やや季節はずれな話題で恐縮です。最近こそ鉄道車両の冷房化率は殆ど100%ですが、設計当初から冷房搭載を想定していなかった時代の車両のクーラー取付改造工事内容から察するに、運転室には冷気が入っていかないように見えるのですがどうでしょう。具体的にはJRで言えば165系やキハ58系等、客室の端っこの上の方に小さな穴が空いていて、そこからファンで冷気を運転室に導くようになってはいるようですが、夏場に撮られた写真を見ると殆ど窓全開です。また、今人気のキハ181系なぞはそもそも扇風機しか付いていないんじゃないんでしょうか?私鉄では阪神のやや古いタイプ(7801系)などもそう見えます。客の立場から見ればどうでもいいようにも思えますが、なんか気の毒でしょうがありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

確かに最近の電車は、乗務員室の空調もずいぶん良くなりましたが、古い電車、気動車は夏はとんでもなく暑いです。

ただ、走行していれば風が入ってくるので、走っている分には何とか我慢できます。

実は我慢できないのは冬の方で、特に電気暖房しかない電車などは暖まるまでの間は地獄です。(気動車でも、冷却水が暖まるまで、或いは電気暖房であれば同じですが。)古い近郊電車など、すきま風も凄いですし、ふるえながらの運転です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

冬の方が辛い、と言う話は雑誌の記事で読んだことがあります。鉄道車両は耐用年数が長い分、労働環境の改善といった事項は他の交通機関に比べて遅くなるのでしょうね。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/11 10:40

 客室のおこぼれをもらうタイプのものは、やはり効き目が悪いみたいですね。


 EF66などの電機には乗務員室用クーラーが改造工事で取り付けられていますが、逆に考えると電機の中がものすごい暑さだからなのでしょうね・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういえば昔の電機には運転室の窓下に通風口が開いてましたよね。

お礼日時:2001/02/11 10:23

そういう車両も確かにありますが、


103系の冷房改造車の様に、乗務員室用のエアコンが、客室側に
飛び出しているものもあります。

実際、一番クーラーが欲しくなるのは、すし詰めの時ですが、
乗務員室にはすし詰めはありえませんから、
扇風機もあることですし(たいてい)、そんなにつらくないのかも
しれません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

通勤ラッシュの辛さを日々体験している身にとっては、運転室の広さが羨ましくなることもありますものね。ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2001/02/11 10:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建物の実際の耐用年数についてです。

一棟マンションや一棟アパートの耐用年数についてお伺いします。RCなら47年、鉄骨なら34年、木造なら22年などと法的に耐用年数が決められているようですが、実際には建物として、何年程利用できるのでしょうか。ヨーロッパなどの建築は200年も建っているなどと聞きましたが・・・。もちろん手入れをすればするほど耐用年数はUPするとは思いますが、地震などの天地災害を除けば、そんなに簡単には潰れないと思うのですがいかがでしょうか。水漏れから始まり、素材が腐り倒れるのでしょうか。中古の一棟マンションや一棟アパートの耐用年数を見分けるポイントはありませんか。外見からではわかりませんか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

■水漏れ
(アスファルトやシート)防水は10年保証なので当然10年ごとに更新が必要です。(壁塗装の保証は5年など)
水漏れで原因究明が難しいのは鉄筋コンクリート造です。
一度水が躯体内に廻り始めると鉄筋を伝いどこまでも流れます。
木造や鉄骨造は屋根材が薄いので漏れている場所から原因の場所をすぐに特定できます。

■建物倒壊
地震・火事などを除けば倒れる原因は木造のシロアリや土台や柱の腐りなどに限られると思います。
ただ瓦屋根の古い木造はやや注意が必要です。
同じ地震でも瓦屋根でないものより倒壊の可能性は高まります。

■地盤
いくら建物が丈夫でも地盤が悪く地業工事がいい加減であれば建物は徐々に傾きます。
建物周囲が沈下していないかチェックしましょう。
あるいは建物が不同沈下していないかもチェックしましょう。

■構造面
1981年(昭和56年)6月1日に建築基準法施行令が改正され現在の新耐震基準に変わったので,築30年以上なら旧耐震で構造的には現行法に比べて弱いと思って下さい。

■外壁
例えば鉄骨造で外壁がALCなどの場合は大震災ではいくらかは割れると考えてください。
ある程度の揺れには建物に追随して揺れますが限界があります。

ジョイントなどにコーキング(シーリング)などを打っているものは経年劣化によって打ち替えないと浸水する場合があるので外装改修の時に打ち替えた方が良いです。
そういう意味では最初からコーキングを打たずに済む収まりに成っている方がメンテ費用が割安になります。

■水漏れ
(アスファルトやシート)防水は10年保証なので当然10年ごとに更新が必要です。(壁塗装の保証は5年など)
水漏れで原因究明が難しいのは鉄筋コンクリート造です。
一度水が躯体内に廻り始めると鉄筋を伝いどこまでも流れます。
木造や鉄骨造は屋根材が薄いので漏れている場所から原因の場所をすぐに特定できます。

■建物倒壊
地震・火事などを除けば倒れる原因は木造のシロアリや土台や柱の腐りなどに限られると思います。
ただ瓦屋根の古い木造はやや注意が必要です。
同じ地震でも瓦屋根でな...続きを読む

Qキハ281系のロゴについて

最近、キハ281系の先頭車の側面のロゴが変わりました。「HEAT281」から「FURIKO281」になりました。しかし、自分としてがっかりです。なぜなら、「HEAT281」のほうが自分的にいいのです。なぜ、「FURIKO281」変更する必要があるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

東北新幹線八戸開業にあわせて登場した
「スーパー白鳥」用車両(789系)に
「HEAT」hokkaido express advanced train
の愛称が受け継がれたからです。

先進的な列車という意味なので、より新しい
789系に引き継がれたのではないでしょうか。

参考URL:http://www.jrhokkaido.co.jp/entertain/rolling/ai9.html

Q店舗併用住宅の建物耐用年数は?

友人の代理質問です
よろしくお願いします

友人が去年新築しましたが、店舗併用住宅で
一部賃貸住宅と自己使用住宅です(青色の個人事業者です)
建物の耐用年数を店舗にするのか住宅なのかが分かりません

地下と一階が小売店舗  (建物全体に対する使用割合)40%
二階が賃貸住宅(一戸)               20%
三、四階が自己使用です               40%

店舗は店舗の耐用年数39年で減価償却計上し
賃貸収入の申告は住宅47年で減価償却費計上にするのでしょうか?
それともどちらか一つに統一するのでしょうか?
その場合は使用割合が同じなのですが
どちらを選択したらよいでしょうか
本を見ても書かれていないので困っています。
どうかよろしくお願い致します

Aベストアンサー

一つの建物で、各階の用途が異なる場合の減価償却の耐用年数は、各階それぞれの耐用年数を使用することはできません。基本的な考えは、一つの建物につき一つの耐用年数となっているからです。ご質問をみる限り、建物の使用割合の住宅用(賃貸含む)が二、三、四階で60%となっていますので、主たる使用目的が「住宅用」に該当しますので、ご質問にある「住宅用の47年を適用」することになります。

結論としては、
(1)地下と一階(小売店舗) 47年
(2)二階(賃貸住宅) 47年
になると考えるのが妥当でしょう。

一つの建物に一つの耐用年数です。
例外もありますが、あなたのご質問の場合は、例外には該当しないと考えます。
(例外とは、建物一部について特別な内装をした場合です。劇場などが該当します。)

参考になれば幸いです。

Qキハ40・47系

HOゲージで「キハ40・47系」って、模型にはなっていないでしょうか?(1両1万円前後で・・・)溶接は下手なので出来れば完成品がいいです。あと塗装は何色でも構いません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 私もキハ47新製当時、HOのモデルを探したことがあります。
 その時は京都模型(だったと思いますが、多分どこかのキットを組み上げたもの)がモデル化していましたが、高くて手が出ませんでした。
最近、エンドウ製を見かけましたが、値段はトレーラーでも売価で2万円以上したかと記憶しています。
 近年、HOモデルはNゲージにすっかり主役を奪われたため、ごく少量しか生産されず、かつブラスモデル(金属製)はハンドメイドであり、ある種工芸品的な存在です。
 よって、キハ40系に関わらず、金属製で完成品だと1万円前後と言う価格は難しいです。例えば30年前、カツミのEF65(これが欲しかったのですが)は16千円でした。今では当然品質も違いますが、同じものが10万円はします。
 また、最近はTOMIXやKATOからプラ製のHOモデルが出ていますが、やはり需要が少ないことから、人気のある車種からモデル化されていますので、キハ40系のモデル化の優先順位は高くはないでしょう。
 では全く望みがないかというと、中古品を探すという手はあるかもしれません。例えば天賞堂の4階に通ってみてはいかがでしょう?

 私もキハ47新製当時、HOのモデルを探したことがあります。
 その時は京都模型(だったと思いますが、多分どこかのキットを組み上げたもの)がモデル化していましたが、高くて手が出ませんでした。
最近、エンドウ製を見かけましたが、値段はトレーラーでも売価で2万円以上したかと記憶しています。
 近年、HOモデルはNゲージにすっかり主役を奪われたため、ごく少量しか生産されず、かつブラスモデル(金属製)はハンドメイドであり、ある種工芸品的な存在です。
 よって、キハ40系に関わらず、金...続きを読む

Q建物の耐用年数

鉄筋コンクリート5階建ての分譲住宅に38年住んでいますが、
建物の耐用年数は、どのような法律で何年とか、決められているのでしょうか、教えて下さい。

Aベストアンサー

法定というと減価償却する際の耐用年数がありますよね。
http://www.m-net.ne.jp/~k-web/genkasyokyaku/genka-tatemono.htm

実際にはもちろんこれ以上の年数が経過しているところに住んでいる方も多いですし、完全に建物として用をなさなくなった時と考えるともっと長いと思いますがこれは法で定められているとは思いません。
今にも崩れそうな状況だとかすると行政から使用中止などの命令を受けることはあると思いますけど、耐用年数を定めたものとは異なりますよね。

Qキハ183系

北海道で使用されている、183系(前面非貫通・特急色)をHOゲージで自作したいので、写真など資料があるHPを教えて下さい。

Aベストアンサー

こちらのHPには20点ぐらいあります。

参考URL:http://isweb23.infoseek.co.jp/photo/jrh183/mein.htm

Q建物の耐用年数

建物の耐用年数で、鉄筋50年? 木造20年?
とあるそうですが、建ってから、この年数が経過したら住めなくなるんですか?
それとも、売買ができなくなるんですか?
詳しい方がいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

耐用年数は、あくまでも目安の数値です。

会計上、建物を取得した際には、
以後使うと思われる期間まで、
その取得価額を費用として計上しなければいけません。
(減価償却費と言います)

例えば、1,000万円の鉄筋の建物を今年買ったのであれば、
以後使うと想定される期間にわたり、費用にしていきます。

この期間を、各社が勝手に決めたら不公平なので、
目安として耐用年数というのを定めて、それにしたがって計算しなさいとなってます。

なので、住めなくなるとか、売買ができなくなるとかとは全くの別物です。

Qキハ58系車体表記について

よろしくおねがいします。
KATOのキハ58無塗装ボディから飯山色を製作中なのですが
車体表記について判らないので教えてください。
検査表記の位置、ATSの種別など、写真などが掲載されている
ホームページなどご存知の場合は、教えていただけるとたすかります。
飯山線以外でも参考になればと考えています。
完成まであともう一息なので、ご協力よろしく御願いします。

Aベストアンサー

#2です。

http://www13.plala.or.jp/t-t_inmt/58numberguide.htmlというものもありました。

Q建物の耐用年数 「骨格材の肉厚」?

所得税の確定申告書(不動産所得)を作成しています。
建物(倉庫)の耐用年数についての質問です。
鉄骨の倉庫を賃貸しています。
耐用年数表では、骨格材の肉厚によって年数が異なるっているのですが、
「骨格材」、「肉厚」とはなんのことでしょうか?
ご教示ください。

Aベストアンサー

柱の種類、鉄骨の厚さになります。ミリメートルで表示されています。

http://www.zaimu.com/t_buz_contens/genka/shokyaku01-1.htm

Q221系先頭車両

以前、221系が東海道・山陽本線の新快速で走っていましたが、さいきん、ローカル線に乗り入れてきました。
東海道線では6両や8両で走っているのですが、ローカル線では2+4とか2+2で走っているのを見ます。休日の早朝など2両で走るようなのです。
乗る方からすれば、貫通車両でないと、車掌は回ってこないし移動も出来ないのが不便なのですが、

103系や117系が「2+2両」で走っているのは見たことないけど、なんで221系だけそういう不便な事をするのか。クハ、クモハを作り過ぎ、ってことは、最初の新快速で使った事からは考えにくいけど・・・。
ご存知の方ありましたら、ご教授を。

Aベストアンサー

もともと、221系は新快速だけではなくJR西日本各線で使うことを考えて作られた車両です。
ですから、新快速だけではなくローカル線の低い需要にも対応できるよう、2両編成を組めるようになっています。

確かに新快速では6両や8両、6+6両で走っていたのですが、大和路快速は新製時から4+2両や6+2両で走っており、2両編成が桜井線や和歌山線などのローカル線を走ることも結構前からありました。

ローカル線の需要を考えればラッシュ時などは2+2両、休日の早朝など需要の少ないときは2両というのもそれほどおかしくは無いと思います。
ただ、貫通できないのは失敗だったような気がします。

なお、103系や117系が「2+2両」で走らないのは、もともと10両および、6両の固定編成を組むために作られた車両なので、短編成同士組んで両数の調節を行う必要が無かったからではないでしょうか。

参考URL:http://www.rail.ac/jr/car/221/table.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報