ちょっと変わったマニアな作品が集結

80歳の母が大腿骨骨折をして、手術を受け、これからリハビリ開始です。本人は元のように歩けるようになって自宅へ帰りたいと言っているので、リハビリも頑張ってくれることと思います。母のように大腿骨骨折からリハビリを経て、元のように戻った方が、ご家族にいらしたり、近所にいらしたりした方で、そのリハビリの様子、経験談、苦労話など何でも良いのでおしえて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私の父も83才の時転倒して大腿骨頸部骨折しました、すぐに救急車で入院し骨折部をボルトで固定しました。


1ヶ月2ヶ月が経過しても良くならず他の病院に転院しました、ボルトがぐらぐらになっていたので人工関節に置換しました。
長く寝ていたため起きあがる事が出来ず、老人保健施設に入所してリハビリをする事にしました。
そうしたところ、耐性菌による感染症を発症し2ヶ月後には病院に再入院となりました。
80を過ぎると回復がとても遅いのでゆっくりとあせらずリハビリを行って下さい。

参考URL:http://www9.plala.or.jp/sophie_f/referene/daitai …
    • good
    • 2

大腿骨骨折と申しましても、種類があります。


骨幹部・頚部等の部位の違いや、
内側・外側によっても治療(手術の内容)も異なります。
それゆえ一概にこうなりましたという参考情報は難しいかなと思います。

mama202様のお母様の年齢を考えると大腿骨頚部骨折であったのでしょうか。

頚部骨折でも内側・外側骨折では
人工骨頭を入れる場合・針金で固定する場合とでは、
今後のリハビリの過程も異なります。

針金固定の場合は、患者様本人の疼痛をみながら訓練をすすめますが、
人工骨頭の場合は、人工関節から抜けないように
注意を払いながらの訓練が必要となります。
その場合には入浴の仕方や、座位の取り方、安全な足の位置等を
医師や理学療法士・看護師から説明があると思います。
退院された後にも必要になることなので、入院中に指導して下さると思います。

針金固定の場合には、そういった注意を払う必要性はないので、
本人の痛みがなければ、今まで通りの生活で良いと思われます。

経験談で申しますと親戚おばあちゃまが、
100歳で大腿骨頚部骨折を発症致しました。
比較的治療・リハビリも順調にすすみ
元々は歩けていた方でしたが、
治療(直達牽引一週間・術後の安静)による筋力低下で
車椅子生活となりましたが、幸いにもお元気になられました。

mama202様のお母様も元の生活に戻られたいという
お気持ちを持っていらっしゃるということですので
そのお気持ちが萎えることなく経過して下さることお祈り致します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございました。とても元気がでました。母も頑張ってくれることと思います。

お礼日時:2008/03/24 20:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高齢者の大腿骨骨折の手術について

93歳の祖母が左大腿骨を骨折しました。
病院で診てもらったところ、高齢であること、痴呆があり術後のリハビリが困難、手術部分を勝手にいじったりする恐れがあること等から手術は止めた方がよいと言われました。今後、骨の折れた部分はそのままの状態になると思います。
出来れば手術をして少しでも回復して貰いたいと思うのですが、この場合手術は諦めるべきでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大腿骨頚部骨折なのか、大腿骨骨幹部骨折なのかで変わると思いますが、
病院の対応、おばあさまの年齢を考えると、頚部骨折なのでしょうね。

大腿骨頚部というのは、血流の非常に悪い場所で、
そのために骨癒合が困難な部位ということになっています。
年齢が高齢であればある程、癒合は難しくなります。
手術というのは、折れた骨と骨を寄せるだけですから、
実際に骨をくっつけるのは、自分自身の力なわけです。
そういう意味で、骨癒合自体が困難な可能性があることがひとつ。

それから、リハビリというのは機能回復訓練のことですが、
これは患者さん自身が、リハビリの意味を理解していないとうまくいきません。
怪我を克服して、自分はこうなりたいというモチベーションがないと、
リハビリの効果というのは出ないと思います。
効果が出なければ、それはただの苦痛という事になってしまいます。

さらに痴呆があると、体に付いている固定器具やチューブなどの意味が
全く理解できない可能性があります。
そうなると、それらを勝手に外してしまったりしかねません。
傷口をいじったりして、感染でも起こしてしまったら、
病院は責任を問われかねないので、手術に二の足を踏むのだと思います。

ずいぶん前の話ですが、僕の祖母も大腿骨頚部骨折になりました。
祖父に突き飛ばされて、転倒し骨折してしまいました。
その時には、祖母はかなり進行したアルツハイマー型の痴呆で、
僕の両親や、僕はもちろん、自分の夫さえもわからない状態でした。
それでも病院は手術をしました。

手術自体はうまくいったのですが、そのあとが大変でした。
点滴はすべて引き抜いてしまって、そのたびにベッドはびしょびしょ。
自分の汚物を手でいじり回したり、無茶苦茶でしたよ。
でも、不思議と痛がるということはあまりありませんでした。
結局、そういう不衛生が原因なのか、感染症で亡くなりました。
ボケてはいましたが、骨折がなければ、もう少し長生きできたと思います。
ただ、痴呆の介護で家族はヘトヘトになっていましたから、
どっちが良かったかはわかりませんけど。

おばあさまをどうにかしてあげたい気持ちはわかりますが、
手術はしてもしなくても、寝たきりになる可能性が高いです。
痴呆のある人は、不思議と骨折をしてもあまり痛がりません。
ですから、手術をして余計な負担をかけるよりも、
このまま余生を送らせてあげた方がいいのではないかと思います。
あくまでも、参考まで。

大腿骨頚部骨折なのか、大腿骨骨幹部骨折なのかで変わると思いますが、
病院の対応、おばあさまの年齢を考えると、頚部骨折なのでしょうね。

大腿骨頚部というのは、血流の非常に悪い場所で、
そのために骨癒合が困難な部位ということになっています。
年齢が高齢であればある程、癒合は難しくなります。
手術というのは、折れた骨と骨を寄せるだけですから、
実際に骨をくっつけるのは、自分自身の力なわけです。
そういう意味で、骨癒合自体が困難な可能性があることがひとつ。

それから、リハビリというのは...続きを読む

Q大腿骨頚部骨折手術後について・・・

私の知人が1年程前の8月5日ごろに大腿骨頚部骨折の手術をし、
そのときチタン製のボルト(ボールペンの太さで長さ10センチ)
を2本いれました。
その後リハビリを重ねて日常生活に支障がないほど回復しました。
そして現在1年たち、今回ボルトを抜く手術を受けることになったのですが
彼女としては支障がなく過ごせているなら手術はしなくてもいいと言っているのですが・・・

お医者様が言うには抜かないと冬に痛みますし、いい事はないですと
おっしゃられているのですが、彼女は手術後、またこのように歩けるようになる
まで時間もかかると思いますし、最悪うまく歩けなくなる可能性も
あるかもしれませんので手術を受けようか迷っています。
(ちなみに年齢は54歳で身長155センチ体重60キロぐらいです)


どなたか専門家の方、手術を受けたほうがいいかどうか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大学病院整形外科勤務経験のある看護師です。
質問を読ませていただきますと、今回受けようかと迷ってらっしゃる手術は『抜釘術』のようです。このOPEは呼んで字のごとく入っているボルトを抜く手術です。OPE時間も短く、術後も3日間ほど抗生剤を点滴し、そのあとはすぐリハビリを開始、個人差はありますが、2~3週間程度で退院できると思います。
ボルトというのははっきり言って異物なので、炎症を起こしたり、ずれたりしたりとトラブルがよくあります。年齢的にもまだ若いので、私はOPEをした方がよいと思います。このOPEをして歩けなくなったり、痛みがひどくなったりすることはほとんどないと思います。

Q骨折後のリハビリ期間

友人が交通事故で左大腿骨骨折、先週水曜日に無事手術が終わりました。現在リハビリ中で車椅子に乗れるように、平行棒で歩行訓練をしています。
全治3ヶ月と言われましたが松葉杖なしで歩けるようにまるまではおよそどの位の時間がかかるのでしょうか。

Aベストアンサー

股関節の手術をしました。1ヶ月は両松葉杖で術足に体重をかけることはできず、次の1ヶ月も両松葉杖で徐々に体重をかけていき、その次の1ヶ月を片松葉で過ごすと、杖なしの許可がでます。これが「完治」=松葉杖は要らない状況ですかね。しかし、やはりいきなり杖なしは無理でいわゆる普通の杖を突かないとしばらくはうまく歩けない感じでした。

骨折してから1ヶ月経つとやっとうすーくのりがついた程度に骨がつくので、それから徐々に体重を乗せたリハビリができるようになるとのこと。骨折の回復速度はみな同じで、若いからとか部位によってとかでは経過は変わらないということでした。

あとは筋力の問題で、やはり1ヶ月体重をかけていないと筋力はなかなか戻らないものです。実は両足を2回に分けて手術をしていますが、1本目の手術後のリハはおそるおそるでしたが、2本目の手術の後は様子が知れて、片松葉になったらがんがん体重をかけていいんだなとわかりましたので(それでも片松葉だとそんなに体重をかけられないものなんです)、1回目よりは回復が早かったように思います。

まあそうはいってもANo.1のいうとおり「普通に」というと半年は1つの目安でしょうか。走ったりもできますし。それでも思ったよりはうまく歩けてなかったりして歯がゆい感じはありましたね。

ふんばりが効くようになって「普通に違和感無く」いろんなことができるようになったな、と思ったのは10ヶ月から1年後くらいかもしれません。

股関節の手術をしました。1ヶ月は両松葉杖で術足に体重をかけることはできず、次の1ヶ月も両松葉杖で徐々に体重をかけていき、その次の1ヶ月を片松葉で過ごすと、杖なしの許可がでます。これが「完治」=松葉杖は要らない状況ですかね。しかし、やはりいきなり杖なしは無理でいわゆる普通の杖を突かないとしばらくはうまく歩けない感じでした。

骨折してから1ヶ月経つとやっとうすーくのりがついた程度に骨がつくので、それから徐々に体重を乗せたリハビリができるようになるとのこと。骨折の回復速度はみな...続きを読む


人気Q&Aランキング