この間頭が痛い程漢文の問題に追い込まれています。
よかったら、公羊学と漢制とはどういうことですか、教えていただけないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

【公羊学】「春秋」の三つの注釈書のうち「公羊伝」を正統なものとする学問。

中国、漢代に成立したが、清代末期に、魏源、康有為が出て盛んとなった。その特色は、孔子を天命を受けた改革家としてとらえ、したがって社会の改革を肯定、実践することにあり、戊戌(ぼじゅつ)の変法の原理となるなど、当時の思想界に大きな影響を与えた。“国語大辞典”(小学館)

「漢制」については記載がありませんでした。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q村上春樹 「羊」と「羊男」の違いとは?

現在村上春樹についてレポート作成なのですが、

「羊をめぐる冒険」に登場する

「羊」と「羊男」は、名前は似ていますが全く別物なのでしょうか?

Aベストアンサー

違いますね。
羊男は象徴です。
しっかり「羊をめぐる~」を熟読してみる事をお勧めします☆

Q漢文学について

漢文学というと一般的に何を指すのでしょうか。漢詩なども漢文学なのでしょうか。

漢文学に関して、日本語で読める入門書、啓蒙書の類がありましたら是非教えてください。

よろしくお願いします。 
 

Aベストアンサー

漢文学とは所謂、漢籍の文学です。『漢』とはいえ、決して漢代の作品のみを云う訳ではありません。支那の王朝は多くの変遷を辿りましたが、とりわけ漢代の影響がわが国にとって大きなものであっただけに、『漢』という辞が中国を意味する言葉として使われます。
(この『支那』というのは中国の古典的な文芸の脈絡の中では、支那学という辞が示すように『中国』よりもしっくりくる辞なので、敢えて用いています。勿論、政治的意味はありませんのでご了承下さい。英語では"chathay"の様な語感ではないでしょうか。因みに、chathayは国泰の英語読みが語源と言われています。)

支那の文学では長く、詩が最高の芸術として教養人の嗜みとされてきました。科挙の試験にも科された程です。
散文は近代に至るまで必ずしも大きくは評価されてきませんでした。例えば、小説の『小』という字はそのあたりのニュアンスを伝えています。

漢文学の代表はやはり、詩だと思います。
特に唐代は李白・杜甫・白居易をはじめとして最も華やかな時代でした。
その他、史記、三国志、十八史略、淮南子等の史書や論語、韓非子などおおよそ、支那の古典を全て広義に漢文学と言っても良いのではないかと思います。

さて、入門書ですがNHKの講座が良いと思います。一般向けに長年研究業績を積んできた碩学が分かり易く導いて下さいます。
テレビやラジオといったメディアを通して教えて下さるというのも、たとえどんな地域に住んでいようと良質の講義が受けられ、録画・録音しておけばライフスタイルに合わせて学べるというのも魅力敵だと思います。

先ずは書店に足を運んで、NHK講座のテキストが置いてあるコーナーで興味を抱いたものから始めてはいかがでしょうか。勿論、インターネットからも調べられます。

漢文学とは所謂、漢籍の文学です。『漢』とはいえ、決して漢代の作品のみを云う訳ではありません。支那の王朝は多くの変遷を辿りましたが、とりわけ漢代の影響がわが国にとって大きなものであっただけに、『漢』という辞が中国を意味する言葉として使われます。
(この『支那』というのは中国の古典的な文芸の脈絡の中では、支那学という辞が示すように『中国』よりもしっくりくる辞なので、敢えて用いています。勿論、政治的意味はありませんのでご了承下さい。英語では"chathay"の様な語感ではないでしょうか。...続きを読む

Q漢文を日本語文に。日本語文を漢文に。

素人の私が、漢文(白文)を読んでも全然訳せないのですが、
漢文を日本語に直す法則(方法)みたいなものはあるんですか?
また、日本語を漢文に直すことは出来るのですか?

Aベストアンサー

こんにちは。
白文ですか。白文だと文の切れ目を探すのが先ず難題ですね。私なら、
1.助詞(焉、乎、而など)で切ってみる
2.文字数(5,7とか)で切ってみる
とかから始めます。一応切れたら、
3.#1の方の仰るとおり、漢文は日本語と語順が反対なので、文の後ろから読んでみる(乱暴ですが)
4.意味を考えつつ何回も読んでみる、不明箇所は辞書を引く
ぐらいですか。でも劇とか小説で俗語が入ってるのは専門の辞書がないとしんどいと思います。
日本語→漢文は、可能だろうけど、出来る人は相当限られるんじゃないでしょうか。漢文は「古文」でもありますから、書くとなるといっそう難しいような・・・

Q心理学に触れたイギリス文学作品を探しています。 イギリス文学 心理学 イギリス文学を用いて心理学

心理学に触れたイギリス文学作品を探しています。

イギリス文学 心理学

イギリス文学を用いて心理学の論文を書こうと思っています。
特にサスペンスやミステリーが好きなので、犯罪心理学の路線で行こうかなと考えていますが、未定です。
集団心理、思い込み(幻想、幻聴など)、多重人格でも何でも、何か心理学的なヒントが見つかりそうなイギリス文学作品があれば教えて頂きたいです。時代は問いません。
和訳されていない作品でも大丈夫です。英語で論文を書くので、むしろそっちがやりやすいかもしれないです。

どんどん挙げてくれたら嬉しいです!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

シャーロック・ホームズはコカイン中毒だったとのことですから、病理心理学はダメですか?
ルイス・キャロルは幼児性愛者だったそうですが、これも病理心理学として使える?

Q「頭ならびに腹」の頭と腹の考え方について

「頭ならびに腹」の頭と腹とはどんな意味をもっているのか、皆さんの考えをおしえていただけないでしょうか。

一人の紳士(頭)についていった乗客たちの(腹)ことをさしていて
特別な人(紳士)についていくさまのことをいいたいのでしょうか。。。

よくわからないので皆さん回答お願いできますか??
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こういう質問をする場合はその文章を引用しないとどうにもならないと思いますが。

ええーと
横光利一の「頭ならびに腹」ですよね?
http://www.aozora.gr.jp/cards/000168/files/2158_23275.html
「そのとき、彼らの中に全身の感覚を張り詰めさせて今迄の様子を眺めてゐた肥大な一人の紳士が混つてゐた。彼の腹は巨万の富と一世の自信とを抱蔵してゐるかのごとく素晴らしく大きく前に突き出てゐて、一条の金の鎖が腹の下から祭壇の幢幡のやうに光つてゐた。」

これを実際に読んでいるならどっちが腹なのかわかると思いますが…。
頭の方は2種類あるように私は読みました。

横光利一なので、頭も腹も即物的に人間の腹や頭そのものから受ける感覚・感じをここで扱っているのでは。
まあ象徴的な意味もかかっているようでもありますが、象徴的な表現だと解釈していてはおもしろさがもうひとつでは。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報