カメラには、露出補正ボタンがついていて、自動的に補正してくれるのものもありますが、コンパクトカメラの場合には、この機能がない場合があります。そういうときには、プリントに出すときに、一言、被写体に露出を合わせてプリントしてくださいと言った方がいいのでしょうか?それとも、明らかに逆光だとわかるような場合には、プリント側で補正してくれるのでしょうか?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

普通程度に丁寧なラボだったら、おっしゃるように補正を頼めば、だいだいやってくれます。


ただし補正の限界はありますから、撮影時に気をつけるに越したことはありません。
補正の無いカメラではQ2kiraiさん(なんて面白いネーム・・・私も嫌い)の言うとおり、強制的にストロボを発光するか、撮影時になるべく空が入らないように写る人の足元などにピントを合わせて、シャッターを半押しにしたまま構図を元に戻してやると、露出がロックされているカメラも多いと思います。
    • good
    • 0

 機械による自動プリントの場合は、オペレータによっては装置の設定を調整して対応してもらえる場合もありますが、おそらく希望通りの結果は得られないと思います。



 また、手焼きを依頼する場合でも、特に指定が無い限り「プリントマン」が気を利かせて大きな補正を加えるようなことは無いようです。
 露出や色調などの判断は主観的なものです。どの程度の補正が必要なのかは撮影者にしか判りませんから、プリントを依頼される際には要望を詳しく書いたメモや参考になるような写真を添えられると良いでしょう。(プリント技術者にとっては大助かりです。)

 大きなサイズでプリントする場合は、まず小さなサイズで希望通りの結果が得られるまで二度三度と焼き直しを依頼し、納得のゆくプリントが出来あがったら、そのプリントを添えて大伸ばしを依頼すると間違いが無いと思います。
    • good
    • 0

まったく関係ないけど(masadayoさんごめんなさい)


「ヒョウタンツギ」だって面白すぎる。あの絵、書くの得意でした。

マニュアルのカメラだったら、露出を変えて数枚撮っておけば
いいんですが、露出がオートしかなければ、露出計の窓を「色セロファン」
とかNDフィルターなんかで隠して騙すという方法も有効かもしれませんね。
    • good
    • 0

手焼きのときなら、指定が可能だと思いますが高くつきます。


同時プリントのときは焼くのも自動ですから、思ったとおりには
ならないんじゃないでしょうか。(毎回できあがりが変わったりしますね)

コンパクトカメラでの解決法としては、逆光のときは強制的にストロボを
同調させればいいのではないかと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中判カメラは露出補正できないのですか?

中判カメラの初心者です。中古カメラ店で、中判カメラ(マミヤRZ67プロII)のスリガラス?を見たとたん欲しくなって買ってしまいました。今まで、35mmのカメラで片目で見ていたものが、両目で写真を見るような状態がよかったです。それで、よく見たところ露出補正のダイヤル的なものがないようですが、中判カメラは露出補正はしないで撮るのでしょうか?
たとえば、この被写体は、f11、1/125で撮ろうとしたなら、ちょっと明るくしたいなら、シャッタースピードを1段下げるとかするのでしょうか?
また、そのとき1/3ずつの露出補正はできないのでしょうか。前記の言葉は、知っている言葉を並べただけです。初歩的なことで、中判をやるとは思えないとアキレカエルとは思いますが。教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

・露出補正の有無は、AEやプログラム(自動露出)の有無によるもので、中判も35mmも関係なし。
→Pマークに合わせれば勝手に絞りとシャッター速度をカメラが決定してくれるカメラ。
→Aマークに合わせれば、現在の絞り値から勝手にシャッター速度をカメラが決定してくれるカメラ。
→Sマークに合わせれば、現在のシャッター速度から、勝手に絞り値をカメラが決定してくれるカメラ。

⇒つまり、カメラが決めた自動露出の数値に対して、人間が適当に加減する機能が露出補正。
・露出計だけが内蔵されていて、露出計の値を参考に、人間が絞りとシャッター速度を手動でセットするマニュアルカメラには露出補正機能はありません。
当然ながら、露出計の内蔵されていないカメラにも露出補正はありません。

「マミヤRZ67プロII」にAEプリズムファインダーを取り付ければ、AEも使え露出補正機能もあります。
http://page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w34234358

Q露出補正とISO感度

初代645を買ったんですけどど、露出補正はISO感度で行えば1/3は出来ますよね?

これって例えばISO100のフィルム時に-1.3にEVに補正したいときは、感度を250に設定した方が
いいのか、露出補正ボタンで-1.0にしてからフィルム感度を125に設定するとでは同じ事になるのでしょうか?

Aベストアンサー

No1の方のようなことがあるから使用機材の名称はしっかり記載しましょう。
またカメラについては「趣味 > AV機器 > カメラ全般」という専用のカテゴリーがありますので、そちらで質問をすることをおすすめします。

これまでの質問から、ペンタックスの初代645をお買いになったようですね。
たしかあのカメラは設計が古く、露出補正が現在のカメラのような1/2段や1/3段ではなく、1段ステップだったと記憶しております。
そうしたカメラでは確かにフィルム感度で調整することはあります。
今回のような場合、-1.3段の調整はどちらの方法でも可能ですが、補正の戻し忘れの防止からみて、フィルム感度での補正のみのほうがいいと思います。

Qデジタル一眼レフカメラと被写体との正対

被写体とカメラのレンズを正対させる簡単な方法はありますか?
または、正対しているか簡単に確認する方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

以前、数メートルサイズの絵画を複写した際、完全に正対させていないと歪んで写るので、ヒモを使って二等辺三角形の頂点にカメラが来るようにしました

絵画は鉛直器、カメラは水準器で水平垂直を出しました

Q一眼レフカメラの露出補正・絞りなど。

写真は好きですが、正直に言えば「なんちゃって写真好き」というレベルです。
基本的には旅行の写真が主なので、その時はコンパクトカメラ(全然コンパクトじゃない重さですが(^_^;))を持って行きます。そういう場合、構図以外は大して気にしていないのですが、年に2回ほど、気が向いて「写真を撮りに行く」ことがあります。
しかし年二回では、なかなか一眼レフが扱えるようになりません。

構図と、使用レンズについてはなんとなく頭に入ってるかなあ、という感じもするのですが(成功するかどうかは別問題)、露出補正と絞りに関しては実にあやふやです。
やはりこれは、メモなどをして地道に覚えていくしかないのでしょうね?よく「何段階か並べてみると違いがわかる」といわれますが、みなさんもやはりそのようにして覚えました?
ただでさえカメラが重いので、撮っているうちに体力を消耗し、メモを取ることが面倒になってしまいます。覚えるコツなどあれば嬉しいのですが、やはり「覚えるまでひたすら撮りまくる」しか方法がないのでしょうか。「この天気でこれを撮って、この補正をしたらこの写真になった」……これを覚えるまでにはものすごく経験が必要な気がするのですが……。

みなさんどうやって覚えました?
まとはずれな質問かもしれませんが、経験談を教えて下さい。

写真は好きですが、正直に言えば「なんちゃって写真好き」というレベルです。
基本的には旅行の写真が主なので、その時はコンパクトカメラ(全然コンパクトじゃない重さですが(^_^;))を持って行きます。そういう場合、構図以外は大して気にしていないのですが、年に2回ほど、気が向いて「写真を撮りに行く」ことがあります。
しかし年二回では、なかなか一眼レフが扱えるようになりません。

構図と、使用レンズについてはなんとなく頭に入ってるかなあ、という感じもするのですが(成功するかどうかは別問...続きを読む

Aベストアンサー

>露出補正と絞りに関しては実にあやふやです
>「覚えるまでひたすら撮りまくる」しか方法がないのでしょうか。「この天気でこれを撮って、この補正をしたらこの写真になった」……これを覚えるまでにはものすごく経験が必要な気がするのですが……。
ほんと大変ですね。
>みなさんどうやって覚えました?
人生、写真のことだけではないですが、勘や経験だけで覚えようとすると、それなりに進歩はするでしょうが、とても長い時が必要で、おそらく一生かかってもあやふやな感じは残ってしまうのではないでしょうか。
私の場合は、経験と平行してできるだけ専門書を探して勉強しました。最近は、ハウツー物が多くてなかなかまとまったものが見当たらないので、ご紹介できないのが残念ですが探してご覧になることをお勧めします。
ここは一つ、ほかの事と同じに理論や法則があるものならば、それを勉強したら、ずっと楽になるのではないでしょうか。

ご質問の範囲での勉強する点を簡単にまとめます。
露出補正と絞りとは切り離して別に考えた方が良いと思います。
まず絞りですが、シャッタースピードが自由になるなら、絞りは、ピントが合う範囲とぼかす範囲を決めるためにだけ使用します。つまり被写界深度のことです。
全体にピントを出すか。人物に合わせて背景をぼかすか。女性のまつげだけアップにするかなどです。

露出補正は、露出計(単独でも内蔵でも)を使用した上で適正露出にするために使います。
なにが適正露出かは、あなたが写そうとしているもので決まります。カメラや露出計は、機械なのであなたの興味を持ったものが何か知らないからです。
カメラの測光は、どの範囲を測っているかを理解します。スポット測光か、平均測光か中央部重点平均測光かを目的にあわせます。
風景でしたら、空に合わせるのか、地上のどの部分にあわせるか。空は白にするか青か。
逆光の女性でしたら、顔を写すのかシルエットなのか。
夕景でしたら、明るくするのか暗くするのかなど。

要は、基本と応用ですから、考えながらということになりますか。やはり経験は重要です。

>露出補正と絞りに関しては実にあやふやです
>「覚えるまでひたすら撮りまくる」しか方法がないのでしょうか。「この天気でこれを撮って、この補正をしたらこの写真になった」……これを覚えるまでにはものすごく経験が必要な気がするのですが……。
ほんと大変ですね。
>みなさんどうやって覚えました?
人生、写真のことだけではないですが、勘や経験だけで覚えようとすると、それなりに進歩はするでしょうが、とても長い時が必要で、おそらく一生かかってもあやふやな感じは残ってしまうのではないでしょう...続きを読む

Q一眼レフカメラにて逆光撮影のコツを教えて下さい。

皆様こんにちは

是非とも教えて下さい。
NikonのD50を使用しておりますが、先日海で逆光の撮影に非常に苦労しました。
元々カメラの知識は殆ど無く、普段からオートモードで撮影しております。
逆光にて人を撮影しようとすると、どうしても人物が真っ暗になってしまいますよね?
フラッシュを強制的に使用すると不自然な色になってしまうし…
こういった時、皆さんはどのように撮影しているのでしょうか?
良く撮影の現場で大きい銀紙を貼り付けた様な板を持って、被写体を照らしたりしていますが、ああいった物が必要なのでしょうか?

是非とも教えて頂ければ幸いです。
宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

せっかく一眼レフをお持ちなんですから、オートモードではなく、Aモード 絞り優先モードを使われてはどうですか?シャッター速度はカメラが適正にしてくれますので、そんなに大変ではないですよ。
人物だったら、絞り優先 開放にするとオートモードよりも背景が適度にぼけて、よりいっそう人物が浮き立つと思うんですが・・・。

自分は花がメインですが、露出は身に付くまでなかなか大変でした。暗くしたくても明るくなってしまったり、白い花など色飛びしたりなどなど。

私は、逆光の場合、露出補正をしています。光の具合で、+1だったり、+2だったりその時の天気や時刻によって色々。デジカメのいい点は、その場ですぐ状態が確認出来ることですよね。露出は或る程度、経験が必要になってくるものです。tsubo1974さんも、数を撮ることです。直しがきく相手ならば、その場で色々露出を替えてみては?

花の場合は、フラッシュは使いません。やっぱり不自然な色になってしまいますので。

私は使ったことはないのですが、補助光として白い物(板以外にも、布、白い紙でも使えるんですよ。スタジオなんかはそうしてますし)もありかな、って気はします。銀は光が強すぎる、て言うか、堅い光になってしまって、人物(特に女性や子供)には不向きな気がします。

せっかく一眼レフをお持ちなんですから、オートモードではなく、Aモード 絞り優先モードを使われてはどうですか?シャッター速度はカメラが適正にしてくれますので、そんなに大変ではないですよ。
人物だったら、絞り優先 開放にするとオートモードよりも背景が適度にぼけて、よりいっそう人物が浮き立つと思うんですが・・・。

自分は花がメインですが、露出は身に付くまでなかなか大変でした。暗くしたくても明るくなってしまったり、白い花など色飛びしたりなどなど。

私は、逆光の場合、露出補正を...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報