トップ経営者が座右にしている書物を教えてください(いつの時代の経営者でもかまいません)。よろしくお願します。

A 回答 (1件)

 


下記の本なんかいかがでしょうか?
為政三部書 各界リーダー座右の書 守屋洋/著 ビジネス社 \2400 98-10
ちゃんと守屋さんがまとめて紹介してます

ネットでも手に入れられます。
ミニストップがあればそこでも。

参考URL:http://www1.honyasan.co.jp

この回答への補足

masahumi-1さんご回答ありがとうございました。

自分の質問の仕方が本当に悪かったのですが
質問したかったのは、【経営者の誰々さんは『何々』を座右の書にしている】
という事を知りたかったのです
わざわざ参考URLまで教えていただいたのにすみません。
もし宜しかったらご回答お願します。

補足日時:2001/02/12 00:16
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあなたの『座右の書』を教えて下さい!

あなたが事あるごとに手に取る、自身の生きる指針になっているなと思う『座右の書』を教えて下さい。

ジャンルは問いません。

軽い内容説明と、お薦めの理由も教えていただけると幸いです。

よろしくお願いいたします。m(__)m

Aベストアンサー

私の書は、福岡正信氏の「自然農法」です。
この方は2008年に95歳で亡くなられましたが、彼が提唱した自然農法は日本よりも世界各国で実践されています。それらはNHKでも何度か放送されました。
私が座右の書にしている理由は農法に限らず、自然の中で生きる生物全てについて論じているからです。
この書によって、落ち着いた人生を得ることができました。

Q座右の書

こんばんは。

皆様の人生に最も影響を与え、
何度も繰り返し読み込んだ座右の書を
三冊教えていただきたいです。
もちろん一冊でも全然構いません。
分野は一切問いません。

出来れば簡単に解説を加えていただけたら
幸いです。

よろしくお願いいたします。

(ちなみに私の座右の書は三国志です)

Aベストアンサー

プルターク『英雄伝』
 これは#2さんの『自省録』とは違った意味で、人間とはこうも崇高になれるものかということを教えてくれました。ベンジャミン・フランクリンの『自伝』によると、彼がこの本を15才で既に読んでいたことが切っ掛けで、フィラデルフィアの市長さんの家の出入りが許されるようになったそうです。

モンテーニュ『随想録』
 モンテーニュは懐疑論の実行者として、それを行き着く所まで押し込んでくれました。彼の座右の銘「われ何をか知る」の回答としてデカルトの「コギト・・・」が引き出されたとされています。この本は、どんなに説得力のある論理を提示されても、それと反対の結論に導く論理を、これまた説得力ある論理として提示することができることを、実例で示してくれます。自分の論理に恍惚としている学者や、黒を白と言って他人を言いくるめようと心がけている弁護士たちの、必読の書です。ただし、いや、だからこそ、読後感に虚しさが漂い、『新約聖書』の清々しさとは反対な読後感を味わってしまうでしょう。同じような清々しさを味わえる名著として新井白石『折りたく柴の木』(現代語訳あり)も推薦できます。また、この随想録は西洋文化の土台を提供したギリシャ・ローマの名著を知る良い入門書にもなっています。


北畠親房『神皇正統記』
 南北朝時代の、歴史家でもない武将が戦争の合間に書き上げた本です。この当時、彼らにとっては世界史とも言えた中国史を見据えながら、彼の史観に基づいて日本史を書き上げました。史実の正否はともかくとして、700年前の日本人の文化的な質の高さに舌を巻きました。これだけスケールの大きな、そして奥の深い日本文化の中に生まれて来た幸運を感謝させてくれた本でした。

人間の崇高さは三冊ぐらいで尽くせるものではありませんが、それを切っ掛けに読書が広がり、先人達が血の涙を流しながら手に入れて来た人類の巨大な知的財産を堪能できる人生を送れるようになることを願っています。

プルターク『英雄伝』
 これは#2さんの『自省録』とは違った意味で、人間とはこうも崇高になれるものかということを教えてくれました。ベンジャミン・フランクリンの『自伝』によると、彼がこの本を15才で既に読んでいたことが切っ掛けで、フィラデルフィアの市長さんの家の出入りが許されるようになったそうです。

モンテーニュ『随想録』
 モンテーニュは懐疑論の実行者として、それを行き着く所まで押し込んでくれました。彼の座右の銘「われ何をか知る」の回答としてデカルトの「コギト・・・」が...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報