あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

こんにちは。どなたか教えてください。

以下の取引があった場合
10/15未収金(対A)/売上
10/30普通預金/仮受金(不明入金)

で、11/15に、10/30の仮受金は10/15に発生した未収金(対A)であることが判明。
どちらが正解ですか?

11/15仮受金(不明入金)/未収金(対A)
または、
10/30仮受金(不明入金)/未収金(対A)

決算が締まっていなければどちらでもかまわないと思いますし、また11/15に判明している以上、11/15の計上で問題ないと思うのですが。
損益計算書科目でもなく、厳密な規定も見つからないので、困っています。

「会計の常識」としては、どちらになるのでしょうか。よろしくお願いします。

A 回答 (6件)

コンピューターでの会計処理は今では日次で処理されているのが普通だと思います。


このケースですと、11/15の時点ではすでに10月分の月次処理も終わっていると思われますので、11/15付けでの処理にならざるを得ないかと思います。

会計処理というのは常に会計事象が発生した時と、これを処理をする日付とが存在します。
このケースでは、お金が入金した時点では内容が不明だったわけですから、その事実通りに計上することは何ら問題ありません。
この場合に重要なのは10/15の売上の発生と入金したという事実です。
仮に遡及しての処理が可能であったとしても、その売上の未収金との消し込みが2段階になったことをあえて消し去る必要性はないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
会計的に考えると、やはりそうですよね。
得意先に対する債権の動きを正確な日付で捉えたい、というのが遡及転記の理由のようです。
ありがとうございました。助かりました。

お礼日時:2002/10/25 01:08

補足です。

誰もご指摘にならなかったので、付け加えさせていただきます。

>10/15 未収金(対A)/売上
>10/30 普通預金 /仮受金(不明入金)
>11/15 仮受金(不明入金)/未収金(対A)

売上高に対する未収入金に関しては「未収金」という科目は使いません。「売掛金」という科目を使います。ですから、

10/15 売掛金(対A)/売上
10/30 普通預金 /仮受金(不明入金)
11/15 仮受金(不明入金)/売掛金(対A)

とするのが通常です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変失礼しました。
おっしゃる通りですね。
うっかりしてました。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/10/25 10:17

B/S科目残高を月次で明らかにするのは常識だと思います。

したがって10月の末日には仮受金の明細をはっきりさせるべきだと思います。とはいう
ものの現実にはBS科目の残高明細がはっきりしないまま先送りされること
はあり得ることです。
で、会計の常識としては取引が発生した日、ということになります。この場合は仮受金の内容が判明した日=11/15ということになります。
実務の上では売掛金の入金時に予期せぬ値引き、たとえば納品した品物の
塗料が少しはげていたので50円値引きなどということが毎月のように
あります。特に期首月なら本来は前期損益修正とすべきなのでしょうが
よほど金額が大きくなければ、経常的な取引としてその月に発生した費用
収益の科目で処理されます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうですよね。発生時点ですよね。「遡及転記」を強力に唱える方がいて、でも論拠不明で、非常に困っていました。
考え方に自信がもてました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/10/25 01:05

☆11月15日付けで仮受金を未収金振替とし、摘要欄に10月30日付けに入金分、と附記しておけば後日の為にも良いでしょう。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
やっぱり判明日付が普通ですよね。自信もてました。

お礼日時:2002/10/25 01:02

 毎日、日計表も作成しますし、月次決算もされているのでしたら、日付をさかのぼることは原則としてできないはずです。

原則は判明した時点です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
基本的にはそうなのですが、今回コンピュータ会計でどうにでもなる状況だったので、おたずねさせていただきました。私も、判明時だと思います。自信もてました。

お礼日時:2002/10/25 00:59

バックデートで処理が出来るのであれば10月の日付で処理をした方がいいと思います。

もし出来ないのであれば11月の処理で充分だと思います。
経理の業務から離れて久しいのですっかり呆けてますけど、私。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました!

お礼日時:2002/10/25 00:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

Q経費の計上は領収書の日付?それとも領収書をもってきた日付?

事務歴ウン年、今更ながら聞くのが憚られるのでお聞きいたします。

経費の計上日は
■領収書の発行日(=店側への支払日)
ですか?それとも、
□領収書をもってきた日
ですか?
領収書を持ってくるのが月をまたいでしまうことが多い上に
領収書はまとめて精算しているので、どうしても領収書発行日と同日に弊社の現金が出ているわけではありません。

Aベストアンサー

青色申告で「現金主義」を届け出てある場合を除いて、どちらでもありません。

支払義務が確定した日、平たくいえば買い物をした日です。
いつお金を払ったかではありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

QAP と GL って何?

大変、安直な質問なのですが、経理用語というか経理パッケージによく記載され
ています。「AP」と「GL」というのがありますが、これは一体何の略で日本語に
訳すると何というのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

AP--> Accounts Payable
直訳すると「支払勘定」
一般的には、買掛金、未払勘定、未払金のことなのだと思うのですが、通常経理用語として日本語にするときは「買掛金」となっていることが多いと思われます。

GL--> General Ledger
直訳すると「総勘定元帳」

基幹システムにおいては、GLと呼ばれる「会計モジュール」を中心に、APと呼ばれる「支払/買掛管理モジュール」、ARと呼ばれる「売上/売掛管理モジュール」を組み合わせてシステム構築・運用をすることがあります。

Q前年比の%の計算式を教えてください

例えば前年比115%とかよくいいますよね?

その計算の仕方が分かりません・・・
例えば 前年度の売り上げ2.301.452円
    今年度の売り上げ2.756.553円
の場合前年比何%アップになるのでしょうか?計算式とその答えを
解りやすく教えて下さい・・・
バカな質問でゴメンなさい(><)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
(今年の売上÷前年の売上×100)-100=19.8%の売上増加

 

Q未払金と未払費用の違いについて。

未払金・・・{例}固定資産の未払額、有価証券の未払い額。

物、またはサービスを買い入れてまだ代金を払っていないものをいいます。また、商品・材料などの営業用の物品購入勘定である買掛金とは区別します。
会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。

未払費用・・・{例} 家賃、給与、賃借料、経費一般の未払い額。

まだ支払いの済んでいない営業用外の購入費用。
会計原則では、「継続的な役務提供を受ける場合、期末までに提供済みの部分について未払いのもの」となっていますが、実務では、費用の未払い分と理解してして簡易処理する場合があります。

各々の定義は以上の様になっていますが、未払金の説明にある
>会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。
という文がある為に混乱しています。

「費用になるもの」も未払金になるのであれば、未払費用とはどうやって区別すればいいのでしょうか。
未払金と未払費用の正しい分別の仕方を教えて下さい。
宜しくお願い致します。

未払金・・・{例}固定資産の未払額、有価証券の未払い額。

物、またはサービスを買い入れてまだ代金を払っていないものをいいます。また、商品・材料などの営業用の物品購入勘定である買掛金とは区別します。
会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。

未払費用・・・{例} 家賃、給与、賃借料、経費一般の未払い額。

まだ支払いの済んでいない営業用外の...続きを読む

Aベストアンサー

質問の内容どおり、会計原則上、「費用」の未払い分は「未払金」、「未払費用」のどちらにもなりえます。
契約上の役務の提供が完了していれば「未払金」、
未完了であれば「未払費用」という区分けです。

そうはいっても、この違いを意識するのは結構面倒なので、費用の分はすべて「未払費用」と仕訳する実務を取り入れてるところもあるんだよ。ってことをいってます。会計原則にはもちろん反していますね。

会計原則上の違いについて、こんな例が紹介されているサイトがあったので参考にしてみてください。

>例えば、給料を考えてみましょう。
>毎月20日締めの翌月10日払いとします。
>当月21日~末日までの給料は未払費用となり、
>前月21日~当月20日までの給料は未払金となります。
>なぜなら、この例でいえば、契約上、毎月21日~翌20日までの役務の提供をもって完了すると考えられるので、
>月末における翌月10日に支払う給料は未払金として処理され、
>当月21日~末日までの給料は、月末時点では、当該契約から判断して、
>役務の提供がすべて完了していないので未払費用として処理されることになります。

質問の内容どおり、会計原則上、「費用」の未払い分は「未払金」、「未払費用」のどちらにもなりえます。
契約上の役務の提供が完了していれば「未払金」、
未完了であれば「未払費用」という区分けです。

そうはいっても、この違いを意識するのは結構面倒なので、費用の分はすべて「未払費用」と仕訳する実務を取り入れてるところもあるんだよ。ってことをいってます。会計原則にはもちろん反していますね。

会計原則上の違いについて、こんな例が紹介されているサイトがあったので参考にしてみてくださ...続きを読む

Qフィルタしたセルのコピーをフィルタしたセルに貼り付けたい

タイトルの通りなのですが、フィルタしたセルをコピーし、別シートのフィルタしたセルに貼り付けたいのですが、
別シートに貼り付けた時見えなくなっているセルにもコピーデータが張り付いてしまいます。

上手い方法がありますでしょうか?

Aベストアンサー

Ctrlキーを使用すれば、できますよ。
(例)
Aシートのコピーしたい部分を選択し、Ctrl+右クリックショートカットからコピーをクリックします。
Bシートの貼り付けたい部分にカーソルを持っていき、Ctrl+貼付…

これでできませんかね…ご要望と違う内容でしたらすみません。

QExcel2007でセルに値があるはずなのに表示されない。

Excel2007を使用しています。
しばしば、セルの中身に値が入っているにも関わらず、
表示されないことがあります。(数式や文字列に関わらず)
そのような時、行や列ごと選択すると表示されるように
なります。
本当に値が入っていないのか、表示されていないのか
まぎらわしいです。
この現象は設定で解決される問題でしょうか?
それとも仕様あるいはバグでしょうか?

説明がわかりずらく申し訳ないですが、
どうかお教え下さい。よろしくお願いします。

OS:Windows XP

Aベストアンサー

おそらくバグでしょう。

私の場合、スクロールすると図形が消えたり、複数シートを選択した状態でプレビューすると、図形がまったっく表示されなかったりします。単独シートでのプレビューなら表示されるのですけどね。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング