忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

クレジットカードを作ろうとした時や、
家のローンを組もうとした時に審査が通らなかった場合、
信用情報機関での信用情報の確認によって
「審査の通らない原因」が突き止められると知りました。

調べてみると、信用情報機関はたくさんあるようですが、
保有する信用情報は機関ごとに違うのでしょうか?
請求した機関が提携していたり、委託している場合は
その先の別機関の情報ももらえるでしょうが、
原因が分かるまで何ヶ所もの機関へ
開示請求し続ける事もあり得るのでしょうか?

「全国信用情報センター連合会加盟の個人信用情報機関」は
「株式会社テラネット」より委託されているから、
一度の請求でこの2ヵ所の機関からの情報を入手できる。

「全国銀行個人信用情報センター」は
「全国信用情報センター連合会加盟の個人信用情報機関」と
「株式会社シー・アイ・シー」と提携しているから、
一度の請求でこの3ヶ所の情報が入手できる。

もし、この4ヶ所の機関で問題がなければ、
「株式会社シーシービー」など、他の信用情報機関へも
開示請求を続けて探すことにもなり得るのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

全部の信用機関を探すのは至難の業です。

共有していない信用機関もありますから。
取りあえずご契約されるクレジットカード会社と銀行が何処にの個人信用情報機関に加盟しているか確認してみてください。
確認されたら加盟している個人信用情報機関に開示請求をすると現在自分の契約状況と支払い状況延滞状況が出てきます。
もしまったくないようでしたら信用情報ではなく属性の問題になります。

延滞だけが契約できない理由ではありません。今までクレジットを使ったことがない人がいきなり多額のクレジットを申込むともちろん警戒します。
多額の借金をするには、適度な借入れ返済のクレジットヒストリーも必要です。消費者金融の履歴は審査が通らない原因になるときもあります。

ほとんど
全国銀行個人信用情報センター
全国信用情報センター連合会(株式会社テラネット、株式会社日本情報センター、株式会社アイネットと)
株式会社シー・アイ・シー
に加盟していますからここに事故情報がないか確認するのが早いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
信用情報ではなく「属性の問題」ということも考えられるのですね。
属性とは、いわゆる「所得が低い」とか「無職」とか
「正社員ではない」というような解釈でよいでしょうか?

今までクレジットを使ったことがない人が多額のクレジットを
することに警戒されること、適度な借入れ返済のクレジット
ヒストリーが必要な場合もあること。消費者金融の履歴は審査が
通らない原因になるときもあること。など、
重要な事を分かりやすく広く教えてくださり、
大変に勉強になりました。

ご丁寧にありがとうございます☆

お礼日時:2008/03/27 11:20

> 信用情報機関での信用情報の確認によって「審査の通らない原因」が突き止められると知りました。


一昨年、貸金業規制法が改正されて、新たな契約を結ぶ場合に金融機関は、全ての信用情報機関に照会しなければならないようになりました。

> 保有する信用情報は機関ごとに違うのでしょうか?
基本的に違いますね。各業界の情報が主ですね。

> 一度の請求でこの2ヵ所の機関からの情報を入手できる。
基本的に駄目です。
> 一度の請求でこの3ヶ所の情報が入手できる。
同じ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング