼び立ち会ってもらいました(後々トラブルになると嫌だったので)。
更に念をいれて、「鍵の付け替えに許可しました」と一筆書いてもらい、コピーをしてそれぞれに署名、判子をもらい私と大家で保管することにしていました。古い鍵は、全て大家に渡しました。

そして最近引っ越しました。
引越してすぐ大家から電話があり、「鍵を勝手に付け替え...続きを読む

Aベストアンサー

またしても法律を知らない大家が問題を起こしているようですね。法的に理論武装して完全に論破して下さい。

第一に、他の住宅の鍵の付替え(ピッキング予防?)費用は借家経営に伴い当然発生する経費であり、家賃に含まれているものです。これを居住者に請求するのは全く筋違いです。
第二に、鍵の付替えが損害(付替え費用)賠償請求の原因になることはあり得ません。損害賠償の理由には、契約、不法行為、不当利得、事務管理がありますが、ご質問のケースはこれらのいずれにも該当しません。
第三に、仮に鍵の付替えが損害賠償請求の原因になる場合があるとしても、今回のケースは大家が同意して行ったものですから賠償の対象になるはずがありません。

以上の理由から、大家の請求は全く根拠がありません。それどころか、付替えた鍵は大家の同意のもとで建物に付加した有益な物件なので、退去時、その費用を大家に請求できます。これを造作買取請求権(借地借家法33条)といいます。今回のケースでは付替え費用を借家人が負担する合意があるので請求はできませんが、借地借家法の規定からも、本来、大家が負担する費用であることは明らかです。

またしても法律を知らない大家が問題を起こしているようですね。法的に理論武装して完全に論破して下さい。

第一に、他の住宅の鍵の付替え(ピッキング予防?)費用は借家経営に伴い当然発生する経費であり、家賃に含まれているものです。これを居住者に請求するのは全く筋違いです。
第二に、鍵の付替えが損害(付替え費用)賠償請求の原因になることはあり得ません。損害賠償の理由には、契約、不法行為、不当利得、事務管理がありますが、ご質問のケースはこれらのいずれにも該当しません。
第三に、仮に...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報