こんばんは。
今週の火曜日の怪談百物語で「耳なし芳一」をやっていました。
ドラマなので演出や構成上多少話が変わったりする事もあると思います。
でも、ドラマではじめて知ったのが「芳一」は平家の人間だということでした。
いままでそんなこと知りませんでした、本当にそういうお話なのでしょうか。
どなたか詳しい方いましたら教えてください。

A 回答 (4件)

既に答えの出ている通り、芳一が平家の人間であるというのはこのドラマのみの設定です。


確かに辻褄があっててよくできたストーリーだと思いました。
この「怪談百物語」という番組はスーパー時代劇ということでもともとの昔話を新たなオリジナルストーリーとして作っています。
次週の狼男も江戸時代を舞台にしていたり、かぐや姫を怪談話にしていたりと面白そうな設定になっています。
でも今までの時代劇と違いCGを使っているところとか、切ないストーリーとか私は好きです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか、やっぱりオリジナルですか。
上手に作るモンですね、話うますぎて納得しちゃいました(笑
結構面白いですよね、番組としては。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/10/28 00:50

このドラマ、しっかり見ました。

「番町皿屋敷」「雪女」「耳なし
芳一」は見ました。個人的な感想としては、雪女のアレンジが一番
好きです。
「耳なし芳一」は、あまりにもアレンジが過ぎていました。

質問には関係ないですが
有る平家の落人の集落に「耳なし芳一」の原作に非常に似た言い伝
えが残っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
そうですね、平家物語は実際琵琶法師たちが語ったんですよね。
そこから「耳なし芳一」の話が生まれたのかな。
さらに番組でアレンジされちゃったんですね(笑

お礼日時:2002/10/28 00:52

火曜日の怪談百物語、あれってラスカディオハーンが聞くと


怒るくらいオリジナルとはかけ離れていました。
平家の人間なんて、まさか・・・
知らない話で当然だったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱそうですか・・
でもやたらと話のつじつまが合っていたので私の勘違いかと思っちゃいました(笑
http://www.fujitv.co.jp/jp/kaidan/
時間があったらあらすじでも読んでみてください。

お礼日時:2002/10/24 21:32

火曜日の怪談百物語、あれってラスカディオハーンが聞くと


怒るくらいオリジナルとはかけ離れていました。
平家の人間なんて、まさか・・・
知らない話で当然だったと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今日の怪談百物語に・・・

今日の怪談百物語のかぐや姫にココリコの田中さんが出ていたように思うのですがエンドロールで名前を見つけられませんでした。それって私の勘違いですか?

Aベストアンサー

私も、似てるなと思ってたので、ビデオで、確認した所、桐影=伊藤明賢さんになってました。
田中さん、村井克行さんにも似てます。
http://plaza12.mbn.or.jp/~office_matoba/murai.html

参考URL:http://www.harukata.com/

Q「小早川伸木の恋」の演出に違和感。ドラマのありえない演出について

昨日放送された「小早川伸木の恋」のハイライトシーンについて、皆様のご意見をお聞かせください。

問題のシーンについて簡単に記載します。
小早川(唐沢さん)の妻が学生と浮気し、相手が結婚していることを知らなかった学生は、夫である小早川のもとへ。
仕事場である大学病院の診察室で、学生が小早川に夫としての無責任さを興奮しながら問い詰める。
小早川は妻の浮気を知り、学生に「妻と寝たのか?」と聞き、うなずく学生。
小早川は意気消沈しながら「午後の診察があるので出て行きなさい」と冷静に対応し、学生は帰る。
そのまま小早川は「○○さん、どうぞ」と午後の診療を開始。患者さんがすぐに診療室に入り、その隣にはドア越しに話を聞いていた妻が涙。

というものです。
私が気になったのは「患者に聞こえるところでそんなことするんだろう?」という点です。
ストーリーや展開はドラマなので、どれだけありえなくても良いと思います。
もちろん気が動転していたり、ちょっと無理のある行動を取ったり、過剰な演出になってしまうのはドラマではよくあることだとは思います。
しかし、ハイライトシーンの演出にしては、あまりにずさんではないでしょうか?
学生が乗り込んだときに小早川は個室にでもいたことにすれば良いし、そもそも午後の診療をはじめる場面はカットできたはずです。
避けられたはずですし、他にもっと良い見せ方はいくらでもあるのに、なぜあのような演出でOKなのでしょうか?
スタッフや唐沢さんは「おかしいor変えたい」と思わなかったのでしょうか?
それとも気になったのは私だけでしょうか?
ドラマなんて、そんなものでしょうか?
それともあのドラマはコメディ?

宜しくお願い致します。

昨日放送された「小早川伸木の恋」のハイライトシーンについて、皆様のご意見をお聞かせください。

問題のシーンについて簡単に記載します。
小早川(唐沢さん)の妻が学生と浮気し、相手が結婚していることを知らなかった学生は、夫である小早川のもとへ。
仕事場である大学病院の診察室で、学生が小早川に夫としての無責任さを興奮しながら問い詰める。
小早川は妻の浮気を知り、学生に「妻と寝たのか?」と聞き、うなずく学生。
小早川は意気消沈しながら「午後の診察があるので出て行きなさい」と冷静に...続きを読む

Aベストアンサー

私もまったく同じ感想を持ちました。深くは考えなかったのですが。

その後の妻のセリフに『そういういつも冷静なところが嫌いなの』みたいな内容があったので、「悶着の後、即午後の診療」という演出の意図はわかりました。でも確かにzxouyoxhさんのおっしゃるとおり、もっと旨い方法もあったはずですよね。

あのドラマは、他にもツッコミどころ満載だと思います。私は一部の昼ドラみたいに『裏読みの笑い』で話題性を狙ってるのかな、とも思えるんですが(つまり確信犯)、いかがでしょう。

Q単発怪談ドラマ

昔、夏になるとよく怪談もののドラマをやっていましたよね?
記憶があいまいでよく覚えていないんですが、こんな内容のドラマ覚えてませんか?

夜の12時にトイレの中で、赤い櫛(くし)をくわえて鏡を見ると、未来の結婚相手が写る。
という噂を半信半疑で試してみると、そこには恋人の秋山さんの顔が映った。
しかし秋山さんはバイクの事故ですでに死んでしまった人だった。
未来の結婚相手には到底なりえない人がなぜ写るのか…。


主人公の女性は保育士で、教え子が母親と一緒に彼女の家に訪ねてくる。
仏壇にお供え物を持ってきたのだ。
女性は不思議に思ったが、実は自分も秋山さんとバイクに乗っていて、その事故で死んでいたことを思い出す。

…みたいな内容です。覚えている方いらっしゃいますか?
また、タイトルとか役者がわかる方お願いします。
よかったら怖い話も聞かせてください!

Aベストアンサー

#1です。
ちなみに恋人の秋山さん役は林和宏という方のようですが
検索しても詳細が分かりませんでした。
あと中山美穂さんの弟役は窪塚洋介さんだったようですね。↓

http://www.fjmovie.com/horror/j/t6/77.html

公開はちょっと後ですがオチガ「シックス・センス」に似てるんですよね。

Q木曜の怪談でやってたあのドラマ

数年前にジャニーズJrが主演してたミステリードラマ「木曜の怪談」でやってたと思われる詳しい内容を調べてます。

ある女の子は皆の記憶を弄る事が出来て、昔からそうやって色んな家庭に入り込んできた。でも突然その能力が効かなくなる日がきて…

みたいな内容だったと思われます。自力で調べた所「見知らぬクラスメイト」というタイトルだとは思うんですが、この話の内容と最後どうなったのか詳しく知っている人がいれば教えて下さい。

Aベストアンサー

登場人物の名前が覚えていないので、名前は全て仮名でお教えします。(仮の名前も適当に付けました★)

・ある日歩美は教室に入ると見知らぬ女子・加奈を見かける。転校生かと思うが、他のクラスメイトは最初からこのクラスの生徒だと主張。

・歩美は彼女が絶対にクラスメイトではないと証明するため、クラス写真を持ち出す。そこには確かに加奈の姿はない。が、クラスメイトの目には歩美の隣に加奈が写っているではないかと言う。そう、歩美以外の人間には加奈が写って見えていた。

・ある日、加奈は歩美に自分の能力を明かす。(ここは質問者様が書かれている通りの内容です)

・小さい頃、家族のいなかった加奈は公園のブランコに乗っていた。夕方になり、公園で遊んでいた子供を迎えに来た母親を羨ましそうに眺める加奈。
その時、その母親は突然加奈の方に振り向き、「何やってるの、早く帰るわよ!」と言う。「うん!」と駆け出す加奈。その日から、加奈は違う家族の子供に成りすまして生きるようになった。
しかし、その能力は長く続かない。記憶を取り戻し、加奈が誰だか分からなくなってくるのだ。
加奈はその度に違う家族を探して、その家の子供になってきた。

・今住んでいる家もそうだ。その家の母親は女児を亡くしていた。加奈はその母親の記憶を操り、亡くなった娘の振りをして生活していた。

・しかし、その日は来た。母親は、突然眩暈を起こす。ふと見ると、仏間に写真が飾ってある。今まで見えなかったのに…。その写真の少女こそ、本当の娘。
・そこへ加奈が帰宅する。しかし、母親は加奈を見て「誰?」と…。加奈は衝撃を受ける。また、新しい家族を探す日が来た。

・学校で、最後に加奈は歩美に会う。そして言う。「今まで、記憶を操れなかったのは…あなただけ。もしかしたら、あなたも私と同じ能力を持っているのかもね」加奈は、歩美の町を去っていった。

・歩美はそのまま学校の廊下に立ち尽くす。目の前に掛かっている鏡を見つめ、先ほどの加奈の言葉が鳴り響く。「あなたも私と同じ能力を持っているのかもね」一瞬不安になる歩美。

・突然、「何してるの~歩美!」クラスの子に名前を呼ばれる。「ううん、何でもない!」友達に向かって駆け出した歩美だった。


名前、ストーリー展開的に若干違いはありますが、ラストはこんな感じでした。
『木曜の怪談』は怪談話が嫌いな私は観ないドラマだったのですが、何でこれは観ていたのか?
でも印象に残る話だったので、覚えていました。
参考にしていただけると良いです♪

登場人物の名前が覚えていないので、名前は全て仮名でお教えします。(仮の名前も適当に付けました★)

・ある日歩美は教室に入ると見知らぬ女子・加奈を見かける。転校生かと思うが、他のクラスメイトは最初からこのクラスの生徒だと主張。

・歩美は彼女が絶対にクラスメイトではないと証明するため、クラス写真を持ち出す。そこには確かに加奈の姿はない。が、クラスメイトの目には歩美の隣に加奈が写っているではないかと言う。そう、歩美以外の人間には加奈が写って見えていた。

・ある日、加奈は歩美に...続きを読む

Q昔、20年前くらいなんですが、中村玉緒が広末涼子と共演していた怪談ドラマみたいなのがありましたよね?

昔、20年前くらいなんですが、中村玉緒が広末涼子と共演していた怪談ドラマみたいなのがありましたよね?
そのドラマで中村玉緒って小さくなってちりとりか何かに乗っていませんでしたっけ⁈
それで母とちょっとした言い争いになりました(笑)
知っている人教えてくださいm(._.)m

Aベストアンサー

木曜の怪談の中でやっていた「悪霊学園」ですね。 中村玉緒は小さくもならずに、座布団に乗って宙に浮いていました。

https://www.youtube.com/watch?v=I_8kt_Qihxk&index=1&list=PLZnU5_7eiUeGCiJQnhVmw0G1dplpU8k1-


人気Q&Aランキング

おすすめ情報