日本の三名城といえば大阪城、名古屋城、熊本城といわれていますが、城として一番素晴らしいと思われる姫路城がなぜ入ってないのでしょうか。教えて下さい。確かに世界遺産にはなっているようですが・・・。

A 回答 (3件)

松本城は国宝


姫路城は世界遺産
・・焼けずに残っているものこそ名城でしょう。
    • good
    • 11

>姫路城がなぜ入ってないのでしょうか。



先ず、3大名城・3大公園などは「明治政府の国定教科書」に記載がありました。
現在でも、この選定を継承しています。

では、何故「大阪城、名古屋城、熊本城」なのか?
明治4年8月、廃藩置県を契機に各藩兵隊を解散し、 東京鎮台、大坂鎮台、鎮西(熊本)鎮台、東北(仙台)鎮台の4鎮台を設置しました。
その後、名古屋・広島に鎮台を設置します。

明治初期、新政府に反感を持つ士族・平民が多かったようです。
そこで、旧幕府側の軍事拠点である軍事的名城(明治政府が存続を許可した城)に鎮台を設置し「支配者が変わった事」を明らかにする必要が生じたのです。
この鎮台のなかでも、江戸時代から名城の誉れが高かったのが大阪城、名古屋城、熊本城です。

何故、姫路城が3名城に選ばれなかったのか?
想像ですが、明治初期「廃城例」で姫路城は無用の長物として廃城・取り壊し処分対象になっていました。
当然、存在しない城ですから3名城には選ぶ事は出来ません。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

九州の軍事的拠点は熊本だったんですね。明治時代の国定教科書にすでに三名城が載っていたんですね。しかしなぜあの美しい姫路城が「無用の長物」とされたのか不思議ですが・・・。軍事的拠点ではなかったということなのでしょうか。とにかく、詳しい説明ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/17 19:42

ウィキペディアによると姫路城を三名城に入れる説もあるようです。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%90%8D% …
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ウィキベディアを見ました。いろんな説があるようですね。江戸城は別格。清正が関わった城の中から選んだんですね。姫路城は池田長政が築城したので外したという説。
なるほど興味深いです。よく分かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/17 19:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【姫路城の鬼門、裏鬼門の謎】普通は鬼門は北東、裏鬼門は南西にあるはずなんですが姫路城の鬼門が姫路城の

【姫路城の鬼門、裏鬼門の謎】普通は鬼門は北東、裏鬼門は南西にあるはずなんですが姫路城の鬼門が姫路城の北東になく南にあるのはなぜですか?

おかしくないですか?

Aベストアンサー

「姫路城の鬼門」を門か何かだと思っておられるのでしょうか?
鬼門は書かれているように北東の方角を指す(として日本では使用されている)言葉です。つまり「姫路城の鬼門」は「姫路城の北東」と言ってるのと同じです。あなたの質問は「姫路城の北東が南にあるのはなぜですか?」ということになり、質問がオカシイということになります。

ちなみに鬼門の由来は、むかーしの中国の書籍に北東の門に捕まえた鬼を縛ってまとめているところがあるって記述からで、なのでその門を鬼門と呼ぶってところから、北東の方角を鬼門(の方角)と呼ぶようになりました。それが日本では、鬼の門って怖いねーって感じのイメージ先行で、とりあえず北東は鬼門で怖いねー、じゃあ反対側も裏鬼門で怖いねーって感じでしょう。ちなみに裏鬼門なんてのは日本と、もしかしたら風水くらいで言われる程度のニセ情報も良いところの話なのですが、どうせそんなのはどうでも良いのでしょう。

Q世界遺産、スペインの文化遺産都市テルエルに関する記述で「牛を放って攻撃」の意味がわかりません

世界遺産の文化遺産についての本を読んでいます。

スペインのテルエル(teruel)という都市は、アルゴン地方の南部にあり、テルエルとは雄牛の意味。

「キリスト教徒に対抗し牛を放って攻撃したことからこの町の名前になった」と書いてあります。

キリスト教徒に対抗するために牛を放つだけで、有効な攻撃になるんでしょうか?
そのあたりの歴史はどうなんでしょうか?ほかにもそういう記述はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

コメントありがとうございます。No.3です。

>ひとつだけ疑問なのは、牛を放ったのはいいとして、諸刃の剣ではないかということです。自分たちには襲ってこないの、という疑問が生じます。

牛は群れで前に進みますから(たまに横に行ったりするのでそれは危ないが)、前に行かせるようにして、放った側の人たちは後ろにいれば大丈夫だったんじゃないでしょうか。

牛追い祭り情報がありました(日本語)。
牛の動向が書かれていますので、ご参考まで。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/4724/page04.html

http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/4724/page02.html

http://www.spaintour.com/oet2004/events/matsuri-sanfermin.shtml

どこで放ったかにもよると思います。
狭い道なのか(スペインの旧市街は道狭い)、城壁みたいなのの中か外か・・・

Q江戸城と大阪城

大阪城は大阪の陣で実戦に使われましたが、江戸城はそうでありません。純軍事的に見た場合、江戸城と大阪城(秀吉が作成したもの)はどちらが優れているのですか?
また幕末で江戸城が無血開城されず戦争に用いられたら、落城したのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、その攻防戦がいつの時代を想定しているかによります。
ご存知かもしれませんが、江戸城は天守閣がいわゆる振袖火事で焼失しており、その後再建されていません。たかが天守閣ひとつで勝敗が分かれるものでもないですが、違いはあるでしょう。

大阪城は一向門徒の本山兼基地として、信長と十年戦争をしながら遂に直接落城することはなく、さらにそれを基にして小田原城も参考にしつつ築城の天才秀吉が心血を注いで作ったものです。戦国時代の戦争なら、かなり優れていたと思います。
一方江戸城は元々が前線基地的な平城で、政治首都としての機能を優先させた街づくりとなっています。小田原城などの城塞都市は市街の周囲を掘などで囲ったのですが、江戸城はそれをしていません。東京って想像より起伏があるので案外に登ったり降りたりなんですけど(皇居の北側と南側じゃかなり高低差があります)、そうはいっても平地に建てられた城だし、大阪城のように淀川みたいな川を利用したものでもありません。

しかしいくら大阪城といっても大砲が発達した幕末の頃ではもう時代遅れのものになっていました。その頃は五稜郭みたいな星形の城が最もなうだったのです。でも大阪にしろ江戸にしろそんなものを作れる土地はもうありませんでした。

戊辰戦争での江戸無血開城ですが、あれは勝海舟の功績ですよ。戦ったところで幕府軍が勝つ可能性がゼロだったからこそ海舟は開城に応じたのです。
そのため残った(新政府軍が江戸に迫っていたころは幕府軍は事実上敗残兵の集まりでした)幕軍の中で最も過激派で手が付けられなかった新撰組の連中を甲府に派兵してまんまと片づけるのに成功しています。
元々江戸城では防御力が少ないことは江戸幕府は分かっていて、そのため有事の際は将軍は甲州街道を通って周囲が山に囲まれている甲州(甲府)へ逃れることとなっていました。ゆえに、甲州街道に近い大久保には鉄砲衆が住み、甲州街道と南北(神奈川と川越などの埼玉)の要になる八王子(現代でもトラック走行が多い国道16号と甲州街道(国道20号)が交差しています)に旗本(親衛隊)を千人住ませています。

元新撰組なきあと、幕府軍に残っていた士気の高い部隊は彰義隊くらいでしたが、その彰義隊も大村益次郎の名作戦があったとはいえたった一日で片づけられてしまいました。勝海舟は自分の手元にある駒はその程度のものであると見抜いていたのではないかと思いますよ。

まず、その攻防戦がいつの時代を想定しているかによります。
ご存知かもしれませんが、江戸城は天守閣がいわゆる振袖火事で焼失しており、その後再建されていません。たかが天守閣ひとつで勝敗が分かれるものでもないですが、違いはあるでしょう。

大阪城は一向門徒の本山兼基地として、信長と十年戦争をしながら遂に直接落城することはなく、さらにそれを基にして小田原城も参考にしつつ築城の天才秀吉が心血を注いで作ったものです。戦国時代の戦争なら、かなり優れていたと思います。
一方江戸城は元々が前線...続きを読む

Q伏見桃山城が大阪城として

映画の撮影用に
伏見桃山城を大阪城として改装したという
ニュースを見たのですが
そんなことで大阪城として撮影に使えるものでしょうか?
(映画として大丈夫なの??と心配)
中だけ使うわけでもないでしょうし。。。。

すごくモヤモヤした気分です。

Aベストアンサー

#6です。
>周りの歴史好きも大阪城の話は知りませんでした。
今名古屋に住んでいる妹は大して歴史が好きな訳でもないのですが、名古屋城天守などを建設当時のものだと思っていたらしくて、復元であることを知ってひどくがっかりしていました(名古屋城なら戦前までは今の姫路城と同じようにちゃんと残っていたのですが)。
ですから結構そういうことをご存じないかたも多いのかもしれないと改めて思った次第です。
実際当時の技術でつくられた天守が残されているのは全国で十二ヶ所ほどあり、城郭関連の本などではこれらを「現存天守」、歴史考証がある程度なされているものを「復元天守」、そのようなことが重視されていないものを「模造天守」「復興天守」などと区別していたりします。
「模造天守」の中で最も酷評されることが多いのが「清洲城」で、新幹線で名古屋を過ぎますと河畔に見えてくるものですが、確かに素人が見ても「似非っぽい」ことが丸わかりで、実際清洲城に関しては建てられていた位置すらよくわかっていない有様であるのに、お構いなしにそのようなものをつくってしまい、当時の町長の責任問題にすらなったという話です。
しかしそれも世の中の価値観の変化というべきもので、明治以降お城はむしろ「無用の長物」と厄介もの扱いされることのほうが多く、維新の混乱期には二束三文で売り飛ばされそうになったり、実際ただ風呂の薪となってしまったものすらあるのです。
混乱の時代が少し収まってきますと見直す動きも起こってきましたが、時既に遅しということで今なら貴重な「文化遺産」に違いない多くのものが失われてしまっていました。
また幾多の戦争の際には空襲などによって破壊されるばかりでなく、そこへ駐留する軍隊が運用し易いように、石垣や土塁をはじめとする遺構が破壊されたものも少なくないのです。
折角幕末の混乱期を乗り越え、ある程度きちんとした姿を留めていた尼崎城などは、明治期に天守以下を払い下げて破却してしまったのを皮切りに、港の防波堤工事・小学校建設・国道工事で徹底的に破壊され現在城跡だった面影は何一つ無いような有様です。
そんな訳で例え「かたちばかり」の模造天守であっても「折角ここには昔立派なお城があったことだし」という地元の人々の声を集めてつくられたものが多く、その当時は今のように研究が進んでいた訳でもありませんから恐らくそれが精一杯で、またそれをやろうということになっただけでも人々の意識が大分以前とは違うものになってきていたということが言えるのかもしれません。
そのようなある種「過渡期」につくられたものが現在の感覚からすると歴史的に何の価値もないようなものであったとしても、それはそうした時代背景からしてみれば仕方のないことであったとも言えるでしょう。
前述の伊賀上野城も実際には天守がつくられたかどうだかも怪しいところへ、とりあえず天守型の建物を乗っけてみたに過ぎないものですが、確かに「城=天守」というような一般的な認識からしたら何もないのは何とも寂しい限りですし、何より地元の人々にとってはとても意味のあるものであったことは間違いないのだろうと思います。
現在の大坂城は確かに往時のそれを復元したとは言い難いものであるかもしれませんが、それはそれとして「昭和の名建築」とする評価もありますし、地元の誇りとなるような立派な建物であることには違いありませんから、大阪の方々は存外そのような細かいことには頓着されずに「そういうもの」として愛でておられるのではなかろうかと思ったり致します。

#6です。
>周りの歴史好きも大阪城の話は知りませんでした。
今名古屋に住んでいる妹は大して歴史が好きな訳でもないのですが、名古屋城天守などを建設当時のものだと思っていたらしくて、復元であることを知ってひどくがっかりしていました(名古屋城なら戦前までは今の姫路城と同じようにちゃんと残っていたのですが)。
ですから結構そういうことをご存じないかたも多いのかもしれないと改めて思った次第です。
実際当時の技術でつくられた天守が残されているのは全国で十二ヶ所ほどあり、城郭関連の本な...続きを読む

Q【歴史・日本史】大阪城を豊臣秀吉が建立を命じた時に城を建てる前にその土地の神様、仏様を祀る神社仏閣を

【歴史・日本史】大阪城を豊臣秀吉が建立を命じた時に城を建てる前にその土地の神様、仏様を祀る神社仏閣を城を建てる前に建てたと思いますがその神社仏閣は現在も残っていますか?

それはどこの神社仏閣ですか?

Aベストアンサー

神社は、生國魂神社です。(大阪府大阪市天王寺区生玉町)
仏閣は、石山本願寺ですが、こちらは再建されていません。
石山本願寺攻めの時に同時に焼失した四天王寺が豊臣秀吉によって再建されています。(四天王寺は大阪府大阪市天王寺区四天王寺)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報