痔になりやすい生活習慣とは?

私は10年来、強迫性障害で苦しんでいます。
それも強迫観念だけの強迫行為をしない強迫性障害なんです。例えば手を何回も洗うといった行為がないんです。その代わり、強迫観念を頭で何回も考えてしまうんです。
ですから暴露反応妨害法といった行動療法では治療しにくいんです。
こういった場合はやはり強迫観念が出てきても、それを考えずに無視して、自然にまかせて不安を下げるしかないのでしょうか?それは全く強迫観念を考えないということでしょうか?またそれを継続していった場合は、強迫観念も徐々に減ってくるのでしょうか?ある本によると強迫観念は減らないと書いてあったので心配です。
どなたかよい御返事をおまちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。

私も強迫性障害患者です。この戦友とはまだ5年くらいしか付き合っていませんので、10年以上苦しんでいらっしゃる質問者様には参考にならないかもしれませんが、参考までに。

私もどちらかというと行為として強迫が出てくることはほとんどなくて、強迫観念が頭の中を占領することによる不安、不快感、焦燥感の方が多いです。

私も2年前までは通院して薬を服用してましたが、不思議とよくなってきたのはそれをやめてからでした。別に病院や薬が悪いとは言うつもりはないのですが、やはり強迫との付き合い方によるところが大きいのかなと感じています。

あくまで私個人の場合ですが、強迫とうまく付き合えるようになってから楽になりました。それまでの私は強迫が出てきたらそれを0にしなくては、考えないようにしなくてはと思ってました。

ですが、強迫が出たら出たでどっぷり強迫に浸かってみる、どれだけ強迫を続けられるか試してみる、というような姿勢で強迫と向き合うようになってから頻度こそ以前とそれほど変わりませんが、不思議と楽になったし、強迫もそんなに怖くはなくなりました。

強迫性障害なんていういかにも恐ろしげな名前がつくから怖い病気のように思ってしまいますけど、私が思うに強迫って性格の延長にある気がします。なので、なくそうと思ってもなくならないし、なくす必要もないのではないかなと思います。

身体的な病気と違ってこうすれば治るというものがないのがやっかいですが、自分なりに強迫との付き合い方を色々と模索していけばどこかに解決の糸口はあるはずだと思います。

焦らずにゆっくりと強迫くんと仲良くなって下さい。質問者様が少しでも楽になれるようお祈りしています。
    • good
    • 5

強迫観念の頻度は減らないと思います。

しかし、次第に「強度」「不安度」「脅迫度」「恐怖度」が低下していきます。
それが「時薬」(ときぐすり)という物です。
軽い抗不安薬も効果があります。
行きつけの内科で出して貰いましょう。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
私は現在精神科に通っております。薬も処方してもらっています。
「時薬」についてもう少し詳しく教えてもらえませんか?

補足日時:2008/03/12 14:12
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q侵入思考の流し方について

こんばんは
相談させてください。
私は医師から強迫性障害と診断されており、現在は数ヵ月に一度病院へ行く状態で、薬は飲んでいません。
ここ何ヵ月か症状が落ち着いていましたが、最近本を読んでから強迫の症状が強くなってしまったんです。それは精神科医が書いた少年犯罪を取り上げた内容でした。

私も少年のように何か人に危害を加えてしまったらどうしようとか強く考えてしまいます。
危害を加えたいとか思わないし、目立つのも嫌いです。考えたくないのに出てきてしまいます。
私は強迫に支配されないで、自分の人生をもっと楽しみたいって思っています。

侵入思考が出てきたら流そうと思いますが、なかなかスッキリ流せないです。
自分自身、怖いものとか苦手だし、すぐビックリしてしまう性格ではあります。そのため侵入思考が出るとビックリしてしまうところがあります。

どんな人でも、侵入思考は少なからずあると思います。出てきたらどのように処理して流されているのか気になりました。
真に受けないコツとかあるのでしょうか?

今は体調の都合で、薬の服用は考えていないです。
病院へもすぐは行けないのでこちらで相談させてもらいました。

何かアドバイスとか参考意見とかありましたら、小さなことでもいいので教えてください。
よろしくお願いいたします。

こんばんは
相談させてください。
私は医師から強迫性障害と診断されており、現在は数ヵ月に一度病院へ行く状態で、薬は飲んでいません。
ここ何ヵ月か症状が落ち着いていましたが、最近本を読んでから強迫の症状が強くなってしまったんです。それは精神科医が書いた少年犯罪を取り上げた内容でした。

私も少年のように何か人に危害を加えてしまったらどうしようとか強く考えてしまいます。
危害を加えたいとか思わないし、目立つのも嫌いです。考えたくないのに出てきてしまいます。
私は強迫に支配...続きを読む

Aベストアンサー

私は侵入思考とかないのでわからないのですが
もしそれが出てきたなら
んなわけあるか!
って笑ってみたら如何でしょう
そしてその後は考えない

私が侵入思考がないのは
考えないから
今起きてる出来事しか見ないから
今を生きて
〇〇たらどうしよう
って考えを禁止
自分で決まりを作ってみたら侵入思考自体なくなるかもしれませんよ

Q強迫性障害の加害恐怖で辛いです

先日、精神科で強迫性障害の加害恐怖と診断されました。

昨日までは『人を殺めてしまったんじゃないか』と言う『~かもしれない』と言う念にかられていたのですが、今日になり頭に『なぜ、してしまったんだ』と肯定的な内容が浮かびました。今まではしたかしないか分からない状況がこの言葉が過ぎってから『私は人を殺めたんだ。犯罪者だ』と思うようになりました。

主人にはすべて話して居るのでこれを話したら『(気になってる日から)2週間も経って何もなければ大丈夫。お前に完全犯罪が出来る頭はないから』と言ってるのですが、そうだなぁと思いながらも不安が消えません。

安心しようにも、気になる場所や人にはもう会えないので確認には行けません。いつ捕まるのかとか、家族を思うと辛くて仕方ないです。

同じような病気に苦しむ方の投稿をみても『してしまった』と肯定的になるという投稿がないので、自分だけが思うのはやっぱり現実だからなんだ…と思ってしまいます。

こう肯定的に思う場合もあるんでしょうか?そんな念が頭を過ぎる事もあるんでしょうか?どうしたら自分に自信がもてますか?子供の前で辛くて泣いてしまいます。病院も三週間後です。お願いします。

先日、精神科で強迫性障害の加害恐怖と診断されました。

昨日までは『人を殺めてしまったんじゃないか』と言う『~かもしれない』と言う念にかられていたのですが、今日になり頭に『なぜ、してしまったんだ』と肯定的な内容が浮かびました。今まではしたかしないか分からない状況がこの言葉が過ぎってから『私は人を殺めたんだ。犯罪者だ』と思うようになりました。

主人にはすべて話して居るのでこれを話したら『(気になってる日から)2週間も経って何もなければ大丈夫。お前に完全犯罪が出来る頭はないから』...続きを読む

Aベストアンサー

加害恐怖と診断されたことによって
加害者なのかどうかわからなかった部分が加害と肯定するようになってしまったのかなと思いました
今回の件もだけどあなたが加害者なら2週間も警察があなたを放っておくことはまずないはず
あなたが加害者なら旦那さんに隠しておくことも出来なかったはず
自信を持って

Q嫌なことが頭から離れない

うつ状態と診断されてカウンセリングを受けながら薬もらっています。

小さなことが頭にこびりついて離れなくて苦しいです。
人間関係で相手の何気ない態度とか言葉尻とかメールの絵文字ですら何の意味があるのか、嫌われたんじゃないか、嫌な思いさせたんじゃないか…
どうにでもできる小さなミスでも解決したものでもずっとずーっと考えて頭の中をぐるぐるしています。
なにか気を紛らわそうと色々行動もしました。
効果あったかなと思っても夢の中で責められる夢を毎日見ます。
無理矢理にでもポジティブ思考しても逆効果で、自分を押さえつけるだけで悪化します。

苦しくて子供のように泣き叫んで、酷いと彼氏に暴言暴力であたってしまいます。

何をしても効果が出ません。
24時間365日自分を責めて負のエネルギーでいっぱいです。
もうどうしたらいいか分かりません。

Aベストアンサー

恐れ入ります。
回答するにあたり、過去質問を拝見させていただきました。


現在も投薬とカウンセリングを続けておられること、
そして過去の出来事を振り返っておられるということで、
質問者様の今の状況は「小さい頃に表現出来なかった感情を再現している状態」に、
なっているのかなと思います。

過去を振り返り状況と感情を分析するというのは、とても気力のいる作業ですし、
一息にすべてが終わるのではなく、行きつつ戻りつつの状態で進んでいきますから、
質問者様の感情が今このようになっているのは、おかしいことではありません。
ですから、まず無理矢理自分を押さえつけたり、ポジティブな事を考えて自分の感情から目を背けるより、
「あぁ、今自分はとても大変な思いをしているんだな、辛かったのか」と感じることを、
ご自身に許してあげてください。


また、現状パートナーの方がいらっしゃるということですので、もし質問者様がパートナーの方に、
「今のままでは申し訳ないから、せめて自分がどういう状況になっているのかだけでも知らせたい」
という場合には、パートナーの方もカウンセリングに同席していただく、
という事も視野に入れてみてはいかがでしょうか。
一対一で説明をするよりも、間に第三者が入った方が事情を呑み込みやすい場合があります。

もちろん、カウンセラーの方との相性や信頼関係も考慮する必要がありますから、
今すぐ、ということではなく考え方の一つとして話をさせていただきました。


次に、頭の中がぐるぐるしているということで、この「ぐるぐるしたもの」を後で分析するために、
外に出してみてはいかがでしょうか。

質問者様と同じ状態になった方がよく陥りやすいのは、この思考のぐるぐるです。
思考や感情というのは経験や体験、そして相手のレスポンスによってつくられていきますから、
現状のままで、頭の中だけを働かせていても実はあまり広がりがありません。
そういった場合には、よく「書き留める(目に見える状態にする)」という方法が用いられます。

何でも構いません。汚い言葉でも乱文調でも読めない字でも、とにかく一度外に出します。
そしてある程度の時間(人によって違います)を置いてから、書き留めたものを見返して、
自分なりの解釈を書き加えていきます。
考えだけではなく、夢の内容を書きだしてみるのもいいかもしれません。


最後になりますが、質問者様は今、嵐のような時間を体験されているかもしれません。
もしかしたら、消えてしまいたいと、自分なんていらないと思われているかもしれません。
けれども、自分自身や過去の自分と向き合おうと決めた人は、とてもしなやかで強い魂をお持ちです。
この嵐のような経験が、いつかまったく逆の、生きる糧になる日がきます。
ですから、どうか悲観なさらないでください。
ご自身の体の声を聞き、心に寄り添い、今はまだゆっくりとした時間を過ごすようにしてください。

恐れ入ります。
回答するにあたり、過去質問を拝見させていただきました。


現在も投薬とカウンセリングを続けておられること、
そして過去の出来事を振り返っておられるということで、
質問者様の今の状況は「小さい頃に表現出来なかった感情を再現している状態」に、
なっているのかなと思います。

過去を振り返り状況と感情を分析するというのは、とても気力のいる作業ですし、
一息にすべてが終わるのではなく、行きつつ戻りつつの状態で進んでいきますから、
質問者様の感情が今このようになっているのは、...続きを読む

Q繰り返し浮かぶ嫌な考え

こんばんは(^_^)

今年浪人生になり、予備校生に通っている女です。

以前、相談させてもらったことがあるのですが、今回は、自分の考えにとても不安があって、何か聞かせてもらえたらって思い、投稿させてもらいました。

私は、3ヶ月ほど前まで、かなり重症の『加害恐怖』の強迫性障害で悩んでいました。いきさつを話すと長くなるのですが、私の場合、自分の考えとはまったく矛盾した、言葉にも出したくないんですけれど、
『(自分が)人を殺したらどうしよう』って考えてしまうんです。
その人には申し訳ないんですが、私の場合恋愛の嫉妬が原因で、対象となってしまう人がありました。
新聞やテレビでそういうようなニュースを見るととても怖くなってしまいます。

今は、ルボックス、リーゼなど飲んだら、だいぶよくなりました。
だけど、そういう考えが繰り返し浮かんでくるし、『自分が人を殺してしまったら、ああなってしまってこうなって…家族にも友達にもすごい迷惑がかかって…』とか、『もし自分に理性がなくなってしまったら』とか、きりがない恐ろしいことを考えてしまいます。

こういうことって多少は誰にでもあったりするもんなのでしょうか?それとも私の性格的気質みたいなのが問題なのでしょうか。
考えたくもないのに、妙な感覚が付きまとって、困っています(T_T)

こんばんは(^_^)

今年浪人生になり、予備校生に通っている女です。

以前、相談させてもらったことがあるのですが、今回は、自分の考えにとても不安があって、何か聞かせてもらえたらって思い、投稿させてもらいました。

私は、3ヶ月ほど前まで、かなり重症の『加害恐怖』の強迫性障害で悩んでいました。いきさつを話すと長くなるのですが、私の場合、自分の考えとはまったく矛盾した、言葉にも出したくないんですけれど、
『(自分が)人を殺したらどうしよう』って考えてしまうんです。
その人には申し...続きを読む

Aベストアンサー

人の脳は想像力が豊かでいろいろなことを考え出してきてくれます。
楽しいことも不安なことも同じ脳が作り出しています。

脳は一つのことに捕われるとそれについて次々と考え始めます。
それは別に不思議なことではなくよくあることだと思います。
そして想像力が豊かなので思わぬことまで発想してくれます。
もちろんそれは、目の前で起きていることではなく、頭の中で
考え出したことです。
いくら事実ではないとしても変なことを考えてしまうのは嫌な気分です。
もちろん考えなければ、嫌な気分になることはないですよね。

考えないようにするにはどうしたらよいのか。
まず考えることは、誰からか頼まれたわけではなく自分がしていることだと
自覚することでしょうか。
だから自分でしか止めることが出来ないということです。
嫌な気分になりそうなことを考え始めたら、嫌な気分になりたくないから
考えることをやめると思うことです。
繰り返し続けていれば考えることはコントロールできるようになると思います。
あなたがしていることなのでコツさえ掴めばできるはずです。
だからといって、嫌な気分になる考えが全く思い浮かばなくなるわけでは
ありません。
でもそれは十分にコントロール可能なので何も心配する必要はないということです。

変なことを考える時間が少なくなれば、勉強等に楽しく使える時間が
増えると思いますよ。

人の脳は想像力が豊かでいろいろなことを考え出してきてくれます。
楽しいことも不安なことも同じ脳が作り出しています。

脳は一つのことに捕われるとそれについて次々と考え始めます。
それは別に不思議なことではなくよくあることだと思います。
そして想像力が豊かなので思わぬことまで発想してくれます。
もちろんそれは、目の前で起きていることではなく、頭の中で
考え出したことです。
いくら事実ではないとしても変なことを考えてしまうのは嫌な気分です。
もちろん考えなければ、嫌な気分にな...続きを読む

Q強迫性障害

こんばんは、高校1年の女です。
強迫性障害で悩んでいます。

小学生頃から手を洗う時間が長くなったり、お風呂に入る時間が長くなりました。

そして、最近の数年では、これらの症状もみられるようになりました。
・手を洗う時に数を数えながら洗う
・何事にもすぐ気になり、気にしだしたら止まらない
・天井を30秒見つめないと気が済まない
・文章を何度も読み返してしまう
・ある行動を何回も繰り返してしまう
・わからない事があって、自分で調べて正解が見つかっても、どうしてその正解に行きついたのかという理由を永遠と考えてしまう。
・相手に1度確認したのに、2度、3度とまた確認してしまう。
・物事を    〃           〃
・物忘れが激しくなった。

その他にも色々ありますが、このくらいにしておきます。
実は最近までは自分が強迫性障害だということを知りませんでした。
上のような症状が出ていて、ひょっとしたら病気なのではないかと思い、ネットで調べたら、強迫性障害の症状に当てはまることが多く、自分は強迫性障害なのだと知りました。
そして、自分が強迫性障害と知ってから、上のような症状がより悪化してしまいました。
特に、物忘れがひどくなりました。

親には神経質だね、とよく言われますが、自分が強迫性障害だということは話していません。
なので、なんとか病院には行かず、自力で病気を治したいのですが、自分で治す方法はありますか?教えて頂けたら幸いです。
では、回答待っています。

こんばんは、高校1年の女です。
強迫性障害で悩んでいます。

小学生頃から手を洗う時間が長くなったり、お風呂に入る時間が長くなりました。

そして、最近の数年では、これらの症状もみられるようになりました。
・手を洗う時に数を数えながら洗う
・何事にもすぐ気になり、気にしだしたら止まらない
・天井を30秒見つめないと気が済まない
・文章を何度も読み返してしまう
・ある行動を何回も繰り返してしまう
・わからない事があって、自分で調べて正解が見つかっても、どうしてその正解に行きついたのかと...続きを読む

Aベストアンサー

自分で治すほうほうは2つあります。
ひとつは、症状がでても、無理に止めようとせず、そのまま受け入れることです。それにより、神経の集中をなくしていくことです。
もうひとつは、もう馬鹿ばかしいと思っておられるでしょう。でも止められない。しかし、もういやで止めてみようかなぁ、と思った時に止めてみることです。案外うまくいき、ほとんどの症状が、まるで、氷が暖かいお湯の中で、とけるようにきえさります。
しかし、この病気の薬価なのは、何かの拍子にまた、もぐらたたきのように、でてくる可能性の高いものです。
無理に止めよう、焦って早く治そうと、思うと、いつもどこでも、神経が、そちらに集中して、返って悪化します。
その例が、ネットで調べたりするのが、よくありません。返って悪化します。何度もいいますが、神経がその症状から抜け出せずに、海で泳ぎおぼれた時に何とかし用途、暴れると、返っておぼれてしまいます。
力を抜くことで、体は、勝手に浮かび上がるのです。ですから、症状は、ほおっておき、行為をやらなければ苦しい時は、無理して止めようとせず、行為を自分の癖だと考えて、やったほうが神経は、他にむかいます。
強迫神経症という名をしらべることが、まずかったです。
しかし、症状は、もうだいぶ進んでいるようです。
病院にはかからず治ることは、むつかしいでしょう。
いい、心療内科で、投薬(強迫神経症に効く、しかし、すぐ治るか、治らないか、非常にゆっくり治っていくかは、個人差で、わかりません。でも、一度、心療内科で、気の会う医師、などにめぐり合えたら、クリニックで治療するのが、良いでしょう。
もしその医師が、軽い薬で、気にしなくても良いと良いという医師なら、良い医師だとおもいます。
私がその強迫神経症。に係り、30年以上くるしんでいます。
今思えば、病院で、強迫神経症という、病名を聞かなければ良かったと思います。自分の神経質のためだと思い、受け入れてそのうち治っていったと思います。病名を知り、当時ネットは無かったので、強迫神経症の本ばかり読んでいました。
それが間違いでした。
浪人生のころ、症状が、でましたが、大阪日赤の神経科の医師は、病気でない、行為はやればいい、薬は出さない。
そして、最後にしんどく苦しい時は、いつでも来院しなさい、いつでも、その医師は、私が、見てあげる。その一言で、
一気に治りました、しかし、また、苦しい悩み事が出て、再発です。
強迫神経症は、取り去ろうとか、そんなことばかり考えていると、ますます悪化します。
公的な総合病院で、神経科を受診して、カウンセリングを受けるのも、選択肢のひとつです。
今の貴方の症状で、そのまま治る可能性は、まだ若いので、無いとはいえません。しかし、医師に直してもらいたいと考えずに、一度、専門の医師の意見を聞くのも、悪くないと思いますよ。
今、非常に多い患者のいる病気です。焦らず好きなことに神経を傾け、好きなことに行動を起こす。そして、早く良くなってください。貴女はまだ若いので、将来いろんな経験、変化、恋愛などなどあり、仕事もそうでしょう。神経をそらす時間が十分あります。な押すことに集中せず。焦らず、のんきに、生きていればきっと、早くによくなるとおもいます。
ゆっくりとした、治癒を祈ります。

自分で治すほうほうは2つあります。
ひとつは、症状がでても、無理に止めようとせず、そのまま受け入れることです。それにより、神経の集中をなくしていくことです。
もうひとつは、もう馬鹿ばかしいと思っておられるでしょう。でも止められない。しかし、もういやで止めてみようかなぁ、と思った時に止めてみることです。案外うまくいき、ほとんどの症状が、まるで、氷が暖かいお湯の中で、とけるようにきえさります。
しかし、この病気の薬価なのは、何かの拍子にまた、もぐらたたきのように、でてくる可能性の...続きを読む

Q強迫性障害の加害恐怖が酷いです

35歳になる男です、一時治まったのですがまた再発しました
コンビニで買い物中に万引きをするのでは、したのではとポケットやバックを確認したりしてしまいます。

自動販売機を利用していてもお釣りが盗んだものかもと思い込み釣り銭を受け取れなくなりました。

また車の運転はできるだけ控えてるのですが、車の運転中に交差点でいま人がいたんじゃないか轢いたのではないかというふうに不安で堪りません、架空の通行人を作り出したのかほんとに轢いたのかわかりません、この病気にかかる以前、特に20代のころは車の運転大好きで遠出してましたし毎日楽しく運転していました、しかしいまは近所に行くこと自体も怖いため運転はできるだけ家族任せです。
また歩いていても通行人に危害を加えたのではないか?という不安にかられ振り返ったりします、そして人が財布を見ると無意識に盗んでしまいうのではないか?という思考に駆られほんとに盗んだかもと自分の財布に金が増えてないか何度か確認してしまいます。

またネットをしていても無意識に暴言を書き込んでしまったのではないか?という不安になり、アメーバブログなど書き込みできるあるサイトでは無意識に書き込めないようにキーボードを遠ざけて観覧したりしています、大好きだった2ちゃんねるもレス確認が嫌になりもう観覧自体やめました。

これ等は強迫行為だと思います、自分でも気づいてるしばかばかしいと思うのですがつい確認してしまいます。
正直この病気のせいで自分の人生めちゃくちゃです。
加害恐怖は一度発症すると永遠に治らないのでしょうか?
一度恐怖というものが脳と思考に入ると完全に取り除くのは無理だという話を聞いたのですが…。

35歳になる男です、一時治まったのですがまた再発しました
コンビニで買い物中に万引きをするのでは、したのではとポケットやバックを確認したりしてしまいます。

自動販売機を利用していてもお釣りが盗んだものかもと思い込み釣り銭を受け取れなくなりました。

また車の運転はできるだけ控えてるのですが、車の運転中に交差点でいま人がいたんじゃないか轢いたのではないかというふうに不安で堪りません、架空の通行人を作り出したのかほんとに轢いたのかわかりません、この病気にかかる以前、特に20代のころは...続きを読む

Aベストアンサー

あなたの書かれている症状は確かに加害恐怖の症状になると思います。

ただ加害恐怖は元々、強迫神経症の症状の1つですから充分、治していけるものだと思います。

今は強迫神経症のことを強迫性障害と呼び、薬による治療が一般的になっていますが、この方向では一時的に治ったように感じても再発して当然だと思います。

加害恐怖は自分が他人に危害を与えたのではないかという不安にとらわれた状態だと言って良いと思います。

ですから、脳や神経の異常が原因ではありませんから、いくら薬を飲んでも、これでは症状を取り除くことは出来ないと思います。

しかし、森田療法の学習や認知行動療法などで、自分が他人に危害を与えたのではないかという不安に対する「とらわれ」が薄れてくれば、治ってくる症状だと思います。

Q強迫性障害から救われるには

私は長年強迫性障害で苦しんでいます。

強迫性障害が直った方にお聞きしたいのですが、どのような方法で直りましたでしょうか。

精神科へ通っていてもよくならないので、アドバイスを頂けたらと思います。

Aベストアンサー

素晴らしい体験談ですね。私にとっても森田療法は大変に大きなものでした。

巷には薬づけになっている人が随分と多く、その人達の考え方の間違いというのは、
なかなかやっかいなものです。今日の日本の医療制度のせいもあるのです。

例えばメタボな体だと。それで尿酸値が高い。或いは血糖値でもいいです。
そして内科に行く。医師は「体重を落とした方がいいですよ」と言って薬を出す。
しかし多くの患者はなかなかダイエットしない。
もし口うるさく医師がダイエットを進めたら、患者は心苦しくなって他の病院に移ってしまう。
全てがそうだとはいいません。しかしダイエットすれば尿酸値も血糖値も正常になり、
薬を飲む必要がなくなることも多いものです。

これを心療内科や精神科に当てはめて考えて見ましょう。実によく似た傾向なのです。
そして一番の問題は、心の問題に関してはこの「ダイエット」のような改善方法がないのだと、
そう思い込んでいる人が実に多いことです。

全ての心の問題、その状態について、一切薬は必要ないとは決して申しません。

しかし、心の問題に関してもダイエット的な改善(時には解決)方法があるのです。その一つが森田療法です。
あまり強くダイエットを勧めると、患者が離れることもある。そういう背景をご承知置き頂きたい。

歴史上の多くの偉人が、今でいうノイローゼだったりしているのです。
昔は今のような薬なんてありません。しかしこの人達は「生き方」を変えることでそこから脱却している。

現在の薬は、脳内物質の補助的な役割のものが多いです。
例えば長年に渡るストレスで、特定のストレスホルモンが多く分泌されるようになってしまった。
これを薬で補うこともできます。
しかし生き方を変えれば、例えばこのストレスホルモン自体が再び減ることもある。
或いは減らなくても、他の脳内物質がそれを補う形となることもある。
或いは又、脳内物質の出方が改善されなくても、「それが自分なんだ」という生き方をすることで、
心が安定する人もいる。

そして実は、一番大切なことは、私は幼児期の親との関わりを見直すこと、だと思っています。
私自身思春期からずーっと苦しみ、森田療法的な生き方でなんとかやってきましたが、
何かが? 何かがこれだけでは足りない、と常にボンヤリ感じていました。
それがすっきりとして、いよいよ生き易くなったのは、幼児期の親との関わりを見直したことです。
それは学問で言えば「パーソナリティ障害」の関係です。

パーソナリティ障害の考え方は比較的新しいです。
それで、例えば一卵性双生児を何千組も追跡調査するわけです。
一卵性双生児は遺伝子が同じです。しかし何かの事情で幼児期に別々の親に育てられる。
すると、一人は不安神経症などになり、もう一人はならない、ということがある。
そういう調査などにより、結局は生来持ったものよりも、むしろ親との関係の方が影響が大きいと。
そういうことが分かってきたのです。よって一番大切なことは、幼児期における親との関係であると。
本当に先天的な要因だけで不安神経症などが起きるのであれば、これは一体どうしたことか、ということです。
果たして薬を飲めばそれでいいのか、それしか道はないのか、ということです。
不安神経症に関わる生来の遺伝子的要因を持ち合わせていても、
健全な親に育てられれば不安神経症にはならない、そういうことがあるのです、現実に。

もしも例えば森田療法が大儀だと感じるようでしたら、このパーソナリティ障害からの入り口もあります。
又、森田療法だけをご経験されている方も、加えてこちらも考えて頂くとより良い場合も多いと思うのです。

一番いけないのは、自分は病人だということにして自分を特別視し、回りにも特別な態度を要求し、
病気に逃げる態度です。こういう態度だとますます薬の量が増える可能性が大いにある。
つまり言い換えれば、ここからここまでが病気だ、という線引き、これはある意味間違っている。
ある意味ですよ。

私がこういう話をすると、薬にどっぷりとはまっている人から、よく攻撃を受けます。
そういう人は私の話で、どこか心がチクチクと痛いからそうするのだと思う。

勿論医師の適切な判断において、薬が必要なら飲まなくてはいけません。
しかしそれだけではない。同時に「生き方を見直す」ということを是非並行して下さい。
必ず今より良くなると思う。これは実際の私自身の体験です。

素晴らしい体験談ですね。私にとっても森田療法は大変に大きなものでした。

巷には薬づけになっている人が随分と多く、その人達の考え方の間違いというのは、
なかなかやっかいなものです。今日の日本の医療制度のせいもあるのです。

例えばメタボな体だと。それで尿酸値が高い。或いは血糖値でもいいです。
そして内科に行く。医師は「体重を落とした方がいいですよ」と言って薬を出す。
しかし多くの患者はなかなかダイエットしない。
もし口うるさく医師がダイエットを進めたら、患者は心苦しくなっ...続きを読む

Q強迫性障害の嘘の命令?

強迫性障害について訊きたいことがあります。
相談というより、この考えはどうなんだろう?という質問なんですが。

対象物が上手く見られない強迫観念で苦しんでます。
私もいけないところがあるのですが、一回見てそれで上手く
見られたなら、もう、見なければ良いのに、また見てしまったんです。自業自得だということは、分かっています。それで、頭に強迫観念が
襲ってきます。また、上手く見られるように見ろ。と。
それで、何度も何度も見てしまい、ますます、苦痛が増していって
しまいます。
でも、その見ろという命令は、嘘の指令なのではないか?と。
強迫障害の強迫観念は嘘の指令だと、本で読んだことがあります。
もし、専門の方、或いは、強迫性障害を治した方がいらっしゃったら、お忙しいところすみませんが、教えてください。
どうか、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

強迫観念でとても
辛い体験をしているようですね。

私もほんの少し前まで、
あなたと同じように、
強迫観念で苦しんでいました。

強迫観念の命令は、
私の実体験からお話すると、
嘘だと思います。

強迫性障害の治療で、
高い実績を残した、
森田療法の創始者に、
森田正馬先生がいます。

森田先生の本の中に、
強迫性障害患者は、
観念と事実を区別することが
できない、と書かれていました。

森田療法の考えから、
対象物がうまく見られないことで、
なぜ強迫観念が起こるのか、
簡単に説明しますね。

強迫観念は、2つの反対観念の葛藤により
起こると森田療法では考えます。

思おうとする気持ち
→対象物を上手に見よう。

思わないようにする気持ち
→一回見てそれで上手く見られたなら、
 もう、見なければ良い。

この2つの反対観念により、
強迫行為、強迫観念は起こります。

もう1つ、強迫性障害が起こる原因は、
脳のセロトニンの調整異常が、
考えられています。

今は強迫観念が起こり、
とても辛い毎日を過ごしていると
思います。

私も、人に言えないような、
恐ろしい強迫観念で、
20年間苦しんできました。

こんな私でも、森田療法と認知行動療法、
食事療法、運動療法を組み合わせることで、
強迫性障害を、ほぼ克服できました。

最近読んだ良書に、
「強迫神経症の世界を生きて
 私がつかんだ森田療法」
があります。

きっとこの本を読むことで、
強迫観念も和らぐと思いますので、
ご参考下さいね。

1日でも早く、強迫観念の苦しみから、
あなたが解放されますように。

参考URL:http://rinhakugin.blog110.fc2.com/

強迫観念でとても
辛い体験をしているようですね。

私もほんの少し前まで、
あなたと同じように、
強迫観念で苦しんでいました。

強迫観念の命令は、
私の実体験からお話すると、
嘘だと思います。

強迫性障害の治療で、
高い実績を残した、
森田療法の創始者に、
森田正馬先生がいます。

森田先生の本の中に、
強迫性障害患者は、
観念と事実を区別することが
できない、と書かれていました。

森田療法の考えから、
対象物がうまく見られないことで、
なぜ強迫観念が起こるのか、
...続きを読む

Q強迫性障害に疲れました。

この病気になり昔のことを良く思い出します。

その1つに20年前の元気だった頃に良く出掛けていた所
(東京都文京区湯島3丁目・・・)へ電話を掛けたら

昔と違い対応が悪く

教えて欲しいことを訪ねても

「来ればいいでしょ!(怒っている言い方)」と言われ

今は行ける気力がないので

「何度も教えて下さい」と電話をしてしまいました。

すると、相手は訳の解らない事を言いだしてきました。

「何度も電話してきて・・・もしもし、あなたの正体わかったよ!」
「7年前はお母さんに何度も電話したんですよ」
とか色々言われました。全部、電話の内容は録音しています。
7年前とか意味不明な言葉が連発されました。
??状態でした。

最後は「警察に連絡します」と言ってガチャギリされました。
事件を起こしていないので民事ですし、私は暴言一つ言っていません。

店の名前を晒したいぐらいですが・・・。

この文章を書いている今でも電話の内容が脳裏を離れず
気持ちが悪くお腹が痛いです。

強迫性障害になってから、何でも知りたくなってしまう・・・。

辛いです。治す努力は長年していますが治りません。

頭に浮かんだことを知らないままでいることに我慢が出来ないのです。

知らない事が解っても連鎖反応のように次々あれこれと疑問が浮かんできます。

強迫性障害も長年、治らず遂に疲れました。

強迫性障害で「気になる事が多い人はいますか?知らない事に我慢できますか?」

私は、もうダメです。限界です。

強迫性障害のせいで「警察に通報します」とまで言われるなんて情けない。

もう生きる気力が沸いてきません。

強迫性障害の認知度の低さが、早く高くなることを祈ります。

私の頭の中は常に「気になる!」です。

長くなり申し訳ありませんでした。

最後に生きる気力が沸く言葉をくれる方はいらっしゃいますか?

すいません。

読んでくれてありがとうございました。

この病気になり昔のことを良く思い出します。

その1つに20年前の元気だった頃に良く出掛けていた所
(東京都文京区湯島3丁目・・・)へ電話を掛けたら

昔と違い対応が悪く

教えて欲しいことを訪ねても

「来ればいいでしょ!(怒っている言い方)」と言われ

今は行ける気力がないので

「何度も教えて下さい」と電話をしてしまいました。

すると、相手は訳の解らない事を言いだしてきました。

「何度も電話してきて・・・もしもし、あなたの正体わかったよ!」
「7年前はお母さんに何度も電話したんです...続きを読む

Aベストアンサー

そうですねぇ・・・・
まずは治療に専念するほかないのでは?

おそらく、電話を何度も掛けられた相手のお店では、対応している間業務ができなくて、営業妨害と取られたのかもしれません。
相手にとっては、「あなたがそれを知って、どうするつもりか」見えないと、不審に感じるでしょう。
認知度が広がっても、対応する人にとっては迷惑なのかもしれませんね。あまりまわりに期待してはいけません。

ところで、どのような治療を受けられているのでしょう。
投薬だけでなく、心理療法・行動療法なども試してみましたか?

私は強迫性障害ではありませんが、メンタル疾患を長いこと病んでいます。
もう治ることはないか・・・と何度も絶望しました。でも、気分に波があるので、少し調子がいいときに図書館で精神疾患の本を片っ端から読みました。おそらくその図書館にあったその病気の本は全部読みました。
その中で、認知行動療法を知り、カウンセリングを受けて、薬もいろいろ試していく中で自分に合った薬が見つかり、現在は小康状態が続いています・・・。
そんな私からできるアドバイスは、自分の病気の本質を理解すること。そのためには知識をつけること。そして完治ではなく、症状を少しでも軽くすることを目標にすること。
知識をつけたら、主治医には「こういう治療を受けたい」「この薬を試してみたい」等、どんどんリクエストすることです。

現在質問者様はうつ状態になっているのかもしれません。しっかり心を休めて、少し元気が出てきたら、少しでも自分にいいことをはじめてみてください。必ず良くなりますよ!

そうですねぇ・・・・
まずは治療に専念するほかないのでは?

おそらく、電話を何度も掛けられた相手のお店では、対応している間業務ができなくて、営業妨害と取られたのかもしれません。
相手にとっては、「あなたがそれを知って、どうするつもりか」見えないと、不審に感じるでしょう。
認知度が広がっても、対応する人にとっては迷惑なのかもしれませんね。あまりまわりに期待してはいけません。

ところで、どのような治療を受けられているのでしょう。
投薬だけでなく、心理療法・行動療法なども試してみま...続きを読む

Q強迫性?再確認行為をなんとかしたい・・・

40代・A型です。仕事するにも掃除するにも元々なにかと細かい神経質な質でしたが、

ここ最近になって、やたらと強制的に確認行為がひどくなってきました。

自分でもわかってるつもりで異常なくらい、何度も何度も確認しても、余計な疑惑を持ち、

そこからまた再び何度も何度も確認して、すごく疲れてしまいます。

他人の事や、友人の家、会社の中等々は、なんともちっとも気にならないのに、

自分の事となると、全く放っておけなくなります。

ひどいのは、就寝前の夜中です。

家全体の窓サッシは閉まってるか?家中にある水道の蛇口、水は出てないか?風呂場はどうか?

冷蔵庫のドアは?玄関や勝手口の鍵は?ガスの元栓は?暖房器具の電源はOFFか?

各家電の電源は?換気扇は?エアコンは?

そして、いくら悪天候でも夜中に家の外に出て、物置の戸・窓はちゃんと閉まってるか?

灯油タンクでの容量チェック、外の水道の蛇口、クルマのドアやライトの確認・・・等々

これらを毎日、全部納得できるまで何度も何度も確認して自分の部屋に戻るまで、

一時間以上もかかってしまいます。家族も同居していますが、家の周りの確認は、

自分の担当になっていて、自分以外は誰もチェックしません。

夜中に確認行為のため、バタバタと行動するので、たまに家の人が出て来て

「いったい、なにしてんの?」と、変なやつだと思われているところです。

なぜこんなことになってしまったのか・・・以前に実際、知らないうちに野ネズミが家の中に

迷い込んで入ってきて、あちこち家財がカジられて被害を受けたことがあります。

あと、家族の誰かが、やったんでしょう・・・水の出しっぱなし状態や

ガスの火つけっぱなしの空焚き状態などに出くわしたことがあります。

うちではありませんが、同じ町内で灯油タンクから抜き取る灯油泥棒が現れた事件がありました。

それらの被害に出会うまでは、そんな異常な確認行為はしてませんでした。

むしろ、簡単に水道の蛇口とガスの元栓くらいしか見てませんでした。

それからたまにですが、確認してる時にその確認箇所をしばらく見続けて、

ボーっとなんでもない妄想に入ることもあります。

自分を自分でせめて、怒りながら「なんでこんなに確認しなきゃならないんだ!」と

キレておかしくなるときもあります。

そしてその確認行為が終わり、自分の部屋に入り、晩酌したりテレビ見たりしてますが、

不思議なことにその時は全然気になりません。布団に入って朝になるまで全く気になりません。

つまり、過度の確認行為が終わるとホッと安心してるみたいです。

異常な確認行為以外については、特にきれい好きでもなく、多少の汚れとか目に入っても、

「まッ、あとで掃除してやるからね」と軽く見逃します。

ばい菌とかもあんまり気にせず、手を念入りに洗うほうでもありません。

でも掃除・片付け等になると、なんもそこまでやらなくても・・・と言われるくらいやはり細かくなります。

ネジとかも目に入ると、サッとドライバーを手に取り、納得いくまで何度もゆるめたり締めたりして・・・

その過度のドライバーの使いすぎで、手の皮が剥けるほどです。

以上、なにかと細かい自分なりに、細かく確認行為の状況を述べてみました。

とにかく、毎日のことでマジで疲れます。どうしたら確認の回数を減らし、夜の見廻りの時間を

短縮させることができるでしょうか? 

こうゆうことに経験ある人でも関わりのある人でも構いませんが、

どなたかご教授のほどよろしくお願いします。

精神科とかの病院の診察のアドバイスは要りませんので・・・

40代・A型です。仕事するにも掃除するにも元々なにかと細かい神経質な質でしたが、

ここ最近になって、やたらと強制的に確認行為がひどくなってきました。

自分でもわかってるつもりで異常なくらい、何度も何度も確認しても、余計な疑惑を持ち、

そこからまた再び何度も何度も確認して、すごく疲れてしまいます。

他人の事や、友人の家、会社の中等々は、なんともちっとも気にならないのに、

自分の事となると、全く放っておけなくなります。

ひどいのは、就寝前の夜中です。

家全体の窓サッシは閉まって...続きを読む

Aベストアンサー

レスありがとうございます。
私自身かつて、ご質問者様と同じような状態にありましたが、今は森田で全治しております。
ご質問者様の各回答者様へのお礼文を拝見すれば、森田療法が合っている方ではないか、と感じております。
それは「治そう」という、しっかりとした意志のある方だな、と思われるからです。

実は元々、森田療法が対象としていたのは神経質・強迫観念の人だけであり、
強迫行為のある人は、対象としていなかったのです。
それが後年になって、強迫行為のある人にまで治療範囲が広がっていったのです。
強迫行為のある人は一般に治りづらく、学習だけでは歯が立たないこともあります。
しかし勿論、絶対にそうだというものでもありません。

それで、もし元より学習だけでは歯が立たない人が「学習だけで治る」といった本など読めば、
これはどうしても、森田療法全体に対して不信感をお持ちになる可能性が出てきます。
「学習だけで治るなどといって、全然良くならないではないか」と。

ですからまずはと、良書と思われる書籍をお薦めした次第です。
読書によって はかばかしい改善がなければ、受診治療、入院治療もあります。
森田療法は最終的に、一切薬を飲まない状態になることを目標としており、
そこまで改善した人も沢山おります。

又森田療法は「森田」と個人名が付いていますので、新興宗教の類と誤解されることもありますが、
れっきとした精神医学の一分野ですから、ご安心下さい。「森田療法 治癒率」で検索されるのもよいと思います。

お元気になられることを、心よりお祈りしております。

レスありがとうございます。
私自身かつて、ご質問者様と同じような状態にありましたが、今は森田で全治しております。
ご質問者様の各回答者様へのお礼文を拝見すれば、森田療法が合っている方ではないか、と感じております。
それは「治そう」という、しっかりとした意志のある方だな、と思われるからです。

実は元々、森田療法が対象としていたのは神経質・強迫観念の人だけであり、
強迫行為のある人は、対象としていなかったのです。
それが後年になって、強迫行為のある人にまで治療範囲が広がっていったの...続きを読む


人気Q&Aランキング