手元に、介護保険制度の「短期入所」を利用した際の領収書があります。これが医療費控除の対象となるか確認したいのですが、国税庁のタックスアンサーを見ると、「短期入所療養介護【ショートステイ】」と「短期入所生活介護【ショートステイ】」の2種類があり、それにより対象となるかならないか違いがある、と知りました。
 タックスアンサーの注意欄に「指定居宅サービス事業者等が発行する領収書に、医療費控除の対象となる医療費の額が記載されることとなっています。」とありますが、手元の領収書には特にその記載がなかったので医療費控除の対象外と思われますが、そのような判断でよろしいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 再びNo.1です。


 なんか、よくわかっていない回答者が混乱させるようなことを言っていますが、あまり気になさらない方がいいですよ。税務当局、及び各自治体から、これだけハッキリと公表されているわけですから。詳しくは下 ↓ の参考URLをご覧ください。

 先ほどは「特養で実施するショートステイは対象外」と書きましたが、ケアプラン上で、
ア 訪問看護
イ 訪問リハビリテーション
ウ 居宅療養管理指導
エ 通所リハビリテーション
オ 短期入所療養介護  
・・・のうちいずれかを合わせて実施している場合には、控除対象になるそうです。これもご確認ください。
 領収書に「医療費控除の対象かどうかの記載」があるか否かは無意味です。そもそも介護保険の事業所なんて、経理関係に疎い方も多いですからね。単なる記載漏れ、何てことも充分に考えられますので。
 ・医療系のサービスなのか、そうでないのか
 ・医療系でないサービスの場合は、合わせて医療系サービスも受けているか
 ポイントはこれだけです。

参考URL:http://www1.pref.tokushima.jp/hoken/kaigo/kaigo/ …
    • good
    • 0

介護保険制度は関係ありません。


その施設が医療費控除の対象かどうか、またはそこで医療行為が行われたかどうかです。
多くの場合、領収書に医療費控除対象額の記載がありますので、書いてないのなら対象外と思いますが、詳細はその施設に聞かないと何とも言えません。
    • good
    • 0

「短期入所療養介護【ショートステイ】」・・・介護老人保健施設、もしくは介護療養型医療施設(療養病院等)で実施されるショートステイ = 医療費控除対象、



「短期入所生活介護【ショートステイ】」・・・特別養護老人ホームで実施されるショートステイ = 医療費控除「対象外」、

・・・という違いがありますので、判断の参考になさってください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q入所を拒否する兄弟(認知症)を強制入所させるのは違法?

「まだ家に居たい。入所は絶対嫌。」と明確に意思表示してるのに、
グループホームに無理矢理、強制的に入所させる事は違法ですか?

物忘れがひどいものの、自分の生活費を金融機関の窓口から自力で
引き落とせるレベル(独り暮らし・要介護1)で、本人は拒否してるのに、
兄弟の事情(認知症者が近所に住んでる事による不安・精神的な苦痛等)
により、実子が住む他県のグループホームに強制的に入所させる事になりました。

その結果?ケヤマネージャーが懸命な説得をし、一時的に入所を納得した?
ものの、次の日はその事を忘れ、何度言っても入所を拒みます。

下記サイトのQ7を要約すると・・・
http://home.a07.itscom.net/hongocp/others/seinenkouken.pdf
「家族が後見人になり、本人の意向にあわない後見活動を行った場合には、
家裁の判断により解任される事があります」とあります。

※但し、今回のグループホームは入所条件に後見人は必要としません。

今回の場合、違法でしょうか?

Aベストアンサー

再度書き込みます。
違法かどうかは、細かい事情などにも影響します。認知症の度合いも関係するでしょう。
文章だけでは判断できないことも多いことをお分かりください。
そのようなことから専門家への相談を書かせていただきました。

専門家は知識を売る商売です。有料と考えましょう。中には自治体などで主催する法律相談(担当は弁護士など)では無料もあるかもしれませんがね。

成年後見手続きには時間がかかります。それだけ重要なことを決定するのですからね。それを省略できる事情などありえないでしょう。
特に実子が手続きに協力的ではない、理解がないのであれば、のちのちその方が亡くなったりしたときには実子が、成年後見人やお世話をしている人などを訴える可能性もあるでしょう。家裁が定期的にチェックはしますが、期間的なずれを含めすべてをチェックできませんから、実子から無駄な支出と考えられて被後見人の財産が減ったと考えられる可能性もあるでしょう。
そんな状態で後見手続きもしない、身内が縁を切りたいがために施設入所を無理強いすることは、本人に対してひどいことをしているように思います。

後見手続きを行うと、家裁は推定相続人などから意見を聞いたりします。申立人は後見人の候補者を出す必要があったり、後見開始のための財産調査も必要でしょう。費用も結構かかります。専門家を入れればさらに費用がかかります。それでも一人にしていることが問題だと考えるのならば手続きは必要でしょう。

ながながと失礼しました。

再度書き込みます。
違法かどうかは、細かい事情などにも影響します。認知症の度合いも関係するでしょう。
文章だけでは判断できないことも多いことをお分かりください。
そのようなことから専門家への相談を書かせていただきました。

専門家は知識を売る商売です。有料と考えましょう。中には自治体などで主催する法律相談(担当は弁護士など)では無料もあるかもしれませんがね。

成年後見手続きには時間がかかります。それだけ重要なことを決定するのですからね。それを省略できる事情などありえない...続きを読む

Q医療費控除の対象となるもの

医療費控除の対象となるもの

本年、入院し医療費控除を申請しようと思っています。そこで下記のものについて、医療費控除の対象となるかどうかご教授ください。

・ドラッグストアで購入した風邪薬、のどスプレー
 ドラッグストアで購入した薬も対象にできると聞いたのですが、どのようなものが控除対象に
 できて、どのようなものが控除対象にできないのか基準があれば、ご教授ください

・インフルエンザの予防接種の費用

・急病で救急車で病院に運ばれた際の帰りのタクシー代金
 お産の時などの交通費が控除対象になると聞いたことがありますが、上記の場合はどうでしょうか。

Aベストアンサー

医療費控除の対象は治療や診療のための費用です。風邪をひいた際に治療のために購入した医薬品である風邪薬なら控除対象になりますが、置き薬として購入したものや予防のためのものは対象外です。うがい薬は予防用であって対象外なので、のどスプレーも治療との因果関係が不明瞭で対象外でしょう。

インフルエンザの予防接種は治療ではないので対象外です。

タクシー代については、自分や家族が運転できない、公共交通機関が使えないなどの必要性があり、かつ領収書があるのであれば認められるでしょう。

下記のサイトにケース別に詳しく掲載されていますので参考に。
http://www.iryouhikoujyo.net/

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1122.htm

Q介護のための費用は医療費控除になりますか?

一人暮らしをしている別居の母がいます。別居の扶養家族として私の扶養家族になっています。
今年の初めに入院して、リハビリは続けていますが寝たきりの生活です。
私も2週間に1度は帰っているのですが、洗濯やおむつの補充その他のちょっとした用事をしてもらうために、
隔日に2時間ほど家政婦さんに来てもらってます。
病院は完全看護なのですが、洗濯までは含まれていません。
それに、介護保険を使ってのヘルパーさんの利用は
入院をしていると出来ないといわれて仕方なく家政婦さんにしました。
この場合、病院の医療費と共におむつの費用や
家政婦さんの費用を医療費費控除とできるのでしょうか。
教えて頂きたいと思います。

Aベストアンサー

ケアマネです。
まず、保健婦、看護婦又は准看護婦以外であっても、特に依頼した人に
支払う療養上の世話に要する費用は、医療費控除の対象となります。

おおむね6ヶ月以上寝たきりの状態にあると認められ、治療上おむつの使用が必要な人については、おむつ代が医療費控除の対象となります。
 確定申告では、おむつ代の領収書と医師の発行した「おむつ利用証明書」が必要です。

以上は各市町村で差があるかもしれません。
国税局タックスアンサーに電話で匿名で聞くことができます。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q領収書の領収印は?

領収印の押されていない領収書は領収書としてみとめられるのでしょうか?
高額医療の申請の為にとっておいています。
今、通院してる医療機関はコンピュータでプリントアウトしています。

Aベストアンサー

その領収書に「領収印のないものは無効です」と書かれていれば無効です。
特に記載がなければ大丈夫です。

Q領収証・領収書について

●領収証・領収書について

コピー機をネット通販で購入したのですが、数日後、領収証が無いのに気づきました。

ホームページを見てみたところ、代引きの受け取り用紙をその代わりとするとありました。
法的には問題ない旨も書かれておりました。
領収証の再発行はできないとこは知っているのですが、代引きの受け取り用紙も領収証になるとは知らずに、捨ててしまったようなのです。

どうしても領収証がないと困るのですが、なんとかならないものでしょうか?

Aベストアンサー

メールでのやり取りを印刷しておいては。
または先方にメールで、代引きで販売しましたと証明してもらうとか。
運送会社に控えのコピーをもらうとか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報