30歳代の男性です。見合いで知り合った、短いつきあいですが、結婚を考えている女性がいます。人柄は今までに見てきた女性の中でも一、二を争う良い人です。しかし彼女は敬虔なプロテスタントで、それが結婚を躊躇する悩みの種になっています。
 冷静に見ても人となりは、上品で慎み深く、温和で気さくで心配りが行き届き…と最高なのですが、言葉の端々や態度に宗教臭さが出て(最近は気を許したのか、デート中に自分の過去の宗教的体験を話して涙することさえあるのです)、結婚してもうまくやっていけるか不安になります。というのも、私は元々家がある宗派の仏教なのですが、日常的な習慣以上に宗教に関わることはしませんでした。親戚や友人知人にもクリスチャンは何人もいますし、人間として尊敬もしています。しかし私は宗教としてキリスト教が大嫌いで、自分が築いた家庭にキリスト教が入りこむことに生理的な嫌悪感を感じてしまうのです。
 ではなぜそんな女性と、短いとはいえつきあってきたかというと、とにかく人柄が良かったのでそれに引かれていたことと、宗教について意図的に避けてきたことがあります。
 しかし最近、両親からも早く結婚をと迫られるようになって、結婚後の生活を現実的に考えるようになり、にわかに深刻な問題として捉えるようになりました。
 こんな場合、結婚後生活に支障が出るようなことはあるでしょうか。
 そのような恐れがあるならば、事態が深刻にならないうちに諦めようと思うのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

みなさんがお話ししているように、宗教の問題は難しいですよね。



私の知り合いで、親が宗教がらみでお嫁さんが悩んだという話を聞いたことがありました。
結婚する前は相手の男性も話さなかったみたいで、結婚後にわかって相当ショックを受けていました。

貴男様の場合、結婚前にわかったから良かったかもしれません。
彼女の性格はきっと、貴男様が言うように素晴らしい人柄だと思います。
倫理の道を歩んでいる人ですから、マリア様のような性格に誓いものがあると思います。
でも結婚となると親や兄弟、仕事、生まれてくる子供にもかかわってくると思います。
自分自身が受け入れる姿勢があるのならば別ですが、お話を聞いている限り、受け入れる姿勢がないようですので、現実を見つめて決断された方がよいと思います。

お見合いと言うことですし、ハッキリ宗教のことを口に出していった方がよいと思います。
みんなに悩み相談をするように、彼女にも自分の心を思いっきりぶつけてみてください。
最終的結論として、彼女も同じ宗教の人と結婚された方が幸せになれると思いますし、貴男様も普通の女性の方が幸せをつかめるような気がします。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

 皆様回答有難うございました。
 あまりの反響に驚いています。
 失礼とは思いましたが、皆様への回答として代表させて頂きました。

 皆様からの回答で、明らかな問題と思っていたことから自分の思い過ごしかもしれないと思っていたことまで、明確なご指摘を受け、決心がつきました。
 本日実家の両親にお断りの依頼の電話をしました。もめるのがわかっていたので、一方的に電話を切りました。その後ルータから電話へのラインを外しておいたら、何回もカチカチと鳴って・・・明日が少々不安です。(以前恩義のある方から紹介された話を断ったら、両親そろってアパートまで乗り込んできて、ちょっとした喧嘩になったことがありましたので)

 クリスチャンの方で私の拙文をお読みになって、ご不快に感じられる方がいらっしゃいましたら申し訳ありません。重ねて申しますが、私は誰がどんな宗教を信じようと、それがよほど反社会的な団体でもない限りは、基本的に尊重するつもりです。私の(既に故人ですが)大学の研究室の先生も敬虔なクリスチャンでしたが、私は尊敬しておりました。ただ私のキリスト教嫌いは20年以上もの時を経ているので、いまさら直るとかそういうものではないので、それはご理解ください。
 有難うございました。

お礼日時:2001/02/11 00:24

宗教的にキリスト教が大嫌いで生理的嫌悪感、ですか…


自分は敬虔ではないプロテスタントですが、
ここまではっきり文章で拒絶されたものを見るのは初めてかも(爆)
自分の周囲を見回してみると、お寺の娘さんが牧師と結婚していたり、
同じキリスト教徒の宗派違いで結婚していたり、
日本って結構おおらかなものだと思ってましたね。
でも結婚当初から「ヤソ」と呼ばれていわれない侮蔑をされている人もいるので、
あなたの身内に彼女の側に立てる人がいないのなら、
あなたが嫌悪感を感じたままなら、彼女のために結婚は考えたほうが。
基本が「原罪」の宗派ですから、敬虔である分彼女は自分を追い詰めますよ?
ただ宗教で破談っていうのは、starscraperさんの文面から私が感じる限り
お互いのその後の生活にとってかなり重みがあるようなので
とても難しいことになるだろうと思います。

私は大雑把なので、人間生きるためによりどころが必要な時もあるって思います。
彼女の宗教・宗教体験とはそういうものではないのでしょうか?
    • good
    • 1

しろ、するなというようなことはとても言えませんが、結婚したあとの家族の冠婚葬祭に対して、彼女がどうするかは大きな問題だと思います。


法事をしない、お寺には行かない、仏壇は要らない、というようなことがクリスチャンには多々ありますし、敬虔であればなおさらでしょう。
基督教の宗派にもよりますが、そういう問題は信仰者にとっては人がいい、悪いとはぜんぜん違った問題なのです。
結婚すれば個人対個人のみならず、家対家、親戚対親戚の関係を無視できないとすれば、信仰の問題を避けていてはいけないでしょうし、むしろ真正面から取り組まねばならないと思います。
彼女が何ゆえ信仰を持ったのか、なぜstarscraperさんがキリスト教を嫌うのか。
お二人でまじめに話し合われることが急務だと思います。
    • good
    • 1

やめた方が良いです。

善悪の判断基準の大きな相違は、話し合いでは埋められません。結婚後に大きな意見の対立があった時、相手の女性はキリスト教の価値観で判断しようとするでしょう。もちろん、あなたはそれを完全否定するでしょう。話し合いの余地はないという事になります。結婚はしない方が良いです。
    • good
    • 2

もちろん支障があります。

あなたは相手のこれまでの人生を全否定してまで、自分自身の体面を優先しますか?
あなたが、キリスト教に改宗するか、相手を改宗させるかしか解決の道はありませんよね。自分の為に相手を改宗させるほどの傲慢を許すのなら、そうしましょう。
そこを解決せず、結婚するのは絶対にいけません。
    • good
    • 1

はじめまして。

結婚4年目の男です。全く違う人生を歩んできた2人が一緒に生活する訳だから、「自分の育った家庭ではこれが普通。」ということでも、いとも簡単に否定されることもはよくありますし「これが、普通ということが相手からしたら、おかしい!」ことも、あります。日常生活でこんな感じですから、間違いなく問題は起こるでしょう。しかも、嫌悪感を持っていることなら、尚更だと思います。それも含めて彼女だと思えないなら、やめた方がいいと思います。
    • good
    • 1

宗教の問題は難しいですよね。



ただ・・・あなたは彼女の人柄に惹かれたこと、宗教については意図的に避けてきたこと、これで果たして本当に彼女の人柄を見ていたと言えるのでしょうか?、キリスト教を信仰しているのも含めて彼女の人柄だと思うのですが?

私は無宗教ですが親は天理教、祖父はクリスチャンと賑やかです(笑)
しかしそれらが気にならなかったのは私の周りの人々は宗教に支配されてなかったからだと思います。信仰を否定するつもりもありませんが、それがすべてだという考え方は自分自身で考えるということを他に託してしまっているような気もするのです。私でしたらその部分をも見極めて相手の人格を判断しますね。

あなたが本当に彼女と結婚しようと思うのなら避けて通れるものは何もありません。ご両親の思惑に惑わされることなく、あなたの価値観と彼女の価値観とを話し合い、生きていく上での方向性が合致するのかを確認した方が良いでしょう。
また、あなたも単に「生理的嫌悪感」だけで済ませることなく、何がそこまで嫌いなのかをしっかりと見つめ直す必要があるのではないでしょうか。

結婚後の事を持ちだす前に、そういう彼女とあなたが何の躊躇もなく結婚するというある種の覚悟ができるかどうか、特に結婚して長い間人生をともにするのですから様々な問題や障害が起こってきますから、結婚の時点で不安やシコリがあるようでしたら先が思い遣られますよ。
彼女が敬虔なクリスチャンだということを踏まえての人柄ということ、尚且つあなたが何故そこまで嫌悪感を抱くのかをしっかりと二人で話してみて下さい。
    • good
    • 1

あなたは宗教と結婚するんでしょうか?


それがすべてじゃないですかね。

うちの親戚でもそういうケースの夫婦がいますけど特に支障ないですよ。

しかし宗教って本来慈悲深いはずなのになんで他を排除しようとするんですかね?
私は無宗教です。他も排除しようとは思いません。
    • good
    • 1

無神論者です。


親に言われてるからと焦ってると判断を誤りますよ。

しかし、文面からは難しさを感じますね。宗教ですから価値観を超えた問題だと思います。
多分結婚されたら家の中がキリスト教になるのではないでしょうか。
お子さんも多分キリスト教徒になることでしょう。
信仰しているからこそ今の彼女があるといえます。そのあたりの解釈は必要です。

要はあなたがどこまで受け入れられるかということだと思うのですがいかがでしょうか。あなたがどうして嫌いなのかはわかりませんが。
彼女と結婚するなら宗教もろともという覚悟は必要でしょうね。
いずれにせよ彼女の宗教観を真剣に聞いてみるということは必要でしょう。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qキリスト教の人と結婚したらどうなる?

今付き合ってる彼の家はクリスチャンだそうです。彼自身は熱心な信者と言うわけでもないようですが、やはり彼と結婚したら生活に何か影響が出てくるのでしょうか?

私はバツイチの子持ちなのですが、私や子供も入信しなければいけないのでしょうか?またキリスト教でも離婚をしてはいけない派閥があると聞きましたが、バツイチの人と結婚するのはどうなんでしょう?

また私の家は熱心ではないですが仏教徒です。しかも親戚にお寺があると言う、家柄です。
宗教の違いと言っても怪しい宗教ではないですし、私自身キリスト教系の学校に通っていた為、なじみが全く無いわけではありません。特にキリスト教に対する偏見などもありません。

ただ、先日神社であったお祭りに出かけた時「お参りする?」って聞いたら「宗教が違うからしないほうがいいような気がする・・・」と言われ、これが宗教が違うと言う事なのか!と実感してしまいました。
またクリスマスもやはり毎年ミサに参加しているそうで、「良くある『ホテルで2人でディナー』とかは出来ないの?」と聞くと「親戚とか集まるからクリスマス位は・・」ということでした。イヤ特にホテルのディナーに行きたいわけではありません。私も去年のクリスマスは子供と一緒に近所の教会へ行ってみたほどなので。ただそういった「宗教的行事」などは強制参加になるのでしょうか?

お付き合いしていく分には特に支障はないようなのですが、今まで自分が当たり前にやってきた宗教行事(お葬式、法事等)とかけ離れた世界の事が日常的に繰り広げられてるようで結婚後の想像がつきません。
また宗教が違うと結婚の際もめたりする事は考えられるのでしょうか?何か体験談等ありましたらお聞かせください。

今付き合ってる彼の家はクリスチャンだそうです。彼自身は熱心な信者と言うわけでもないようですが、やはり彼と結婚したら生活に何か影響が出てくるのでしょうか?

私はバツイチの子持ちなのですが、私や子供も入信しなければいけないのでしょうか?またキリスト教でも離婚をしてはいけない派閥があると聞きましたが、バツイチの人と結婚するのはどうなんでしょう?

また私の家は熱心ではないですが仏教徒です。しかも親戚にお寺があると言う、家柄です。
宗教の違いと言っても怪しい宗教ではないですし、...続きを読む

Aベストアンサー

私自身クリスチャンですが、クリスチャンの中にも色々あります。彼がどのぐらい生活の中に宗教を入れているか、によって違います。また、結婚となると彼のご家族とのお付き合いもあると思いますので、彼のご家族の信仰に対する姿勢も関係してきますね。「相手も絶対にクリスチャンじゃなきゃイヤ!」って方もいらっしゃいますし。

一般的なクリスチャンの生活です。日曜日は教会に行く。礼拝ですね。そして毎日聖書を読む。朝夕お祈りをする。食事の前にも必ずお祈りをする。週に1回は聖書の勉強会みたいなのに出席する。奉仕で教会の掃除をする。教会の運営に携わる。などでしょうか?また、結婚式の仲人も神式だったら引き受けないとか、身内の結婚式でも神式だったら式場の外で待っているとか、お葬式でお焼香はしないし、手を合わせたりの行為(人を拝む)はしないとか、お供えものは頂かないとか、初詣もしないし、七五三もしない。お祭りや地蔵盆も拒否っていう人も。

私のクリスチャン生活。礼拝に出席する。聖書は時たま。寝る前にお祈りする。食事の前のお祈りはおなかがすいているので出来ない(笑)。勉強会は気が向いたとき。奉仕はしない。教会の運営にも携わらない。結婚式は何でも出席する。お葬式も数珠持って拝むし、お焼香ももちろんする。お供え物は頂ける物はなんでも!初詣もするし、息子はきっちり三歳と五歳に七五三しましたよ。お祭り大好き!地蔵盆も息子と行きました。(これを読んで怒るクリスチャンの方もいらっしゃるかと・・・)

と、言うように一般にクリスチャンといっても千差万別。また、カソリックやプロテスタントとの違いもあります。彼はミサというのでしたら、カソリックでは?プロテスタントではミサとは言いません。

彼と彼の家族がバリバリのクリスチャンだったら、あなたと子どもさんも宗教行事に参加でしょうね。でもあくまで自由参加。私の夫も行ったり行かなかったりです。でも教会の人達は「ご主人も参加してもらおうね」とか言ってきます。心の中で「大きなお世話!」と言ってしまっている私がいます。(主よ お許しください)その辺を彼がどう思うか、彼の家族がどう思うかによって変わりますよね。

具体的に話が進んで行っているのですね。お幸せに。

私自身クリスチャンですが、クリスチャンの中にも色々あります。彼がどのぐらい生活の中に宗教を入れているか、によって違います。また、結婚となると彼のご家族とのお付き合いもあると思いますので、彼のご家族の信仰に対する姿勢も関係してきますね。「相手も絶対にクリスチャンじゃなきゃイヤ!」って方もいらっしゃいますし。

一般的なクリスチャンの生活です。日曜日は教会に行く。礼拝ですね。そして毎日聖書を読む。朝夕お祈りをする。食事の前にも必ずお祈りをする。週に1回は聖書の勉強会みたいなの...続きを読む

Qなぜ日本ではキリスト教の普及率が悪いのか?

 ありきたりですが、気になるのでよろしくお願いします。もともと仏教だから、といった紋切り型の理由ではやはり説明できそうに思えません。まず、韓国の爆発的な普及、台湾や中国など。日本人はキリスト教の福音活動の話を聞こうともせず、はなから拒絶するのに対し、彼らは一応耳を傾ける傾向があります。これはオウム真理教などの影響もありそうですが・・・しかし、占いなどや細木和子は信奉できるというのも、不思議に思います。
 できる限り、感情的返答は避けていただきたいと思います。できれば、学問的に宗教社会学・哲学などの手法で、お答えをいただきたく存じます。

Aベストアンサー

 むしろ、何故、韓国や台湾でキリスト教が人気があるかを考えるべきです。

 各国に昔からある宗教というのは、支配者によって人々を支配するために利用され、そのように歪められた歴史を持っています。韓国や台湾では、歴史的に中国本土の支配者の圧政を受け、社会構造的に、国民は、伝統的な仏教は自分たちに何もしてくれなかった、自分たちを支配してきた、という思いが強いのではないでしょうか。従って、自分たちを、より自由にし平等に扱ってくれそうな、外来のキリスト教を理想化して期待しているのだと思います。

 しかし、西洋では、キリスト教は、実際には、当初(ローマ帝国時代)から支配者によって人々を支配するために創作され、歪められ、利用され、戦争の原因でもありました(現在も)。「三位一体」、聖母マリアの処女懐胎、最後の審判、も創作されたものですよね。

 日本は、国際法に反してキリスト教国のアメリカから原爆を落とされ、アメリカはそれをいまだに正当化しています。欧米のキリスト教では、非キリスト教徒の日本人を対等な人間と見ていないでしょう。・・・日本人にはキリスト教に対する不信感があります。そのような尊敬すべからざるキリスト教徒に自らなろうとは思わないのではないでしょうか。日本人は、キリスト教国の経済的な豊かさにあこがれているだけです。

 キリスト教は昔から福音活動に熱心ですから、日本人はその内容を皆おおかた知っていると思います。しかし、上述のように、キリスト教も、支配者によって人々を支配するために利用され、そのように歪められいますから、イエスキリストの教えが、どの程度、聖書にもとのまま残っているかは、分かりません。日本人はそのことを知っているのです。欧米のキリスト教の多くの研究者でさえ、聖書の大部分が事実でないと考えます。

 キリスト教の神を信じれば悪人でも天国に行くことができ、信じないものは善人でも地獄に落ちる・・・そのような、日本人の長い歴史にわたって体験してきた因果応報の法則に反し非常識で不道徳な教えは、日本人には通じないのだと思います。

 また、日本人は、元々、自然を崇拝し、多神教でしたから、人間のように嫉妬する尊敬できない絶対的唯一神に強い違和感を持つのだと思います。

 今や、ニューエイジの時代です。質問者様、キリスト教にこだわることなく、「プレアデス+ かく語りき」バ-バラ・マーシハニック(太陽出版)、「テオドールから地球へ」ジーナ・レイク(たま出版)、「シルバーバーチの霊訓」アンドゥーリー(潮文社)、「神との対話」ニール・ドナルドウォルシュ(サンマーク出版)をお読み下さい。日本において、なぜキリスト教が浸透しないのかを、より深くご理解いただけると思います。

 むしろ、何故、韓国や台湾でキリスト教が人気があるかを考えるべきです。

 各国に昔からある宗教というのは、支配者によって人々を支配するために利用され、そのように歪められた歴史を持っています。韓国や台湾では、歴史的に中国本土の支配者の圧政を受け、社会構造的に、国民は、伝統的な仏教は自分たちに何もしてくれなかった、自分たちを支配してきた、という思いが強いのではないでしょうか。従って、自分たちを、より自由にし平等に扱ってくれそうな、外来のキリスト教を理想化して期待しているのだ...続きを読む

Qクリスチャンの彼に婚前交渉を拒まれた

 生まれて初めてできた彼氏はクリスチャンでした。2ヶ月後に入籍&挙式の予定です。 

 私自身は無宗教ですが、無宗教の父とカトリック洗礼者の母が仲良く35年間連れ添っている家庭で生まれ育ったので、クリスチャンとの結婚はそれほど不安には思っていません。しかし、婚前交渉について双方に少し考えの違いがあるのが気になっています。

 私は20代後半ですがいまだに経験がありません。彼はそれを喜んでくれており、「初めてが俺なんて凄く嬉しい。このまま婚前交渉はしないでおこう」と言っています。ちなみに彼は童貞ではなく、前の彼女と性交渉があったと聞いています。

 一方私は、「結婚は神聖な神様の秘跡。女性は処女のまま嫁ぐのが一番幸せだし、娘にもそうあってほしい」と望むカトリックの母に育てられた影響か性について多少保守的かもしれませんが、母ほどではありません。

 婚前交渉についてはそれほど嫌だとは思わないのです。今までしなかったのは、してもいいと思えるほど将来を一緒に考えられる好きな男性が彼と出会うまでいなかったからです。 
 
 “初めての人と結婚するのがベスト。婚約するほど好きな相手なら万が一その後別れたとしても後悔しないだろう”と思っていますので、婚約者の彼となら正直結婚前であろうとセックスしたいです。快楽のためではなく、2人の関係性や愛情をより深めあうステップとして重要だと考えています。もちろん、自分の中でセックスへの興味があることも、もう25も過ぎて彼氏もいるのにセックス経験がないなんて、という焦りがあることも認めます。しかし、それ以上に大好きな彼に抱かれるのはとても幸せだろうなぁ、そんな幸せを早く味わいたいなぁと思います。

 一度勇気を出して彼に訴えたことがありますが「ごめん、俺はする気ないから。バージンロードはバージンで歩こうね」とさらっとスルーされました。悲しくて恥ずかしくていたたまれなくて家に帰ってから号泣してしまいました。

 きっと彼にとって結婚とはノンクリの私が思う以上に宗教的なものなのでしょう。彼の信仰を大切にしたいし、もちろん望まない相手に強要するつもりもありませんから2ヶ月後まできっと現状維持でしょう。

 しかし前の彼女となら信仰を破ってでも体を繋いだのに、同じことを求めた私はあっさり拒まれたのだと思うと心が苦しいです。大好きな彼との結婚を控え、今とても幸福なのに、「彼と結ばれたい」という私の思いだけは行き場がありません。どうやってこの思いに折り合いをつけたらいいのでしょうか。

 キリスト教徒の方、キリスト教徒と結婚した方、パートナーにセックスを拒まれた方、あるいは拒んだ方など、アドバイスがありましたらお願いします。 

 生まれて初めてできた彼氏はクリスチャンでした。2ヶ月後に入籍&挙式の予定です。 

 私自身は無宗教ですが、無宗教の父とカトリック洗礼者の母が仲良く35年間連れ添っている家庭で生まれ育ったので、クリスチャンとの結婚はそれほど不安には思っていません。しかし、婚前交渉について双方に少し考えの違いがあるのが気になっています。

 私は20代後半ですがいまだに経験がありません。彼はそれを喜んでくれており、「初めてが俺なんて凄く嬉しい。このまま婚前交渉はしないでおこう」と言っています。ち...続きを読む

Aベストアンサー

なんというか、

>「ごめん、俺はする気ないから。バージンロードはバージンで歩こうね」とさらっとスルーされました。

>ちなみに彼は童貞ではなく、前の彼女と性交渉があったと聞いています。

>しかし前の彼女となら信仰を破ってでも体を繋いだのに、同じことを求めた私はあっさり拒まれたのだと思うと心が苦しいです。

一回、きちんと言わないと、あとあと問題が化膿して膿が出るような気がします。


彼氏さんの持つ宗教が、質問者様にどの程度干渉するのかは結構重要だと思います。


亭主関白的な発想が当たり前の男だったら、宗教まで強要するようになると思います。


なんというか、「さらっとスルーされました」を見てそう思ったのです。彼氏さんが鈍感なだけならまだいいのですが、こういうお互いにとって重要な問題で、自分はそう思うからそうしてほしい。以上。


という態度については、今後もそうなのかどうか様子を見たほうがいいと思います。


宗教以前に、寛容性がある程度ないと、封建的な家庭生活になるような気がします。


宗教、少なくとも、キリスト教は、個人の救済を目的としていると僕は思っています

そして、イエスは、マルコによる福音書において、以下のことを言っています。
(マルコ12 28-34、)

「彼らの議論を聞いていた一人の律法学者進み出、イエスが立派にお答えになったのを見て、尋ねた。「あらゆる掟のうちで、どらが第一でしょうか。」イエスはお答えになった。

「第一の掟は、これである。
『イスラエルよ、聞け、わたしたちの神である主は、唯一の主である。心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』

第二の掟はこれである。
『隣人を自分のように愛しなさい。』この二つにまさる掟はほかにない。」(引用終わり)」

要は、「自分のように相手を愛しなさい。」ということです。


キリスト教だからといって、大事な人を悲しませるということは、許されていません。


>“初めての人と結婚するのがベスト。婚約するほど好きな相手なら万が一その後別れたとしても後悔しないだろう”と思っていますので、婚約者の彼となら正直結婚前であろうとセックスしたいです。快楽のためではなく、2人の関係性や愛情をより深めあうステップとして重要だと考えています。もちろん、自分の中でセックスへの興味があることも、もう25も過ぎて彼氏もいるのにセックス経験がないなんて、という焦りがあることも認めます。しかし、それ以上に大好きな彼に抱かれるのはとても幸せだろうなぁ、そんな幸せを早く味わいたいなぁと思います。

これは、質問者様にとっては大事なことです。


譲歩する必要はありません。大事なことだから、話せばいいと思います。


キリスト教もオウム真理教も宗教の一つです。ただその人にとって大事なことが違うという話に過ぎないと思います。それは話さないと、わからないことが多いです。


自分が大事なことだと思ったら、それは話したらいいと思うんです。そうしないと、大事なことじゃないんだと思われるんじゃないかって思います。


彼氏さんにとって大事なことと、質問者様にとって大事なことは、客観的に優劣はつかないものです。



参考になればうれしいです。

なんというか、

>「ごめん、俺はする気ないから。バージンロードはバージンで歩こうね」とさらっとスルーされました。

>ちなみに彼は童貞ではなく、前の彼女と性交渉があったと聞いています。

>しかし前の彼女となら信仰を破ってでも体を繋いだのに、同じことを求めた私はあっさり拒まれたのだと思うと心が苦しいです。

一回、きちんと言わないと、あとあと問題が化膿して膿が出るような気がします。


彼氏さんの持つ宗教が、質問者様にどの程度干渉するのかは結構重要だと思います。


亭主関白的な発想...続きを読む

Qキリスト教・カトリック・プロテスタント 3つの違いは?

こんにちは。

先日、アメリカのmixiのようなサイトを見ていた時、わからない点がありました。

プロフィール欄で10個くらいある宗教の選択肢の中に、キリスト教・カトリック・プロテスタントという選択肢があったのです。

私はキリスト教が大まかにカトリックとプロテスタントの2つに分かれていると思っていたのですが、そのサイトの解釈だと、キリスト教はカトリックとプロテスタントとは別物のようでした。

3つの宗教の違いを教えていただけないでしょうか?
生活に関係するルールや習慣などを教えてもらえるとありがたいです。

私の知人の生活を見ると、、、

<カトリック>
・神父さんがいる教会(ほとんどのカトリック信者の知人が毎週日曜日にミサに通い、行かなかった日は良くない事をしたと思っている)
・お酒・たばこは禁止
・恋人はいても婚前交渉は禁止(避妊も禁止)
・夕食の前にお祈りをしている

<プロテスタント>
・牧師さんのいる教会(気が向いた時に行く)
・お酒・たばこOK
・婚前交渉OK(避妊もOK)
・夕食のお祈り(する人としない人がいる)

<キリスト教>
?キリスト教ってカトリックとプロテスタントのことじゃないの?
他の少数派のグループのこと?

といった印象です。よろしくお願いします。

こんにちは。

先日、アメリカのmixiのようなサイトを見ていた時、わからない点がありました。

プロフィール欄で10個くらいある宗教の選択肢の中に、キリスト教・カトリック・プロテスタントという選択肢があったのです。

私はキリスト教が大まかにカトリックとプロテスタントの2つに分かれていると思っていたのですが、そのサイトの解釈だと、キリスト教はカトリックとプロテスタントとは別物のようでした。

3つの宗教の違いを教えていただけないでしょうか?
生活に関係するルールや習慣などを教...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。カトリック信者ですので良かったら参考にして下さい。
 キリスト教という宗派の中で様々の教派があると思ってください。例えば仏教というくくりの中に、真言宗とか浄土真宗とか日蓮宗とかがありますよね?あれと同じです。キリスト教の中には大きな教派があり、カトリック、プロテスタント諸派、正教会の3つです。諸派と書いているのはプロテスタントは様々な教派が沢山あるのでプロテスタントという教派ではないためです。多分プロテスタントの方でもルター派とかカルヴァン派とか長老派とかバブテスト、メソジスト、聖公会など沢山あります。その中には狭義的な所で1教会しかないものもありますし、大きなもの、ゆるやかにカトリックと一致しているものなど様々です。
 カトリックはヴァチカンを中心とした1教派です。そこから正教会が最初に分かれ(ロシア正教とかギリシャ正教などです)、さらにカトリックの腐敗のためにルターがプロテスタントを立ち上げます。プロテスタントとは抗議するものという意味もあるそうです。大きな派としてはこの3つが主流になると思います。

 質問者様の印象では、カトリックは非常に厳しいように見受けられますが、多分知人の影響じゃないでしょうか?カトリックは代々信仰している人が多く、あまり熱心にというか声高に自分がカトリックだと主張しない人が多い傾向にあります。傾向にあるというだけで、中には非常に熱心で視野の狭い人もいますが、大体がおおらかというかあまり他宗教を排斥しない傾向にあります。神父(司祭)がいるというのはまあ当てはまりますが、ミサは毎週参加する人もいますし、しない人もいます。しないからといって咎められませんし、クリスマス&復活祭だけに来る人もいます。来るもの拒まず去る者追わずの印象です。お酒タバコや全然咎められませんよ。司祭の方でヘビースモーカーの方いらっしゃいますし、お酒大好きな人もいます。ビアガーデンにいったりとか、普段でも飲酒をたしなむ人はいます。ただ今は四旬節ですので節制した生活を送りますのであまり酩酊するほど飲まないと思いますが。婚前交渉はまあその考え方ですが、あまりガチガチの人っていないんじゃないでしょうか。夕食のお祈りは私はしません。むしろカトリック信者はロザリオの祈りを熱心にすると思いますよ。つねにポケットにいれて祈っている人は割と多いです。
 プロテスタントの方は数人しか知りませんし、先程述べましたように教派が多岐に渡っていますのでこれという印象をつけるのは難しいですが、牧師さんがいらっしゃって、妻帯可能ですので牧師さんのご家族がいらっしゃる人は大勢います。聖書をよく読んでいるという感じで、ちょっとした手紙にも聖句が書かれてあったりします。数人で集まって聖書を読む会などもよく行われていて熱心に勉強しています。お酒タバコは同じくOKですし、夕食の祈りはむしろプロテスタントの方がよくやってるんじゃないでしょうか?友人などで夕食前に祈っている人知ってますので。教会も熱心によく行ってます。カトリックはミサといいますが、プロテスタントは礼拝といいます。礼拝に参加した事は1度ぐらいしかないのですが、カトリックは儀式的なのに対して(ある程度形が決まっています)、プロテスタントは説教を非常に重んじていて自由な雰囲気があります。ゴスペルなんかもプロテスタントですよね。
 正教会はわかりません。私の住んでいる地域にはありませんので。ニコライ堂などがそうです。

 ご参考までにm(__)m。

 こんにちは。カトリック信者ですので良かったら参考にして下さい。
 キリスト教という宗派の中で様々の教派があると思ってください。例えば仏教というくくりの中に、真言宗とか浄土真宗とか日蓮宗とかがありますよね?あれと同じです。キリスト教の中には大きな教派があり、カトリック、プロテスタント諸派、正教会の3つです。諸派と書いているのはプロテスタントは様々な教派が沢山あるのでプロテスタントという教派ではないためです。多分プロテスタントの方でもルター派とかカルヴァン派とか長老派とかバ...続きを読む

Qキリスト教で最も戒律の厳しい(あるいは信仰の篤い)宗派はどこでしょうか?

キリスト教で最も戒律が厳しい(あるいは信仰の篤い)宗派はどこでしょうか?(クリスチャンの方に質問です)
私は20代前半の男です。これまでの二十余年、無宗教(厳密に言えば家系は父母ともに浄土真宗です)を貫いてきましたが、今現在クリスチャンになること(=洗礼を受けること)を検討しています。
聖書を学生時代に読んで大きな衝撃を受け、また実際にクリスチャンの知己を得た体験がきっかけなのですが、私の現在のスタンスとしては、日本語で聖書を読み、あれこれと自分の頭をたよりに思索にふけるという、いわば無信仰の自由主義神学派の様な曖昧なものです。
私としてはそろそろ聖書を「読む」ことから「生きる」ことにシフトしなければ、これ以上安らかな心境で生きてゆけないという危機的な情況に対峙しており(精神が弱いのです)、教会に通うことも検討しているのですが、その際にどの宗派を選ぶのかという点で迷いが生じています。 もちろん、細かな教義を一つ一つ検討するのが良い方法だとは思うのですが、これまでさんざんエセ自由主義神学の方法で自分勝手に聖書を解釈してきた私にとって、そうした出口のない教義問答に明け暮れていたらいつまでも洗礼に辿り着けない気がするのです。
そこで至ってシンプルに、己を律するという意味合いも含め、最も戒律の厳しい宗派に身を投じてみたいと考える様になりました。
もちろんパウロが云う様に「律法よりも信仰が先立つのだから、戒律の厳しさを尺度にするのは本末転倒」というご批判があるかもしれませんが、自分にはやはり、その信仰を他者に対し裏付ける律法の遵守がとても重要なのです。これは勝手な意見ですが、やはり上の言葉を隠れ蓑に、多少戒律に違反したって構わないじゃないかと言って過度の飲酒や姦淫を平気で行う「なんちゃってクリスチャン」だって少なからずいると聞きますし、そういう信仰の薄い信者の多い宗派に入って幻滅する位なら、いっそ自己のマキシムに厳格に生きる無信仰者でいるほうがよっぽどマシだと本気で思うのです。
モルモン教などの新興派閥も含め、この宗派は戒律が厳しい、といわれるキリスト教宗派があれば、あるいは実際に信仰されていれば、その内実を教えてください。カトリックやバプテスト、エホバの証人などは厳しいと聞きますが、実際の所をお聞かせ頂ければ幸いです。

キリスト教で最も戒律が厳しい(あるいは信仰の篤い)宗派はどこでしょうか?(クリスチャンの方に質問です)
私は20代前半の男です。これまでの二十余年、無宗教(厳密に言えば家系は父母ともに浄土真宗です)を貫いてきましたが、今現在クリスチャンになること(=洗礼を受けること)を検討しています。
聖書を学生時代に読んで大きな衝撃を受け、また実際にクリスチャンの知己を得た体験がきっかけなのですが、私の現在のスタンスとしては、日本語で聖書を読み、あれこれと自分の頭をたよりに思索にふけると...続きを読む

Aベストアンサー

プロテスタントです。

ご忠告致します。
モルモン教、エホバ、ものみの塔、統一教会はキリスト教ではありません。
背景にきちんとした教団がある教会では上記の宗教をキリスト教と認めていませんから。
キリスト教を騙った邪教という位置付けでいます。
そこだけはぜひ認識しておいて下さい。

それからプロテスタントよりもカトリックは厳しいと思われていますが、実は逆なのです。
ローマ法王は日本でお葬式に置ける一連の行事を信者に全て認めました。
つまりお焼香、手を合わすなどですね。
これは私の教会の牧師から聞きました。
うちの教会では認めていません。聖書に「してはいけない」と書いてありますから。

あなたの受洗にあたって「戒律が厳しいからOK」ではないと思います。
受洗はスタートです。ゴールではありません。
それと
>そういう信仰の薄い信者の多い宗派に入って幻滅する位
→人は神ではありません。完璧な人はいないのです。
なぜあなたは裁くのでしょう?
教会にあなたは何を求めていくのでしょう?
「人を見ずに神を見よ」と言いたいです。
背景にきちんとした教団がある教会の信者は大抵まじめなクリスチャンですよ。

色々と教会に行って見ると良いです。(なるべく家の近所が良いです)
頭ばっかりで考えているとどうしても視野が狭くなります。
それに牧師や神父や信者を見て教会を判断するようになりますしね。
「人を見ずに神を見よ」です。
最後はあなたと神の関係です。
人に左右されるものでは決してありません。

プロテスタントです。

ご忠告致します。
モルモン教、エホバ、ものみの塔、統一教会はキリスト教ではありません。
背景にきちんとした教団がある教会では上記の宗教をキリスト教と認めていませんから。
キリスト教を騙った邪教という位置付けでいます。
そこだけはぜひ認識しておいて下さい。

それからプロテスタントよりもカトリックは厳しいと思われていますが、実は逆なのです。
ローマ法王は日本でお葬式に置ける一連の行事を信者に全て認めました。
つまりお焼香、手を合わすなどですね。
これ...続きを読む

Qクリスチャンの彼女が日曜日に教会に行く理由

クリスチャンの方にご意見を伺いたく投稿致しました。

5.000Km離れた海外の女性と最近、交際を始めました。
彼女はクリスチャン(プロテスタント)です。

以前、彼女が日本に留学している時に告白されたのですが、その時は交際を断りました。
しかし、その後もメール、skypeのビデオ通信の誘いがあり、そのうち私の彼女への気持ちが高まり私からskypeのビデオ通信で告白しました。
彼女はかなり喜んでくれていました。

今も時々skypeのビデオ通信をするのですが、時差の事もありなかなか時間が取れません。
このような状態で「日曜日の午前中は教会に行かないといけない(からその時はskypeのビデオ通信はできない)」と言われると少し残念な気がします。

そこでクリスチャンの方にご意見を伺いたいと思っております。

Q1)クリスチャンの人にとって日曜日に教会に行く事はどの様な思い(理由)からなのでしょうか?それとも義務?

Q2)交際相手の誘い(skypeビデオ通信)を断ってまで行く程のものなのでしょうか?

何れの質問も個人差があると思いますので一般的なご意見で結構です。

※ネットで調べたのですがいまいちピンときませんでした・・・。

■このような質問をさせて頂いた理由

(1)彼女の信仰を否定するのではなく、彼女をよく理解したい。

(2)彼女に聞けばよい話なのですが、一般的なクリスチャンの方のご意見も伺いたい。

(3)彼女のへの想いが薄れたわけではないが、無宗教の日本人としてはskypeビデオ通信より教会に行く事を優先した事が少し残念であった。

よろしくお願い致します。

クリスチャンの方にご意見を伺いたく投稿致しました。

5.000Km離れた海外の女性と最近、交際を始めました。
彼女はクリスチャン(プロテスタント)です。

以前、彼女が日本に留学している時に告白されたのですが、その時は交際を断りました。
しかし、その後もメール、skypeのビデオ通信の誘いがあり、そのうち私の彼女への気持ちが高まり私からskypeのビデオ通信で告白しました。
彼女はかなり喜んでくれていました。

今も時々skypeのビデオ通信をするのですが、時差の事もありなかなか時間が取れません。
こ...続きを読む

Aベストアンサー

クリスチャンではありませんが、プロテスタント系の私立中学高校に行っていました。
クリスチャンの先生、友人も多いので、一般の方よりもこういった事情に詳しいかと思います。

A1)宗教を持たない人間から理解する場合、あれは彼らの「人生の義務」とお考えになって結構です。
日曜礼拝に行く事は、例えば「泥棒はしない」とか「人に暴力をふるわない」なんていうのと同じ程度に、自分の良心に関わります。
また、家族や友人、ご近所さんからの世間体にも関わります。

A2)上記の通りです。
質問主さんは恋人や配偶者に「一緒に銀行強盗をしようよ^^b」と誘われたら、喜んでしますか?しませんよね。
断られた相手に「なんで?恋人/伴侶がせっかく一緒にと誘っているのに??私への愛が足りないんだわ!」なんて言われたら、相手を理解しがたく思いませんか?
まぁ、このたとえはかなり大げさでしょうが。
その位、クリスチャンの方にとっての日曜礼拝は「ものすごく特別な理由がない限り、行って当然のもの」かとおもいます。

ただ、プロテスタントでしたらまだ規律がゆるいほうなので、例えば前々から約束して泊まりがけで旅行に行くとか、質問主さんが病気で寝込んだとか、そういう時には礼拝より優先して貰えるのではないでしょうか。
しかし「日曜礼拝を欠席してまで自分の看病にきてくれた」なんていう際には是非、「恋人だから当然」ではなく「僕の為にそこまでしてくれてありがとう」と感謝してさしあげるといいですよ。
(まぁ、超遠距離恋愛なので、看病なんて事はまずないかもしれませんが。重要度の喩えとして適当なので。)

クリスチャンではありませんが、プロテスタント系の私立中学高校に行っていました。
クリスチャンの先生、友人も多いので、一般の方よりもこういった事情に詳しいかと思います。

A1)宗教を持たない人間から理解する場合、あれは彼らの「人生の義務」とお考えになって結構です。
日曜礼拝に行く事は、例えば「泥棒はしない」とか「人に暴力をふるわない」なんていうのと同じ程度に、自分の良心に関わります。
また、家族や友人、ご近所さんからの世間体にも関わります。

A2)上記の通りです。
質問主さんは恋人や...続きを読む

Qクリスチャンの彼氏をもっと知るために(長文)

20代後半の女です。最近、10歳ちょっと上の彼氏がクリスチャンということを知りました。

彼の家族はそうではなく、彼だけが何年か前にクリスチャンになったそうです。
正直びっくりしました。変な意味ではなく、こんな身近にいるんだという驚きが大きかったです。

自分が「無宗教」(特に何か信じているでもなく、でも初詣もいくし、今は家族の影響もあって観音めぐり・ご朱印を頂くなどをしてみたり。)で
「無知」(大学が仏教系だったので、仏教に関しての多少の勉強はしました。特に偏見もありません。)
なところがあるので、
純粋な彼の信仰心に対し、とても申し訳ない気持ちと尊敬の気持ちを持ちました。

彼の方は告白するのにとても勇気が必要だったと言っています。

聞いたことろ、カルト系(この判断も無知なのであいまいですが…)でもないようですし、
これからも彼の信仰は大切にしたい。
でも知らないことが多すぎて、どうしたらいいのかわからず途方にくれてしまいました。

彼は、「わからないことがあったら聞いて」と前向きなのですが、
何気ない一言や行動で傷つけてしまうのが怖いです。

…いつか私の家族にも紹介したい。
でも誤解をもたれて、クリスチャンというだけで、彼を傷つけてしまったらどうしようと
まだ、そんな予定もないのに、不安でしょうがないのです。(愚かですよね)

あと、自分が今までしてきた習慣
例えば、初詣とかお宮参り、七五三とか節分?etc…
宗教をごちゃまぜにしている日本の悪い風習かもしれませんが、
それを日本の文化として、私は家族とともに20数年やってきました。

何がダメで、形を工夫すればできるのか、
そんなこといちいち聞くのも…

将来のことも考えてしまいます。
結婚式は?お墓は?子どももクリスチャンに?

とても大切にしたい彼なので、先のことを考えては不安でたまらなくなり、
一人で泣くことが多くなりました。

長文になってしまいましたが、質問は以下の3つです。

(1)クリスチャンの彼と付き合う上での参考になるHPや本はありますか?

(2)自分(家族も)は無宗教で、クリスチャンの彼を家族に紹介した経験がある方。
誤解がないように理解してもらう方法とか、こういうやり方は失敗するとかを教えてください。

(3)つきあっていくうえで、これはしないほうが賢明というアドバイスがあれば教えてください。

長文になってしまいました。
読んでいただきありがとうございました。

20代後半の女です。最近、10歳ちょっと上の彼氏がクリスチャンということを知りました。

彼の家族はそうではなく、彼だけが何年か前にクリスチャンになったそうです。
正直びっくりしました。変な意味ではなく、こんな身近にいるんだという驚きが大きかったです。

自分が「無宗教」(特に何か信じているでもなく、でも初詣もいくし、今は家族の影響もあって観音めぐり・ご朱印を頂くなどをしてみたり。)で
「無知」(大学が仏教系だったので、仏教に関しての多少の勉強はしました。特に偏見もありません。)
なとこ...続きを読む

Aベストアンサー

高校の時洗礼を受けてから40年たった「熱心」なカトリック信徒の男性で、毎週のように教会に通っていますが、一方では、仏教や神道などの他宗教や「宗教」全般、日本の伝統や文化にも深い親近感を抱いています。

あなたが抱いている不安や疑問を解消するために、順次お答えしていくことにしましょう。

1)先ず、あなたは、「無宗教者」である自分と、特定宗教の信者である彼との間に、なかなか越えられない深い谷間(見方を変えると「尊敬心」)があると感じておられるようですが、それはそんなに「深い谷間」なのかということです。

先ず、日本人が外国人から「あなたの宗教は何ですか?」と聞かれて答える、この「無宗教」と言う言葉の意味ですが、ほとんどの人は、「無神論者」という意味ではなく、「特定の宗教の信者ではない。」という意味で言っているのではないでしょうか?

実は、「宗教」には「創唱宗教」と「自然宗教」という2種類があり、
「創唱宗教」は、キリスト教・イスラム教・仏教のように、神あるいは霊的超越者から、何らかの啓示や神託を受けた創唱者(教祖)によって始まり、教団や教義の伴う宗教です。
一方、「自然宗教」とは、神道のように民間の習俗的な意識から自然発生的に生まれてきたもので、教祖や教団・教義などというものが希薄か、ない場合があります。又、先祖崇拝や村の鎮守に対する敬虔な心も、一種の「自然宗教」に対する宗教心と考えられます。

(以上に関する参考書:阿満利麿 『日本人はなぜ無宗教なのか』 ちくま新書 ほか
→http://ww4.tiki.ne.jp/~enkoji/ama.htm )

多くの日本人と同様、あなたも先祖や自然などに対する崇拝心や敬虔な心をお持ちのようです。又、
伊勢神宮のような「神域」にお参りしたり、仏様の前で法事を行い、お経を唱える時、誰しも訳は分からなくても敬虔な気持ちになるのではないでしょうか?

そうした「敬虔な気持ち」こそ「宗教心」に他ならないと思います。ですから、特定の宗教の信者でなくても、ちっとも卑下する必要はありません。「宗教心」があるという点では、あなたも彼も同じ土俵に立てるのではないでしょうか?

むしろ残念なのは、今の日本では、こうした「宗教心」すらなく、「宗教」というと「カルト」や「麻薬」のように考えて軽蔑する風潮が蔓延していることです。こうした連中とは正直お友達になりたくありません。

2)さて、それでは、キリスト教自身は、こうした日本人の「宗教心」にどう対応してきたでしょうか?

キリスト教は「一神教」であり、なかなか日本人には馴染みにくいし、信徒数も伸びないという状況があり、これに対して歴代の宣教師・神父・牧師たちも、神道・仏教や日本の伝統文化と共存を図りながら努力してきたのは事実です。

キリスト教には、伝統的なカトリックと宗教改革によって派生したプロテスタントがありますが、
少なくても、カトリックに関しては、丁度50年前に「第2バチカン公会議」が開かれ、他宗教に対して随分対話を心がけるようになりましたし、各国の伝統文化との共存を図るようになりました。

ミサもそれまでのラテン語から日本語で行うようになりましたし、ミサの中で、成人式や七五三や敬老の日なども祝うようになりました。

他宗教形式で行われる法事やイベントへの出席も問題にすることはありませんし、先祖の崇拝に関しても柔軟な考えが見受けられます。
詳しくは、「カトリック教会の諸宗教対話の手引き」http://www.cbcj.catholic.jp/publish/other/jissen/jissen.html
をご覧下さい。

一方、プロテスタントは、聖書を唯一の拠り所とし、神以外のものや人間の作った「被造物」(場合によっては他宗教の神も含む?)を拝むことを「偶像崇拝」として厳しく斥ける所が感じられ、私は強い違和感を持っています。(彼らに聞くと必ずしもそうとばかりは言えないようですが、よくわかりません。)

確かに、カトリックであろうと、プロテスタントであろうと、自分たちの宗教が唯一だと熱心に信じるあまり、他の宗教や他の世界に非寛容になる原理主義的な人たちがいることは事実なようです。決して一枚岩ではなく、人それぞれに個々の宗教があるというのが、現代の宗教の実態ではないでしょうか?

ですから、やはり一度、彼の宗派がカトリックなのかプロテスタント(の何派であるか)確認し、彼の考え方をじっくり聞いてみるのが一番だと思います。その結果、もし、彼の考えがあなたの意に沿わないのなら、思いを断ち切って別れを切り出すのもやむを得ないかもしれませんね。

以上長くなりましたが、michael-mさんと私の回答を読んで納得がいって、少し不安が消え、勇気が出てきたら、どちらかにベストアンサーを頂ければ、大変有難いです。よろしくお願いします。

高校の時洗礼を受けてから40年たった「熱心」なカトリック信徒の男性で、毎週のように教会に通っていますが、一方では、仏教や神道などの他宗教や「宗教」全般、日本の伝統や文化にも深い親近感を抱いています。

あなたが抱いている不安や疑問を解消するために、順次お答えしていくことにしましょう。

1)先ず、あなたは、「無宗教者」である自分と、特定宗教の信者である彼との間に、なかなか越えられない深い谷間(見方を変えると「尊敬心」)があると感じておられるようですが、それはそんなに「深い谷間」...続きを読む

Qクリスチャンの彼。婚前交渉。

クリスチャンの彼について
私の彼はアメリカ人クリスチャンです。彼は私との結婚も視野に入れているくらい真剣に私と付き合ってくれています。彼の両親も、真剣に私を認めてくれているようです。
しかし最近無宗教の私にとって彼の宗教的な考え方に疑問を持つようになりました。
というより、正直今までの私の元彼との付き合い方や、互いの価値観の違いなど比べものにならない程違うので戸惑いを隠せません。
彼は29歳にして童貞を貫いています。彼女は私が初めてだそうです。しかし私はごく普通の日本人女性で、初体験は17歳に終えています。交際人数も今の彼が5人目です。
彼とは全く恋愛境遇が違います。彼にはまだ私が処女であることを言っていません。なぜなら成人した女性が処女でないことを驚くことはないと考えていたからです。
しかし、インターネットで調べていくにつれ、童貞のクリスチャンは処女としか結婚できない、というのを見て、もしかしたら彼は私のこと処女だと思っているから付き合っているのか、と不安になってきてしまいました。言おうと思えばいつでも言えますが、これを言うことでもう付き合えないということにならないかが不安で言うことができません。やはりクリスチャンは処女としか結婚できないのでしょうか?
また、婚前交渉について彼と話しました。私は婚前交渉の何がいけないのか、と彼に言いました。彼は、やはり婚前交渉をするつもりはないそうです。しかし私は、セックスは愛し合う2人の愛をさらに深めてくれるものだと思います。もちろん、道徳に反するような、快楽のためだけのセックスは私も反対です。そのようなセックスのことを悪く言うのはわかりますが、愛し合っているのになぜキリスト教においてセックスが許されないのか。無宗教の私にとってはこの考えが馬鹿馬鹿しくてたまりません。もちろん彼のことは大好きですし、理解したい気持ちでいっぱいです。でも私はまだ学生で、若いうちに若いセックス、と言っては語弊がありますが、できるうちに沢山愛を深めたいタイプです。結婚を待っていたら彼は年老います。本当に彼を愛しているなら我慢できるはずだ、という綺麗事は実際問題少なくとも私には通用しないのです。なぜなら性欲は人間の本能ですし、それ以上に大好きな彼とセックスという形で結ばれたいと思う気持ちが強いからです。

別れるという選択肢以外で、無宗教で無知な私に、この壁をどのように乗り越えられるかアドバイスを頂けますか?切実に悩んでいます。

クリスチャンの彼について
私の彼はアメリカ人クリスチャンです。彼は私との結婚も視野に入れているくらい真剣に私と付き合ってくれています。彼の両親も、真剣に私を認めてくれているようです。
しかし最近無宗教の私にとって彼の宗教的な考え方に疑問を持つようになりました。
というより、正直今までの私の元彼との付き合い方や、互いの価値観の違いなど比べものにならない程違うので戸惑いを隠せません。
彼は29歳にして童貞を貫いています。彼女は私が初めてだそうです。しかし私はごく普通の日本人女性で、...続きを読む

Aベストアンサー

どちらか一方がノンクリスチャンの夫婦なんて無数(と言ったら大袈裟ですが)に居ますよ。

聖書によれば、どちらか片方がキリスト信仰を持っている事によって連帯責任よろしく信仰を持ってい無い方の片方も救われます。

だから、あなたの彼はあなたの救いに対して大きな役割を持つ事に成ります。あなたが信仰を持とうが持つまいが。


ただ、例えばですが、家が火事で焼けており、直ぐにでも逃げ出さなければならないような普通に考えれば考えるまでもない明らかな方向性が見えていると一般の人が考えている事柄について「逃げずに祈る。祈れば火は消える」などと発想するような葛藤なんて言葉では形容できないほどの「差」を感じる機会はあるかもしれません。

そんな時、貴女は日本国内に於いて多数派になっている場合が多いかもしれません。
しかし、多数派は必ずしも智慧に基づいておらず、多数派の数の利を活かして少数派は足下で蹴散らしているだけの事柄も多くむしろ智慧に基づいているとは言いにくいケースも枚挙にいとまがありません。
しかし多数派というだけでそれが智慧であるかの様に思い込めてしまいます。


クリスチャンの多くは無抵抗主義ですから、そうなった場合あなたの彼氏はサンドバックです。
日本国内で過ごしているなら、日頃から少なからず周囲とのギャップには悩んでいる事も予想され、それら彼のストレスの小さな一つ一つを理解できていなければある日突然「何でこんな事でそんなに怒るのか分らない!プンプン!」と不毛な時間を過ごす事になりかねませんし、愚かな結果を招く事も考えられます。


彼との付き合いだけではありませんが、特に彼との付き合いに対しては思考停止で右に倣えの日本人らしさをコントロールしなければならないかもしれません。
今当たり前に思っている婚前交渉は誰しもが持っているものというあなたの世界観が既に彼の世界観とは違っている事が発覚しているのですから、それに関連する他の部分もそのうち明らかになってくると思います。



ただ、恐れる必要はあまりなく、心配する必要もあまりありません。
思考停止を止め、一つ一つ目の前の事柄を自分の目で見て、自分の耳で聞いて自分の頭で考えて、自分の心で感じて、自分の理性と信念とで判断する。
人間として当たり前の事を日々行っていれば良いだけです。
念の為に言っておきますが、きっとあなたは今現在はそれをしていないと私は考えているので、今以上にという意味です。


今までの回答者たちへの受け答え拝見しました。
誠実で良いと思います。
今のあなたなら私は応援できます(笑)
頑張って最高に幸せになって下さい♪(^^)

長文失礼。

どちらか一方がノンクリスチャンの夫婦なんて無数(と言ったら大袈裟ですが)に居ますよ。

聖書によれば、どちらか片方がキリスト信仰を持っている事によって連帯責任よろしく信仰を持ってい無い方の片方も救われます。

だから、あなたの彼はあなたの救いに対して大きな役割を持つ事に成ります。あなたが信仰を持とうが持つまいが。


ただ、例えばですが、家が火事で焼けており、直ぐにでも逃げ出さなければならないような普通に考えれば考えるまでもない明らかな方向性が見えていると一般の人が考えている事柄に...続きを読む

Qキリスト教は矛盾していませんか

私は無宗教に近い、葬式仏教の日本人としてイスラム教とかキリスト教とかの宗教にも関心がないのですが、キリスト教が分かりません。
特別な神の子であるイエスが磔で死ぬのはおかしいし、処女懐妊もおかしい。 天地創造の神ヤーウェの力があれは 一瞬にキリストを創造し、無敵の生命力も持たすことができるだろうに、矛盾しています。精霊と神とキリストは一体だと三位一体説もあります。
普通に考えれば、ユダに裏切られたのも、他の弟子に3度知らないと言われたのも、信頼できない指導者であったとするのが自然です。 地域住民がローマ総督に訴えたのもアサハラのような人間であったと考えられます。 奇跡を行ったというのも、詐欺臭い。 復活したというのも騒乱罪で磔になったイエスが失神していて、4日後に意識が戻ったとするのが自然です。
なぜ大宗教になっているのでしょうか。

Aベストアンサー

大宗教になった理由は要するに、「ローマ帝国が国教にしたから」です。ヨーロッパ全土を支配する世界帝国が、キリスト教以外を禁じたのですから、信者が増えるのは当然です。

ではなぜローマ帝国がキリスト教を選んだかと言えば、「一神教だから」です。ローマ帝国は広大な領土をもっており、文化や宗教も多様です。これを1つの国としてまとめるには、土着の宗教を根こそぎ否定して、唯一神への信仰を押しつけるのが手っとり早いです。

一神教でありさえすれば、別にキリスト教でなくてもよかったのだろうと思います。
キリスト教が国教になる前、ローマ帝国は「ソル・インウィクトゥス」(不滅の太陽)という太陽神への信仰を広めようとしたことがあるそうです。太陽は1つしかありませんし、どこでも拝むことができますから、国をまとめる宗教として適当だと思われたのでしょう。ローマ帝国にとって重要なのは、政治に役立つかどうかであって、教義などの中身は二の次です。

ともあれ、それなりに信者が多くないと、ローマ帝国もキリスト教を選ばないでしょう。1~4世紀のローマ帝国で、キリスト教が普及したことには、いくつかの理由があるようです。

1.キリスト教は本来、いわゆる社会的弱者に対して共感的でした。これはどうやら、イエス本人の生前の教えによるものです。「貧しい人こそが救われる」など、社会の底辺で苦しい生活をしている人々に、受け入れられやすい教義をもっていました。そういう人ほど、一度信者になれば熱心に信仰しますから、布教には有利な特徴です。

2.キリスト教には、ややこしい戒律などはなく、簡単に信者になれました。大雑把に言えば、「あなたはイエスがいったん死ぬことで、人類の罪をあがなったことを信じますか?」「はい、信じます」だけでOKです(イエスの死後、パウロという人がつくった教義です)。日本でも鎌倉時代に、「南無阿弥陀仏と唱えさえすれば救われる」といった宗教が流行したことがありますが、あれと似たような感じですね。この手軽さも、広く受け入れられた理由でしょう。

3.これはやや否定的な側面ですが、キリスト教の教義では、「イエスの死と復活を信じない者は救われず、永遠に地獄で苦しむ」とされています。救われる(天国に行ける)方法を1つに限定することで、信者を脅している面があるわけです。いまでもカルト宗教などが同じ手を使うことからわかるように、藁にもすがるような心境の人を入信させるには、非常に有効な方法です。

4.ローマ帝国は特に2世紀から、キリスト教を弾圧していました。が、当時のキリスト教徒の多くは、もともと苦しい生活を強いられていたので、この世にあまり未練がありません。「殉教すれば天国に行ける」と信じていますから、なおさらです。苛酷な弾圧にも耐える人々の姿は感動的なので、「これは何か、すごい教えなのかもしれない」と思う人も出てきます。つまり皮肉なことに、弾圧がかえって信者を増やすというケースもありました。

大宗教になった理由は要するに、「ローマ帝国が国教にしたから」です。ヨーロッパ全土を支配する世界帝国が、キリスト教以外を禁じたのですから、信者が増えるのは当然です。

ではなぜローマ帝国がキリスト教を選んだかと言えば、「一神教だから」です。ローマ帝国は広大な領土をもっており、文化や宗教も多様です。これを1つの国としてまとめるには、土着の宗教を根こそぎ否定して、唯一神への信仰を押しつけるのが手っとり早いです。

一神教でありさえすれば、別にキリスト教でなくてもよかったのだろうと思い...続きを読む

Q韓国にキリスト教徒が多いのはなぜ?

こんにちは
韓国はキリスト教徒が多い(たしか約30%?)そうですが
どうしてなのでしょうか?

またそのほかの人はどういう宗教なんでしょうか?

Aベストアンサー

仏教とキリスト教徒が25-30%ずつ。残りは儒教などです。キリスト教が多い理由は、李氏朝鮮時代にまともな宗教が無かったので宣教しやすかったのが理由の様です。日本(神仏混合)、中国(道教)、インド(ヒンズー教)の様に独自の宗教観が根付いているところや既にイスラム教が進出している地域では宣教師は苦戦していますね。逆にアフリカや南米などの原始宗教しか無いところではキリスト教の布教がやりやすいそうです。その場合原始宗教とミックスした独自なキリスト教になる事があるのですが韓国にもその傾向は見られます。韓国のキリスト教は新興系の独自のキリスト教が多いのが特長です。

そもそもの原因は李氏朝鮮が廃仏尊儒制作を取ったためですが、イスラム教徒の儒学者が存在しても矛盾しないように儒教は宗教としては不完全なものです。その為か、庶民の間には原始的な呪術信仰が残っていたと100年前の外国人の朝鮮旅行記には記されています。

なお、韓国のキリスト教にはカソリックからは、異端どころかキリスト教扱いすらされていないものまであります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング