昨日「東京大空襲」のドラマを見て祖母の話を思い出したの質問させてください。
私の祖母は東京大空襲の体験者です。私はおばあちゃん子だった為、良くそういった話を聞いていたのですが、幼い頃の話なので記憶もあいまいですし、今になって色々興味を持ち聞きたいと思うのですが、祖母は10年以上前に他界してしまい聞くことができません。

当時、祖母は両国付近に住んでいたようです。
(毎朝窓越しにお相撲さんの朝稽古を見るのが楽しみだった。と言っていました)
東京大空襲の日は
「川に入っていれば安全だから隅田川の方に逃げよう」という父親の意見に母親が反対して「○○に逃げるべきだ」と言って○○に逃げたそうです。
○○に逃げたおかげで燃える物も少なく間隔もあいていたので、火もそこまで激しくならなかったので助かった。と祖母は言っていました。

そこで質問なのですが、○○とはどの辺の事を言っているのだと思いますか?私的には皇居の方とか大きな公園か何かかな?と推測しています。

また、東京大空襲の際どちら方面に逃げるのが正解だったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>また、東京大空襲の際どちら方面に逃げるのが正解だったのでしょうか?



ふざけたような答えになりますが、「生き残った人が逃げた方面が正解だった」ということだと思います。
B29爆撃機は目標を特に特定せず、無差別に爆撃していきました。飛行機の航路、風向きなどでたまたま爆撃が集中した地域と比較的集中しなかった地域があったと思います。
また風下になってしまったために大きな被害を受けた地域と風上になった地域があったと思います。爆弾も風の影響を受けますから、風上の地域はそもそも落ちてくる爆弾の量も少なく、火災の影響も受けづらいということはあったと思います。

ちなみに覚えておいていただきたいことですが、東京大空襲というのは民間人に対する無差別爆撃ですので、戦時法に違反する虐殺行為です。一晩で8万人も殺したのですから、世界史に残る虐殺行為だといえるでしょう。しかし戦争に無条件降伏した日本政府はこのことをアメリカ政府に対し文句をつけないことを約束してしまいました。原爆もそうです。
このことを訴えたのが、今映画になっている「明日への遺言」の岡田資元中将です。
    • good
    • 0

ご質問の文面を読み、はるか昔に読んだ本の情景が思い出されました。

その本は、東京大空襲の実体験をつづったもので、東京大空襲の事実を世に知らせる役割を担った本です。
私の薄い記憶では、おばあさまの体験に近いことが述べられていたように思います。

岩波新書 「東京大空襲」 早乙女勝元著
http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/41/3/4150210.html
    • good
    • 0

No.1 の方の説が正しいように思います。


手許に昭和21年発行の東京の地図があります。戦災で焼失した地区は赤く印刷されています。両国のあった本所区はほとんどが赤くなっていますが、両国駅の北側、同愛病院の近くは焼け残っています。
焼け残っているのは同愛病院と保善という学校、その東側の震災記念堂のある公園?(被服廠跡)、同愛病院の南側の公会堂のある公園?です。
また、現在国技館がある場所は隅田川の水を引いた堀割か貯水場のようになっていて、その周りにも焼けなかったところがあったようです。
    • good
    • 1

両国でしたら、隅田川に面した「陸軍本所被服廠跡地」の可能性があります。


現在、ここには慰霊堂のある公園がありますが、関東大震災時や太平洋戦争時は広い空き地でした。


関東大震災時には、ここに近所の多くの住民が家財を持ち込んで避難をしました。
ところが、その家財に火がついて火災旋風が起こり、この場所だけで3万8千人が死んでしまいました。
その時にこの跡地ではなく、隅田川に逃げ込んだ人は比較的助かったといわれています。


東京大空襲の時には関東大震災の時に跡地で多くの人が死んだ事を知っている人が多かったため、
跡地に逃げ込んだ人は少なく、多くの人は隅田川に逃げ込みました。

そのため、隅田川の水面にぎっしり人が詰まってしまい、溺れる者が出たり、
火が水面に広がったため逃げられず、火にまかれる人が出てしまいました。

逆に跡地は広い空き地の割りに避難者が少なかったため、火災が延焼せず、そのためここに逃げた人は助かりました。


東京大空襲の際、気転のきく人は「関東大震災の際に安全だった隅田川には人が殺到してかえって危ない。
陸軍本所被服廠跡地は多くの死者が出たために、今回は避難する人が少ないはずで、むしろ安全のはず」と考えたそうです。

断言は出来ませんがおばあさんも、この気転をきかせた人の一人だったのではないでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「神戸大空襲」 「東京大空襲」 「広島・長崎原爆」

「神戸大空襲」 「東京大空襲」 「広島・長崎原爆」

1.それぞれの実施された日を教えてください。

2.広島と長崎って言いますが、同じ日に投下されたのですか? 広島がメインな印象ですが・・・(原爆ドームとか)

3.他に第二次大戦中の「大空襲」ってありますか?
私の祖母が「神奈川県横浜市鶴見区でも空襲があった」と言ってましたが・・・(鶴見の総持寺というお寺に逃げたらしい)

Aベストアンサー

神戸大空襲:1945年3月17日、6月5日ほか
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E6%88%B8%E5%A4%A7%E7%A9%BA%E8%A5%B2

東京大空襲:1945年3月10日
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E6%88%B8%E5%A4%A7%E7%A9%BA%E8%A5%B2

広島原爆投下:1945年8月6日
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%83%E5%B3%B6%E5%8E%9F%E7%88%86%E6%8A%95%E4%B8%8B

長崎原爆投下:1945年8月9日
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E5%B4%8E%E5%8E%9F%E7%88%86%E6%8A%95%E4%B8%8B

日本本土大空襲
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%9C%AC%E5%9C%9F%E7%A9%BA%E8%A5%B2

ドレスデン爆撃
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%87%E3%83%B3%E5%A4%A7%E7%A9%BA%E8%A5%B2

ベルリン空襲
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%B3%E7%A9%BA%E8%A5%B2

神戸大空襲:1945年3月17日、6月5日ほか
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E6%88%B8%E5%A4%A7%E7%A9%BA%E8%A5%B2

東京大空襲:1945年3月10日
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E6%88%B8%E5%A4%A7%E7%A9%BA%E8%A5%B2

広島原爆投下:1945年8月6日
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%83%E5%B3%B6%E5%8E%9F%E7%88%86%E6%8A%95%E4%B8%8B

長崎原爆投下:1945年8月9日
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E5%B4%8E%E5%8E%9F%E7%88%86%E6%8A%95%E4%B8%8B

日本本土...続きを読む

Q東京大空襲の時、ラジオ局ってどうなったんですか?

東京大空襲の時、ラジオ局ってどうなったんですか?

Aベストアンサー

 内幸町の放送会館、川口の送信所共に、激しい空襲に耐え、
逓信省・軍の検閲下でしたが、都民に情報を提供しました。

 皇居の向かいの第一生命ビルが東部軍司令部に使われ、敵機が近づくと
空襲警報が発令されると、地下の軍放送室に待機していたNHKから派遣された
アナウンサーに渡され読み上げられ、東部軍司令部から放送会館・川口送信所に
周り、放送され、空襲警報解除まで、放送は軍の管理下で、されました。

Q東京大空襲のB29は330機と聞きますが、

東京大空襲のB29は約330機が2時間半に渡り爆弾を投下したと聞きますが、この330機は一斉に来襲したのですか?それとも50機ずつくらいが波状攻撃を行ったのですか? グアム、テニアン、サイパン基地から飛び立った様ですが上空で待ち合わせして330機になったのでしょうか? また、米軍は東京の詳細地図を持っていて、それを碁盤の目の様に分けて各B29がどのマス目に投下するよう指示されていたようですが、こんな地図はどこで入手したのでしょうか?それと夜間の空襲で米軍のレーダーはそこまで地図の情報とシンクロさせて精確に投下したのでしょうか? 

Aベストアンサー

まず、本のご紹介です。

奥住喜重・日笠俊男共著 「米軍資料ルメイの焼夷電撃戦」吉備人出版刊

http://www.amazon.co.jp/%E7%B1%B3%E8%BB%8D%E8%B3%87%E6%96%99%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%81%AE%E7%84%BC%E5%A4%B7%E9%9B%BB%E6%92%83%E6%88%A6-%E5%A5%A5%E4%BD%8F-%E5%96%9C%E9%87%8D-%E6%97%A5%E7%AC%A0-%E4%BF%8A%E7%94%B7/dp/4860690834/

マリアナ諸島に展開していた、カーチス・E・ルメイ少将指揮のアメリカXXI爆撃機集団司令部は、膨大なページ数の文書資料を残しました。攻撃目標である日本の諸都市に関する調査と作戦計画に始まり、攻撃当日の記録類、後日の戦果確認と攻撃方法の妥当性の検証にいたるまで、様々なものがありました。これらは、米政府の公文書であると同時に米軍の機密文書でもあり、永らく一般には公開されていませんでしたが、米国の情報公開法の規定により、一定の年数を経過したものは、米国の国益を著しく損なう恐れのあるものを除いて秘密指定が解除され、国立公文書館に於いて研究者の閲覧が可能となりました。

また、これらのうちの一部は、日本の国立国会図書館に複製されたマイクロフィルムのかたちで収蔵され、研究者の閲覧に供されています。

上記の本は、これら資料を解析して、B-29による日本空襲の実相をアメリカ軍側の視点からまとめ、できるだけ正確に後世に伝えようとする労作です。

では、個別のご質問に回答いたします。

>この330機は一斉に来襲したのですか?それとも50機ずつくらいが波状攻撃を行ったのですか?

マリアナ諸島から日本本土まで片道およそ七時間、往復では十四時間以上の長距離飛行です。このためB-29は焼夷弾と燃料を満載してほとんど積載重量オーバーぎりぎりで作戦にのぞみました。

マリアナ諸島に展開する各基地から短い間隔で次々に離陸しましたが、それでも全機が離陸を終えるまでにはたっぷり二時間近くかかっています。上空で旋回しながら編隊を組む余裕などは無く,離陸したB-29から次々に日本目指して飛んで行きました。

昼間の攻撃なら日本の迎撃機に対する防御機銃の威力を集中させるために密集編隊を組みますが、夜間の攻撃では密集編隊は組みませんでした。夜間はB-29同士の空中接触による事故の危険があるのと、この時期には日本軍が本土決戦に備えて飛行機と燃料を温存する方針に転換していたので、日本の夜間戦闘機の抵抗がきわめて弱体化していたからです。

焼夷弾の投下も、各B-29が個別に指定された地域に投下しました。

>米軍は東京の詳細地図を持っていて、それを碁盤の目の様に分けて各B29がどのマス目に投下するよう指示されていたようですが、こんな地図はどこで入手したのでしょうか?

これは「リト・モザイク」と呼ばれる航空写真を編集した写真地図です。私は戦災展で複写したものを見たことがありますが、ルーペで見ると木造家屋が一軒ずつ識別できるほど細密なものでした。米軍は爆撃に先立って、目標としてリストアップした日本の都市の上空に写真偵察機(B-29を改造したF-13と呼ばれる機体)を飛ばし、大型カメラでくまなく航空写真を撮影し、それを碁盤の目状に編集して写真地図を作成しました。

この碁盤の目には全て番号が付けられて、爆撃目標地点はこのリト・モザイクの番号で指定されました。広島と長崎に原爆が投下された時にも、命令書には投下地点として、都市名ではなくこのリト・モザイクの番号が指定されていたそうです。

当時の日本軍が、そうもやすやすと米軍に写真偵察を許していたのかと思うかもしれません。日本軍の側もアメリカが克明な偵察飛行をしていることは承知していましたが、本土決戦に備えて飛行機と燃料を温存する方針から、大規模な攻撃には反撃するけれども、わずかな機数のB-29が本土上空を飛んでもいちいち相手にしないことにしていたのです。

>夜間の空襲で米軍のレーダーはそこまで地図の情報とシンクロさせて精確に投下したのでしょうか?

これについては、別のご質問で回答したページがありますので、そちらも合わせてご覧いただくと分かりやすいと思いますが、当時のB-29に搭載されていたレーダーは、陸地と海面の電波反射率の違いを表示して海岸線や湖の湖岸の輪郭をスクリーンにくっきりと表示しましたから、たとえば三浦半島の形や東京湾の海岸線の輪郭などがわかり、航空図と見比べる事で容易に位置を確認できました。

しかし、陸上の複雑な地形を識別できるほどの精度はありませんでしたので、半島の先端や湖の端など特徴的な地形を識別し、そこから何度の方角に何マイル飛行するという方法で目標に到達していました。精度としては、東京二十三区を個別に爆撃できる程度の精度はありましたが、特定の軍需工場だけを狙うという程の精度は夜間のレーダー攻撃では無理でした。

しかし、終戦間際には新型のレーダーが開発され、陸上の目標でも精密な爆撃が可能になりつつありました。

参考URL B29の日本爆撃は夜間でもレーダーを使用して
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6170229.html

まず、本のご紹介です。

奥住喜重・日笠俊男共著 「米軍資料ルメイの焼夷電撃戦」吉備人出版刊

http://www.amazon.co.jp/%E7%B1%B3%E8%BB%8D%E8%B3%87%E6%96%99%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%81%AE%E7%84%BC%E5%A4%B7%E9%9B%BB%E6%92%83%E6%88%A6-%E5%A5%A5%E4%BD%8F-%E5%96%9C%E9%87%8D-%E6%97%A5%E7%AC%A0-%E4%BF%8A%E7%94%B7/dp/4860690834/

マリアナ諸島に展開していた、カーチス・E・ルメイ少将指揮のアメリカXXI爆撃機集団司令部は、膨大なページ数の文書資料を残しました。攻撃目標である日本の諸都...続きを読む

Q東京(非)大空襲について

3月10日以外の4月13日夜半5月24,26日にの空襲について。
投下弾量は310とあまり変わらなかったのではないでしょうか。
そらなのに被害が少なかったのは地域的な差があったのでしょうか。あるいは防火体制が強化されていたか。それから、310で一部池袋あたりが被弾していますが、これはなんででしょうか?

そして、310だけしか一般に知られないのは、マスコミ体質、皮相的一般的体質のせいでしょうか?

Aベストアンサー

この辺の事情について、私のバーさんに聞いたことがあります。当時バーさんは50歳前後(1895年生まれ)、住まいは東京の飯田橋で亀戸(の某石鹸会社)に勤めに行っていました。
・何しろ一回目の3月10日で人口密集地の家屋はほとんど焼けてしまい、次からはその辺りで焼ける物が無くなっていた。つまり防火体制が強化というより、燃えるもの?が無かったのでしょうね。
・被害者についていえば、3月に焼け出された人たちで、それ以降も東京に住んだ人は、お堀っ端や河っぷちに防空壕を掘って住んでいた。平地の(庭の)防空壕が空襲で何の役にも立たないことを知ったので、水のある場所の斜めになった所に横穴式の壕を作るようになった。そのため被害が減った。
・2回目以降の空襲は山の手が襲われたけど、山の手は家が広いし、緑も多いからあまり実害が多くはなかった。私の記憶でも新宿西口の高層ビル街なんて戦後も浄水場以外何もなかったですから。
・3月の空襲で分かったことは、火を消そうとしても無駄で、とにかく身軽に逃げる、それしかない。つまり日頃やってること(消火訓練)なんかをやる馬鹿や家財を持ち出そうとする欲ボケは死ぬ。まぁ、そういう教訓はバーさん以外にもみんな分かったでしょうね。
とのことです。私が子供の頃(昭和30年代前半)は、お堀の横穴に住んでいる家族もまだいましたね。

この辺の事情について、私のバーさんに聞いたことがあります。当時バーさんは50歳前後(1895年生まれ)、住まいは東京の飯田橋で亀戸(の某石鹸会社)に勤めに行っていました。
・何しろ一回目の3月10日で人口密集地の家屋はほとんど焼けてしまい、次からはその辺りで焼ける物が無くなっていた。つまり防火体制が強化というより、燃えるもの?が無かったのでしょうね。
・被害者についていえば、3月に焼け出された人たちで、それ以降も東京に住んだ人は、お堀っ端や河っぷちに防空壕を掘って住んでいた。平地の...続きを読む

Q東京大空襲その後の土地区画や権利について

東京大空襲に限った事ではないのですが
東京大空襲では10万人以上の人が亡くなったと思います。
そこで質問なんですが、家族全員が亡くなった場合や疎開していた子供しか残らなかったなんて事が多々あったと思います。それに加え家は殆どが焼け土地の区画なんてのも解らなくなってしまった場合もあったと思います。
そういった場合土地の権利などはどうしてたのでしょうか?
土地の略奪なんかが横行したのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

他の地方もそうだったようですが、東京の場合も早い者勝ちだったようです。空襲で一番被害を受けた下町あたりはほとんどが都有地でしたが、疎開していた人が、東京に戻った時には他人に占拠されていた例もたくさんあったようです。立て札を立てて権利を主張すれば良かったらしいです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報