最新閲覧日:

ABO式血液型判定って何ですか?

A 回答 (1件)

ABO式血液型判定法


・A型血液の場合、赤血球の表面にA抗原という膜があり、血清中にはB型血液を固めてしまう抗B凝集素といわれる抗体が含まれています。
・B型血液は、B抗原と、A型血液を固める抗A凝集素という抗体を持っています。
・したがって、A型とB型の血液が混ざると、抗原抗体反応により血液が固まったり、溶血による赤血球の破壊をおこしたりします。
・このほか、O型血液には、抗原はありませんが、抗A,B凝集素の両方があります。
・AB型血液には、A,B抗原ともありますが、抗A,B凝集素ともありません。

ABO式では、こうした反応を利用して、赤血球の抗原と血清中の凝集素が、どんな組み合わせで固まるかを調べ、下図のようにして血液型を判定します。

輸血は同じ血液型同士で行います。
O型の赤血球は、他の型の血液と混ぜても固まりません。
そのため、O型の血液はどの血液型の人にも輸血出来ると考えられてきました。
しかし、近年では、他の型の血液の人にO型の血液を輸血すると、赤血球が壊れてしまうということがわかり、今では同じ血液型の人同士の間でしか輸血が行われなくなりました。
さらに、最近さかんになった臓器移植の場合には、赤血球だけでなく、白血球や血小板についても型を検査するようになっています。

ABO式で、両親の血液型の組み合わせによる子の血液型と確率は次のとおりです。
【 】内は両親の血液型、( )内はその血液型の子が生まれる確率。

 【いずれもO型】O型(100%)
 【O型とA型】O型(40%)とA型(60%)
 【O型とB型】O型(43%)とB型(57%)
 【O型とAB型】A型(50%)とB型(50%)
 【いずれもA型】O型(16%)とA型(84)
 【A型とB型】すべての種類。O型(17%)、A型(26%)、B型(23%)、AB型(34%)
 【A型とAB型】A型(50%)、B型(20%)、AB型(30%)
 【いずれもB型】O型(18%)とB型(82%)
 【B型とAB型】A型(22%)、B型(50%)、AB型(28%)
 【いずれもAB型】A型(25%)、B型(25%)、AB型(50%)

他に、血液型の判定には、Rh式血液型判定方法があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。本当に早くて、すごく助かりました。
これからも質問するかもしれないので、そのときは、よろしくお願いします。

お礼日時:2001/02/10 17:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報