バイク用(当然4スト)のオイルを車に使っても大丈夫ですか?
BEL-RAYのオイルを安く売っているのを見つけたので、買おうかどうか迷っています。
そもそも、バイク用と車用でオイルに違いはあるんですか?
ちなみに、買おうと思っているオイルの粘度表示はぴったりです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

使えなくもないですが、気をつけなくてはならないのが


バイク用は化学合成油じゃないものがほとんどです。
鉱物油などがそうです。
これらは耐久性に問題があるのでもし鉱物油なら車には
使わないほうがいいかもしれません。
理由は、鉱物油の場合温度変化に対応しづらくオイルの回復が遅いためあまり良いオイルとは言えません。
化学合成油はこの回復力が早いため車のオイルは安いものでもほとんどこれを使ってると思います。
では、なぜバイクがいまだ鉱物油を使っているのかというとこれは私の憶測ですが、バイクの場合エンジンがほぼ剥き出しになっていて常に風にさらされるため車ほど長時間高温になっていないと思うからです。
マルチグレードの化学合成油ならOK,そうじゃないなら
止めた方が良いかもしれません。
これらオイルに関しては今月号のヤングマシンに掲載されているので一読してみてはどうでしょう。

追加ですが、逆の場合も使用できますが湿式クラッチのバイクにSJ規格のオイルは入れないほうがいいそうです。
中に入ってる成分で動きを滑らかにさせるものが多く入っていてエンジンにはいいのですが、湿式の場合滑りやすくなるそうです。乾式なら行けると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
100%化学合成の10W-60を買いました。

お礼日時:2001/03/09 14:56

sailorさんの回答と同じで、粘度係数が同じなら、同じです。


昔のホンダは、2輪、4輪の区別はありませんでした。

ただし、実際は最適粘度が違うと思いますが、
粘度表示が合っているなら大丈夫でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
10W-60を買いました。

お礼日時:2001/03/09 14:55

 いっしょではないですか?少なくとも私は、車と同じのを入れてました。

(もしちがっていたらどうしよう、、)

 クーラントは違うと聞いてますが、、
    • good
    • 0
この回答へのお礼

クーラントは違うんですか、、
4ストだったら一緒のような気がしますけどねぇ。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/09 14:53

粘度係数(10W-40などと記載)などが同等なら使用可能です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/09 14:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスーパーシェルパに乗っています!エンジンオイルの選び方??

先日初めてのバイク(スーパーシェルパ)を購入しましたが、エンジンオイルを交換して無いようですので交換しようと思っているのですが、種類が多すぎてどれが良いのかさっぱり分かりません。やはり値段によって違いが有るのでしょうか?
オススメのオイルを教えていただけると助かります。
(オイルの添加剤(?)は効果有るものなのでしょうか?)

よろしくお願い致します

Aベストアンサー

はじめまして
エンジンオイルは純正指定が一番です
メーカーがエンジン耐久テストを行うときには
純正を使うのですから信頼性抜群です。

私は古い油冷エンジン車に乗っていてオイルの種類により、
油温の上がり方が変わる(壊れてるのか?(^^ゞ)ので拘った
オイルを入れたりしますがそう言うことが無い限り純正で十分です。

「安いオイルをマメに交換するか、高いオイルは
長目のサイクルで交換OK・・・云々」
と言われる場合がありますがこれは間違いです
どんなオイルでも適正なサイクルで交換するべきです
ので注意しましょう。

オイル添加剤は人により、感じたり感じなかったりするようです
ちなみに私は感じる派ですが、特に必要性は感じません

ちなみに100%化学合成オイルを使うと
(「浸透性が良すぎる」と聞いています)
問題なかったヘッド周りからオイル滲みが
発生したりする事があるようです。

Q軽自動車にバイク用の安オイル入れても支障ありませんか。もちろん4スト用

軽自動車にバイク用の安オイル入れても支障ありませんか。もちろん4スト用です。
ホームセンターで1Lで600円なので3Lだと1800円で自分で交換出来ます。

廃油はスタンドに持って行くと処分してもらえますか。

Aベストアンサー

1800円なら、4輪用の安いオイルがおつりが付いて買えますけど、2輪用を使おうとする理由はあるのでしょうか?
4Lで980円なども出ていますよ。

基本的に2輪用は構造的な違いから、潤滑剤の種類が違います。
4輪用を2輪は使え無いバイクが多いですが、逆はある程度使えると思います。

ただ、わざわざ高いオイルを使う理由が判りません。

ガソリンスタンドは、最近は廃油の処理もお金を払って処理している場合があります。
お金を払って処理しているのに、持込でただで処分すると言う事は出来ませんので、駄目と言われることも多いかと思います。

住んでいる自治体などで、オイル処理箱などでの処分を許可しているところであればその様な形で処分されてください。

Qエンジンオイルの選び方教えてください。

免許取って初めて交換しようと思っている初心者です。。。
エンジンオイルの売り場を覗くと5W-20?とか書いてあるんですけどなんですか…?

あと自分の車・走り方にあっているオイルを教えていただけたらと思います。
乗っている車はダイハツ・アトレーワゴン(G200)13年車・ノンターボ。
7千キロちょっと乗ってます。
燃費重視なんですけどどんなのがいいでしょうか?
お願いします。

Aベストアンサー

そのクラスだと、5W-30か10W-30くらいだと思います。
取扱説明書に指定オイルがかいてあるので、その数値を目安にすればOKです。5W-20の超低燃費オイル(と呼ばれているがだからと言ってオイルが省燃費なのではなく、そのオイルを使うエンジンが低燃費なのです)は、13年式の車ではあまりマッチングが良くないと思います。

省燃費ということは、コスト重視と言う事でよろしいのでしょうか?
であれば、オートバックスなどのオイル交換会員になり、一番安いオイルでOKです。いくら省燃費オイルとはいえ、高級オイルのコストを吸収できるほどオイルで燃費は変わりません。
4L6000円のオイルが1000円のオイルの2倍燃費が延びるわけではありません(せいぜい5%くらい延びればいいでしょうね…)であれば、元を取るのは非常に難しいでしょう。
また、オイルを早く交換(例えば3000キロで交換)するサイクルを保っても、やはり燃費が劇的に向上するわけでもありません。取扱説明書に書かれているサイクルより若干早めでOKだと思います。
オイル交換もタダではないので、コストの事を考えると省燃費の目的がCO2である場合以外は、頻繁過ぎる交換はかえってあだになると思います。おそらく交換は1万キロから1万5千キロ程度になっているでしょうから、7千キロで交換であればまあ適切な範囲だと思います。

ちなみに、オイルの劣化はオイルの温度によって左右されるのが一番であって、エンジン洗浄成分が役目を終わるのは3000キロ程度と言われていますが、だからと言ってオイルの機能が全てダメになったというものでもないようです。

そのクラスだと、5W-30か10W-30くらいだと思います。
取扱説明書に指定オイルがかいてあるので、その数値を目安にすればOKです。5W-20の超低燃費オイル(と呼ばれているがだからと言ってオイルが省燃費なのではなく、そのオイルを使うエンジンが低燃費なのです)は、13年式の車ではあまりマッチングが良くないと思います。

省燃費ということは、コスト重視と言う事でよろしいのでしょうか?
であれば、オートバックスなどのオイル交換会員になり、一番安いオイルでOKです。いくら省燃費オイルとはいえ、高...続きを読む

Qどうして2サイクルのバイクは2ストオイルを入れるんですか?

私は某バイク屋で働く整備スタッフです。

納車説明の時にお客さんに
「どうして2サイクルのバイクは2ストオイルを入れるんですか?」
と聞かれてシドロモドロになりました。

私はそういう構造だからとしか質問の答えが浮かびません。
どう答えてあげるべきですか?
またはどうして2ストバイクは2サイクルオイルを消費して走るんですか?

Aベストアンサー

>どう答えてあげるべきですか?

 2スト用オイルは、例え分離給油でも最終的にはガソリンと一緒に燃やしてしまうので、瞬間混合性(要するにガソリンへの溶け易さ)が問題となります。
 2ストオイルには強力な希釈剤が入っており、ガソリンの気化ガスと混ざると短時間で溶ける様になっています。(ついでに。希釈剤の正体は、実は灯油です。)

>どうして2ストバイクは2サイクルオイルを消費して走るんですか?

 2ストエンジンは、燃焼室内の燃えカス(要するに排気ガス)を『吹き出す』行程が必要です。この行程を『掃気』(そうき)といいます。
 バイクに使われている2ストエンジンの構造では、エンジンの下半分(ピストンの下)に燃やしていない混合気を一旦吸い込み、ピストンが下降するチカラを利用してピストンの上(燃焼室)に吹き込み、これで掃気しています。
 この形式では、4ストエンジンの様にエンジンの下の方に潤滑オイルを溜めておくと、掃気の度にオイルが燃焼室に吹き上がってしまいます。そこでオイルは別のタンクに溜めておいて潤滑に必要な量だけポンプでエンジン内に送り込み、後は混合気に溶かして一緒に燃やしています。
 ちなみに・・・バイクよりもっと大きい排気量の2ストエンジンでは、見かけ上4ストと同じ構造のモノもあります。こういう2ストではオイルは4ストの様にエンジンの下の方(オイルパンというところ)に溜めておけるので、オイルを燃やす必要はありません。
 この場合掃気は、過給器(いわゆるターボチャージャーとかスーパーチャージャーとかいう装置)で混合気を送り込むことにより行っています。

>どう答えてあげるべきですか?

 2スト用オイルは、例え分離給油でも最終的にはガソリンと一緒に燃やしてしまうので、瞬間混合性(要するにガソリンへの溶け易さ)が問題となります。
 2ストオイルには強力な希釈剤が入っており、ガソリンの気化ガスと混ざると短時間で溶ける様になっています。(ついでに。希釈剤の正体は、実は灯油です。)

>どうして2ストバイクは2サイクルオイルを消費して走るんですか?

 2ストエンジンは、燃焼室内の燃えカス(要するに排気ガス)を『吹き出す』行程が必要...続きを読む

Q車のエンジンオイルの選び方について

こんにちは。30代男性です。

今、マツダのロードスター(2000cc)に乗っていて、
先日オイル交換を行ってきたばかりなのですが、
少し気になって質問させて頂きます。

今回は素人的にも考えた結果 5w-30 科学合成のものを
入れたのですが、月に数回20,30kmの距離 高速に乗る程度
(もちろんサーキット走行なし)のため、あまり神経質に
ならない方がよいのかとも思ってしまいました。
オイル性能よりも燃費重視とかで、0w-xx のものとかでもよいのか。。。

いろいろ考え方によっても選定の基準は変わるかと思いますが、
私は「エンジンをいたわって長く乗り続けたい」派 のつもりですが、
逆に、冬に近所のコンビニまでちょっと、とかだったら
むしろ 0w-xx の方がよいのか!?

もし、同じような悩みを経験されていて、腑に落ちた
考え方をお持ちの方がいらっしゃいましたらアドバイス
頂けると幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

5W-30化学合成でいくらしました?
結構高くなかったですか?

0w-はだめですよ。
調子悪くなります。
どのくらいでなるかわからないけど、いいものではありません。
専用車種のみです。
専用車種に入れてもエンジン音はうるさくなります。
結構苦情来るみたいです。オイル交換したら音うるさくなったって。
高いのを親切で入れてやったら苦情きて大変だったっていってました。
静かなほうが安心だし、長持ちする気がします。

オイルは値段と性能のバランス見て入れたほうがいいですよ。
確かに高いものはいいです。全然違います。
マツダだとバーダルを純正指定してるはずなんでかなりいいはずです。
でも高いですから、一般の人には通常は入れてないかも。言えば出してくれんのかな?高いはずですけど。
去年、近くのディーラーで聞いたらそんなメーカー知らないとかいわれた。
マツダで純正指定してて世界的にも有名なのに。
日本ではあまり知られてないかもしれないですが・・・
NASAの宇宙船にもグリス提供してるメーカーです。
http://www.bardahl.co.jp/
マツダで交換するなら一度バーダル試してみるのもいいと思いますよ。
置いてあればいいですが・・・ポーラーアトラクションかなりいいです。バーダルの走りながらフラッシングできるETFもかなり効きますよ。


値段と性能のバランスで言うなら、ホームセンターでカストロールのDCーTURBOかXF-08にするといいです。安売りで
DC-TURBO:10w-30 鉱物油 SM 980円
XF-08:5w-40 部分合成 SM 1780円
時々カストロールのRSが3000円で買える。化学合成10-40だったかな。

カー用品店だとそれぞれ安売りで1980円と4000円くらいです。
半額以下で買えますんでいいですよ。
あんまりやわらかいの入れるのもよくないんでこのあたりが値段と性能のバランスがいいと思います。
私は買いだめして、自分で交換してるんでオイル代とオイル処理パック
とエレメントも600円でホームセンターで買ってます。
同じ会社の人でロードスター乗ってる人いてこの値段教えたら、びっくりしてました。カー用品店で買ってたから。昔は1リッター2000円の使ってたっていってたんですけど高いし、カー用品店て1000円の入れるようにしたって。おなじ1000円くらいならこっちのほうが全然いいって言ってましたよ。

5W-30化学合成でいくらしました?
結構高くなかったですか?

0w-はだめですよ。
調子悪くなります。
どのくらいでなるかわからないけど、いいものではありません。
専用車種のみです。
専用車種に入れてもエンジン音はうるさくなります。
結構苦情来るみたいです。オイル交換したら音うるさくなったって。
高いのを親切で入れてやったら苦情きて大変だったっていってました。
静かなほうが安心だし、長持ちする気がします。

オイルは値段と性能のバランス見て入れたほうがいいですよ。
確かに高い...続きを読む

Q オイル粘度の比較

 オイル粘度の比較

 お世話になります。
 メーカーによって微妙な違いは有ると思うと思いますが、条件を 100%シンセのみ とした場合
 一般的に、 10W-30 と、 0W-40 では、単純に どちらが硬いのでしょうか?

 あと、各々の利点、欠点もあれば教えて下さい。

  宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

ご質問の「条件」に「温度」というカテゴリーを入れないと、結論は出せません。
硬さを比較しても特に意味は無いと思いますが、何故甲乙つけたいのでしょうか?
マルチグレードオイルは0W-とか10W-とか前側の数値のベースオイルに添加剤を使って-30や-40の後半の粘度を作りだします。なので、当然グレード幅の広いオイル程価格が高くなります。必要性もないのにグレード幅の広いオイルを使うのは「無駄」なだけです。10W-より0W-の方がエンジン始動時の流動抵抗が少なく始動性が良くなります。ただ、今の様な猛暑の夏では差はないでしょう。下限のメリットは冬期間の寒い時期に差がでます。エンジンは始動して温まってしまえばオイルは80~100°位と言われますので、今度は後半の数値の粘度が生きてきます。レース的に酷使するなら-40の様に粘度指数の高いオイルの方がエンジンに優しい事になります。私なら0W-40なんてオイルあったとしても見向きもしないでしょう。普通にのるなら10W-30の安いオイルで十分です。
0W-のオイルは近年出回ってきましたが、これらはエンジン精度が向上した御蔭ですが、私はエンジンを労わる意味からまず使いませんね。0W等のオイルを使うとエンジンノイズ増大等に繋がります。
確かに燃費向上は若干望めるでしょうが、そんなうたい文句には踊らされたくないですね。

ご質問の「条件」に「温度」というカテゴリーを入れないと、結論は出せません。
硬さを比較しても特に意味は無いと思いますが、何故甲乙つけたいのでしょうか?
マルチグレードオイルは0W-とか10W-とか前側の数値のベースオイルに添加剤を使って-30や-40の後半の粘度を作りだします。なので、当然グレード幅の広いオイル程価格が高くなります。必要性もないのにグレード幅の広いオイルを使うのは「無駄」なだけです。10W-より0W-の方がエンジン始動時の流動抵抗が少なく始動性が良くなります。た...続きを読む

Qbikeエンジンオイル!

原付二種のエンジンオイルについて!

私は、通勤で4stの125ccに乗ってますが、エンジンオイルの選び方に疑問を感じます。

メーカー推奨ではなく、通勤最強のエンジンオイルを選びたいのです。

混合のレーシングオイルは除外で、加速や最高速が伸びる最強4stオイルを教えて下さい!

ヨロシクお願いします。

Aベストアンサー

http://www.webike.net/sd/3458250/
http://www.webike.net/sd/2066807/
http://www.webike.net/sd/2088204/
http://www.webike.net/sd/1649370/
http://www.webike.net/sd/238776/
http://www.webike.net/sd/1872380/
http://www.webike.net/sd/2089757/
http://www.webike.net/sd/1563985/
http://www.webike.net/sd/9663438/
http://www.webike.net/sd/2089764/

この中から好きなものを選んで1000kmで交換しておけばいい
フィーリングは個人の好みなのでお好きなものを

Qオイル粘度

以前に同じ様な質問をさせて頂きましたが、 また疑問が出てきましたので、書かせて頂きます。

 自分の車の説明書の、エンジンオイルの適正粘度は、

 0W-20 ~ 10W-30 となっています。

 現在 5W-30を入れていますが、夏場には、5W-40を・・
 と考えています。

 適正範囲を超えていますが、実際 どのような弊害があるのでしょうか?  エンジンスペックを超えた負荷が掛かり、車によくないとか、
 燃費が落ちるとか。
 問題無いなら良いのですが。

 ちなみに走行距離は、139,000キロ超えで、オイルは 100%シンセ、
 交換周期は、約5,000キロです。

Aベストアンサー

Wiki抜粋

# 一般的に使用されているエンジンオイルでは、○○w-●●(例: 10w-30)のように表示されている。
# 粘度表示は●●の部分で、数字が大きいほど動粘度が高いという意味であって、必ずしも耐熱性が高くなっているわけではない。耐熱性は、基油の性能に大きく依存する。
# 原則として、マルチグレードの下限(○○wの数値)と上限(●●の数値)との差が少ないほど、ベースオイル(基油)に対して添加剤の割合が少なく、添加剤の消耗・せん断(走行による)による粘度変化が少ないと言える。
# エンジンオイルの粘度は、エンジンのクリアランスの大きさで決定する場合が多い。
# 一般的に、発熱量の多いエンジンや、フリクションロスを減らす為にクリアランスが大きく取ってあるレース用車両等は、気密性や潤滑性能の維持の為にも粘度の高い50番以上を使用する。そのほか、総走行距離が多いなど、エンジンが摩耗しクリアランスが大きくなったエンジンには40番や50番等の高粘度のエンジンオイルを使用する事によって圧縮比を維持したり、クリアランスの大きさ故のエンジン音を抑制出来る。逆に、現在の省燃費車はクリアランスが小さく、極低粘度の20番等を使用する。
# 粘度が小さいものはエンジンに抵抗が少なくなるので燃費が良くなり、吹け上がりはシャープに成るが、負荷の多い車輛等には適さない。タペット音が発生しやすいと言われている。
# 粘度が大きいものは摩擦抵抗が大きくなるので、アクセルレスポンスがやや緩慢になったり、エンジンが過熱する可能性がある。緩衝性が大きいのでエンジンの静粛性が向上する。
# また単純に粘度が高いから、エンジンの保護性能が高い訳ではなく、ベースオイルの基本性能が大きな要素である。
# ○○wは低い数字になるほど低温時の始動性が向上する。下記はあくまでも一般的な目安である。

* 5w:-35℃程度まで
* 10w:-25℃程度まで
* 20w:-10℃程度まで

 気温よりも、エンジンの作りで、適性オイルが決まってしまうので、わざわざ硬いオイルを入れる必要は有りません。(最近の車のオイルの交換周期は、1万キロ毎が普通ですから、季節によって粘度を変えるなどと言う発想は有りません。)
従って、右側の数字は30で十分
左の数字も、極寒の地でなければ一年を通じて20でも差し支え無いと思います。

Wiki抜粋

# 一般的に使用されているエンジンオイルでは、○○w-●●(例: 10w-30)のように表示されている。
# 粘度表示は●●の部分で、数字が大きいほど動粘度が高いという意味であって、必ずしも耐熱性が高くなっているわけではない。耐熱性は、基油の性能に大きく依存する。
# 原則として、マルチグレードの下限(○○wの数値)と上限(●●の数値)との差が少ないほど、ベースオイル(基油)に対して添加剤の割合が少なく、添加剤の消耗・せん断(走行による)による粘度変化が少ないと言える。
# エンジンオイルの粘度は...続きを読む

Q酸化したエンジンオイルでフラッシングしても大丈夫ですか?

こんにちは。
1年ぐらい前のエンジンオイルG1とG2と安いエンジンオイル10w-40の余りを先日、廃棄しようと思い混ぜてしまいました。
その後にエンジンオイルの交換(XLR250です)を思い立ったのですが
この混合エンジンオイルでフラッシングしても問題ないでしょうか?
もちろん、交換するエンジンオイルは新しいものです。

Aベストアンサー

「もったいない虫」が騒いだので。(笑

その混合したオイルは、要は今エンジンに入っている古いオイルを捨てて、新しいエンジンオイルを入れる前の「すすぎ」に使おうとしているだけですよね?
すすぎが終われば、全て抜いて、新品のオイルを入れる(エレメントも交換推奨)予定ですよね?

このようなことなら、混合したオイルを入れたまま何百キロも走る訳じゃないし、使っても全く問題ありません。
ただ捨てるにはもったいない、どんどん使いましょう。
エンジン内に少々残っても問題ありません、もし問題があるようなら、通常のオイル交換でさえ問題だらけということになります。(エンジン分解しない限り、完全にオイルを除去するのは不可能ということです。)

酸化のことをご心配のようですが、エンジンの中に入れたオイルは、エンジン始動とともに高温高圧にさらされて、物置にただ保存されているオイルとは比べものにならない位の劣化環境におかれます。
それから比較すれば、「何千キロか何ヶ月か使ったエンジンの中のオイル」と「混合したとはいえ未使用のオイル」とどちらが綺麗でしょうか?
答えは明らかです。
「すすぎ」として使うだけなら何の問題もありません。

オイルの保存方法で、雨水がオイルに混じるような保存方法は論外ですが、倉庫や押入の中というような普通の保存方法をしていれば、変質の心配は全くといってありません。(有効期限て書いてませんでしたっけ?)
あなたのお気遣いから察して、バイクを大事にされているように拝察いたしますし、そのような方が「雨水がオイルに混じるような保存方法」されるわけがない、と思いました。

エンジンオイルは、基油に、少しでも酸化を遅らせ、油膜切れをしないようにと、添加剤が入っています。
天然無添加食用天ぷら油じゃあるまいし、はたまた、本職のレースに使うわけでもあるまいし、開封して一年くらいで酸化して使い物にならないようなエンジンオイルを日本国内で、「売っているわけがない」と信じます。
もしそんな低質オイルが売られているのであれば、逆に問題です。

「もったいない虫」が騒いだので。(笑

その混合したオイルは、要は今エンジンに入っている古いオイルを捨てて、新しいエンジンオイルを入れる前の「すすぎ」に使おうとしているだけですよね?
すすぎが終われば、全て抜いて、新品のオイルを入れる(エレメントも交換推奨)予定ですよね?

このようなことなら、混合したオイルを入れたまま何百キロも走る訳じゃないし、使っても全く問題ありません。
ただ捨てるにはもったいない、どんどん使いましょう。
エンジン内に少々残っても問題ありません、もし...続きを読む

Qエンジンオイルの粘度

メーカー指定のオイル粘度が、

5w-30だとします。100%化学合成油で。

この場合、0w-40とか5w-40のオイルは使用可能ですか?

0w-20や10w-30は使用しないほうがいいと分かるのですが。

5と30を含んでいる範囲なら、使用可能なんでしょうかねぇ。

Aベストアンサー

5w-30だとします。100%化学合成油で。

>この場合、0w-40とか5w-40のオイルは使用可能ですか?
前の 数字0Wは 低温時の 粘度を示します。
雪国等の 氷点蚊下以下に冷え込む地域には、良いですが 通常の雪なし県などには 不要
エンジンによっては 0Wが向かないエンジンも有ります SUBARU EJエンジン等

後ろの40は より粘度が固くなるので 夏場に高回転を多用する以外 燃費悪化の元で エンジン保護性UP以外 メリットが有りません 冬場では 大きく燃費悪化が出ます。
5W-30で 高性能なオイルは 油膜が切れないので こういったオイルを入れる方が 良いです。
 
>0w-20や10w-30は使用しないほうがいいと分かるのですが。
0W-20は、最近の 低燃費エコエンジンに専用に開発された オイル抵抗を減らした さらさらOIL 0w-20対応様に 作られていない エンジンに入れると 直ぐには壊れませんが 油膜切れが置き シリンダーやピスストンリングに 傷が発生し易く 焼きつきを起こします。

10W-30は使用可能ですよ 
夏場などなら 良いです 若干5W-30より 燃費が 落ちます
冬場に入れると 朝の 冷間始動性 セルが重く体感出来ます。 少し暖気してから走り出す事をお勧めします。 無理に 冬場 10w-30を使う事は お薦めしません


>5と30を含んでいる範囲なら、使用可能なんでしょうかねぇ。
どっちかの 数字が 入っていれば良いと言う事ですか? そうとは 言いきれません

初期のホンダFitなど 適合オイルの範囲が 多く 疑問です
0W-20 5W-20 5W-30 10W-30と 広範囲で 何だこりゃ~て感じ
知り合いのFitには 秋冬春は0W-20 夏を挟む期間は5W-20を推奨しています。
高性能な0W-20なら 夏でも安心出来るので 出光エコメダリスト を20L買わせてます。

5W-30指定の エンジンには、
よほどスピードを出す人なら 夏場を挟む期間は 5W-40でも可能
通常 5W-30を 基本厳守
0W-30や 0W-40を あえて選ぶ必要はないです。エンジンによって好ましくない場合が有ります。
6~7万km以上経過した辺りで 最適なOILを使用してきたか 間違ったOILだったか 
エンジンのメカノイズや不具合で 結果が出てきます。

長持ち 快調なエンジンコンディション維持には、確実で正しい粘度のオイルを使用する事 社外オイルの場合 エンジンとの 相性も有ります 何処のエンジンオイルでも 粘度が有ってれば 調子良い訳では ありません。

相性が良いオイルを入れると 軽く・静かに・綺麗に 加速(回転上昇)するものです。
普通に走るのが問題ないオイルでもなく 良い物は より良い面が感じられます。

100%化学合成が 全て 高性能で良いオイルとは言えません
原油を精製し 必要な添加剤を 加えるのですか
原油が 良くなければ 足らない性能を 添加剤として多く加える必要があり 生産コストも上がります
合成で作られた 添加剤も 長期にしようすと 粗製分解壊れます 壊れると急激に性能が無くなります。添加剤が粗悪なもので 長持ちしないものも有ります。

半合成油でも 高性能なオイルも有ります。ベース油が高性能だからです

良い100%化学合成油は

油田を持つ エンジンオイルメーカーが やはり良い原油(バージンオイル)から エンジンオイルを作り 少量の添加剤で 性能を出せます。
ベースオイル性能が良いので 高耐久性で ロングライフになります。
油田を持たない エンジンオイルメーカーは、 余り(2番絞り)を売ってもらい 作るので 足らない性能分多くの 添加剤を必要としコストが掛ります。
レースのスポンサーしてるメーカーも 割高販売傾向です。

これらから 高い販売価格の 100%化学合成のエンジンオイルすべてが良オイルと言えません。

5w-30だとします。100%化学合成油で。

>この場合、0w-40とか5w-40のオイルは使用可能ですか?
前の 数字0Wは 低温時の 粘度を示します。
雪国等の 氷点蚊下以下に冷え込む地域には、良いですが 通常の雪なし県などには 不要
エンジンによっては 0Wが向かないエンジンも有ります SUBARU EJエンジン等

後ろの40は より粘度が固くなるので 夏場に高回転を多用する以外 燃費悪化の元で エンジン保護性UP以外 メリットが有りません 冬場では 大きく燃費悪化が出ます。
5W-3...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報