「ぼくはコーヒー」のように注文をすることがありますが、英語でも"I am coffee." のように言うことができるのでしょうか。小島義郎の『日本語の意味 英語の意味』(P。178)によると、ストレスの置き方に注意すればこの表現も可能、となっています。ネイティブスピーカーはほんとうにこんな言い方もするのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ニュージーランドの大学に勤務する者です。

同僚にも念のため聞いてみましたが、やはり「間違っている、そうは言わないよ」とのこと。

I will have coffee. とか I want coffee. とかが正しいことはすでに御存じだと思うのですが、それではどのような状況なら I am coffee. という言い方が可能(正しいとは言えないにしても)かを考えてみました。例えば以下の状況ならあり得るかもしれません。

 何が飲みたいですか? と尋ねられて、
 隣の友人は「僕、紅茶」と答えた。
 次に「あなたは?」と聞かれて、
 「えっと・・・、私、コーヒー」とつまりながら言った。

このような状況なら、本来は

 I'm going to have coffee.

とかになるところを、つまってしまったので、

 I'm . . . coffee.

になってしまった、というのは、状況から意味を推察してもらえると思います。その意味では「可能」ということかもしれません。

でもやっぱり I am coffee. は「私はコーヒーです」、つまり私=コーヒーになってしまうので、間違いだと思います。使うのはさけるべきではないでしょうか? 御参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。ネイティブが言わないというなら納得です。
しかし、英語研究者の先生方が本に書いている位だから、。。。と、映画や小説で使用例がないか探しています。気がつかれたら教えて下さい。

お礼日時:2001/02/10 11:12

coffee please.


で全ては解決だと思います。コマーシャルでもそう言ってます。
    • good
    • 0

英語に関しての回答でなくてすいません。


この場合「僕はコーヒー」というのは日本語の省略形であって、正確には「僕はコーヒーを注文します」とか「僕はコーヒーが欲しい」等の述語がつくのが正しいですよね。だから最初の「僕はコーヒー」だけを取って英語に直訳してもダメなのではと思うんですが・・・。

ただ英語でI order coffeeとかI want coffeeとか言うんだとしたらorderやwantを省略して結果的にI coffeeとかなる場合もあるんでしょうか。
    • good
    • 0

僕はコーヒー でも


I am coffeeでも、
僕はコーヒーです の意味になりますが、
I am
で区切って、coffee
なら、僕 コーヒー という事になります。
普通は I'm
でしょうね。 これは何度か耳にしたことがあります。

この回答への補足

小島義朗の本によると、「coffeeにストレスを置くと、『私は(人間でなくて)コーヒーです』になり、Iにストレスを置くと、『私は(他の物でなく)コーヒーが飲みたい』の意味になる」と書いてあります。同じ趣旨のことは、鈴木寛次『こんな英語ありですか?』にも出ています。しかし、ほんとうにネイティブスピーカーが使うのかどうかが知りたかったのです。映画や小説での使用例をご存じありませんか。

補足日時:2001/02/10 09:34
    • good
    • 0

I am coffeeだと、-私はコーヒー(という名前)です-になります。


I want coffeeではないでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報