質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

普段は住宅配線をメインでやっている工事屋です。
先日手伝いで大きな現場に行った時、アースの配線図を見ると、A、B、C、D種は理解してるのですが、E、ELBと表記されている物が分かりません。

調べてみたところ
http://www.denki.or.jp/counseling/details.cgi?id=7
ELBアースというもので、漏電遮断器で保護されている電路に接続されている機器のD種接地のことと理解したのですが間違っていますでしょうか?
住宅配線の場合は全ての接地が当てはまることになりそうですが。

また住宅配線では接地線は必ず緑を使っていますが、大きな現場では黄色や黄地に緑線が入っている物も見かけました。
これは、漏電遮断器で保護されていない電路に施設された機器の接地線は緑色を使い、
漏電遮断器で保護されている電路に施設された機器の接地線は黄色を使うということですか?
黄色線は以前は黄色に緑ストライプの線を使うこともあったが最近は黄色が主流?

漏電遮断器で保護されていない電路に施設された機器とは具体的にどのような物があるのでしょうか?

2オーム以下なら共用も可能ということですが
D種で2オーム以下なんて出ることあるのでしょうか?

電気的な回答と現場的な回答を頂ければ非常に助かります。
分かる方よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>ELBアースというもので、漏電遮断器で保護されている電路に接続されている機器のD種接地のことと理解したのですが間違っていますでしょうか?


●そのとおりです。

>住宅配線の場合は全ての接地が当てはまることになりそうですが。
●メインに漏電ブレーカーを使用している場合はそうですね。

>接地線の色
●アース線(接地電線、接地線)の色は、日本では内線規定で緑色または緑/黄色のしま模様の線か、それ以外の線では緑色の標識を付けるように決められています。黄色の場合は緑色の標識をつけていると思います。

>D種で2オーム以下なんて出ることあるのでしょうか?
●ビルの建設などにおいては、アース棒というのではなく、アース網というべきアース極を敷設すれば低抵抗が得られます。
単に接地棒+接地抵抗低減剤では2Ω以下というのは難しいでしょうね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

具体的な例を挙げて解説していただき非常にわかりやすかったです。
ありがとうございました。
また機会がありましたらアドバイスよろしくお願いいたします。

お礼日時:2008/03/25 00:02

#1です。

質問に対する回答を漏らしておりましたので追記します。

>漏電遮断器で保護されていない電路に施設された機器とは具体的にどのような物があるのでしょうか?
● 「電気設備の技術基準の解釈」第40条により、原則として漏電ブレーカの設置は必要であるとし、下記に掲げる場合(抜粋)は対象外としています。
 ◆乾燥した場所に施設する場合
 ◆対地電圧150V以下で、水気のない場所に施設する場合
つまり、乾燥した場所で使用する機器への配線には漏電遮断器の設置義務はないことになります。
    • good
    • 2

内線規程に共用禁止の項目があります。


ELBで保護された負荷と、ELBを使わず、漏電で自動遮断できない
MCCBなどで保護された負荷を、同じD種接地であっても、共用しては
いけないという意味です。
接地線を共用した場合、非保護機器で漏電が起きた場合、
ELBで保護された機器も電位が上昇し危険となります。
そのため、接地線の共用は内線規程で制限されています。
規定の条文は以下に示します。

内線規程 1350-13    接地線及び接地極の共用の制限
漏電遮断器で保護されている電路と保護されていない電路に施設される機器などの接地線及び接地極は、共用しないこと。 
ただし、2Ω以下の低抵抗の接地極を使用する場合は、
この限りではない。

漏電遮断器で保護されていない電路とは、ヒューズやMCCBなどの
漏電が起きても自動的に遮断できない保護機器に繋がる電路の
事です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

内線規程の条文を挙げて解説していただき勉強になりました。
ありがとうございました。
また機会がありましたらアドバイスよろしくお願いいたします。

お礼日時:2008/03/25 00:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QELBアースの廃止はいいのでしょうか

はじめまして、Ruukyといいます。
只今、電気工事の見習いとして働いています。
今、取り掛かっているのはマンションなのですが、その中で分からないことがありまして教えていただきたいのです。
設計図にEDアースとELBアースというのがありました。が、親方が
”別にEDア-スだけでもいいんじゃないか?”といってました。
親方に理由をきくと”わけてない設計図が多い”といってました。
はたしてそうなんでしょうか?新米がなにを生意気にと言われるまえに自分で勉強してみようとおもいまして、
内線規定をみてみたのですが、「漏電遮断器で保護されている回路と保護されていない回路の接地極は共用しなしこと。」
といわれる「接地線及び接地極の共用の制限」の違反になりませんか?
民間だと共用していてもいいのでしょうか?
内線規定では2Ω以下なら共用してもかまわないようですが、EDアースが2Ω以下になるとは思えませんし。
それと、設計図の中のどれがELBアースに該当するのかよくわかりません。
以下に幹線図の概略を書いてみます。
電力柱→CV-T150→引込盤にて端子受け(1)と(2)に分岐
(1)開閉器MCCB250AT→住宅幹線CV-T100 E38
→住宅盤CV-T14 E5.5 ×6件(主幹ELB60AT)
(2)開閉器MCCB75A→共用電灯盤CV-T14 E5.5(主幹ELB60A分岐MCCB20A×10,ELB20A×6)
引込盤より、IV14・・EDアース
      IV60・・ELBアース
この幹線送りの中でELBア-スに該当するのはどれなんでしょう。
EDアースよりもELBアースのほうが太いので、住宅幹線のE38がELBアースになるのでしょうか。
共用電灯盤には分岐回路で漏電遮断器とそうでない遮断器が混合していますが、本来はアースが2本いるのではないのでしょうか。
教えください。よろしくお願いいたします。

はじめまして、Ruukyといいます。
只今、電気工事の見習いとして働いています。
今、取り掛かっているのはマンションなのですが、その中で分からないことがありまして教えていただきたいのです。
設計図にEDアースとELBアースというのがありました。が、親方が
”別にEDア-スだけでもいいんじゃないか?”といってました。
親方に理由をきくと”わけてない設計図が多い”といってました。
はたしてそうなんでしょうか?新米がなにを生意気にと言われるまえに自分で勉強してみようとおもいまして、
内...続きを読む

Aベストアンサー

内線規定をみてみたのですが、「漏電遮断器で保護されている回路と保護されていない回路の接地極は共用しなしこと。」

みたいですね。

マンション・・・だと、100-200v級ですね。

低圧400v級だと、万一、事故があると、接地抵抗により、
特に、感電の危険が問題になるようですね。

100-200v級・・・だからでしょうかね?

いちよう、内線規定では、
「必要」のようですね・・・(^^
ネットで検索しましたところ。

Q漏電遮断器の原理を教えて下さい

現在専門学校で電気を勉強しているものです。

漏電遮断器の原理がいまいちよく分かりません。

特に接地(アース)していないと漏電遮断器が働かないという根拠が分かりません

電気に詳しい方、教えていただけませんか?

Aベストアンサー

一般の家庭用の100vや200vの電気は電力会社から高圧(一般家庭近くでは6,600v)で送られてきて、電信柱の上のトランスで、100vや200vに落とされて家庭に配られますが、この柱上トランスの100vの片線と200vの中性線が故障のときの安全のために地中にアース線としてつながっています。電流は電子の移動なので、必ず出て行った分と同じだけ戻ってきます。もしこれが違っていたときは電流がどこかに漏れていることになるので、この差を検出して電流を遮断するのが漏電遮断器です。まず漏電の状態を考えてみますと、電気が流れている電気製品で、電線の被服が破損して電気製品のボディーに接触したとします。この時破損した側の電線がアース側なら電位が同じなので何も起きません。また反対側でも電気製品のボディーが完全にゴムか何かの絶縁体の上に乗っていれば漏れ電流が流れないので漏電遮断機は働きません、あくまで遮断器のところを通る電流の差が規定値(50mA程度)を超えた場合のみ働きますから。ここでこの電気製品のボディーを地面に接触(アース)させると電流がボディーからトランスのアース側へと流れて漏電遮断機に流れるプラスマイナスの電流値に差が出て漏電遮断機が働くことになります。つまりこの意味で、アースしていないと漏電遮断機が働かないのであって、漏電遮断機そのものをアースする必要は全くなくまたそんな端子もありません。

一般の家庭用の100vや200vの電気は電力会社から高圧(一般家庭近くでは6,600v)で送られてきて、電信柱の上のトランスで、100vや200vに落とされて家庭に配られますが、この柱上トランスの100vの片線と200vの中性線が故障のときの安全のために地中にアース線としてつながっています。電流は電子の移動なので、必ず出て行った分と同じだけ戻ってきます。もしこれが違っていたときは電流がどこかに漏れていることになるので、この差を検出して電流を遮断するのが漏電遮断器です。まず漏電の状態を考えてみますと...続きを読む

QEB と ELB (漏電ブレーカ)

ずばり、EBとELBの違いは何ですか?
実は、家の分電盤の電力会社のリミッターが30Aで、時々切れてしまうため、40Aに取替えを電力会社に依頼したら、
「まず、今ついている30AのEBを30AのELBまたは40AのELBに交換してからでないと出来ない。」と言われました。
取替えは工事屋さんに頼みますが、自分でもいろいろ知っておきたいと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ELBはEB(漏電遮断器)とLB(負荷遮断器)の両方の機能を持ったものです。
30AのEBは30A以上流せない漏電ブレーカーで、30A以上流れているときや、30A以上流れている状態で漏電発生による遮断動作時にブレーカーが故障する可能性があります。
30AのELBは30A以上流れた場合または漏電したとき遮断するブレーカーです。

40A契約でなぜ30AのELBかと言うと、
40Aリミッターは単相3線式回路の中線を除く両回線の合計電流40A以上で動作する機能を持っています。40A契約というのは100V利用時換算で40Aということですから単相3線式の場合は20A+20Aや30A+10Aというような使い方となります。
それに対し、30AのELBはどちらか一方の電線に30A以上の電流が流れた場合動作するという機能となります。30AのELBでは最大60A使用が可能ですが最悪30Aしか使えないという場合があります。リミッターが契約目的、ELBが電線保護と目的が違うため機能にも差が有るということです。
40Aのリミッターでは最悪の場合、片線に40Aの電流が流れる可能性があるため、EBの破損や電線の焼損につながる恐れがあることから電力会社では取替えの要請を出したものと思われます。
googonさん宅の工事ではgoogonさん宅の電線太さを確認して30Aか40Aかの選択になるものと思われます。

ELBはEB(漏電遮断器)とLB(負荷遮断器)の両方の機能を持ったものです。
30AのEBは30A以上流せない漏電ブレーカーで、30A以上流れているときや、30A以上流れている状態で漏電発生による遮断動作時にブレーカーが故障する可能性があります。
30AのELBは30A以上流れた場合または漏電したとき遮断するブレーカーです。

40A契約でなぜ30AのELBかと言うと、
40Aリミッターは単相3線式回路の中線を除く両回線の合計電流40A以上で動作する機能を持っています。4...続きを読む

QMCCBとELBの使い分けについて

添付画像のように、ELB→MCCBと単線が接続されているものを、右の矢印のように変更します。

その際に、黄色く記した場所がMCCBでいいのかなと思うのですが、ELBにした方がいい理由がわかりません。

下の2つのMCCBは各機械に接続されてるために、分岐前にさらにELBの方がいいのでしょうか?
逆に全部ELBの方がいいのでしょうか?

電気詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

要点:
(1)原則として、移動式もしくは可搬式の電動機械器具に供給する電路(コンセント回路と考えて良い)には漏電しゃ断器を設置しなければならない。(労安則333~4条)
(2)原則として、電圧60V超過で人の容易に触れるおそれのある金属製外箱の機械器具には漏電しゃ断器を設置しなければならない。(電技40条)
(3)電気用品の型式認証のある漏電しゃ断器を機械器具内に取り付けた場合には電路に漏電しゃ断器を付けなくても良い。(電技40条)
(4)一次が特高または高圧で二次が300Vを超える電路では、受電室等の引出口付近に漏電しゃ断器を設置しなければならない。(電技40条)

と言ってどこにでも取り付ければ良い訳ではないのです。
図に示してあるように、電路の最初に漏電用遮断器(中性線欠相保護付)を入れて配線用遮断器(サーキットブレーカ)を入れるのが基本です。
理由は、分岐に漏電遮断器を入れても主幹(電路の最初)に入れても効果が同じであるため、値段を考えると主幹に入れるのが経済的となります。
しかし、主幹にサーキットブレーカ(中性線欠相保護付)を入れて分岐を漏電ブレーカとする場合もあるようですが、これは分岐に原因不明の不具合が発生したり、一部の分岐に漏電が発生しやす時にのみ行う場合がありますが、ほとんどは基本の通りです。
それと、適当にブレーカを配置すると規定違反となり、電気の供給ができなくなるようです。
その前に直すので、ほとんどは問題ないようですが。

要点:
(1)原則として、移動式もしくは可搬式の電動機械器具に供給する電路(コンセント回路と考えて良い)には漏電しゃ断器を設置しなければならない。(労安則333~4条)
(2)原則として、電圧60V超過で人の容易に触れるおそれのある金属製外箱の機械器具には漏電しゃ断器を設置しなければならない。(電技40条)
(3)電気用品の型式認証のある漏電しゃ断器を機械器具内に取り付けた場合には電路に漏電しゃ断器を付けなくても良い。(電技40条)
(4)一次が特高または高圧で二次が300Vを超える電路で...続きを読む

Qアース線の色について

アース線の色について、「緑色」と「緑と黄のストライプ」とは、何か区分はあるのでしょうか?
こういう規格の機器にはこの色を使いなさい、というような…

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

IEC規格ではストライプと規定されていますが、
日本ではもともとアース線の色については決まった規格等が何も無く
昔からの慣例でいつのまにか緑色が定着してしまったようです。

ですのでCEやCSAなどの規格を通す場合は緑/黄のストライプ使用ですね。
日本ではどっちでもいいと言うのが実態ですが、使い慣れた緑を使うのがまだまだ一般的みたいですね。

Q接地線の太さについて教えてください。 内線規定1350表を見たのですが

接地線の太さについて教えてください。 内線規定1350表を見たのですがいまいち
理解できません。

今 次のような幹線があります。

L1 300AT CVT250Sq から 分岐で L2幹線 100AT CVT60sq と L3幹線 100AT CVT60sq

があります。 こういた場合 接地線の太さは どうなるのでしょうか?

ご指導お願いいたします。

Aベストアンサー

内線規定の後ろの方で資料1-3-6を見てください。
トリップ値X0.052で電線サイズです。
トリップ値でなくフレームで計算する人もいます。(トリップ値変更されても大丈夫なように)
幹線サイズから計算する人もいます。(幹線が足りるのに接地線が足りないのはNG)
人それぞれ、建物用途、使い方等から判断してください。
個人的には、接地母線は低圧配電盤の最大フレームから算出し、分岐ばトリップ値から算出がよいと思います。。

Q接地極間の距離

今 既設コンポールにA種の接地線と 多分 避雷器用?の接地が立ち上がってます。

このコンポールに盤を設置したく、コンポール付近に D種の接地を個別に

打設(接地棒)でしたいのですが、既設 A種及び避雷器用の接地極からの離れに規則は

あるのでしょうか? また コンポールからの離れの規則はあるのでしょうか?

ご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。

Aベストアンサー

接地極敷設条件を箇条書きすると、下記になります。
A種、B種接地工事
・金属体との、1mの水平離隔又は、0.3mの垂直離隔が必要。
・埋設深さは0.75m以上。
・接地線保護は、地下0.75~地上2mの間に合成樹脂管を施設。

C種、D種接地工事
・重要点は特になし。

つまり、C種D種の接地工事については、厳しい規程がありません。
接地抵抗値が適正で、電線保護が出来ていれば良いのです。
接地極を、コン柱より離す必要もありませんし、A種接地極と離す必要も無いわけです。
ただ内線規程では、避雷針用の接地線とその他の接地線は、2m以上離隔する必要があるとしているので、避雷器の雷サージ対策のA種接地極とは、少し離した方が良いと思います。
もう一つ、公共工事では電気通信設備共通仕様書で、C種D種も、A種B種と同様に敷設するとありますので、上記規程に合わせる必要があります。

ちなみに、接地極相互の距離に対しての条文はありません。
金属体とは、地中に埋まっている金属体が、地上にも露出しているものを指しており、接地極のような地中に埋まっているだけものに対してではありません。
つまり、高圧の地絡による電位上昇や電流が、金属体を伝って人体に影響を与えないよう求めた条文なのです。
埋設深さや、接地線保護の条文も、同様の観点で規定されています。

接地極敷設条件を箇条書きすると、下記になります。
A種、B種接地工事
・金属体との、1mの水平離隔又は、0.3mの垂直離隔が必要。
・埋設深さは0.75m以上。
・接地線保護は、地下0.75~地上2mの間に合成樹脂管を施設。

C種、D種接地工事
・重要点は特になし。

つまり、C種D種の接地工事については、厳しい規程がありません。
接地抵抗値が適正で、電線保護が出来ていれば良いのです。
接地極を、コン柱より離す必要もありませんし、A種接地極と離す必要も無いわけです。
ただ内線規程では、...続きを読む

Qブレーカー容量のだしかた

ブレーカーの定格電流のだしかたを教えていただきたいのですが?
単相100/200Vのときと、三相200Vのときです。
例えば20Kwのときはどうすればいいのでしょうか?のように例えを入れてくだされば幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>12000/(200/1.732)=34.64Aでいいのでしょうか?このような場合ブレーカー容量は40Aでいいのでしょうか…

ブレーカー容量は電線の太さで決まり、電線の太さは許容電流と電圧降下で決まります。
許容される電圧降下を1%とすれば、電線こう長12mまでVVケーブル8mm2でよく、ブレーカーは40Aです。
電線こう長が12mを超え21mまでなら14mm2で50A、21mを超え33mまでなら22mm2で75Aとなります。
電圧降下が2%とか3%とかまで許されるなら、電線こう長はそれぞれ2倍、3倍となります。

QELCBアースってなに?

お世話になります。

ELBアース?(ELCBアース?)なるものがあるそうですが
これはどのようなものなのでしょうか?

役所の仕事で指示されているのですが、
2000年度版の内線規定のP83の1350-13にある通り
みたいなのですが、この解釈がよくわかりません。

工事の内容は浄化槽の水中ポンプ(3φ200v)の電源工事なんです。

私の解釈を書きますと、
ELCBアースは水中の中にあるポンプ本体のアースを
バン内にあるアース端子台には接続せず、
地中に埋設されてあるアースと直接接続されていいること。

そして通常のアースはバンのアース端子台から
地中に埋設されてあるアースと接続する。

このような考え方でよいのでしょうか?
あさって工事に行きます。
よろしくご指導ください。

接地の値はどちらもEDで100Ω以下でよいと思います。

Aベストアンサー

その考えの通りです。
通常アースD種100オーム以下とは別のアースを
もう1本取ることになりますが、少しケースアースより
抵抗値が低めが適当と思います、接地することにはあまり関係が無い様に思いますが、地球上では繋がっていることになりますね~

Qアース線は緑色、ではないのですか?

機械屋です。
最近異動してきた基盤屋さんに、試験装置の機械配線を頼んだら、青や黄色の線でアース線を引き回したのでがっかり。
しかし、あるセンサーの線は、緑が信号線で青がシールドアース。
ある三相ヒーターなどは、白・黒・緑の「単相用でしょ?」という三芯ケーブルを使って三相用。(正確には微妙な若草色)
一般的に、アース=緑色というわけではないのですか?

Aベストアンサー

No.3で回答した者です。
社内の人だったのですね。
配置転換があったり、仕事が変ったときは、
労働安全衛生法では、教育をすることになっています。
仕事の技術的な内容ではなく、安全や衛生に関して、作業者に
危険が及ばないようにするためです。
法とは別に、その人のスキルを正しく把握しないと、今回のようなことが起きるのだと思います。内線規程は建屋の工事を想定した規程ですが、内容は機器、装置、盤などの配線作業にも指針となる条文やデータが記載されています。例にあったヒータの配線太さなどは、内線規程から選定できます。人命や装置を電気事故から守るには、最低限の知識が
ないと非常に危険です。本来は電気工事士程度のスキルと知識がないとやってはいけない作業だったとおもいます。
それと、社内設備の試験装置といえども通電された分電盤、制御盤などは取扱いに、法規制があります。労働安全衛生法の「低圧電気の取扱い」の教育を受けていないと、
違法行為になります。この件も是非、教育のに一環として受講させてください。何か起きてからでは遅いですよ・・。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング