手元に、介護保険制度の「短期入所」を利用した際の領収書があります。これが医療費控除の対象となるか確認したいのですが、国税庁のタックスアンサーを見ると、「短期入所療養介護【ショートステイ】」と「短期入所生活介護【ショートステイ】」の2種類があり、それにより対象となるかならないか違いがある、と知りました。
 タックスアンサーの注意欄に「指定居宅サービス事業者等が発行する領収書に、医療費控除の対象となる医療費の額が記載されることとなっています。」とありますが、手元の領収書には特にその記載がなかったので医療費控除の対象外と思われますが、そのような判断でよろしいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 再びNo.1です。


 なんか、よくわかっていない回答者が混乱させるようなことを言っていますが、あまり気になさらない方がいいですよ。税務当局、及び各自治体から、これだけハッキリと公表されているわけですから。詳しくは下 ↓ の参考URLをご覧ください。

 先ほどは「特養で実施するショートステイは対象外」と書きましたが、ケアプラン上で、
ア 訪問看護
イ 訪問リハビリテーション
ウ 居宅療養管理指導
エ 通所リハビリテーション
オ 短期入所療養介護  
・・・のうちいずれかを合わせて実施している場合には、控除対象になるそうです。これもご確認ください。
 領収書に「医療費控除の対象かどうかの記載」があるか否かは無意味です。そもそも介護保険の事業所なんて、経理関係に疎い方も多いですからね。単なる記載漏れ、何てことも充分に考えられますので。
 ・医療系のサービスなのか、そうでないのか
 ・医療系でないサービスの場合は、合わせて医療系サービスも受けているか
 ポイントはこれだけです。

参考URL:http://www1.pref.tokushima.jp/hoken/kaigo/kaigo/ …
    • good
    • 0

介護保険制度は関係ありません。


その施設が医療費控除の対象かどうか、またはそこで医療行為が行われたかどうかです。
多くの場合、領収書に医療費控除対象額の記載がありますので、書いてないのなら対象外と思いますが、詳細はその施設に聞かないと何とも言えません。
    • good
    • 0

「短期入所療養介護【ショートステイ】」・・・介護老人保健施設、もしくは介護療養型医療施設(療養病院等)で実施されるショートステイ = 医療費控除対象、



「短期入所生活介護【ショートステイ】」・・・特別養護老人ホームで実施されるショートステイ = 医療費控除「対象外」、

・・・という違いがありますので、判断の参考になさってください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q3割負担のホクロ除去治療は医療費控除の対象になりますか?

去年、ホクロの除去手術を受けたのですが、確定申告の医療費控除を調べていたら
「美容整形は医療費控除にはならない」ということがわかりました。

もし、全額自己負担なら確かに医療控除対象外だってわかるのですが
社会保険の3割負担でホクロの除去手術をしています。
それでも医療費控除の対象にならないのでしょうか?

社会保険を使えたってことは、医師が治療として認めたことになり
医療費控除の対象になるのではないかと思い、質問させていただきます。

もし治療として認められないなら、なぜ、美容整形に社会保険が使えるのか教えていただければと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>保険が使われたということは(3割負担)、控除の対象になるのでは・

つきつめていえば、健康保険の保険請求と税法上の医療費控除は別物ということです。

税法上の医療費控除は、各税法令と通達、過去の判例・審判結果などを通じて運用されているものです。お示したとおり基本通達で「ホクロ除去」は医療費控除の対象外です。
健康保険についても,本筋からいえば美容目的のホクロ除去は保険適用外です。保険請求するDr.の解釈運用(適用拡大)を保険者が認めてきたにすぎません。

Q海外からの出産に伴う医療費控除の申請、扶養控除について

こんにちは 現在海外で出産を控えている妊婦です。
今回は出産に伴う医療費控除の申請について質問です。

サラリーマン家庭では、出産の場合 日本では年末調整外で自分で確定申告をして医療費控除をうけるようになっているようですね。

現在、海外に仕事で在住しているのですが、所得は日本の会社からでており(日本円を送金してもらい、現地で換算してもらう仕組み)、日本から所得税も毎月引かれています。
海外での出産で、日本と同じように現地で実費で支払いをするわけですが、日本での医療費控除というのは受けられるのでしょうか?保険も日本の職場の保険のままですので、、。
インターネット上で、海外旅行中などの高額な医療費については医療費控除が可能ということが記載されておりましたが、出産の場合はよくわかりません。

こちらに移る前、以前居住していた住所は海外転出届けの手続きをしてきました。
ですので、もし郵送などで手続きをする場合の所轄の税務署もどこにしてよいものか、、わかりません。
仕事の都合で暫く日本には帰国できそうにないのですが、金額も高額な為、申告できたらなあ と思っております。

あと子供が年内に産まれる予定なので、扶養控除も申請できないものか とも思っております。

職場のほうに質問しても よくわかる人間がおらず、困っております。

もしご存知の方がいらっしゃいましたらアドバイスどうぞ宜しくお願いいたします!

こんにちは 現在海外で出産を控えている妊婦です。
今回は出産に伴う医療費控除の申請について質問です。

サラリーマン家庭では、出産の場合 日本では年末調整外で自分で確定申告をして医療費控除をうけるようになっているようですね。

現在、海外に仕事で在住しているのですが、所得は日本の会社からでており(日本円を送金してもらい、現地で換算してもらう仕組み)、日本から所得税も毎月引かれています。
海外での出産で、日本と同じように現地で実費で支払いをするわけですが、日本での医療費控除と...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問の内容だけでは所得税法上の居住者または非居住者の判断ができませんので下記のURLを参考にしてください。
http://www.taxanser.nta.go.jp/2875.htm

居住者に該当するのであれば医療費控除、扶養控除を受けることができますが、非居住者に該当するのであれば両方とも受けることはできません。
http://www.taxanser.nta.go.jp/1100.htm

Q医療費控除の対象となる医療費は?

医療費控除を行います。
インフルエンザ予防接種料、慢性疾患を保健所に届出するための文書料は、医療費控除の対象となる医療費でしょうか。

Aベストアンサー

医療費控除の対象となるのは、治療の対価としてのものに限られますので、病気の予防や健康増進のためのものは対象外となるため、インフルエンザ予防接種料は対象となりませんし、文書料についても、治療の対価そのものではありませんので、残念ながら共に医療費控除の対象とはなりません。

医療費控除については、下記サイトがいろいろとご参考になるものと思います。
http://homepage1.nifty.com/shikari/data/medical/medical_list.htm

Q高額療養費と医療費控除

今年手術をして10万円を超える医療費を支払いました。もちろんその他診察料・薬代もかなり支払っています。その場合高額療養費を申請した場合、医療費控除はどうなるのでしょうか

Aベストアンサー

医療費控除については、支払った医療費から保険金などで補てんされる金額
を控除すべき事となっており、もちろん健康保険の高額療養費もこれに含められますので、入金された分は医療費控除の対象となる支払った医療費から控除しなければならない事となります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1120.htm

これは支払った医療費に対応されるべきものですので、高額療養費の入金が翌年になったとしても同じ事で、申告時点で金額がはっきりわかっていなければ、概算で控除して、後日、申告上の金額と違っていた場合は、修正申告又は更正の請求により、追加納付又は還付される事となります。

Q医療費控除の対象となるもの

医療費控除の対象となるもの

本年、入院し医療費控除を申請しようと思っています。そこで下記のものについて、医療費控除の対象となるかどうかご教授ください。

・ドラッグストアで購入した風邪薬、のどスプレー
 ドラッグストアで購入した薬も対象にできると聞いたのですが、どのようなものが控除対象に
 できて、どのようなものが控除対象にできないのか基準があれば、ご教授ください

・インフルエンザの予防接種の費用

・急病で救急車で病院に運ばれた際の帰りのタクシー代金
 お産の時などの交通費が控除対象になると聞いたことがありますが、上記の場合はどうでしょうか。

Aベストアンサー

医療費控除の対象は治療や診療のための費用です。風邪をひいた際に治療のために購入した医薬品である風邪薬なら控除対象になりますが、置き薬として購入したものや予防のためのものは対象外です。うがい薬は予防用であって対象外なので、のどスプレーも治療との因果関係が不明瞭で対象外でしょう。

インフルエンザの予防接種は治療ではないので対象外です。

タクシー代については、自分や家族が運転できない、公共交通機関が使えないなどの必要性があり、かつ領収書があるのであれば認められるでしょう。

下記のサイトにケース別に詳しく掲載されていますので参考に。
http://www.iryouhikoujyo.net/

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1122.htm

Q介護のための費用は医療費控除になりますか?

一人暮らしをしている別居の母がいます。別居の扶養家族として私の扶養家族になっています。
今年の初めに入院して、リハビリは続けていますが寝たきりの生活です。
私も2週間に1度は帰っているのですが、洗濯やおむつの補充その他のちょっとした用事をしてもらうために、
隔日に2時間ほど家政婦さんに来てもらってます。
病院は完全看護なのですが、洗濯までは含まれていません。
それに、介護保険を使ってのヘルパーさんの利用は
入院をしていると出来ないといわれて仕方なく家政婦さんにしました。
この場合、病院の医療費と共におむつの費用や
家政婦さんの費用を医療費費控除とできるのでしょうか。
教えて頂きたいと思います。

Aベストアンサー

ケアマネです。
まず、保健婦、看護婦又は准看護婦以外であっても、特に依頼した人に
支払う療養上の世話に要する費用は、医療費控除の対象となります。

おおむね6ヶ月以上寝たきりの状態にあると認められ、治療上おむつの使用が必要な人については、おむつ代が医療費控除の対象となります。
 確定申告では、おむつ代の領収書と医師の発行した「おむつ利用証明書」が必要です。

以上は各市町村で差があるかもしれません。
国税局タックスアンサーに電話で匿名で聞くことができます。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q不妊治療は医療費控除の対象になるのでしょうか?

 確定申告時に、不妊治療費は医療費控除の対象になるのでしょうか? 婦人科系の疾患による不妊の場合のその疾患の治療は対象になるように思うのですが。また健常な夫婦の体外受精費はどうでしょうか。
また、遠方に通院する場合、高速道利用料金は医療費控除の対象にならないと聞きましたが、高速バスの運賃はいかがでしょうか。

Aベストアンサー

不妊治療費は医療費控除の対象となります、人工授精の費用ももちろん対象となります。
健常というのが引っかかる気はしますが、健常といえでも必要に迫られての治療だと思いますので問題ないのでは、と思います。

結構、この関係で医療費控除の申告に来られている方は多いようです。

また、通院に要する交通費は、自家用車にかかる高速料、ガソリン代、駐車料等は一切認められていません。
高速バスについては、その遠方の病院でしか治療を受けられない事情があるのであれば認められるとは思います。

下記サイトも参考になるかと思います。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/shikari/data/medical/medical_list.htm

Q医療費控除について

 所得税の医療費控除について質問があります。
1.家族全員で医療費の支出が40万円ありました。これを家族Aさんが25万円、家族Bさんが15万円支払ったことにすれば、医療費控除により、AさんもBさんも所得税が発生しないようです。このように、医療費総額を誰々が支払ったということで割り振って申告を行うことはいけないことでしょうか?
2.健康保険で高額療養費が支給となった場合は、支払った医療費領収書からその額を引いた額が医療費控除の対象となると聞きました。例えば、昨年12月診療分に20万円の医療費を病院の窓口で支払った場合、2月か3月に高額療養費が11万円ほど支給されるそうですが、医療費控除で申告する際は、この高額療養費の見込み額を差し引いた金額でなければならないでしょうか?それとも来年の申告の際、医療費支払い総額から差し引けばよいのでしょうか?

Aベストアンサー

2.の高額療養費についてのみお答えします。ご質問のとおり還付金の連絡は、早ければ2月末日頃、遅ければ3月以降に支払い通知が来ます。時期が異なるのは加入している保険者の事務担当者の処理能力によります。還付金額については、個人または世帯の所得により異なります。金額決定の計算式は既に決まっていますから、加入している保険者の事務担当にお問い合わせください。見込みではなく、確定の申告ができると思います。追加でお答えしますが、生命保険に加入しているとして特約で「入院給付金等」を給付された場合は、控除対象金額からさらに当該金額が控除されることになりますから、この場合は最終金額はわずかなものになるかと思います。ひょっとしてマイナスになるかも知れませんので、ご注意を。

Q無痛分娩は医療費控除の対象でしょうか?

昨年、お産をしたので、今回の確定申告で医療費控除を
申告します。

自分の意向で、無痛分娩にしたのですが、
無痛分娩は医療費控除の対象になるのでしょうか?
ネットで検索すると、無痛分娩の事前講座は対象外、としか調べられませんでした。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご出産、おめでとうございます。
妊娠と診断されてからの医師の指示のもとで行う全てのものは医療費控除の対象です。もちろん病院での無痛分娩も分娩費ですからなります。
お書きの事前講座が、医師のもとではなく文化センターなどで行う無痛分娩講座の受講料でしたら対象外です。
でも出産自体は、出産一時金などで補填される額が多いので、医療費控除対象額は少なくありませんか。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1124.htm
http://syussan.moo.jp/iryouhikouzyo.html

Q医療費控除について教えてください。

昨年の医療費が10万円にならないと思っていたので確定申告しなかったのですが、溜めてあった領収書を処分しようとしていると10万円を超えていました。確定申告の期間は過ぎていても医療費控除は受けられるのでしょうか。受けられるのであれば、一昨年等それ以前の分はいつ頃までさかのぼって申告できるのでしょうか、教えてください。

Aベストアンサー

確定申告期間すぎてもOKですよ。ことしは18年の申告期限でしたね。
18年から5年間、14年ぶんまでは確定申告できますが!すでに他の要件で確定申告が済んでいる場合はさかのぼってはできませんので要注意。また医療費はあくまでも病気の治療にかかるものですから、健康診断などの料金は含めないように。また10万円を超えた額がそのまま還付金にはなりませんよ、国税庁のHPでおよそいくらの還付になるか確認するのもいいかもです。たとえば還付金が千円だったら・・交通費など
の経費とひきあうのか・・いろいろ考慮した後申告しましょう!


人気Q&Aランキング