OCN光で最大124,800円おトク!

設計配合は
24N-8-25 Nなんですが
現状
27N-8-25 Nで計画しています。
それを踏まえた上で

もし4週強度を3週程度で確実に発現させたい場合、

27N-8-25 H または
30N-8-25 N
に変更するという案が挙がっています。
この際の品質管理上のリスク、デメリットにはどのようなものがあるんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

デメリットについて


セメントや骨材の価格が上昇しています。
生コンの単価も上昇しています。
どの程度で落ち着くかは、先行き不透明です。
27Nから30Nにする事によって、工事原価に響きます。
建設費・工事予算に見合うかどうかの判断が必要です。
RC造の場合、生コンを大量に使用しますので、この検討が第一です。
工期短縮による変更と思いますが、工期短縮による建設費の減額と生コンを変える事による建設費上昇分との検討が必要と思いますよ。
ご参考まで

この回答への補足

ご回答有難う御座います。
おっしゃる通り建設コストは上昇しますが、今回コスト云々抜きにして品質上の問題を危惧しています。
自分の拙い知識の中では問題ないと認識しているのですが・・・

補足日時:2008/03/26 12:02
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2008/09/21 20:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング