ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

歯医者さんの歯石取りで上の歯と下の歯をいつも同じ日にやってくれません

保険の規定みたいですが、そんな規定があるんですか?
また歯石取りは半年に1回しかできないのでしょうか?
今日、下の歯の歯石もとってもらい
次回は半年以降でないと保険が利きませんと言われました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

まったくもって


「再診料が欲しいから」
とか
「そうやれば儲かるんじゃないか」
とか、そういう下らない意見が多いですね。

はい、初診1回で全て歯石をとるのと、2回に分けるのは主に再診料の違いで58点多くなります。(2008年3月末)
たった58点、580円のことを考えて何回も通わせるバカな歯医者がいると思いますか?

「○○歯科では1回でやってくれたよ」
「えー、××歯科では2回もかかったよ」

そんな患者さんが1名でもいたら58点なんて吹っ飛びます。

「はーい、1回でやりますよ、チャッチャッチャ、終わり~、またきてね」

すごーい、1回でやってくれた。1回だと嬉しいな。
そう思わせて、何人も来てくれた方が得なのはバカでも分かるでしょう。


他の方の回答にもありますが、1回で全ての歯石を取ることは時間さえあれば保険でも大丈夫です。ただ、来院してくださった患者さん全てを1回で歯石取りすると「御上の取り締まり」にあいます。

ですから、歯石が多い方、特に1回しか来院できないという理由が無い方は数回に分ける場合が多いです。また、歯石取りでは出血もしますので、敗血症を起こす可能性もあるんです。そういうリスクを考えると1度に全部は無理があります。

また頻繁な歯石取りは「美容目的・健康増進目的の医療行為ではない処置」とも捉えられるので、厳密に言うと保険適用外です。

貴方の通院していらっしゃる歯科医院は誠実で良い歯医者さんだと思いますよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます
たしかに保険外なら
別に間をあけないでもやってくれるみたいですが
6・7000円掛かるって言われましたね
保険外なら1度で歯石とりもやってあげれるとは言っていました。

でも保険きいても2000円で2度行かないといけないので
3000円以内の差なので保険外でやってもらってもいいかなぁという感じです。

お礼日時:2008/04/04 19:21

以前から度々同じ質問がありますが、全国一律の健康保険ですが、都道府県によってその解釈が微妙に違います。

(変!ですが、苦情は厚労省へ)

私の地域では2年前までは2回に分けなければ歯石除去は認められなかったのですが、今は1回で全顎除石OKです。

又、点数を上げるためのわざと回数を増やすなんて非合理的且つ非生産的な事をする歯科医は居ません。
 確かに再診料分だけ増収にはなるでしょうが、歯石除去の僅かな点数を上げるために余分に予約を取ったほうが、単位時間当たりの収入は減ります。(増収を図ろうとすれば、出来るだけ短時間に高点数を得る必要があります)

更に、保険の規定では2ヶ月あいだが開けば、初診を算定できることになっているので、規定上は2ヶ月おきに除石可能ですが、そんなことをすると過剰診療だと厚労省のお役人様からのお呼び出しの対象になってしまいます。(4月からの改定では更に保険行政が厳しくなって、継続した除石は初診の対象にならなくなるかもしれません。つまり 医院側の収入が減るという事です。そうなると、ある程度以上の期間を開けないと保険での除石はしない医院が出てくるのも当然です。また、検診は以前より保険の対象外ですので、厳密に査定を(厚労省が)行ってくる可能性も有ります。)


以下愚痴です^^;
 残念ながら日本の歯科医療は既に崩壊しています。一部の真面目なDrの献身的且つ犠牲的な働きでかろうじて形を保っているに過ぎません。内情は空恐ろしい状況です。保険治療に慣れてしまっている身には今の治療姿勢が当たり前の様に感じられますが、よくよく考えてみればとてもここには書けないような状況が日常診療に横行しています。だからどうしろと云う知恵も力も私にはありません。せめて自分自身を守るのが精一杯です。

この回答への補足

ありがとうございます
しかし、他の回答者さんが言われているみたいに
新たに別の歯科医でやってもらえば
2ヶ月程度しか間が空かなくても出来るのでないでしょうか?

補足日時:2008/04/04 19:16
    • good
    • 3

私はいつも1日で全部やってもらいます。



半年に1回?
そんなことないです。

個人差があるのに半年に1回しか保険が効かないというのはないです。

だって1ヶ月ごとに違う歯医者に行けば保険効きますし。

違う歯医者に行ったほうがいいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうですよね、違う歯医者にいけばいい事ですよね。
それと歯石取りだけというのは、他の歯医者なら出来ますか?
今の歯医者は3行程で、3回で1回分という感じでやらないといけない
みたいなのですが。

お礼日時:2008/03/25 22:48

全くのデタラメでしょう。


何回かに分けたらそれだけ儲かるからじゃ無いですか。
僕の行ってる歯医者さんは1度に上下全部の歯石取りをやってくれます。
だから治療も短期間で終わります。
半年に1回しかダメって言うのもおかしいですよね、実際に歯石が付いてれば歯周病などになるのですから取るでしょう。
一度違う歯医者さんに相談されたらどうですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
今度、引っ越した際に歯医者変えてみようと思います。

お礼日時:2008/03/25 22:46

わたしはいつも同じ日にしてもらっています。


また、歯石とりはできれば3ヶ月に一回くらいがいいが、6ヶ月に一回くらいでも良いですよといわれます。
また、気になる汚れがあるといつでもきてくださいと言われます。
もちろん、保険で。
再診料をとろうとしているだけなんじゃないでしょうか?

わたしが昔通っていたところは、削るってつめてからまた3日後にこい、という具合に何度も足を運ばせようとさせていました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

本当ですか?
歯医者さんがぼったくりですか・・・・・
2年前までは一度も検診は受けていませんでしたが
2年前に2本ほど虫歯になり銀歯になりました。

それ以降は検診を受けにいっているのですが
検診は3回にわけさせられるんです。
1回目が虫歯などがないかの検査や虫歯になりかけている所に
薬を付ける
2回目は上の歯の歯石をとり歯磨き
3回目は下の歯の歯石をとり歯磨き
です。毎回、受付で上と下の歯石取りを一度でやってもらえると
楽なんですけどねというと
保険の規約なので仕方ないんですよー。と言われます。
で、毎回、保険がきくのに2000円ぐらい取られます。

で3回が一工程みたいで、それが終わると半年後にまた3回という形のようで、先日3回目受けた時に2~3ヶ月でまた
歯石取りだけしてもらえないでしょうか? ときいたら
保険内では無理で、実費なら可能との事でした
しかし保険がきいて2000円という事は実費だと6000円以上かかるのでやらないと思いますが
ぼったくり歯科医院ですか?
なんだかんだいって歯ブラシも400円と買わされました。
この歯ブラシお勧めだよと言われて・・・・
本当に保険で規約とかないのでしょうか?
3回こさせるのは医者側も利益がでるけど
半年後というのは、医者から見たらデメリットだと思うのですが。

お礼日時:2008/03/25 22:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歯石を一度にとれない理由

先日久しぶりに歯石除去に行ったところ、何年か前にルールが変わり、保険請求の関係で上下の歯石を一度にとることができないといわれました(結局、無理にお願いして全部一度にとってもらったのですが。)

こちらで過去の質問等を拝見して、Dr.が言われたようなルールがあることは理解したのですが、何のためにそんなルールになったのかがよくわかりません。
歯周病や虫歯の治療を何度かにわけてする必要があるというのはわかりますが、歯石をとるだけなのにどうして2回以上にわける必要があるのでしょうか?

Aベストアンサー

私もこの前、歯石除去を依頼しました。
結局2回行きました。
率直に「どうしてか?」聞いたところ、かなり不機嫌な顔で回答をうけました。

でも納得です。

歯をきれいにする、単なる歯石除去だけで歯医者に行くことは「エステ」に行くことと同じだそうです。
エステに行く=「保険が適用されない」ということに当たるそうです。
「あなたが保険を適用したいなら、治療の目的できてもらわないとだめなんですよ」と言われました。

医師の方も保険請求で、国・医師会?等に提出するカルテの中に、例えば「歯周病の治療できた患者さんに対し、治療の一環で歯石も除去した」などのような書き込みをして適正な処置をしたということにするみたいですよ。

患者さんにはそこまでわざわざ説明しないことが多いと思いますが、歯医者さんは歯石除去の患者さんにあえて、低コストでやってあげようという精神で接してくれてるんだなぁと思いました。

私の場合は、上と下の歯をわけて2回で終了しました。
2回とも、虫歯や親知らずがないかすべての歯をチェックして今後の指導をしていただいた後、歯石をとっていただきました(奥歯のオクに親しらずがありいずれとらなければいけないということでした・・・(ToT)/~)

私もこの前、歯石除去を依頼しました。
結局2回行きました。
率直に「どうしてか?」聞いたところ、かなり不機嫌な顔で回答をうけました。

でも納得です。

歯をきれいにする、単なる歯石除去だけで歯医者に行くことは「エステ」に行くことと同じだそうです。
エステに行く=「保険が適用されない」ということに当たるそうです。
「あなたが保険を適用したいなら、治療の目的できてもらわないとだめなんですよ」と言われました。

医師の方も保険請求で、国・医師会?等に提出するカルテの中に、例え...続きを読む

Q歯石除去は何回で終わるのが普通でしょうか?

こんばんは。先日から虫歯の治療と親知らずの抜歯を終えました。最初のレントゲンの時から歯周病を指摘され(それほど重症ではありませんが)上記の治療後歯石の除去を勧められたのでもちろんお願いしました。歯石の溜まり具合やにもよると思うのですが上下すべてを一応取り除くとして何回くらいが妥当でしょうか?というのも、受付のかたが歯石除去に複数回かかるようなことを言われたのでそんなに何回もこないといけないの?と思ったので・・・

Aベストアンサー

私はchieharukaさんとまったく同じ状況です。
(唯一、違うといえば、まだ治療中ということでしょうか・苦笑)

私も治療後に歯石除去が待ってます。
先生にも診察時間にもよると思いますが、
(私の歯医者は1人15分)
溜まっているとやっぱり時間がかかるといってました。
私の場合、鏡でみながら少し除去をしてもらったんですが、
下の前歯6本だけで、口の中が血まみれになりました。
(歯茎の表面にあたってしまうので出血しますが、
虫歯の痛さに比べたら、かわいいものです。
ご安心を♪)
一度に治療すると、歯茎にもダメージがあるから
(治療でも負担はかかっているので)
数回に分けることになったんだと思います。

きれいになって損はないので、
OKがでるまで通ってみる方がいいと思います。

もし、忙しいようでしたら、
出来るだけ少ない回数で治療してもらえるように
お願いしてみるといいですよ!

Q歯のクリーニングを上下二回に分ける

歯の掃除を、一度に上下とも実施してほしいというと、「保険の関係で一度にはできない」と言われました。

前に通っていた医院ではそのようなことはありませんでしたが、実際はどうなのでしょうか。

Aベストアンサー

他の回答者様と意見が異なるので、質問者様が混乱されるかもしれませんから、
再度、補足の回答をしておきます。

厳密には、保険のルールで「歯石除去(歯石取り)を一日ですべてを行うと
保険請求できない」という全国的なルールはありません。
(前回も述べましたが、保険のルールにおける原本にはどこにも記載されていません)

ただし、一部の地域ではローカル的なルールとして規制することがあります。
余談ですが、全国的な保険の解釈における参考図書などでも、
「1日で全顎のスケーリング(除石)を行うことも可能であるが、
 地域により取り扱いが異なるようである」
(クインテッセンス出版「歯科保険請求」スケーリング及びSRP)
のように記載されています。

このことから、全顎の除石を認めない地域の歯科医師は、
それをルールと考えますので、一度に除石を行いません。
今回の歯科医は、その認識であったと思われます。

ただし、全顎の除石が認められる地域においても、
全顎の除石は歯科医の裁量権の範囲で行いますが、
全件(患者全員)に行えば、過剰診療と判断されて
返戻されて説明を求められることもあります。





さて、マナー違反かもしれませんが、もう少し補足します。
1回の除石を2回に分けてカルテに記載したり、請求を分けることは
療養担当規則違反です。
保険のルールで全顎の除石が認められないのであれば、
全顎の除石をする医院があるなら、その時間の長短にかかわらず
その歯科医院は不正請求を行っていることになり、
保険医登録を抹消されて保険診療できなくなることもあります。
全顎の除石が認められる地域では当然違反行為ではありませんが、
患者のためとはいえ、まるで違反行為を日常的にしているような記載は、
いかがのものかと思います。

それと、さしでがましいようですが、
1回で除石 66+38×5     256点
2回で除石 (66+38×2)×2 284点
なので、1回の除石を2回に分けて請求すると、金額は変わります。
この金額を「金額は変わらない」と説明して「おまけ」する行為も
療養担当規則違反です。

他の回答者様と意見が異なるので、質問者様が混乱されるかもしれませんから、
再度、補足の回答をしておきます。

厳密には、保険のルールで「歯石除去(歯石取り)を一日ですべてを行うと
保険請求できない」という全国的なルールはありません。
(前回も述べましたが、保険のルールにおける原本にはどこにも記載されていません)

ただし、一部の地域ではローカル的なルールとして規制することがあります。
余談ですが、全国的な保険の解釈における参考図書などでも、
「1日で全顎のスケーリング(除石)を行う...続きを読む

Q歯医者に3か月おきに歯石取りに通うように言われた

今年の3~4月に虫歯で歯医者に通いました。

2本で合計約2万円かかりました。

治療後、歯医者に「歯石がどうしてもたまってくるから、歯石取りに3か月おきぐらいに通ってもらった方がいいですよ」と言われました。

そして今日、歯石取りに歯医者に行ってきました。

上下前後、20分ぐらいで全部やってもらったようですが、1630円でした。

その後「また今度10月に来てください」と強制的に予約を取られてしまいました。

なんだか腑に落ちないような、押し売りにあったような気分です。

私は30代ですが、今まで他の歯医者で虫歯の治療に通ってもこんな事を言われた事はなかったです。

虫歯予防にはなるかもしれませんが、なんだかばかばかしくなってきました。

一生通っていたら結構な金額にもなってきますよね。

普通、歯石取りに通っている人っているんですか、多いんでしょうか?

Aベストアンサー

以前歯医者の助手をしてたものです。
審美・矯正・口腔・小児いろいろやってる大きなとこでした

当然助手も患者さんのお口の中を見ますが、ケアをしてない方は歯肉が下がり
出血も酷かったり、治療は大変です。

また3ヶ月おきにきちんと見えてる患者さん(治療ではなくスケーリング(歯石や歯の汚れ取り))
にきてた方はあーんと口をあけた時にあきらかに清潔で歯も歯茎も綺麗なのがすぐ分ります

虫歯もできず、毎回ちょこっとついた歯石等とって帰ってました。

歯石取り(スケーリング)は医師の指示通りしたほうがいいと思います^^
でなければ・・・ここでは書けないような悲惨な口内になるでしょう


ただ、医院は選ぶべきです。
私のお世話になってる個人歯科は、超音波スケーリングなのに超音波が壊れてて
ただの鍵づめで歯茎をなぞるようにして終わりでした^^;
翌日歯茎が痛くて磨くのも大変でした。

いい歯医者は当たり前ですが、分らない事はきちんと説明してくれる。
質問者さんであれば、鏡をもってきて歯石がここについてるよと説明してくれる
スケーリング(予防歯科ともいえます)は大変大事なことです。
これは100%断言します

後は自分にあう歯医者選びだと思います。

以前歯医者の助手をしてたものです。
審美・矯正・口腔・小児いろいろやってる大きなとこでした

当然助手も患者さんのお口の中を見ますが、ケアをしてない方は歯肉が下がり
出血も酷かったり、治療は大変です。

また3ヶ月おきにきちんと見えてる患者さん(治療ではなくスケーリング(歯石や歯の汚れ取り))
にきてた方はあーんと口をあけた時にあきらかに清潔で歯も歯茎も綺麗なのがすぐ分ります

虫歯もできず、毎回ちょこっとついた歯石等とって帰ってました。

歯石取り(スケーリング)は医師の指示通りし...続きを読む

Q歯石とり。上下別日に行う理由ってあるんでしょうか?

歯石とりについてですが、
上の歯と下の歯、いつも同日に行わず、また後日~って感じで予約させられてるのですが、何故いっぺんに行わないのでしょうか?
別日に行う何か良い面でもあるのでしょうか?
個人的には行く面倒臭さも考えていっぺんに行いたいなーって感じなのですが・・
点数がそのほうが稼げるから?とかですか?

Aベストアンサー

深い部分までだと出血とか痛みなどのリスクが高いので難しいですが、最初に行なう簡単な歯石取りや、定期健診時の歯石取りならいっぺんに出来ないわけじゃない事も多いんです。
ではなぜやらないのか
それは国や保険の支払い機関が決めた約束事で決まっているからです。
歯石取りの最大限は、上下と前歯、左右奥歯に分けた6ブロック中の3ブロックまでと決められているからです。
地方によって多少異なりますが、いっぺんに行なってよいという地域は、今はなくなりました。
この約束事を守らないと、保険請求が出来ないのです、また、一度にやって請求を分けて出すと改ざんとなり、報酬を返還するだけでなく、場合によっては保険医の停止や詐欺罪で訴えられてしまいます。
これは、報酬の増額を求めている歯科医師側ではなく、支払い側と患者代表の意見が通っていることなので、決して回数を増やして儲けるためではありません。
ですから、一度に済ませるなら自費診療で行なうしかありません。

Q歯石取りって歯医者さんによってこうも違うものなんですか?

現在、歯石除去のために歯科医院に通院しています。

過去、別の何軒かの歯医者さんで歯石除去を
お願いした時は麻酔もせず、機械を使用して
たいていは一回の治療で終わりましたが
今回かかったところでは、必ず麻酔を打ち
手用の器具で掻き取る方法で右上・右下・左上・左下と
4回に分けて治療を行う方針を取っています。

機械を使うのと手作業で行うのでは、歯石除去の
効果が異なるのでしょうか?
(手作業の方が奥深くの歯石まで除去できるとか?)

効果に差がないのなら、麻酔無しでも一回で終わる
機械を使った除去方法のほうが、私としては
ありがたいのですが・・・

手作業と機械式で効果に差があるのか是非
お教え願えませんか?

ちなみに今通っている歯科医院の設備が
旧式とかいうことはないようです。

Aベストアンサー

歯石を取るのは歯周病治療の一つとして行われます。
まず、簡単に口全体の歯石を取ります。
普通超音波スケーラで1回乃至2回で終わります。
しかし頑固な歯石がある場合、何回かに分けて徹底的に
取りますが、この時歯面の平滑化も合わせて行い、ハンド
スケーラも使います。また歯茎の下の部分に器具を入れる
ので痛みが強い場合には麻酔下で行う場合もあります。
従って、歯周病の程度によって必要な処置もかわってきます。
また、患者さんがどの程度まで治療を受け入れてくれるか?
によってもかわってくると思います。歯周病の治療の場合、
継続性が大切なので、1回痛い目に合わせて来院が途切れるより
不充分な処置でも継続した方がいいと判断する場合は、妥協的な処置
で終わる場合もあります。

Q歯石を取ってもらった後やたらと歯が痛む

今日歯科医院で歯石を取ってもらいました。
私は40代ですが、10代のころから時々歯科医で歯石は取ってもらっています。
今日行った歯科医で歯石を取ってもらったの初めてです。
今までは、歯石をとった後、多少知覚過敏気味には感じましたが、今日は特別痛い。息をするだけでもヒッツとなってしまいます。なんかおかしいんです。
いつもと違うんです。
歯石が付いているのは前歯の裏の下の方だけなのに、キーンという音のドリルみたいなので、前歯のてっぺんとか、表面とかげずられた感じなんです。もう何とも言えない痛みとゆうか、冷や汗が出るとゆうか、もう風が当たるだけで、痛い。それまでは何ともなかったのに・・・
これって治りますか?

それに、今日担当してくれた人、何か先のとがった器具で唇の上をひっかいたり、機械の高速回転している部分を唇に当てたり(それも何度も 、あ、ごめんなさいって)もう、恐怖がいまだに消えない・・・・これってどうなんでしょう?健康な歯を無駄にけずられちゃったのではないかと恐怖と痛みで寝付けません。

この痛みは治るのか?
どうしたら治るのか?
今後この歯医者に行くべきか?
今日私がされた事は正しい事なのか?

誰か教えて下さい。

今日歯科医院で歯石を取ってもらいました。
私は40代ですが、10代のころから時々歯科医で歯石は取ってもらっています。
今日行った歯科医で歯石を取ってもらったの初めてです。
今までは、歯石をとった後、多少知覚過敏気味には感じましたが、今日は特別痛い。息をするだけでもヒッツとなってしまいます。なんかおかしいんです。
いつもと違うんです。
歯石が付いているのは前歯の裏の下の方だけなのに、キーンという音のドリルみたいなので、前歯のてっぺんとか、表面とかげずられた感じなんです。もう...続きを読む

Aベストアンサー

歯をいじって痛いと言う事は
「それ以上削ると駄目に成っちゃうよ」と言う歯の命の叫び声です。
痛みが命を守っています。

歯科治療は歯の、体の気持ちに耳を傾けながら
掛け替えのない歯を大切にし、体のバランスを崩さない様に
慎重に行う事が必要です。

歯科医療所詮偽物、最小限一度に治療しない事が大切、自然が一番です。

体の気持ちを無視して治療したので一時的に炎症が強く出たものと思われます。歯の言うとおり水が凍みれば水を避けと言うようにしていれば
やがて良くなるかと思います。
不安心配も問題を大きくします。今回の教訓を未来に生かす事が大切です。
今の先生にこだわらない方が良いと思います。
担当者が慣れていなかったのだと思います。

また虫歯になったら歯医者に行き詰めて貰うのが当たり前と多くの方は思っていると思いますが、某国で学校に歯科室を作り子供達の歯をせっ
せと詰めたら返って虫歯が増えてしまったと言う報告もありますし、
歯医者に行けば行くほど歯が駄目になると言う統計も出ています。
歯科医療所詮偽物、一度に治療しない事が大切、最小限が、自然が一番です。

参考:志村著 「歯磨き病」

歯をいじって痛いと言う事は
「それ以上削ると駄目に成っちゃうよ」と言う歯の命の叫び声です。
痛みが命を守っています。

歯科治療は歯の、体の気持ちに耳を傾けながら
掛け替えのない歯を大切にし、体のバランスを崩さない様に
慎重に行う事が必要です。

歯科医療所詮偽物、最小限一度に治療しない事が大切、自然が一番です。

体の気持ちを無視して治療したので一時的に炎症が強く出たものと思われます。歯の言うとおり水が凍みれば水を避けと言うようにしていれば
やがて良くなるかと思います。
...続きを読む

Q素人が、良い歯医者と悪い歯医者を見分ける簡単な方法ありますでしょうか?些細な事で結構です。

歯周病の治療で、明後日歯医者に行かないといけません。
実は生まれて17年、歯医者に行った事が殆ど無く、明後日も10年振りくらいです。
勿論、かかりつけの歯医者なんて無いので、適当に近所の歯医者に予約を入れました。
そこでお聞きしたいのですが、素人でも分かる、良い歯医者と悪い歯医者の見分け方はあるでしょうか?
些細な事でも良いんです。
こんな説明のしかたをする医者はだめとか、
治療の時のしぐさなど、
簡単に判断できる方法を教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

過去10人以上の歯医者さんに通った私の経験からアドバイスいたします。あなた様と同じ患者としての立場から、歯医者さんを辛口で判断した意見です。私としてはかなり自信がありますので参考になれば幸いです。
1.自宅で開業されている場合、建物はそんなに綺麗ではないこと
元からお金持ちの歯医者さんなら別ですが、患者本位の治療を心がけていれば、立派な家を建てて治療できるほどの収入は絶対にありません(違法なレセプト請求をしていれば別ですが)。

2.賃貸で開業されている場合、ビルの立地条件はそんなに良くないこと。また建物はそんなに綺麗ではないこと
これも1と同じ理由です。私は都心の一等地新築ビルで開業しているだけで、そんな歯医者さんには行きません。何故なら、賃貸料を支払うために本来必要な治療以上に治療されてしまう危険性が「高い」からです。

3.外車や高級車を乗っていないこと。
1と同じ理由です。

4.歯科衛生士さんや受付嬢は居ないこと
1と同じ理由です。患者本位の治療をしていると、人を雇うほどの収入はありません。でも、家族で経営しているような歯医者さんもありますので、この辺は見極めが必要です。

5.必要以上にレントゲンを撮らないこと
知ってますか?日本人の癌患者のうち、2%の人は(つまり100人に2人)、検査時のレントゲンの被爆で発症しているという学会発表があります。必要以上にレントゲンを撮らないことも患者本位の治療を心がけるうえでの条件です。

6.虫歯の原因についてアドバイスしてくれること。
単に虫歯の治療をするだけではなく、その原因についてアドバイスしれくれたり生活スタイルまで踏み込んで話をしれくれる先生は最高ですね。

7.インプラントや矯正などを行っていないこと。
これらは本来ある姿ではありません。歯科矯正なども外観的には治療する意味があるのでしょうが、でも人それぞれ顔かたちが異なるように、歯列にも個人差があると思っています。そんな意味からこういった治療を行っている歯医者さんは私の範疇から除外しています。

8.神経を抜かない、抜歯しない。

9.大規模な広告などを行っていない。
1と同じ理由です。

10.保険が利く歯医者さんが良い歯医者さんとは限らない
患者のための治療を行うため、あえて保険が利かない自由診療を行っている歯医者さんもいますので、この点はご注意ください。

さて、これらの条件に合致する歯医者さんをみつけ、実際にその歯医者さんを訪れて、本当に患者のための治療を心がけている歯医者さんかどうか判断する簡単な方法をお教えいたします。

まず歯石だけを取ってもらう旨、先生にお話します。そこで
・レントゲンを撮影しようとしたらバツ。
・歯石だけを取ってくれて、特にコメントなく終わればマル(よっぽどの虫歯があれば別ですよ)
・(親不知があった場合)親不知を抜こうとすればバツ。
・過去に他の歯医者さんが治療した歯を、意味も無く治療しようとすればバツ。理由をはっきり聞いて納得できればマル。
・歯石除去に超音波を使えばバツ。「超音波は歯を痛めない」と歯医者さんは言いますが、そんなばかなことはありません。物理学をチョットかじった人なら誰でもわかります。
・治療後、ご自身が加入している健康保険組合にレセプトの開示を求め、「歯医者さんが開示しない」となった場合、その歯医者さんはバツ。この場合、相当悪質な歯医者さんに間違いありません。通常、患者の命にかかわるような重篤な病気であれば開示を拒否できますが、歯科領域にはそんな病気はありませんので、歯科医師に開示拒否の権限は存在しません。お忘れなく。

最後に。
我々患者は、良き歯医者さんを選ぶ権利があります。そしてそのためには患者もそれなりの勉強が必要です。日本の医療業界もDRGを初めとする、ある意味競争原理が働きつつあります。これからは患者本位の治療を行うことができない歯医者さん(お医者さん)は市場から淘汰されていくことと思います(でもこれって当たり前ですよね。他の業界ではとっくの昔からはじまっている。三菱自動車や雪印は記憶に新しいでしょ)。隣の医者がベストとは限りません。私は自分にとってベストのお医者さんを決めています。私の家からそのお医者さんまでの通院時間はこんな感じです。
・歯科医:2時間
・皮膚科医:1.5時間
・耳鼻咽喉科医:2時間
・内科医:45分
・漢方医:45分

長文失礼。参考になれば幸いです。

過去10人以上の歯医者さんに通った私の経験からアドバイスいたします。あなた様と同じ患者としての立場から、歯医者さんを辛口で判断した意見です。私としてはかなり自信がありますので参考になれば幸いです。
1.自宅で開業されている場合、建物はそんなに綺麗ではないこと
元からお金持ちの歯医者さんなら別ですが、患者本位の治療を心がけていれば、立派な家を建てて治療できるほどの収入は絶対にありません(違法なレセプト請求をしていれば別ですが)。

2.賃貸で開業されている場合、ビルの立地条...続きを読む

Q歯石取りの回数(期間)はどのくらいでしょうか

8月のお盆前から歯石取りのために歯科に通っています。7回通いました。
後どのくらいかかるのか聞いたところ、まだ数回通わないといけないそうです。

人にによって歯の状態が違うので一概には言えないとは思いますが、普通、歯石取りの回数はどのくらいなのでしょうか。

私は永久歯になってから虫歯が1本も無く(30代後半です)、歯石が非常に付きやすいと言われました。10年ほど前に親知らずを抜いたときに歯石を取ってもらって以来一度も行かなかったため、歯の間に黒い歯石が付いているのに気付き虫歯と勘違いして歯科に行った次第です。
1年毎に歯石取りに行かなくてはならないと聞き、今まで知らずにほったらかしにしておいた自分も悪いのですが、2ヶ月間、ほぼ9日周期で通い続けてまだ終わらないので他の歯科に変えたほうがいいのかと思い始めています。

アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

良く言えば、質問者さんが通っている歯医者は丁寧なんだと思います。友達の歯科衛生士に聞くと、だいたい一回で終わらせるそうで、「ワタシは、歯石取るのに6回通ったよ」と言うと、「丁寧な歯医者さんなんだねぇ」と驚いていました。ワタシの場合、左上、前上、右上、左下、前下、右下の6回で、深いところにも歯石があるので、それぞれ麻酔をしながらでした。麻酔をしながらだと、何箇所もいっぺんに麻酔できないので、最短でも6回だそうです。質問者さんの場合、回数が多いといえば多いですね。「忙しくてあまり通えないので、できるだけ1回でまとめてやってください」とお願いしてみるのはいかがでしょう?

あとは、普段から歯間ブラシをしておくことですね。ウチの歯医者の場合、歯石チェックは半年に一回だそうです(^_^;)半年に一回でも、手入れをサボると虫歯になってるので、妥当な間隔だと思っています。

Q歯医者で歯石だけを取りたい

初めて行く歯医者さんで、歯石取りだけをお願いしたいのですが、電話で予約を入れる際、「歯石取りだけをお願いしたい」と言えばOKなのでしょうか?
やはり、歯全体を調べられて、虫歯があれば治療を勧められたりするのでしょうか?(治療したほうがいいのはわかりますが・・・)

歯石取りを何度かに分けて行う場合、予約って週に1回ペースが標準ですか?
歯医者の予約状況にもよるでしょうけど、週に何回で何ヶ月かかったよ!みたいなことを教えていただけると助かります。
10年以上歯医者に行っていないので、歯石も10年以上取ってないことになります。

Aベストアンサー

10年行っていないのなら、症状が無くても(例えば歯と歯の接触点から)虫歯になっている可能性はあります。
 しかしいくら虫歯があったとしても、患者の承諾なしに治療する事は法律で禁止されています。「今回は歯石除去だけ」といえば、虫歯が見つかった場合に報告はされますが、勝手に治療される事はありません。
ただし、治療を勧められた時に中途半端な返答はしないように注意しましょう。

歯石除去を保険で行なう場合は最少でも3回(地域によっては4回)必要です。これは保険医療上の約束事(解釈)です。
 その内訳は、手順は[事前検査]>[歯石除去]>[事後検査]で、歯石除去は最小単位が1ブロック(両犬歯間、奥歯)で、一度に除去が認められているのが3ブロックまでなので、歯石除去は付着の程度により2~6回になります。
 最初の検査と歯石除去は同時に行なえる地域と出来ない地域があります。
 歯石除去と事後検査は「1週間ていどあけるのが望ましい」という厚労省の見解があり、以上から最少3回、最大8回となります。

 これ以外の方法、例えば1回で歯石除去を行なう場合は自費診療となります。

虫歯や歯周病予防のために、出来れば年に2回以上は定期健診をしましょう。

10年行っていないのなら、症状が無くても(例えば歯と歯の接触点から)虫歯になっている可能性はあります。
 しかしいくら虫歯があったとしても、患者の承諾なしに治療する事は法律で禁止されています。「今回は歯石除去だけ」といえば、虫歯が見つかった場合に報告はされますが、勝手に治療される事はありません。
ただし、治療を勧められた時に中途半端な返答はしないように注意しましょう。

歯石除去を保険で行なう場合は最少でも3回(地域によっては4回)必要です。これは保険医療上の約束事(解釈)...続きを読む


人気Q&Aランキング