教えて! goo のコンテンツに対する取り組みについて

FXに関しての難解な質問です。 3月13日と14日の21:30のアメリカの指標が集中発表された直後のUSDの理不尽な超短時間の下ぶれって何なんでしょうか? 

チャートを一見しただけだと、13日も14日も指標発表直後にドル高で上に触れているのですが、時間足をTICKか1分足のローソクチャート(下ひげのみ異常に延びているのが確認できる)を見ると、指標発表直後の30分から1秒足らずの間だけ、数十pipsドル安に振れた後、超急反発しドル高に振れているのが見て取れます。 指標の発表は同じ21:30でずれは無いはずなのですが、何故ドル高に触れる前の1秒程度の間、異常な下ぶれが起こっているのでしょうか? 1秒にも満たない急下落からの急反発トラップとなると、機関投資家でも早々出来る物ではないと思いますし、全く見当もつきません。 

おかげでFXで指標発表直前に設定した、OCO発注の逆指値の順張りは、下ぶれの底(レートが15pips以上ぶっ飛んだので、悲惨な逆指値となった…)で売り注文となってしまい、買い注文はOCOなので当然キャンセル扱い。 売りから入った注文は、レートの急変でなかなか決済できず、数十万すっ飛びました(泣)

何故この理不尽な下ぶれが2日も続けて起こりえたのか、お教え頂けると幸いです。

gooドクター

A 回答 (2件)

No.1です。


「1秒程度という時間について述べている人はいないものでしょうか?
」さすがにそこまでわかる人はいないでしょうし書かせていただいている事もあくまでも推測の域を出ません。
「過去にこういった動きをしたケースは何度かあるんでしょうか? 特にUSD/JPY以外の通貨でもこの形の値動きがあったのか知りたいです。」
私もFX経験が長いわけでもないので確実なことはわかりませんが、ドル円に関してはあまりなかったようです(マック談)。実際プロと呼ばれている人の方が戸惑っているみたいです。他のマイナー通貨はあるみたいです。(確認する資料等持ち合わせていませんのでご希望に添う事はできませんが)市場規模が小さいければある程度の資金があればできるみたいですから。ですので、私自身はユーロドル、ドル円以外は手を出しません。結局経験を積めば積む程こういう結論に達すると思います。私も初めのほうは値動きの良さにつられてマイナー通貨に手を出しましたが、結局死にそうになりました。
「これもリスクがありそうな…」リスクは取るしかないでしょう。ただ取りかたの問題です。ここの掲示板に大損したと嘆いている人みたい1度のトレードで終わっちゃうことにならないようにしなければ、いいんですよ。W.D.ギャンのような過去の偉大な先達は皆そのように指摘しています。人間なんて昔から大して変わってないってことです。生き残ることが一番大事なことでしょう。お互い頑張りましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

【私自身はユーロドル、ドル円以外は手を出しません。】

スワップ狙いでなければ、現状そうなりますね。 でも値動きの形だけで見るとドル円は結構複雑な動きが多く、ダマシも多いので意外に難しいと聞いたことがあります。 …でもスプレッドが狭いので結局自分もスキャルはドル円メインでたまにユーロドルなんですよね~

それと、ご回答有難う御座いました。 大変参考になりました。

お礼日時:2008/03/17 00:14

個人的な意見です。


発表された指数がどちらにでもとれるのと、まともな市場参加者のマインドが凄く疑心暗鬼になっているのが原因と思われます。ベアースターンズに関するニュースなんかはその典型です。金曜は凄かったですね。今の相場の方向は下向き(ドル安)です。しかしマーケットウイン24でマックさんも指摘されていますが、どうしても相場を上げたいもしくは買い支えたい勢力(ヤカラと表現されてます。この人たちに迷いはありませんから)がいるみたいなので「急下落からの急反発トラップ」「理不尽な下ぶれ」ではなくて、一瞬の急落は普通もしくはまともな投資家が指数に素直に反応して下げ、しかしその勢力が一瞬の隙や迷いついてブチあげるって感じ「理不尽な上ぶれ」ってところでしょうか。実際ある程度上げると上値が重くなりそこから急降下ってパターンでしょう。急反発そのものがトラップになっています。今色々なブログにも書かれていますが、指数発表時は兎に角難しく、素直に反応しないので見送りが正解じゃないでしょうか?ある程度上がったところで売りから入る感じで。
そういう私も今年に入ってから何回か指数発表時にセルストップ注文を入れて痛い目に遭っています。

この回答への補足

過去にこういった動きをしたケースは何度かあるんでしょうか? 特にUSD/JPY以外の通貨でもこの形の値動きがあったのか知りたいです。

補足日時:2008/03/16 06:08
    • good
    • 0
この回答へのお礼

【どうしても相場を上げたいもしくは買い支えたい勢力】

いるみたいですね… 私が参考にしているサイトでも【ここ最近、米国の経済指標の結果にかかわらず、指標発表がドルショートを買い戻すキッカケとなっているため、発表結果を根拠に短時間の為替相場の方向性を見極めるのは難しいかもしれない。】と書かれていますし…

【一瞬の急落は普通もしくはまともな投資家が指数に素直に反応して下げ、しかしその勢力が一瞬の隙や迷いついてブチあげるって感じ】

仰る通りかもしれません。 ただ1分でも数十秒でも下落するも、下げが限定的でブチ上げられるのなら良いんですが、1秒足らずだとどうやっても対処できず、「OCO 逆指値の順張り」「セルストップ注文」どちらにとってもワナなんですよね~ 値動きの形に関しては納得いっても、1秒程度という時間について述べている人はいないものでしょうか?

【ある程度上がったところで売りから入る感じで。】

確かにこの2日は典型的な「いってこい相場」でしたけど、いざ此処らが山だろうと売りから入った日に限って、行ったまんまで帰ってこなかったりするんで、これもリスクがありそうな… かと言って、片方の注文が消えるOCOの代わりに、損切り設定をしたIFD注文を売り買い共に入れても、あまり利益出ませんし、触れ幅によってはマイナスだし困った物ですね(14日はこれで挑んだんですが僅かなマイナスになりました) 

お礼日時:2008/03/16 06:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング