ミスチルの大名曲の数々が配信決定!! 31日間無料!!

「自信があってプライドが低い人は他人から好感を持たれます。
自信があってプライドも高い人は他人から恐れられます。」
という文章を読んだのですが、(その通りだろうな)と思いました。

自分は、もしかしたら、後者に当てはまるかもしれません。

「自信」は「自分を信じる力」で、プライドとは違い、生きていく上で必要な力だと思っております。

プライドを低くして生きるには、具体的にどう行動し、どう考えて生活すればいいと思われますか?
性格そのものを急に変えるのは難しいと思うので、すぐに(かどうかは分かりませんが)できる、行動の仕方や考え方をご教授下さいませ。

プライドを低く保つ為に自分がよくしている事は、
(1)なるべく相手を褒める事 (特に、初対面では必ず褒めます。写真を見ただけでも、見せてくれた人に、「キレイな人だね」等と褒める様にしています)
(2)自分が相手よりも劣っていると思う事を口に出して言う事 (それによって自分の気分が悪くなる事はないです)
です。

自分が自分をプライドが高い人間だと思うのは、例えば、仕事の間違いが多い人から自分の仕事の仕方が悪いと言われてムッとする時や、自分よりも人間として未熟なのではないかと自分が思う相手(←こう思う事自体、一番の問題なのかもしれません↓↓)から、自分の人間性を批判されて(あなたに言われたくない)と思ってしまう時です。
これが、自分よりも仕事ができる人や、(この人には敵わないな)と尊敬できる人間が相手なら、言われる事も素直に聞けるのですが・・。

よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

はじめまして。



ご質問1:
<謙虚に、プライドを低くして生きるには?>

プライドを低くして生きる必要はありません。

謙虚な姿勢は人間として大切です。

謙虚に生きるには、あなたが絶対的信頼をおいている人、例えば亡くなった大好きだったおばあちゃんとか、尊敬する恩師、両親、愛する彼・彼女、神様などなど、そういう人にいつも「見られている」と思って行動することです。

そう思うと、人として恥ずかしい行動はできないと思います。


ご質問2:
<「自信」は「自分を信じる力」で、プライドとは違い、生きていく上で必要な力だと思っております。>

おっしゃる通りです。自信を持つことは全ての人に与えられた当然の権利です。

ただ、自信のない人も多々います。そんな人たちにとっては自信ある人の存在自体が、自分の存在を脅かす脅威になります。

あまりに被害妄想の強い人の前では、自信のある人が自信のないそぶりを見せたところで、余計に拍車をかける行為に映ってしまいます。例えば美にコンプレックスのある人の前で、美人が「あなたの方がずっときれい」などといえば「嫌味」にしかなりません。

個人のコンプレックスの問題は個人が治すしかないのですから、自信を持つ人が責められるべきではありません。

ただ、自信をこれ見よがしに見せて、挑発するような行為は成熟した大人として避けるべきです。真に能ある鷹は爪を隠しましょう。


ご質問3:
<プライドを低くして生きるには、具体的にどう行動し、どう考えて生活すればいいと思われますか?>

最初に申し上げましたが、プライドを低くする必要などありません。理由はあなたがあなたでなくなってしまうからです。

他人を気持ちよくするために、自己のアイデンティティをゆがめる必要はありません。そんなことをすれば、identity crisis(自分性の喪失)に陥ってしまいます。プライドの高い自分を愛してやり受け入れることが大切です。

そんなあなたを評価してくれる人もいるはずです。ただ、高いプライドが人を傷つけるものであってはいけません。プライドの高さから、人を奴隷のように扱う、なんてことはあってはならないのです(もちろんnomonomoさんはそんな方ではないと拝察できます)。


ご質問4:
<行動の仕方や考え方をご教授下さいませ。>

真の自信やプライドはしっかり持ちながら、それを隠すことです。大切な場面でジョーカーとして使えばいいのです。

くだらない場面で使う必要はありません。大事なカードは最後までとっておきましょう。


ご質問5:
<(1)なるべく相手を褒める事 (特に、初対面では必ず褒めます。写真を見ただけでも、見せてくれた人に、「キレイな人だね」等と褒める様にしています)>

嘘は言わないようにしましょう。

自分に嘘つくことになるからです。後で、嘘つきな自分を責めることになり、深い自己嫌悪に陥ります。

写真が美人でなければ、自分の意志に反して「美人だね」と言う必要はないのです。どんな人でも褒めるところがありますから、少しでもいいところを見つけて、「かわいい」「チャーミング」「性格がよさそう」「服のセンスがいい」などと言うか、あるいは、何も言及するところがなければ、まったく言わなくていいのです。

初対面なら、「会って嬉しい」という笑顔だけで十分相手を快くさせることができます。


ご質問6:
<(2)自分が相手よりも劣っていると思う事を口に出して言う事 (それによって自分の気分が悪くなる事はないです)>

欧米ではそんなことはまずないのですが、日本社会の特徴ですね。本当は、そんなこと言わなくていいと思います。

まあ、社交辞令的なものであれば、相手も本気でとらないと思いますが、、、。ただ、自分の家族を劣っているように言うのはやめた方がいいでしょう。
例:
うちの子はできが悪くて
うちの主人は安月給ですから


ご質問7:
<自分が自分をプライドが高い人間だと思うのは、例えば~と思ってしまう時です。>

えっ?別に普通の反応だと思いますが。決してプライドが高いとは思いませんから、ご心配なく。

それくらいの反応がある人でないと、いい仕事はできないと思いますよ。言われたことをプラスのバネにして見返してやる、くらいのエネルギーで対処された方が、あなたも楽でしょうし、理不尽な方々への自省の機会を与えることにもなります。

横暴な人や不快な人をそのまま見過ごす必要はありません。上司など反論できない場合は、その怒りのエネルギーを別の方向に転化させるようにすればいいのです。

職場関係での悩みと拝察しますが、自分を変える必要はありません。むしろ、自分をわかってもらえるよう務めた方が楽かもしれません。「この子こういう子だったんだ」というプラスの部分を沢山見せるといいと思いますよ。

職場風景が楽しいものに見えるよう、自分らしく仕事を楽しんで下さい。

以上ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>謙虚に生きるには、あなたが絶対的信頼をおいている人、例えば亡くなった大好きだったおばあちゃんとか、尊敬する恩師、両親、愛する彼・彼女、神様などなど、そういう人にいつも「見られている」と思って行動することです。
人間として、自分が目標にさせてもらっている人は、います。
「誰かに見られている」と思いながら行動した事は今までにないです。
両親を始め、多くの人に支えられながら生きている事は、日々実感しております。

>自信のない人も多々います。そんな人たちにとっては自信ある人の存在自体が、自分の存在を脅かす脅威になります。
そうなんです。
そんな感じを受ける事があるので、今回質問させていただいた次第です。
Parismadam様には見抜かれてしまうのですね。

>嘘は言わないようにしましょう。
相手を褒める時は、少しでも感じた事を褒めております。手紙やメールでも、相手から送られてきた文章の中で、(すごいな)と思う事を、褒めております。

>えっ?別に普通の反応だと思いますが。決してプライドが高いとは思いませんから、ご心配なく。
前向きなお言葉をありがとうございます。

お礼日時:2008/03/21 20:39

仕事の評価が自分自身のへ評価と感じるからこそ


プライドがどうのという話になるのではないでしょうか。
ならば仕事は自分という存在の一部じゃないでしょうか。
そうでなければこの質問はありえないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

自分で自分をプライドが高いと思うのは、仕事に関してだけではありません。

私が質問文で「仕事」を例に挙げた事で、shift-2007様がそう感じられたのだと思いますが、貴重なご意見をありがとうございます。

お礼日時:2008/03/22 14:30

私の車は私じゃない。


私の家も私じゃない。
同じように
私の仕事も私じゃないですよね。

もし、所有物と私との一体化が起きていなければ仕事に対するそれは何ら私に影響を与えないはずじゃないでしょうか。
手足が体の一部であるように、仕事が私という存在の一部分になっているんじゃないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

車も家も「もの」ですが、仕事は「もの」ではありませんよね。

存在の一部分ではありませんが、1日(24時間)の内の8時間を働いているとすれば、生活の一部と言えるかもしれません。

お礼日時:2008/03/22 00:14

まあ、いろいろと意見はあるかと思いますが、私からのアドバイスとしては『論語』を読むことをオススメします。



最初はマンガから入ってもかまいません。
ただし、一読して終わるのではなく、繰り返して何度も読むこと。
興味が向いたら、他の漢籍も読んでみたらいいでしょう。
私としては、『菜根譚』あたりを推奨します。

読書百遍、意自ずから通ず。
論語の意味がわかってくれば、謙虚な生き方が自然と身につくことでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

「論語」とは、孔子の言葉がまとめてあるものですよね。あまり詳しくはありませんが、ゆっくりと読んでみようと思います。

お礼日時:2008/03/21 21:06

プライドとは優越感。


これは、他者を超える、他者より優れているという感覚で、相対的な価値観に基づいていると言えそうです。
つまり、他者あっての自分なので、いくらプライドを持っても決して自信(自分を信じること)にはつながらない。
何事においても、他者と比較し、(無意識的にせよ)他者の評価を気にしてしまう。
他者がいないと自我の存立する基盤が確保できないわけです。
無論、こういった相対的価値観というものは誰しも多少なりとも身につけてしまっているわけですが、バランスの問題ということなのでしょう。

謙虚さということも良く言われますが、本当に謙虚な人というのは、自分に対しては非常に厳しいものではないかという気がします。
とことん追求しているために、自身に対してある程度の納得(諦観なども含めて)が得られている。
それがために、他者を不必要に非難することが少なくなる、ということでしょう。
結論としては、ある事柄に向き合うときに、その事柄の本質に対して真摯に対応する姿勢を保持し、それに関わる他者の評価に必要以上に心を砕かないようにする。
といったあたりでしょうか。

誰に言われたか、ということよりも、何を言ったか、を重視できるようになるように思います。
仕事のできない人の言うことが必ず間違いで、仕事が出来る人がいつも必ず正しいともかぎりません。
とはいえ程度問題で、たとえば机の上に足を乗せながらマナーを注意するような人の言うことを受け入れようとする必要は全くありませんし、あとは表現の仕方でどうにも受け入れられない場合はあります。
その場合は、素直に反発するほうが実際的にも、精神衛生的にも好ましいのではないか、という気はします。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>プライドとは優越感。
プライドとは優越感なのでしょうか。
自分は人と自分を比べて喜んだり悲しんだりする事は、少ない方だと思います。人に嫉妬する事も少ないです。

>謙虚さということも良く言われますが、本当に謙虚な人というのは、自分に対しては非常に厳しいものではないかという気がします。
はい、それは私も思います。
そういう方は少し話しただけでも分かる、威厳の様なものを感じます。
私は、尊敬できる方から言われた事なら素直に聞けるのに、人によっては(あなたに言われたくない)と反発してしまう事もあります。そうではなく、
>誰に言われたか、ということよりも、何を言ったか、を重視できるようになる
事が大切なのですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/21 20:56

自分と仕事とを一体化するのをやめてみたらどうでしょう。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>自分と仕事とを一体化するのをやめてみたらどうでしょう。
いえ、自分は仕事は一生懸命しますが、一体化はしておりませんよ。
仕事ができる方を尊敬はしますが。

お礼日時:2008/03/21 20:19

>プライドを低くして生きるには、具体的にどう行動し、どう考えて生活すればいいと思われますか?



プライドと行動・思考は順番が逆でしょう。
第三者から見て謙虚な人であると評価されるためには、どの様に
思考・行動すべきかであるなら解ります。これであっても、良いことだと思いますよ。

でも、どの様に思考し行動すると謙虚に生きられるか・・・・ではなくて、謙虚な心を養うにはどうすればよいか。で、その結果が謙虚な思考であり行動となって現れるのです。

その為には、まずは、自分を正しく知るというか解っておくことでしょう。自分の良いところを十分自分が認めた上で、知らないこと、理解してないことや愚かなことが沢山有ることを解っておくことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>どの様に思考し行動すると謙虚に生きられるか・・・・ではなくて、謙虚な心を養うにはどうすればよいか。で、その結果が謙虚な思考であり行動となって現れるのです。
おっしゃる通りだと思います。
プライドを低く謙虚な心を養うにはどうすれば良いかが、自分でよく分からないのです。謙虚な立ち居振る舞い、行動を続ける事で、「謙虚な心」に近付く事ができるのではないかと思うのです。

>知らないこと、理解してないことや愚かなことが沢山有ることを解っておくことです。
身にしみます。愚かな人間です。ありがとうございます。

お礼日時:2008/03/21 20:16

『あなたに言われたくない』と思うことは誰にでもあることだと思います。


そう思っても,どんなことでも発言してもいいですと気持ちを切り替える
ことができれば,言われたことを受け止めることが出来るかもしれません。
つまり相手に対して発言する自由を認めることができれば、自分は心が
広いと感じられるようになると思います。
相手の発言を認めたくないと思うことが自分の心の狭さを感じさせてしまうのです。
言われたことに対してはすべて対応をしなければいけないわけでもないでしょう。
自分が解決した方がいいと思ったことだけどうにかすればいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>相手の発言を認めたくないと思うことが自分の心の狭さを感じさせてしまうのです。
もっと器の大きな人間にならなければと、思います。

>言われたことに対してはすべて対応をしなければいけないわけでもないでしょう。
それは、自分も思っております。
「貴方はバカだ」と言われたからといって、それをそのまま認めて、自分まで「そうだ、自分はバカだ」と考える必要はないと、思っております。

>自分が解決した方がいいと思ったことだけどうにかすればいいと思います。
自分が確かに悪いと思う時は、言われた事を素直に受け止め、直す様にした方が良いという事ですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/20 22:21

>自分は、もしかしたら、後者に当てはまるかもしれません。



普通の人だと思いますが。。
特に人から持ち上げられることも、苦労して頭を押さえつけられて
苦労しているということもないだけの人はそんなもんです。

>プライドを低くして生きるには、具体的にどう行動し、どう考えて生活すればいいと思われますか?

うちらの仲間内での標語ですが、
・揚げ足をとらない
・知ったかぶりをしない
・諭さない
ということにしておきましょう。
自信もプライドもありませんが、人間としてはこれ以上
落ちたくない最低限のところにはぶらさがりたいと思っている人間からでした。

苦労して自信のある人ほど、つまらない人から何を言われても気にしないもんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>うちらの仲間内での標語ですが、
・揚げ足をとらない
・知ったかぶりをしない
・諭さない
自分も、これらの事には気を付けております。

>苦労して自信のある人ほど、つまらない人から何を言われても気にしないもんです。
そうですよね。人に何かを言われてムッとする事自体、自分は器の小さい人間です。身にしみます。

お礼日時:2008/03/20 22:04

プライド、誇り、優越感、過去の自信、自慢。

これらは、これから生きていくのに、有益な事など、一切ないです。自分の等身大で、生きていく事です。
上記の事は全て、人生の、邪魔者です。他の人が貴方を持ち上げたとしても、それに満足と自信を持つようなら、下り坂の人生を送るようになるとおもいます。自分に忠実に、誰にでもできる事を、人より頑張って、行く事です。人にはどんな人間でも、長所、短所があります。貴方も短所が多くあると思います。自分より劣っていると言うことだけは、避けてください。優越感は、自分を小さな人間にします。貴方は、かなりの、優れた能力があると思いますが、うぬぼれは、自分を死滅させます。弱い人を助ける。その気持ちを持ち続けてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

自分の等身大で生きていく事、大切な事だと思っております。

>他の人が貴方を持ち上げたとしても、それに満足と自信を持つようなら、下り坂の人生を送るようになるとおもいます。
いえ、他の人が自分を持ち上げる事は全くありません。人に持ち上げられる様な立場ではありませんし、人に褒められて満足する事もありません。
ただ、向上心は強い方だと思っております。日常の小さな困難をクリアして「成長したな」と思う事で、満足感を感じる事はあります。

>貴方も短所が多くあると思います。自分より劣っていると言うことだけは、避けてください。
身にしみます。ありがとうございます。

お礼日時:2008/03/20 21:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q謙虚で寛大な人間になるには

こんにちは。宜しくお願い致します。

よく「謙虚になりなさい」「寛大になりなさい」等と言いますが、
確かに、物事の道理を考えたら、そのような話になると思います。

私自身も謙虚で寛大な人間になりたいと思っています。

しかし、謙虚で寛大な振る舞いは、一部の方々を図に乗らせてしまうように思います。
(謙虚や寛大がトラブルを招いてしまう)

また、謙虚で寛大な精神は、激しい怒りや不快等に結びつきやすいような気もします。
(「優しい人が怒ると怖い」という話にも通ずると思います)

私の場合は、侮蔑に耐え切れず怒りを爆発させてしまう→相手が逃げてしまう(言い逃れ含む)
というのが、お決まりのパターンです。
なんとか怒りを爆発させずに済んだケースであっても、その怒りは数年経っても消えません。

こんな私が謙虚で寛大な人間になるには、どうすれば良いでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

#1です。丁寧なお礼ありがとうございます。
沢山の回答がついているのも、doronpappaさんがひとつひとつに真摯に向き合ってらっしゃるからだと思います。

(抜粋)
 >私を不快にさせる人間は、価値観の相違というよりも、
 >防衛的・妄想的・病的に、自分を上位・正義・正当する他、
 >自分に合わせて事実を否認・歪曲してしまうような人間

自分が変わるのではなく、何でも自分の都合のいいようにしてしまうタイプの方ですね。でもこれは多少どの人間にもある習性ですね。こういった方は、それが強く出ているだけなのでしょう。一般的に好まれるタイプでないとは思いますが、もしかしたら変わりたいのに変われなくて苦しんでいるのかもしれませんし、その人のそんなやり方のお陰で助かっている人もいるかもしれませんし、色々な解釈の仕方があります。そう考えると、自分にはわからないけど、その方なりに悩みもあるだろうし、お互い大変だよね、という気持ちになることはできます。

ただ、だからといって自分が傷つけられたり、戦ったりするのは不毛なので、ここで「彼らとの距離」が必要になってきます。【心の距離】は今の考え方で少しずつ取るとして、【お付合いの適度な距離】の取り方はケースバイケースになります。端的に述べますと、職場であれば、プライベートな接触はなるべく避け、仕事上では感情を別にして事務的にこなす。友人であれば、直接接触する機会を上手な言い訳で避け、個人的な付き合いにならないようにする、等です。

これらは知識で理解するのは難しく、経験して会得していくのが殆どです。時には傷ついたり悩んだり腹を立てたりケンカしたりしながら、少しずつ学んでいきます。最初は、色々とわからないことだらけなので、寛大な精神と適度な距離がわからず、doronpappaさんが仰る通り、どちらか片方しか実践できないと思います。しかし、少しずつ経験を積めば考え方にも余裕が出てきて、両立ができるようになってくると思います。

なぜかと言うと、若いうちは色々と尖った考えをしているのは自然なことですし、そのような尖った時期も謙虚・寛大な精神や適度な距離等を得るのに必要なことだからです。人と衝突したり、色々と考えたり、悩んだり怒ったりしながらでないと、人間はなかなか成長しません。知識だけで成長できないのが残念なところです。これが人生は一生勉強といわれる所以だと思います。

そのような過程を経て、年を追う毎に、何かできても過去の自分や、失敗した恥ずかしい自分を見返したりして、まだまだ自分は勉強中です、と自然に謙虚になっていけるのだと思います。

結果だけいうと「失敗しながらも経験するしかない」という非常にシンプルかつ参考にならない回答になってしまい、申し訳なく思いますが、このような考え方をしている人間も世の中にはいるんだな、と思って少しでも参考にして頂ければ幸いです。

#1です。丁寧なお礼ありがとうございます。
沢山の回答がついているのも、doronpappaさんがひとつひとつに真摯に向き合ってらっしゃるからだと思います。

(抜粋)
 >私を不快にさせる人間は、価値観の相違というよりも、
 >防衛的・妄想的・病的に、自分を上位・正義・正当する他、
 >自分に合わせて事実を否認・歪曲してしまうような人間

自分が変わるのではなく、何でも自分の都合のいいようにしてしまうタイプの方ですね。でもこれは多少どの人間にもある習性ですね。こういった方は、それ...続きを読む

Q「奢り高ぶらず謙虚に」という意味の簡潔な言葉は…

4月から新しい職場で働きます。前の職場で失敗した経験を忘れず、「どんなにうまくいっているときも奢り高ぶらず、小さなことでも一つ一つ確実にやっていこう」と思っています。そこで、この気持ちを表す簡潔なことばを紙に書いて壁に貼っておこうと思っているのですが、何かいい言葉をご存知ではないでしょうか?四文字熟語や、中国の故事から出来た言葉などぴったりのものをご存知でしたら是非教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

変に難しく考えず、「誠心誠意」がぴったりでしょう。

文字にするとひどく陳腐で簡単ですが、誰に対しても、何事に対してもできるかと非常に難しいことです。だからこそ常に胸に刻んでおきたい言葉です。

質問者様の、新しい職場でのご活躍をお祈りしております。

Q「謙虚さ」と「プライドの高さ」は反対の関係?

カテ違いでしたらすいません。

「謙虚さ」と「プライドの高さ」は反対の意味でしょうか?

プライドが高い人は謙虚さがない。。。?
謙虚な人はプライドがない。。。?


そうな気もするし違う気もする

うまく説明できない状態です。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

言葉とは、いろいろな意味にとられるので難しいですね。

プライドと一口に言っても、2つの意味にとれることもあります。
エゴの強さ、傲慢さとしてのプライド。真の誇りとしてのプライド。
違いは、何に基づいてるかだと思います。
前者のプライドは、その人を飾る、学歴や職業など。
後者のプライドは、その人自身の心の芯のようなもの。
それを強く意識して生きることが前者後者なりのプライドと思います。

謙虚さにしても、
己の無さから自己を表現しない。それを他人が謙虚という。
逆に、達人は心に静けさを持っています。熟知しているからこそ、優しくなれる。それを他人が謙虚という。

だから、私なりの解釈ですが、良い意味でプライドの高い人は自然と謙虚といわれる人物であると思います。
逆に、虚飾によるプライドを掲げる人は、謙虚などとは到底言えない傲慢な人物であると思います。


人気Q&Aランキング