教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

・天王星と海王星には氷がたくさんある。



・天王星は、太陽系の惑星で唯一、自転軸の向きが大きく異なる。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q天王星の北・南半球は逆

 いつもお世話になっています。



 天王星の地軸の傾きは

"97.9度"

です。



 つまり、天王星の北半球が惑星の軌道平面に対して下を向いています。

※ここでいう上下は、惑星の公転の向きに対して"右ネジ"の方向が"北"であり"上"



 ここで疑問に思うのです。



 発想を変えて、天王星の

・北半球と南半球の定義を逆

にして、そうすると地軸の傾きは

"82.1度"

となり、自転の向きは金星と同じ

・時計回り

となります。

 これでよいのではないでしょうか?

 天王星の北半球と南半球の定義を逆にした理由が、あるのでしょうか?



 私なりに理由を考えてみました。

--------------------

(1)自転の向き

 天王星の自転の向きを、他の惑星と同じ半時計回りに合わせたため



 これは金星が否定しています。

 なお、金星も合わせるならば、北半球と南半球の定義を逆にして、地軸の傾きが180度近くなることになります。

--------------------

(2)北磁極

 天王星の磁極を、N極が北半球に、S極が南半球に存在するよう、合わせたため。



 これは地球、その他惑星が否定しています。

 天王星の北半球に存在する磁北はN極。

 一方、地球の北半球に存在する磁北はS極(そのため方位磁針のN極が北を向く)。

 寧ろ、天王星の北半球と南半球の定義を入れ替えた方が、地球と磁極が一致します。

--------------------

(3)ジャイアントインパクト

 ジャイアントインパクトにより天王星の地軸の傾きが変化したとされるため



 天王星も金星も、ジャイアントインパクトにより大きな変化があったとされています。

 金星は回転の向きが逆回転になり時計回りになった。

 一方、天王星は回転の向きは変化せず、上下がひっくり返った…

 そのため、見かけは金星と同じ逆回転…

 しかし、金星とは事情が違うため、ひっくり返った天王星のまま扱った。

--------------------



 と、私は暫定的に(3)の考えに至っています。



 ただ(3)の場合としても、そもそも

"ジャイアントインパクト"

の発想がある前から、天王星の地軸の傾きは

"97.9度"

だったのでしょうか。

 "(4)その他"の理由が存在するのでしょうか。

 …等と考えだすと、悩みは深まるばかりです。



 天文学を愛する方々の、私見なご回答大歓迎です。

 勿論、明確なご回答も大歓迎です。

 是非とも、よろしくお願いします。

 いつもお世話になっています。



 天王星の地軸の傾きは

"97.9度"

です。



 つまり、天王星の北半球が惑星の軌道平面に対して下を向いています。

※ここでいう上下は、惑星の公転の向きに対して"右ネジ"の方向が"北"であり"上"



 ここで疑問に思うのです。



 発想を変えて、天王星の

・北半球と南半球の定義を逆

にして、そうすると地軸の傾きは

"82.1度"

となり、自転の向きは金星と同じ

・時計回り

となります。

 これでよいのではないでしょうか?...続きを読む

Aベストアンサー

(1)です

あなたは発想が逆です。
(その考え方が良いか悪いかは別として:私が納得しているかは別にして)金星も『反対に自転している』のでは"なく"、『天王星と同じように』(天王星の自転軸が横倒しになっているように)『自転軸が真反対にひっくり返っていて』逆向きに自転しているように"見える"だけなのです。>>>天文学上の考え方としては。

 だから、惑星の諸元表などで自転軸の傾きを見ると、例えば#1さんご紹介のサイトでは
 (2度ではなく)178度でしょ?

Q木星のサイズ、天王星と海王星のサイズ

火星が地球より小さいのは、隣の木星が火星軌道方向にずれた時期に、
星になる材料を奪ったからと聞きます。
その後に、木星はいまの位置へ(外側)へ移動した。

天王星と海王星のサイズは地球より大きいですが、
大体、どういうことで、その大きさになりましたか
基本的に、その位置にある星の材料をあつめて、その大きさになったということでしょうか

Aベストアンサー

まだ、惑星がその位置で形成されたのかは、まだよく判っていませんね。
天王星型惑星は形成された位置にあったもので出来ているようですが、組成を考えると今の位置にあることが説明できていないです。
今の木星型惑星の位置で形成されたとする説があるのですが、他の惑星も含めて太陽系の形成がどのような過程を辿ったのかはまだまだ研究途上です。
Wikiの 太陽系の形成と進化 のページです↓。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E7%B3%BB%E3%81%AE%E5%BD%A2%E6%88%90%E3%81%A8%E9%80%B2%E5%8C%96

さらに、近年、系外惑星が多く発見されていて、太陽系とは違う惑星系が多く、太陽系の形成の議論にも大きな影響を与えています。
研究が進むと、まだまだ、太陽系の形成過程は見直しや変化をしていくと考えます。

Q天王星はなぜ発見されなかったのか

天王星は肉眼でみえることがあるとききました。
もしそうなら、なぜ、古代ギリシャ人や、それ以前の古代人が、天王星を惑星の内に入れなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

プラネタリウムに行かれたことはありますか?天王星は6等級くらい、空が真っ暗なところで肉眼で見えるギリギリですが、プラネタリウムの星空はそれを再現しています。6等星が見える状態では、空は星で埋め尽くされています。6等星は「無数」にあるように見え、一つ一つの星の動きを追うのは到底不可能です。

天王星が「惑星」として発見されたのは、ハーシェルが倍率をかけた望遠鏡で天王星を偶然に視野に入れ、点(恒星)ではなく「円盤」であることに気がついて、その動きを注意して観察したからです。肉眼では、天王星が見えたとしても「点」であるか「円盤」であるかを判定するのは不可能です。

18世紀当時の望遠鏡は、今の望遠鏡のように鮮明な像を結ぶものではありません。ほんの小さな天王星を「円盤」であると見極めたハーシェルの観察力は素晴らしいものだったと推察できます。

なお、ハーシェルが天王星を発見した後で、過去の天体観測記録を調べた所、天王星を「恒星」として観測していた例がいくつも見つかったとのことです。

Q【宗教・五行】土星・木星・火星・金星・水星は五行に対応しており、太陽と月も陰陽に対応している。 こ

【宗教・五行】土星・木星・火星・金星・水星は五行に対応しており、太陽と月も陰陽に対応している。

これって陰陽師の陰陽五行だと思うのですが、五行の各5つの土星・木星・火星・金星・水星の意味を教えてください。

あと陰陽の2つの太陽と月の意味も教えてください。

この陰陽と五行は掛け算ですか?それとも足し算で別々の意味として陰陽と五行は扱うものなのでしょうか?

5×それぞれに2通りの全???通りという多数のパターンで扱うものなのでしょうか。

Aベストアンサー

土星=堅実、勤勉、忍耐力、農業
木星=発展、成功、幸運、名誉
火星=情熱、勇気、闘争、セックス
金星=愛、美、芸術、快楽
水星=知識、情報、機知、商才
太陽=活力、栄光、威厳、快活
月=感受性、母性、神秘、ロマンス

陰陽と五行は2×五行で10通りです。

Q天王星人の+で今は健弱

今人気の占いおばちゃんはやっぱりすごいのかな?
皆さんあたってますか?どうやら 私は今年 天王星人の+で今は健弱らしいのですが、天王星人の+のひとは皆、同じような 道を歩いているのかな?
私と同じ 天王星人の+の人は同じ本を読み同じように認識して日々送るとおもうと笑えちゃうんだけど。天王星人の+の人が金運ばっちりのときは皆 宝くじ当たるのかい?なんてうたがっちゃう。けど興味があってテレビや本に目がいっちゃいます。くだらない質問でごめんなさい。細井数子はすごいとおもいますか?

Aベストアンサー

こんばんは。
私は金星人+ですが、主人が天王星人+です。去年は本買いましたが、今年は買っていませんw。だって、最近ちょっとTV露出多くないですか?何かあるとすぐ「地獄に落ちるわよ」の脅し文句ですもん。
占いの方法や考え方(先祖供養、親孝行、目上の方は敬う)は本当に素晴らしいものだと思いますけど、占いの結果が外れた時の見苦しい弁明を見た時に、もう信用出来なくなりました。

実は、私は去年 いわゆる大殺界でした。8月に大殺界中の大殺界を迎えるとあって、かなりビクビクしていましたが、その前に目が覚めたおかげで、何事もなく平穏無事に過ごせましたw。1さんの言うとおり、占いは人生の参考程度に見る事が一番ですね。

・・・と、長々と偉そうに済みません。

Q木星や土星に突入すると・・・。

たまに、探査機に乗せられて木星に突入させられる夢を見ます。わたしにとって最高に恐怖をあおる夢の一つです。

そんでふと思ったのですが、木星や土星はガス惑星と言われていて、個体の表面を持たず、深度を増すにつれてガス性の物質の密度が上がっていくらしいですが、実際探査機や有人の宇宙船を突入させたら落下するごとにどのようになってくのでしょう?どこにもぶつからずにコアまで到達するのでしょうか?それとも液体水素の海のようなものに着水する?

それと内部の人間は木星とどの程度の距離まで耐えられますでしょう?内部に突入する前にどうにかなってしまのかな。


なんか急にすごく気になったのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ガリレオ探査機(実際はそのプローブ)のデータがありました。
http://www.planetary.or.jp/Report/R9611-12_a_2.html
(ページの下の方です)
探査機が木星に突入する際にはかなりの速度なので上記データにはその影響も入っていると思います。

これから行くと木星大気の表面(大気の表面なのでいまいち正確かどうかわかりませんが・・・)から140km下までは正常に落下したようです。
この140kmが大気層なのか液体層ちょっと解りませんでした。(多分大気)
いずれにしてもその圧力や温度で破壊されたようです。

探査機の強度が非常に高ければやはり液体水素の海まで到達するかもしれません。
ただ気になるのは液体水素の海と大気の境界がはっきりしているのかどうかわかりません。
あまりに高圧だと超臨界のように気体の密度から液体の密度に連続的に変化してしまうかもしれません(自信ないですが・・)

中学生のころ有人探査機が木星に降下する漫画(落書き)を書いたことがあったのでちょっと書き込んで見ました。

Q天王星が発見された時、当時の占い師達はどのように西洋占星術を説明したの

天王星が発見された時、当時の占い師達はどのように西洋占星術を説明したのでしょうか?
それまで惑星として扱われていなかった天王星の発見時に西洋占星術はどのように対応して自らを肯定したのでしょうか?
占いに関する知識はほぼないです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

それまで6つの惑星(水星・金星・地球・火星・木星・土星)プラス月で行っていた占いではどうしても無理だったものに、7番目の天王星を加えた事で、より高度な占星術になったとしています。
8番目の海王星の時もしかりです。

ただ、9番目の冥王星が準惑星に降格されたことによる混乱もあったようですね。

第6惑星プラス月で「人間の視点」による占星術が出来、7~9番の3つが加わった事で「神の視点」による占星術が可能になったとされますね。

Q「海王星」「天王星」と和名を決めたのは誰?

Plutoの和名を「冥王星」としたのは、
野尻抱影氏(昭和5年、科学画報誌)だそうですが
Neptuneを「海王星」、Uranusを「天王星」としたのは、
誰でしょう?

Aベストアンサー

基本的には中国名を採用しているようです。
(この辺の決定権は東京天文台が持っているのかな・・・??)
ただし冥王星については、野尻氏の「冥王星」と土橋氏の「地王星」等で論争があったようです。

参考URL:http://www.cnfc.or.jp/plutonium/pl8/meiosei.html

Q海王星と天王星の燃料

海王星と天王星燃料が一緒でも地球へ帰ることができるんですか?

Aベストアンサー

「海王星と天王星燃料」ってなに?

Q木星と土星について

木星はガス惑星だと聞いたことがあります。
Q1
全体がガスなのでしょうか?どうして、一か所にいつまでも存在し得るのですか?
しかも、自転したり公転したり。

Q2
木星がガス惑星なら、木星の中心にミサイルを撃ち込んだら、
貫通してまた宇宙へ抜けていくのでしょうか?重力は無いものとします。
また、ガスだけでも重力は地球以上にある(大きい)のですか?

Q3
土星の輪ですが、太陽系以外のどこか遠くの惑星にも、あのような輪を持つ惑星は存在していますか(実測)?

Q4
輪が存在するのは惑星だけですか?
恒星にもあるかもしれませんか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Q1
全体がガスなのでしょうか?どうして、一か所にいつまでも存在し得るのですか?

いいえ。中心部分はそれ自身の重力より圧縮され、金属化しています。
分子そのものにも弱いですが重力が働きます。その重力により1カ所に固まっています。自転、公転による遠心力よりも強い重力が働いています。重力は単純に質量が大きいと大きいので、地球より木星の方が質量が大きく、重力も大きいです。地球の重力ですら空気をうす~くですが捕まえていますよね。木星は重力が大きいののでもっと捉えているわけです。


Q2
木星がガス惑星なら、木星の中心にミサイルを撃ち込んだら、
貫通してまた宇宙へ抜けていくのでしょうか?重力は無いものとします。

いいえ。先に書いたように、木星の中心部は地球上の固体よりも密度が大きいため、貫通しません。また、熱も大きいので、ミサイルは形を保てないでしょう。
あと、木星は、あとわずかの重力(質量)で恒星になれただけの中心圧力を持っていると言われています。恒星は、水素原子が重力圧縮され、水素原子の核と核がほとんど接する状態になるため、核融合が起きています。そこにミサイルなど核反応のきっかけを与えると、恒星になれるかもです。


また、ガスだけでも重力は地球以上にある(大きい)のですか?

はい。

Q3
土星の輪ですが、太陽系以外のどこか遠くの惑星にも、あのような輪を持つ惑星は存在していますか(実測)?

存在しています。太陽系の他の惑星(冥王星が惑星でなくなりましたので)で、木星型と呼ばれる木星よりも遠い惑星はすべて輪を持っています。木星も土星ほど大きくありませんが持っています。
惑星が観測できる近隣の恒星では、輪を持っていることを観測できたものがあります。

Q4
輪が存在するのは惑星だけですか?
恒星にもあるかもしれませんか?

???
小惑星帯や冥王星、彗星などの周辺天体は、一種の太陽の輪ですよ。地球などもその一種です。
大きな重量の質点がある場合、その周辺で遠心力と重力が均衡する部分に天体が集積することが分かってます。
近いと軌道面をほぼ同一とする「輪」を形成し、遠いと卵のような「殻」を形成します。

Q1
全体がガスなのでしょうか?どうして、一か所にいつまでも存在し得るのですか?

いいえ。中心部分はそれ自身の重力より圧縮され、金属化しています。
分子そのものにも弱いですが重力が働きます。その重力により1カ所に固まっています。自転、公転による遠心力よりも強い重力が働いています。重力は単純に質量が大きいと大きいので、地球より木星の方が質量が大きく、重力も大きいです。地球の重力ですら空気をうす~くですが捕まえていますよね。木星は重力が大きいののでもっと捉えているわけです。


Q2
...続きを読む


人気Q&Aランキング