『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

相撲で勝った力士が審判員から白い包みのような物を受け取る光景を見ますが、白い包みの中には一体何が入っているのでしょうか?
現金が入っていると聞いたことがありますが、仮に現金だとしたらいくらくらい入っているのでしょうか?
ご存知の方がいましたら教えていただきたいです

このQ&Aに関連する最新のQ&A

sumo」に関するQ&A: sumoのソール

A 回答 (2件)

懸賞金 現在は3万円です


審判員ではなく行司(ぎょうじ)進行係です
審判員は土俵の周囲で監視していて行司の判定に間違いがあったときにだけ審判を下すのです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね
懸賞金の3万円なのですね
審判員ではなく行司(ぎょうじ)進行係なのですね
審判員は土俵の周囲で監視していて行司の判定に間違いがあったときにだけ審判を下すのですね
わかりました
教えていただきありがとうございました

お礼日時:2008/03/22 05:39

懸賞金のことでしょうか。


http://www.sumo.or.jp/kyokai/goannai/0005/index. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね
懸賞金なのですね
わかりました
教えていただきありがとうございました

お礼日時:2008/03/22 05:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相撲取りが勝ったときにもらうもの

相撲で勝負が決まってから、行事が勝った方の力士に何かを与えていますが、
1.アレはお金でしょうか。そうであればいくら入っているのでしょうか。2.何と呼べばいいのでしょうか。賞金袋?
3.相撲取りが左右中と右手を縦に振ってから、水平に袋を右の方に持っていって、それから背を向けて変える仕草は、どういう意味があるのでしょうか。

Aベストアンサー

懸賞金と呼ばれている物の事だと思います。
勝負の前に、のぼりを持った人が土俵をぐるぐる回って降りていく光景を見たことがあると思います。あののぼり一本につき、三万円の懸賞金がその勝負に賭けられているという意味です。新聞を見ると、力士の四股名の横に何本で何万円の懸賞金が掛かっているか見ることが出来ます。勝った力士がそれを手にする事が出来るわけです。

受け取る仕草について
あれは「手刀を切る」と言われる行為で、儀式用の作法であり、左、右、中の順序で切ります。昭和41年に日本相撲協会が、「懸賞は手刀を切って受け取ること」と通達を出しています。
元々は弓取り式の力士が行司から弓を受け取る時に行う行為だったようです。


人気Q&Aランキング