裁判で損害賠償請求をしていますが、相手方の会社が解散してしまったらどうなるのでしょうか。

A 回答 (1件)

 会社が解散すれば、清算手続きに入ります。

そのときに債権の届出をすることになります。相手の会社にとってあなたは「知れたる債権者(商422条)」ですから、あなたを除いて清算することはできません。もし、会社の財産が損害賠償予定額より少ないのであれば、清算できません。無視するようだと、特別清算を申し立てできます(431条)。

この回答への補足

さっそくの回答ありがとうございます。なお確認したいのですが、相手方は私に対する損害賠償(債務)を否認しているから裁判をおこしたのですが、それでも私は「知れたる債権者(商422条)」になるのでしょうか。

補足日時:2001/02/11 09:00
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q解散した法人に対する損害賠償請求

都市再生機構が保有する法人が解散し
(閉鎖事項全部証明書では
平成25年12月1日解散
平成26年3月19日清算結了)
前法人の業務移管先として新たな法人が活動を開始しています
(平成25年12月1日より)。

既に解散した法人からこうむった被害を
新たな法人に損害賠償請求できますか。
もしできない場合はどのような方法がありますでしょうか。
お教えください。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>子供が親の財産を相続した場合は財産・負債ともに相続すると聞いたと思います。

そうですね。「賠償責任」も、法定相続人が相続する、と言うのが通説です。

>法人の場合はどのような条件のときに
>継承前法人の財産・負債を継承する権利と義務を持ちますでしょうか。

法人が持っていた権利と義務(賠償責任も含まれる)は、清算結了と同時に消滅します。

法人の解散は「官報に載る」ので「官報への記載により、貴方に対し解散の告知をしたのと同等の法的効力」を持ちます。

なので、貴方は「清算結了してしまう前に、損害賠償請求訴訟を起こし、賠償せよと命じた判決を得る必要があった」のです。

それをしないで、のほほんと過ごしていた貴方は、清算結了と同時に、損害賠償の請求権を失います。法は「権利の上に胡坐をかいている人間は保護しない」のが基本です。

もし、清算結了前に、判決を得ていれば、その瞬間に「確定判決債権」を得ます。

債権を持てば、解散後、清算結了する前までに「債権があるので清算せよ」と、債権回収する事が可能でした。

しかし、今となっては「完全に手遅れ」です。

貴方は「清算結了前に裁判を起こし、清算結了前に判決を得ていなければならなかった」のです。

なお、他の方の言う通り「解散するのを知らなかった」は通じません。「官報に解散の事実が載った瞬間、貴方は解散の事実を知った事になる」のです(「本当に知らなかった」としても「法的には知った事になる」のです)

そのため、質問者さんのケースでは「何もしなかった貴方が悪い」と言う結論になります。

>子供が親の財産を相続した場合は財産・負債ともに相続すると聞いたと思います。

そうですね。「賠償責任」も、法定相続人が相続する、と言うのが通説です。

>法人の場合はどのような条件のときに
>継承前法人の財産・負債を継承する権利と義務を持ちますでしょうか。

法人が持っていた権利と義務(賠償責任も含まれる)は、清算結了と同時に消滅します。

法人の解散は「官報に載る」ので「官報への記載により、貴方に対し解散の告知をしたのと同等の法的効力」を持ちます。

なので、貴方は「清算結了して...続きを読む

Q3年の時効が過ぎてしまった相手の不法行為について損害賠償を請求したい

3年の時効が過ぎてしまった相手の不法行為について損害賠償を請求したい

どうすればよいか。
普通に訴状を提出しても、
受付の段階で棄却されるのだろうか?

Aベストアンサー

時効の援用については、他の方の書いているとおりです。

経験者としてアドバイスすると。
訴状が被告へ送達したら、被告も勉強するでしょう、その結果、答弁書にて時効の援用を主張してくる可能性が大です。
私は以前、敗訴覚悟で訴訟したところ、上記のような結果で敗れました、ただ、被告に非があったことの確認が出来たので、精神的には勝った感じでした。

Q★離婚裁判において、相手の親族(親等)も共同訴訟人として損害賠償請求は可能でしょうか?★

 
 今晩は、よろしくお願いいたします。
 
 お聞きしたいのは、
 <一般論として、ご教示していただければ幸いですが、離婚等請求事件の場合、つまり相手方に離婚と慰謝料を請求する場合、相手方の両親も共同訴訟人として慰謝料請求出来る事が可能かどうかという質問です。>

 もちろん、相手方の親も相手方と共に婚姻破綻の原因を作った事が立証できるのが条件ですが。

 このような事が、可能な事か?もしくはそのような事例があるかどうか教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ついでに。

>相手方の親も相手方と共に婚姻破綻の原因を作った事が立証できるのが条件ですが。

「原因」というのが、状況がわからないのですが、
単に嫁姑問題であわない、というようなものは、慰謝料の対象になりません。
慰謝料がからむといえば、不倫とかDVとか、よほどの原因だと思うのですが、親がからむようなものなんでしょうか?

Q会社で労災にあいました。慰謝料や損害賠償の請求をしたいのですがどうした

会社で労災にあいました。慰謝料や損害賠償の請求をしたいのですがどうしたらいいかおしえてください。

Aベストアンサー

労災と言っても色々あり、会社に責任がある労働災害や従業員に責任がある労働災害や第三者に責任が労働災害があります、同じ労災ですが、全て治療費はでるが慰謝料は出ると言う訳ではありません。
慰謝料は会社に請求します労災からは出ません。

Q1.会社の業務中に労災事故で怪我をしました。休業損害金や慰謝料を会社に請求することができますか。
 
A.会社に不法行為責任または安全配慮義務違反の債務不履行責任がある場合は、請求できますが、会社にこれらの責任がない場合は労働者災害補償保険が請求できるだけとなります。
。【あくまで慰謝料請求は会社にです。】

Q2.会社へ請求できる金額と労災保険とでは、金額や内容に違いがあるのですか。
 
A.労災保険では、慰謝料は認められません。また、休業損害補償も休業損害金の全部は認められていません。内容に違いがあります。

Q8.労災保険の給付の対象となる災害はどのようなものがありますか。
 
A.業務災害といわれるものと通勤災害といわれるものがあります。これら災害に対する保険給付の内容はほとんど同じですが、業務災害は事業主の支配管理下において発生する災害であり、事業主に予防義務があるのに対し、通勤災害は事業主の関知し得ないところで発生するもので、事業主に予防責任がないという性格の違いから、法律的には別々のものとして扱われます。

Q9.業務災害とはなんですか。
 
A.業務災害とは、労働者が労働契約に基づいて事業主の支配下にある状態(これを業務遂行性といいます。)に起因する災害です。(これを業務起因性といいます。)業務遂行性と業務起因性の2つの要件が必要です。災害とは、業務上の負傷・疾病・障害または死亡があるときです。

Q13.労災事故で休業すると、休業補償給付と休業特別支給金とでいくら支払ってもらえるのですか。
 
A.休業第4日目から、休業1日につき給付基礎日額の60%相当額の休業補償給付と同20%の休業特別支給金が支払われます。これにより給付基礎日額の80%の額が支給されますが、休業開始日からの3日間は給付がありません。この期間を「待機期間」といいますが、業務災害の場合は、この待機期間分につき事業主は労働基準法76条に基づき60%の休業補償をしなければなりません。
また、支給は、休業期間の続く限りなされますが、傷病補償年金が支給される場合は、休業補償給付はなされません。



参考に
http://www.shinenet.ne.jp/~kikuchi/q-a/roudou/rousaihoken01.htm


会社に明らかな過失があり、過失による労働災害なら慰謝料請求は会社に対して行なわれます、ですが、会社に喧嘩を売る行為と同じで、その会社を退職する程の気持ちが無ければ、争ってはいけません。
会社に過失があり、退職・会社での出世も諦める覚悟があれば、弁護士に一度は相談した方が良いかと思います、会社はすんなり認める訳が無いので、結局は弁護士に委任しないと慰謝料は取れないでしょう。
それど頃から、仕事を回されない、人事移動等の仕打ちを受ける事も考えないといけないでしょう。

よくご検討下さい、質問者様の主張が全て会社に通るとは言う事はまずは無いでしょう、その見返りの仕打ちもされるかも知れないと言う事を忘れてはいけません。

労災と言っても色々あり、会社に責任がある労働災害や従業員に責任がある労働災害や第三者に責任が労働災害があります、同じ労災ですが、全て治療費はでるが慰謝料は出ると言う訳ではありません。
慰謝料は会社に請求します労災からは出ません。

Q1.会社の業務中に労災事故で怪我をしました。休業損害金や慰謝料を会社に請求することができますか。
 
A.会社に不法行為責任または安全配慮義務違反の債務不履行責任がある場合は、請求できますが、会社にこれらの責任がない場合は労働者災害補償保険が請求...続きを読む

Q損害賠償請求で裁判中です。

現在損害賠償請求で裁判中です。
手に怪我をしました。
当方、会社員ですが手先を非常によく使う職業なのですが、作業に支障をきたす事から部署を異動になりました。

この事を主張するべきか悩んでおります。
この職業に就くため非常に努力してきた為にこの異動は本当にショックですが、この異動を主張する事で今後手先を使わなくてよい事から逸失利益が少なくなってしまうものでしょうか。

異動と怪我の因果関係ですが、異動の際作業が遅いという事を言われたのですが、それを立証するような書面等は特にありません。
ただし証拠になるかは解りませんが、怪我をしてからこの数年、昇給はほとんどなく、その給与明細はあります。

また今度の期日で異動になって初めての期日を迎えますが、主張するならば今回の期日でしょうか。
よく考えて次回にとも思うのですが、次回にすると、なぜその時主張しなかったのかと心証が悪くなったりするでしょうか。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

遺失利益についてですが、交通事故(自賠責対象交通事故)の場合だと後遺障害等級をとり、その等級に応じた労働喪失率が適応されます。
基礎となる収入は事故前の現実収入です。
交通事故の場合でも論理的には後遺障害等級と無関係に(事故前の収入-症状固定後の収入)を請求や主張も可能ですが現実的には後遺障害等級に応じた各一的判断が優先されるでしょう。
後遺障害等級が非該当の場合はほぼ間違いなく遺失利益は認められないと考えて差し支えないでしょう。
後遺障害等級未認定(そもそも自賠責の後遺障害の請求をしていない場合)訴訟を部分請求に変更し、後遺障害部分は慰謝料、遺失利益ともに後遺障害等級認定後改めて任意の和解又は裁判等で解決する必要があります。
自賠責対象外の交通事故(例、自転車対歩行者など。尚、自賠責の未加入車による事故やひき逃げ等も自賠責と同じように扱います。)やその他の他人による過失又は故意による傷害の場合はそもそも後遺障害等級を認定する機関が存在しないので(事故前の収入-症状固定後の収入)を遺失利益と主張しても認められる低くないと思われます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報