出産前後の痔にはご注意!

主人が5年程前に亡くなり、その時仏壇を購入しました。
夫の実家は浄土真宗を信奉していて、その時実家の懇意のお寺でうちの仏壇に魂入れをしてもらいました。

最近娘が病気になり、写経をしたくなり般若心経を写経していました。
ところが、浄土真宗では般若心経は唱えないということを最近知りました。
私の実の母が、真言宗の信奉者なので私はお大師様の方に親しみを感じます。
仏壇は浄土真宗であるのに般若心経を写経するのは良くないことでしょうか、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

なるほど……



つまり、貴家の菩提寺宗派“浄土真宗”の教義と、貴女の信仰は“違う”ということなんです。
般若心経を写経することは浄土真宗の教義に反します。貴女が貴家菩提寺宗派浄土真宗の教義を信仰していらっしゃるのならば、
般若心経を写経しようとか、お大師様の方に親しみを感じたりはしません。

しかしながら、“家の宗派”という考え方はもう捨ててしまったほうがいいのです。
家の宗派の根拠になった“寺請け制度(檀家制度)”は100年以上前に廃止されておりますので、現代においては自由に信仰を持つべきです。
ただ、家のお墓が菩提寺にあると、どうしても菩提寺に縛られがちですが、これは本当は悪しき慣習なのです。


さて、本題に入ります。
以上のことから、仏壇が浄土真宗であっても、貴女は浄土真宗を信仰しているわけでは無いので般若心経を写経することはよくないことではないと言うことがおわかりになったはずです。
ですから、思う存分に般若心経を写経なさるのがよろしいでしょう。

貴女は般若心経に導かれていますよ。



以下、余談です。
そもそも貴女にこのような場所で、お尋ねのような質問をさせてしまう貴家菩提寺の教化(“きょうけ”と読む)不足に最大の問題があります。

浄土真宗の開祖である親鸞は天台宗の出身であるためか、浄土真宗のお坊さんと話しをしていると、当方はその宗派のお坊さんなので非常に敬った接し方をなさいますが、
浄土真宗の阿弥陀信仰は非常に偏った執着(“しゅうぢゃく”と読む)だと、つくづく感じさせられます。

般若心経は簡単に言えば“執着”しないことの大切さを教えています。
浄土真宗が執着するのは教義に般若心経がないことが理由です。
もっとも、人間は執着するものですが。


そもそも、自力は他力に内包されており、他力なくして自力など無く、自力も他力も本来“不二である”と観ずることが執着を離れる仏教です(ここポイント!)。
「阿弥陀様とお大師様に般若心経を写経させられている。」
このことに気が付くことが本当の“他力”であり、般若心経の経力にあやかり、お嬢様の病気を治すことにつながるのです。

末筆乍ら、貴女さまの心願成就とお嬢さまの闘病平癒を祈願いたします。

南無阿弥陀佛 南無阿弥陀佛 南無……



台門大阿闍梨 susiddhi 敬 白
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます、何度も読んで3日がかりでやっとおぼろげながら理解できた気がします。
それまでつながりがなかった個々のものが、貴回答を読んでひとつにつながった気がします。
画期的なことでした、安心しました。
ありがとうございました。m(__)m

お礼日時:2008/03/17 09:25

写経をしたいと思うことは大変素晴らしい事と思います。

それによりご先祖への更なる感謝からお寺への関心、宗教への疑問と時間をかけて考えれば良い問題だと思います。(浄土真宗では般若心経は唱えないということ)写経もいくつかの決まり事があります。是非実行してください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>それによりご先祖への更なる感謝からお寺への関心、宗教への疑問と時間をかけて考えれば良い問題だと思います。

わかりました写経しながら時間をかけて考えればよいのですね、
生涯勉強ですね、
ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2008/03/17 09:29

ご参考になれば、、


唱えない理由
http://csx.jp/~bozu/tayori/2001.htm
http://csx.jp/~bozu/tayori/2001.htm
瀬戸内寂聴さん
http://off.nikkei.co.jp/contents/feature/archive …
浄土真宗の写経
http://www.posteios.com/PROJ_C099.htm

基本的には唱えないようですが、
熱心な門徒さんというわけではないのなら
そう厳密にならなくてもいいのでは?と思いますが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

教えていただいたHP見ました。
知りたかったことの答えがわかりやすく書いてありました。
大変参考になりました、ありがとうございました!

お礼日時:2008/03/17 09:33

般若心経の写経がなぜ問題なのか知りませんが、大乗仏教の教えを短く説いたお経です。


写経に全く問題はありません。
確かに、真言宗では大事にされているお経でしょうし、日蓮宗では法華経が根本のお経です。
浄土真宗は何経かは知りませんが、教義(浄土)の根幹を示すお経ではなくとも、般若心経が駄目だ、と言っているわけではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

写経に問題はないのですね、また続けてみます。
ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2008/03/17 09:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q浄土真宗では、般若心経を唱えていけない理由

母方の宗旨が浄土真宗なのですが、般若心経は唱えてはいけないと聞いています。なぜダメなのでしょうか。

Aベストアンサー

jun95さん、今日は。

私が調べてみた所では、智慧と行に因って煩悩を断ち切ろう、と教え諭す般若心経に対して、浄土真宗の
教えは、一切の計らいを捨てて、阿弥陀如来の力に任せて、其れに因って救われる、という物だそうです。

従いまして、浄土真宗の人間が般若心経を上げる事は、却って、阿弥陀如来の
力を否定する事に為る為、浄土真宗で般若心経を上げる事は無い、との事です。

もう少し深いお話に為りますと、以下のサイトに詳しい説明が為されてい
ましたので、宜しければ、御覧下さい。2001年12月11日掲載分です。

参考URL:http://www2.big.or.jp/~yba/QandA/

Q般若心経はすべての宗派でもよいと思っていたのですが…

日蓮宗だけはちがうのでしょうか?
写経を納経したいのですが…

そして~
法華経を写経したいのですが、日蓮様が祭られている、〈例えば池上本門寺など〉でお経を購入できるのでしょうか?

Aベストアンサー

一般に写経といえば、般若心経といわれるように、京都の大覚寺などに書写のため訪れる人は年間に相当数に及びます。
般若心経を唱える宗派は、古くは奈良時代の南都仏教から、空海、最澄が伝えた密教(真言宗、天台宗)に加え、いわゆる禅宗三宗といわれる臨済宗、曹洞宗、黄蘗集などです。
しかし日蓮宗、浄土宗、浄土真宗といった鎌倉仏教諸派は、拠り所としている経典が違うため般若心経を唱えることはありません。
私は個人的に浄土真宗(門徒)ですが、同宗は浄土三部経といわれる阿弥陀経を中心とした経典を称えます。また日蓮宗は法華経を根本に据えるはずですね、
それらのお経の据え方の違いの大きくは、その時々の時代背景によるものとだけ申し上げておきます。
ただ、浄土真宗開祖の親鸞上人も日蓮宗開祖の日蓮上人も修行時代はどちらも比叡山(天台密教)に教えを請い、その遍歴の中から衆人の救済のために自らの解釈をお説きになったものと考えます。
お経とはそもそも、釈迦の言葉をお弟子さんたちが書き残したものです。
般若心経は数ある経典のなかでも、人々が生きるための知恵を纏めた大般若経600巻といわれる大経典のエッセンスといわれ、最も短く、もっともありがたいお経といわれています。
もちろん、上記の二大上人も勉強しているはずですし、称えているのは仏教に限らず神道の在家の方々も称えるそうです。
古くは、後奈良天皇の時代、世に疫病がはやったため同天皇が自ら般若心経を書写して諸国の神社に奉納したという話もあるくらいです。
生きるための心理を説いているので何物にも妨げられないということでしょうか・・・
日蓮宗の解釈を理解もせず軽軽には申せませんし、日蓮宗のお寺に納経するのはどうかと思いますが、日頃、般若心経を写経することは構わないのではと私は思います。
また、それぞれの宗派のお経のポピュラーなものはどこでも売っていますが、法華経や阿弥陀経などは大変な量となりますので、功徳を積むには達成感もあろうかと思いますが、よくお考えになってはどうでしょうか。
以上、私の解釈として自信ありでご回答させていただきます。

一般に写経といえば、般若心経といわれるように、京都の大覚寺などに書写のため訪れる人は年間に相当数に及びます。
般若心経を唱える宗派は、古くは奈良時代の南都仏教から、空海、最澄が伝えた密教(真言宗、天台宗)に加え、いわゆる禅宗三宗といわれる臨済宗、曹洞宗、黄蘗集などです。
しかし日蓮宗、浄土宗、浄土真宗といった鎌倉仏教諸派は、拠り所としている経典が違うため般若心経を唱えることはありません。
私は個人的に浄土真宗(門徒)ですが、同宗は浄土三部経といわれる阿弥陀経を中心とした経典...続きを読む

Q般若心経を唱えてしまった!!

般若心経は一般の方が唱えることはお控えください。というのも、般若心経の霊力は亡くなった霊には無条件で大慈大悲を与える功徳があります。これはこの般若心経の言霊(ことたま=言葉そのものが霊力を持っている)が霊にとっては非常に暖かく明るい光明に見えるのでどんな霊も唱えている人のところへ集まってきます。どんな霊もくるので必ずしもいい霊ばかりとは限りません。般若心経は他の真言と合わせて使わないと無防備で非常に危険なのです

単に般若心経を唱えれば質問者さんにはまったく関係のないその辺にいる霊がどんどんやってきてしまいます。あまりいい死に方をせずに成仏しないで浮遊している霊達が「もっと唱えてくれ~」と次から次へとやってくるのです。唱えるのをやめても霊達はまた般若心経を聞きたくてその場にとどまってしまいます。

ですから一般の方が般若心経を唱えるのは本当は怖いことなのです。防御系に強い菩薩の真言を奏上してその後内観という心の内を澄み切った愛情で満たしたうえでかくなる方法にて般若心経を唱えなくては霊にとってはまったく意味がございません。逆に霊を迷わす原因となります。

上のような文章をみて、どうしたらいいかこまっています。
まったくの素人です。般若心経をとなえてしまいました。しかも実家は浄土真宗なのに。。きいているあいだ、なんだか体がぐらぐらしました。
パソコンから、お坊さんがとなえたものも、聞いました。どうしたらいいでしょうか。こわいです。心を落ち着かせるために、写経をしようとおもっていたのですが、やめたほうがいいでしょうか。。アドバイスください。般若心経は邪を払ってくれると聞いたのですが、悪い霊をよびよせないで、安全な唱え方などはないですか。

般若心経は一般の方が唱えることはお控えください。というのも、般若心経の霊力は亡くなった霊には無条件で大慈大悲を与える功徳があります。これはこの般若心経の言霊(ことたま=言葉そのものが霊力を持っている)が霊にとっては非常に暖かく明るい光明に見えるのでどんな霊も唱えている人のところへ集まってきます。どんな霊もくるので必ずしもいい霊ばかりとは限りません。般若心経は他の真言と合わせて使わないと無防備で非常に危険なのです

単に般若心経を唱えれば質問者さんにはまったく関係のないその...続きを読む

Aベストアンサー

悪い霊は、比較的に午前0時を過ぎて般若心教を唱えると出てくるような気がします。朝、太陽が昇ってから唱えるのが一番効果的に思えます。朝時間がなければ、風呂上りの体をきれいにして直ぐにやれば良いです。それから般若心教に宗派は余り関係ありません。仏教でも神道でも気にするような事はないです。仏教、神道、キリスト教等がどうしてできたとかを考えれば根本は同じです。それぞれの宗派に分かれて多少は、教えが違ってきてますが、根本が同じなので気にする必要はないです。

Q日蓮宗と創価学会の関係

先日初めて日蓮宗の葬儀に参列しました。
日蓮宗にあまり馴染みがなかったので、「教えて!goo」で日蓮宗を
検索したところ、「創価学会」とつながりがあることがわかりました。
具体的にどういう関係なのか教えてください。

あと、日蓮宗って仏教ですよね(違っていたらごめんなさい)
なぜ、仏壇の中に仏様がいらっしゃらないのでしょうか?

Aベストアンサー

仏教には大きく浄土系と法華経系があります。
簡単に説明すると(ちゃんと信心がある人には怒られそうですが)
浄土系というのは「南無阿弥陀仏」さえ唱えていれば救われるというものです。
法華経系にはさらに密教系、禅宗系、日蓮系があります。
この中でも、古参、新興ともに団体が多いのが日蓮系でなんですね。
浄土系に対抗して「妙法蓮華経」さえ唱えていれば救われるという
日蓮大聖人の教えに反しているんじゃないかと思われるものから
儒教と迎合したものまで種々雑多なんですね。

創価学会なんですが、最初は創価教育学会といいまして、
宗教団体ではありませんでした。それが、道徳教育には宗教が必要だという考えもあって
日蓮正宗へ参加します。でもって袂を分かつんですが、日蓮正宗方の言い分は
邪流に走ったから破門なんですが、創価学会方の思いは「散々、貢がせておいて
いらなくなったらポイっかい」というものです。
なので、創価学会は寺院も坊さんもおらず、葬式も友人葬として学会員で行います。
日蓮正宗が学会を池田教といえば創価学会は正宗を日顕宗と呼んだりしています。
悪く言えば、しいたげられても尽くしてきたのに、必要がなくなったら
あっさりとフラれたときの逆恨みとでもいいましょうか、
聖教新聞なんかを見るとあからさまな攻撃記事がありますね。
共通点と言えば、双方とも何か言えば必ず反論してくるところです。

仏壇に仏像がない理由ですが
現在の仏像というのは仏教を広めるために他の宗教の神様が仏に帰依したという
考えのもとできあがったもので、本来、釈迦が説いたものには偶像という概念が
ありませんでした。日蓮大聖人もまた釈迦が説いた仏法への回帰を目指していたため
正統な日蓮系には偶像崇拝はないんですね。

仏教には大きく浄土系と法華経系があります。
簡単に説明すると(ちゃんと信心がある人には怒られそうですが)
浄土系というのは「南無阿弥陀仏」さえ唱えていれば救われるというものです。
法華経系にはさらに密教系、禅宗系、日蓮系があります。
この中でも、古参、新興ともに団体が多いのが日蓮系でなんですね。
浄土系に対抗して「妙法蓮華経」さえ唱えていれば救われるという
日蓮大聖人の教えに反しているんじゃないかと思われるものから
儒教と迎合したものまで種々雑多なんですね。

創価学会な...続きを読む

Q写経をした後の紙について

どのカテゴリーで質問すればいいのかわからないのでここでさせていただきます。家で写経をされる方は書いた後の用紙をどうされていますか?母が最近写経をするようになったのですが、書いたものをどうすればいいのか悩んでいます。みなさんがどうされているか参考にさせてください。

Aベストアンサー

写経は、尊ぶべき経典です。
粗末にはできません。
練習した文字や失敗した文字であっても、一文字一文字に仏が宿っているのだから、粗末に扱ったりゴミとして処理してはいけません。

●焼却する
仏壇または、しかるべき場所に保管し、ある程度溜まったら合掌一礼して焼却します。
焼却後は、合掌一礼して水をかけ灰を土中に埋める。

●菩提寺に納経
菩提寺等ヘ赴き奉納します。
郵送する場合は、きれいに折りたたむか、筒などに入れて丁寧に送ります。

●霊場に納める
四国八十八ヶ所や観音霊場を巡るときはあなたの供養を各札所に収める。

●写経塔に納経
日本書道教育学会が写経塔を建立されました。
聖徳太子をご本尊に宗旨宗派にとらわれない納経のばとして、一般の方々の納経もできます。

Q家は浄土宗ですが、仏壇の前で般若心経を唱えても差し支えないでしょうか?

家は浄土宗ですが、仏壇の前で般若心経を唱えても差し支えないでしょうか?

Aベストアンサー

我が家も浄土宗です。
毎朝、父がお仏壇にお経をあげています(おかげで私まで殆どのお経を覚えてしまいました)。
『香偈』→『三宝礼』…と30分くらいあげていますが、『送佛偈』の後で、「南無阿弥陀佛、南無阿弥陀佛、南無阿弥陀佛」と言ってから、「般若心経」が始まります。
なお、私の父は僧侶ではありません。五重相伝を受けて、既に「譽号」を頂いておりますが。
お隣が檀那寺(幼稚園も経営されており、私はその幼稚園を卒園しました)ですが、般若心経を唱えていけないとは聞いたことがありませんし、読経本の中に、般若心経も書かれています。

Q写経で亡くなった人の供養はできますか

タイトル通り、般若心経の写経は亡くなった人の供養が出来るか教えて下さい。
自殺や事故で亡くなった人の供養になりますか?
身内ではなく他人の場合にも、写経しても構いませんか。
亡くなった方の宗派を知らないのですが、写経したらお寺に納経しても大丈夫ですか。

Aベストアンサー

広い意味では供養になります。
お経とは、仏様の考え方、教えを文字に表したものです。

意識を集中して、一文字一文字丁寧に書き写すことによって、仏様の精神世界の一端に触れる事ができます。
それによって、亡くなった方の冥福を祈り、慰めることにもなります。

宗派によって、大切とされているお経は異なりますから、最終的にお寺に納経したいのであればそのお寺にお尋ねください。

Q浄土宗と浄土真宗の違い

大きな違いは何でしょうか。

回りには浄土真宗が多数で、我が家のようにお盆の時期に御詠歌というのを身内で集まり仏壇に向かってあげるというのも、話すと驚かれます。

御詠歌の意味合いもお詳しいかたいらっしゃいましたらご教授ください

Aベストアンサー

 法然上人は、浄土宗を完成され、どんな人間でも、念仏を信じ唱えれば、
生きながら仏の子としての生涯を送り、、死後、阿弥陀仏に導かれ浄土に転生し、
成仏の道を歩めると教えてくださいました、

 法然上人の弟子の親鸞上人は、「人が念仏を信じ唱えるのは、自分の力ではなく、
阿弥陀仏の光という絶対他力に導かれ救われたので、念仏を唱えようと思ったときは、既に
死後の成仏を阿弥陀仏に約束され救われているのだ。だから、念仏とは
・阿弥陀仏様、私を救ってください
ではなく
・阿弥陀仏様、私を救ってくださり、ありがとう、永遠に阿弥陀仏様と共に歩んでいきます。
という感謝報恩として唱えるのだ。それが、法然上人が、教えてくれた真の浄土宗
だ」と 浄土真宗を開かれました。



ご詠歌とは、仏教の教えを五・七・五・七・七の和歌と成し、旋律=曲に乗せて唱えるもの。
五七調あるいは七五調の詞に曲をつけたものを『和讃』と呼び、ご詠歌の一種ですが、
浄土宗で法然上人ゆかりの御詠歌を唱えるように、
浄土真宗では、親鸞上人作の和讃を仏典に準ずるものとして、唱えます\(^^;)...

 法然上人は、浄土宗を完成され、どんな人間でも、念仏を信じ唱えれば、
生きながら仏の子としての生涯を送り、、死後、阿弥陀仏に導かれ浄土に転生し、
成仏の道を歩めると教えてくださいました、

 法然上人の弟子の親鸞上人は、「人が念仏を信じ唱えるのは、自分の力ではなく、
阿弥陀仏の光という絶対他力に導かれ救われたので、念仏を唱えようと思ったときは、既に
死後の成仏を阿弥陀仏に約束され救われているのだ。だから、念仏とは
・阿弥陀仏様、私を救ってください
ではなく
・阿弥陀仏様、私を救って...続きを読む


人気Q&Aランキング