質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

機械換気の有効換気量の算定方法についてお教え下さい。
本を見てみますと機械換気設備の有効換気量(V)は下のような式
で算出するようです。

V=20Af/N
Af:居室の床面積
N :1人当りの占有面積

この式で計算する場合、一人当たりの占有面積はどのように計算するのでしょうか?一人当たりといわれても設計した居室を何人で使うかは不明のような気がします。何か用途別に決められた人員があるのでしょうか?良かったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

初めまして。



おっしゃるとおり現実には居室に何人入るか判りません。

しかし、一定の判断をするために、
建築基準法で用途別の一人当たり専有面積が決められています。

よって、N値は用途により決まっています。

その他、
換気回数による算定方法、
火気使用室における算定方法
収容人員数に基づく算定方法
等があります。

お部屋の用途によって使い分けて設計することになります。
詳細は下記URLが大変端的に解説されております。

参考URL:http://www.mitsubishielectric.co.jp/factory/sofu …
    • good
    • 1

V=20Af/N


Af:居室の床面積
N :1人当りの占有面積

態々計算式を複雑化していますね。
  人員を M とすれば Af/M=Nとなりますね
  V=20Af/N=20AF/(Af/M)=20M
  要は有効換気量V=20*人員 ではありませんか
  
必要換気量は労働安全衛生法に載っていると思いますが忘れました
    • good
    • 6

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q天井高さが3m以上の排煙計算について

いつもお世話になっております。
下記の条件の場合の排煙計算について教えて下さい。

床面積:12.0m2
天井高さ:3.315m
開口部種類:引き違い窓
高さ:FL+750 
寸法:H1.300m×W1.800

開口は上記1ヶ所のみです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

廊下(避難路ですから免除なし)ではなく、部屋ですよね
この窓では有効開口にならないので
H12建・告1436号内装不燃(下地とも)で免除でよろしいのでは?

室 :H12建・告1436-4-ハ(2)
居室:H12建・告1436-4-ハ(4)

Q設計換気風量とは?

確認申請で、設計換気風量を記入して下さいと言われました。

必要換気風量はわかるのですが、設計換気はどのようなことなんでしょうか?

詳しくおわかりの方がいましたら、ご指導お願いします。

Aベストアンサー

No1さん、No2さんのおっしゃる通り、「設計換気風量」とは、製品の仕様書等に記載されている「有効換気量」のことで、とくに、建物全体の換気扇の「有効換気量」を合計した風量のことをいいます。
24時間換気対応の換気扇であれば、仕様書などに有効換気量の表示が必ずあります。(24時間換気に対応していない製品の場合、「換気量」とだけ記載されていて、フードなどの抵抗による換気量の損失が考慮されていない場合があります)

例えば、三菱の製品であれば、ここから仕様書をダウンロードできます。↓
http://wwwl1.mitsubishielectric.co.jp/wink/shohinDisplay.do?productId=193738&categoryCode=17110101

他社のものでも、サイトからダウンロードできたり、建材屋経由などで手に入れることができます。
メーカーのサービス窓口に直接電話で聞いてもよいですが、添付書類として必要であれば、やはり手に入れるしかないです。

参考として、上記サイトからダウンロードした仕様書の記載部分を添付しておきますね。

No1さん、No2さんのおっしゃる通り、「設計換気風量」とは、製品の仕様書等に記載されている「有効換気量」のことで、とくに、建物全体の換気扇の「有効換気量」を合計した風量のことをいいます。
24時間換気対応の換気扇であれば、仕様書などに有効換気量の表示が必ずあります。(24時間換気に対応していない製品の場合、「換気量」とだけ記載されていて、フードなどの抵抗による換気量の損失が考慮されていない場合があります)

例えば、三菱の製品であれば、ここから仕様書をダウンロードできます。↓
http://www...続きを読む

Qダクトの風量計算 (必要換気量)の求め方がよく解りません。

必要換気量の計算が合ってるかどうかわかりません。どなたかわかり易くお教え下さい。宜しくお願いします。

我が社は厨房(普通の飲食業 小さい厨房が多いです)のフード工事(ダクト工事まで)1年に2~3度くらいですが製作を受けます。
ファンの選択は昔からの先輩達の経験で決めていました。(メーカーのカタログなどの参考も考慮し)これくらいのファンなら引くだろうみたいなもんです。(クレームは殆どなかったです)

やはり計算の元に製作しなければと思い立ちカタログに付属の参考資料などを基に、(必要換気量はフード部の面風速で出すのが良い)と資料で見て計算を始めました。

必要風量Q(m3/h)=A・VF・3600    
またはQ(m3/h)=2H・L・Vx・3600
VF:面風速(m/s)
Vx:捕集風速(m/s)
A=a×b(m2)

●面風速と捕集風速の推奨値
VF=0.9~1.2m/s(四周開放)
 =0.8~1.1m/s(三辺開放)
 =0.7~1.0m/s(二辺開放)
 =0.5~0.8m/s(一辺開放)
    
Q(m3/h)=A・VF・3600  この式に当てはめました。
axbはフード寸法なので 1.2mX0.8mです.
1.2x0.8x1x3600=3456m3/hとなりました。
これにダクト部が、250丸のダクトフレーキと250丸のエルボが二つフードの中にグリスフィルターが(壁付け)L=500が付きます。
損失を自分なりに計算したところ4800m3/h程度になりました。

今までは三菱の産業用有圧換気扇(about:blank)の中の
EF-25 EF-30 EF-35 などを多く使ってましたが、計算から選択しますと
能力が全然足りない様ですが、私の計算方法が間違いなのでしょうか?
計算は素人に近いと自分では思っております。
どうかこれからの為にどなたかご教授宜しくお願いします。

必要換気量の計算が合ってるかどうかわかりません。どなたかわかり易くお教え下さい。宜しくお願いします。

我が社は厨房(普通の飲食業 小さい厨房が多いです)のフード工事(ダクト工事まで)1年に2~3度くらいですが製作を受けます。
ファンの選択は昔からの先輩達の経験で決めていました。(メーカーのカタログなどの参考も考慮し)これくらいのファンなら引くだろうみたいなもんです。(クレームは殆どなかったです)

やはり計算の元に製作しなければと思い立ちカタログに付属の参考資料などを基...続きを読む

Aベストアンサー

『国土交通省大臣官房官庁営繕部設備・環境課監修 建築設備設計基準 平成18年版(社団法人 公共建築協会編集)』
国交省建築設備設計基準・同要領(平成18 年版)
日建設計仕様

などの設計指針などの書物を購入して呼んで下さい

Q住宅の図面にある「ALVS」とは?

宜しくご回答下さい。家を立て替えるべく、図面をFAXで業者から取り寄せたのですが、その中に「洋室:A-9.93 L-4.45 V-0.74 S-なし」という表記がありました。この中にある「ALVS」とは何でしょう?ウェブでも調べて見たのですが、見つけられませんでした。ご存知の方がおられましたら宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。建築設計の仕事をしている者です。
ALVSとは採光・換気・排煙計算のことです。
とは言ったものの恥ずかしながら私もALVSが
何の略なのかは知りません(^^;

恐らく
A:室面積
L:有効採光面積
V:有効換気面積
S:有効排煙面積
だと思います。
よくALVSと言う言葉を耳にしますが今まで気に
したこと無かったです。。。
ですのでちょっと自信ないです。

簡単に説明すると、居室等の部屋に対して採光・
換気・排煙に有効な開口部が取れているかを
計算するものです。

例えば質問にある洋室の採光であれば有効採光面積
が室面積の1/7以上でなければいけません。
4.45/9.93>1/7なので採光はしっかり取れている
と見ます。
換気・排煙も同様に計算します。
詳しくは
「採光計算」「換気計算」などで検索をするか
本屋で建築基準法や申請memoなどを立ち読み
してみればどうでしょう。

Q確認申請  小数点 四捨五入?

ちょっと、おしえてください。
今、申請書を書いています。
今時、考えられない急ぎの申請です。
まだ、余裕をもつという事を知らない人々がいるのです(笑)。

私は、ずっと、面積関係、ケンペイ率、容積率等の
小数点は切り捨てとしていました。

43.999ならば43.99と。

最近、申請もエクセルで打ち込むと数値が出るものが
あり、四捨五入しているのです。

今、もしかして、小数点第3位は、四捨五入?
ですか?

Aベストアンサー

そうですね、余裕をみて切り捨てたり、切り上げたりしても、申請は通りますから、
質問に対するダイレクトな答えとしては「四捨五入以外でもOKです」となるかと思います。

以下、余分な話をさせていただきますと↓

注意点は、切り捨て、切り上げ、四捨五入などの複数の「数値の丸め方」が、
一つの申請書類の中で混在しないことですね。これが一番だめなんです。

それと、建築って工学じゃないですか、その工学は四捨五入が原則なんですね。
だからその工学の分野の教育を受けた場合、それが理由(癖)で四捨五入する人は多いかもしれません。

お勧めは、四捨五入で統一です。申請以外でも問題が起こることはないと思います。
また、手法を統一することで、不本意なミスを避ける効果があるかもしれませんね。

Q建築基準法上の「建物の最高高さ」とは?

自宅の南側に10階建てのマンションが建設中なのですが、建設業者の説明を聞いてもよく分からないところがたくさんあり、本当に困っています。
建物の高さに関して、下記の3点が分からないのですが、どなたか教えて頂けると助かります。

(1)平均地盤面と設計GLって何ですか?
(2)建築基準法上の「建物の最高高さ」とは、どこからどこまでの高さのことでしょうか?例えば、最上階にエレベーターが突出した所があるのですが、それも高さに含まれますか?
(3)建物の「最高高さ」と「建物高さ」って、どういう違いがあるのでしょうか?

以上です。
何卒宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちわ
だいぶ大変みたいですね。
反対派の住民のみなさんの中に建築士や建設業界のかたが誰もいない状況ですか?
そういう職業の人がいれば町内会で顧問のような形で相談したほうが身内ですし
親切に安心できると思いますのでぜひご町内を探して見てください。

>(1)平均地盤面と設計GLって何ですか?
私達素人にはとっても難しいんですが、がけ地にマンションを建てるような場合
には水平な土地ではありませんので、高さの基準になるゼロ地点がどこにしたら
よいか困ることになります。
そこで、仕方なしに「形だけこれを水平面と仮定しよう」という線を一本引くこ
とになります。これが設計GLです。(GLはグラウンドラインの頭文字です)

水平でない地盤がだらだらと長く続いてしまう場合は3メートルごとに「平均地
盤面」を算出する決まりになっています。
・・・なので、だらだら長い斜面に巨大なマンションが建つような場合には、
A地点の平均地盤面、B地点の平均地盤面、C地点の・・・と3メートルごとに
たくさん地盤面が登場することになってしまうことがあります。
(建築基準法施行令2条2項だったけど最近変わったかもしれません)

>(2)建築基準法上の「建物の最高高さ」とは
これも私達にははてな印がいっぱい点滅してしまうんですが、「エレベーターが
突出した所」の面積が、マンション全体の建築面積の1/8以内のちいさいもの
だったら、12メートルまでは高さに含めなくてよい、といった免除の規定があ
ったりしてこれは非常に入り組んでますので、実地に図面を見る事のできる人に
相談して見てください。
(みんな12メートルかと思うと、実は低層の住宅専用地域だと5メートルとか、
変な但し書きがいっぱいありますので、掲示板だけではちょっと無理だと思いま
す)

〉(3)建物の「最高高さ」と「建物高さ」って
これは普通の平地なら、軒の高さと最高高さしかないんですが、がけや坂に建っ
ている大きな建物だと、(1)のようにいろんな地点での高さがあることになる
ので、それで使い分けているんじゃないでしょうか。
ご質問のマンションは斜面に建っているんですね、きっと。

ちょっとネット検索して見たら、わりと私たちにも親切に書いてくれているサイ
トがありました。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~katana/yougo.htm
すごくいっぱい説明されていて嬉しいのですが、あまりに多すぎるので
↑ここで「平均地盤面」とかページ内検索してみてください。

参考URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~katana/yougo.htm

こんにちわ
だいぶ大変みたいですね。
反対派の住民のみなさんの中に建築士や建設業界のかたが誰もいない状況ですか?
そういう職業の人がいれば町内会で顧問のような形で相談したほうが身内ですし
親切に安心できると思いますのでぜひご町内を探して見てください。

>(1)平均地盤面と設計GLって何ですか?
私達素人にはとっても難しいんですが、がけ地にマンションを建てるような場合
には水平な土地ではありませんので、高さの基準になるゼロ地点がどこにしたら
よいか困ることになります。
そこで...続きを読む

Q排煙計算について。

床面積200m2以上の木造2階建の建物です。

確認申請と一緒に排煙計算書も添付しました。

勾配天井の為、平均天井高さを計算したところ3.5mでした。よって「天井が3mを超えていれば、2.1m以上かつ天井の高さの1/2以内の部分を排煙に有効な開口部と見てよい」と言う認識があったので、掃き出し窓高さ2.3mの内2.1m以上の部分の高さ20cmを有効開口部として計算しました。

それから数日後「2.1m以上と言う条件は当てはまらず、天井から80cm下の部分が有効開口部となるので再確認して下さい。」と連絡がありました。

そこで質問なのですが、2.1m以上と言うのはサッシ下部が2.1mから上の部分に取付けられているサッシに限ると言う事なのでしょうか?今回の指摘では、途中から2.1m以上になるサッシは無効だと言う事意外の理由が分かりません。
サッシから排煙すると考えて計算しています。
他に考えられる理由がありましたら教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問者様の考えで間違いないと思います。
整理すると、
当該居室において、天井から80cm以内に排煙上有効な開口部が無い。従って、排煙上無窓居室となる(令116の2、1項2号)。
従って、令126の2本文中の無窓居室のため、排煙設備の設置が要求される。ここでも、天井から80cm以内に排煙上有効な開口部ないので、同条1項5号に基づく、建告1436号により逃げることとする。
当該告示3号に該当するので、排煙設備が設置されたことになる。
ですよね。

Qガレージ・自動車車庫の内装制限

お願いします。
ガレージや自動車車庫は規模に関係なく内装制限を受けると思うのですが、よくガレージ用シャッターなどのカタログを見ると、木造で天井は梁や野地板が現しになっているのを見ます。

天井現しは可能なのでしょうか??
それともガレージは自動車車庫扱いされないような事ができるのでしょうか??

Aベストアンサー

No.3さんの回答が少し・・・と思うことがあったので書き込ませていただきます。

>内装の制限を受けないのは、無指定(市街化調整区域)ぐらいなので、注意です。

日本全国で内装の制限を受けます。

>車庫扱いされない車庫とは、
倉庫、物置をいつの間にか転用するとか。

それを行っている方が多いのは否定しませんが、違法です。
用途変更の申請を行い、当然、法適合状態とすることが求められます。

>イナバやヨドの車庫を作っちゃえば?内装制限なんて関係しなくなっちゃいますよ。

当然、建物ですので、確認申請や内装制限が求められます。

建築基準法はザル法と言われていますが、法施工以前の既存建築物の存在と罰則が甘いためだと思います。建築基準法は建物を建てる上で最低限の基準を定めたものですので、ザルとか言わずに法令順守しましょう。

Q換気扇の風量計算

お世話になります。

換気扇の風量の計算方法についてです。
分野が違うかと思いますけど
よろしくお願いします。

換気したい部屋の大きさ
縦×横×高さ
4m*4m*3m=48m3

静圧という値が0と考えているので
アバウトな計算です。
(私自身計算方法がいまいちわかりませんので・・・)


三菱換気扇(有圧換気扇)
EF30BSB  1600m3/h 

上部より1600m3÷48m3=33.3
60min÷33.3=1.8min(1分48秒)

よってこの部屋に上部の換気扇を取り付けると
1分48秒に一回部屋の空気が入れ替わる

このように考えてよいでしょうか?
この部屋(倉庫)でバーベキューの炭を
おこすため、熱と煙でものすごいんです!

施主に換気扇がどれだけすごいのかを
説明するため、ご指導願います。

Aベストアンサー

僕もNo.2の方に賛同します。
大きな空間に広がった煙を希釈するにはそれだけ大量の空気が必要となってきます。
局所換気を基本で考えられた方が装置も小さくて済みますよ。
フードとまでは行かないまでも、垂れ壁状のもので天井面を区画するだけでも効果はえられます。

有圧換気扇の機種選定ですが、静圧(圧力損失)0での選定は通常行いません。
僕は余裕を持って50Paという値を使ってますが(笑

今回の機種選定ですと、
メーカー標準の風圧式シャッターで5Pa
ウェザーカバーで20Paの抵抗が最低限見込まれますので、実際の排気風量は1400~1500CMHと予想されます。

また設置対象となる空間は排気に有効な給気口はありますか?
オープンな空間であれば良いのですが、別途給気口が必要となる場合、ガラリの通気抵抗は想像以上に大きく、通過風速2m/sで50Pa、3m/sでは100Paの損失となります。
つまり排気のみ有圧扇を用いる第3種換気では今回選定された機種の場合、
給気側の風速を2m/sに抑えたとして圧力損失は50Pa
排気側で25Paの損失ですから有効な排気量はカタログの線図から600CMMまで低下すると予想できます。
この時の給気口は有効面積300□以上となります。

ちなみに有圧換気扇は外風等の圧力変動の影響を受けやすい事にも注意して下さい。
安定した排気量を確保するにはプロペラタイプよりも一般的にシロッコファンと呼ばれるタイプの送風機をお勧めします。(天井扇や全熱交換器など、ダクト接続が前提の機器は全てシロッコファンが使われています)

僕もNo.2の方に賛同します。
大きな空間に広がった煙を希釈するにはそれだけ大量の空気が必要となってきます。
局所換気を基本で考えられた方が装置も小さくて済みますよ。
フードとまでは行かないまでも、垂れ壁状のもので天井面を区画するだけでも効果はえられます。

有圧換気扇の機種選定ですが、静圧(圧力損失)0での選定は通常行いません。
僕は余裕を持って50Paという値を使ってますが(笑

今回の機種選定ですと、
メーカー標準の風圧式シャッターで5Pa
ウェザーカバーで20Paの抵抗が最低限見...続きを読む

Qペントハウスは述べ床面積に入る?

容積率の算定に必要な延べ床面積は、
各階の床面積の合計、となっています。
水平投影面積の1/8以下の最上階のエレベーター機械室などのペントハウスは階とはみなされません。
だから延べ床面積の合計に算入しなくていいのでしょうか…。
って都合のいい解釈はできますか。

Aベストアンサー

回答が真っ二つに分かれていますが、No.2の「どんな人:一般人」の方が正解です。
「階数には入らないが、やはり述べ床面積の算出の定義、「階の合計」の「階」には入る、と解釈ですね?」で正解です。
一方で「階(数)に入らない」と言っていて、「各階の床面積の合計」なのだから、算入しなくても良いのでは、私も昔、そう思ったことがありましたが、ダメでした。
結果としては「残念ながら」ですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング