『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

先日、宮部みゆきさんの「LEVEL7」という小説を読みました。
とても読み応えがあってすごくのめり込んでしまい
3日で読みきってしまったのですが、あまりに急いで読んでしまったためか
理解できない点が一つあるのです。
プロローグ(かな?)で三枝さんと相馬さんが会ってるようなシーンがありますよね?
その時に、相馬さんが三枝さんに雑誌を渡しているようですが、
あの雑誌は何に使われたのでしょう?
台詞が必要だった、ということでしょうか?
(だとしたらどのシーンで?)
詳しく教えて頂けるとあり難いです。

A 回答 (1件)

「レベル7」って、宮部みゆきの中ではありまり好きじゃないんですよね~。


なんて言いながら、2日で読み通してしまいました。それで、「あれっ??」なんて思うところがあって、じっくり2度も読んでしまいました。

>あの雑誌は何に使われたのでしょう?

私の解釈では、あれは台詞ではなく、お芝居に使う道具の説明なのでは・・と。
ちょっとうろ覚えですけど、最後のほうで、「銃で撃ってしまった」とかのお芝居をするシーンがありますよね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング